■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

旧東海道線跡巡り
1月14日(日)曇

大津駅北口→旧逢坂山隧道東口→逢坂の関跡→旧大阪山隧道西口碑→旧東海道線トンネル跡→旧山科駅跡碑→ランプ小屋→JR稲荷駅(15Km)

1801-00-旧東海道線-軌跡

久しぶりに浪速の例会に参加し、旧東海道線跡を大津駅から稲荷駅まで歩きました。厳しい寒さの中、滋賀県内には、ところどころ道路にも雪が積もっていましたが、凍るほどの気温でなく、踏み固められる雪なので、普通に歩けました。
旧東海道線は、最後に残った京都ー大津間が明治11年8月に施工され、13年7月に完成しましたが、大正10年8月に新線の開通に伴い廃止されました。当時の遺構は殆ど残っていないようで、新しい石碑が立っているだけのところもいくつかありました。
大津駅前にも数センチの雪が積もっていて、駅の東の端に浪速の参加者が集まっていました。西の端には、滋賀県WAの人たちが集まっていました。
1801-01-旧東海道線-IMG_2691
1801-02-旧東海道線-IMG_2689

10時の集合でしたが、10分ほど早くにコース説明があり、10時2分に50名足らずでスタートしました。
1801-03-旧東海道線-IMG_2692

雪道を京阪の線路沿いに歩いていきます。
1801-04-旧東海道線-IMG_2693

国道1号線に出ます。道沿いに、若宮八幡宮がありました。
1801-05-旧東海道線-IMG_2694

旧逢坂山隧道東口への入口に着きました。
1801-06-旧東海道線-IMG_2697

トンネル入口と内部です。奥へは入れないようになっていました。鉄道記念物に指定されています。
1801-07-旧東海道線-IMG_2698
1801-08-旧東海道線-IMG_2701
1801-09-旧東海道線-IMG_2699説明

国道沿いに関蝉丸神社上社がありました。関蝉丸神社は、大津市内に、上社、下社と分社の蝉丸神社の3社あるそうです。
1801-10-旧東海道線-IMG_2702

その少し先に、弘法大師堂がありました。
1801-11-旧東海道線-IMG_2704

更に行った所に、逢坂の関跡の石碑が立っています。ここは、小さいですが、逢坂の関記念公園になっています。ここで列詰めとトイレ休憩ですが、トイレが混んでいて寒い中を20分ほど待ちました。
1801-12-旧東海道線-IMG_2706
1801-13-旧東海道線-IMG_2707説明

小倉百人一首で知られる、清少納言と蝉丸の歌碑が立てられていました。
1801-14-旧東海道線-IMG_2708
1801-15-旧東海道線-IMG_2710

国道と分かれて、公園前の旧道をさらに西へと行きます。明治5年創業という、うなぎの「かねよ」の前を通ります。
1801-16-旧東海道線-IMG_2712

少し行くと、旧大阪山隧道西口の碑がありました。ここは、石碑だけで何も残っていません。
1801-17-旧東海道線-IMG_2713

国道に出て、さらに西へと側道を歩いていきます。名神高速と京阪電車が並走しています。
1801-18-旧東海道線-IMG_2715

国道と分かれて、住宅地に入った所に「旧東海道線線路下トンネル跡」がありました。ここは、レンガ積みの石垣のごく一部が、住宅の土台になっていました。
1801-19-旧東海道線-IMG_2717
1801-20-旧東海道線-IMG_2718

その向かいにある、妙見寺です。
1801-21-旧東海道線-IMG_2719

その前の道を真っ直ぐ西へ向かったところにある、東野公園で昼食休憩です。昼食後は、南へ向かい、名神高速の側道に出ました。高速道の下に、旧山科駅跡と名神高速道の起工の地の石碑が立っていました。
1801-22-旧東海道線-IMG_2723
1801-23-旧東海道線-IMG_2724説明

このあとは、名神の側道を西へと歩いていきます。[醍醐天皇御母小野院陵」のところで、列詰め休憩です。
1801-24-旧東海道線-IMG_2727

さらに、名神沿いに歩いていきます。このあたりは、様々な産廃処理場が立ち並んでいました。
1801-25-旧東海道線-IMG_2728

名神と別れて、住宅地に入り、ゴールの稲荷駅に向かいます。途中に、宝塔寺(七面山)があります。このお寺は、嘉祥年間(848~51年)、藤原基経が極楽寺として創建したものが起源だそうです。
1801-26-旧東海道線-IMG_2729

JR稲荷駅近くにある、ランプ小屋です。この小屋は、1879年(明治12)の旧東海道線開通当時のもので、旧国鉄最古の建物だそうです。
1801-27-旧東海道線-IMG_2732

稲荷駅の向かいにある、稲荷大社の鳥居です。相変わらず、大勢の観光客で賑わっていました。
1801-28-旧東海道線-IMG_2731

ゴールの稲荷駅に、13時57分に着きました。
1801-29-旧東海道線-IMG_2730

所要時間3時間55分、歩行時間2時間57分、歩行距離15.7Kmでした。
天気予報では、昼前ころから晴れるはずでしたが、ずっと曇り空でした。歩いているとそうでもないのですが、じっとしていると寒い一日でした。浪速の例会は、少人数で、適度な速さで歩き、また、列詰めも少なく、色々融通がきくので好きなのですが、コースが私のところからは遠いところが多く、参加しにくいのが難点です。
矢貼などしないので、分かれ道にはスタッフの方々って案内しておられますが、少ないスタッフでなかなか大変なようです。今日は、どうもありがとうございました。











ウォーキング協会例会 | 10:30:29 | コメント(2)
山を登る会 第980回 大和三山
1月7日(日)曇

大和八木駅→耳成山→醍醐池→藤原宮跡→香久山→本薬師寺跡→畝傍御陵前駅→若桜友苑→畝傍山→橿原神宮→橿原神宮前駅(14Km)

1801-00a-大和三山-軌跡
1801-00b-大和三山-高度

山を登る会としては珍しく殆どが平坦地で、山と言っても一番高い畝傍山が標高199mという低山巡りです。大和三山は今まで何度か歩いたことがありますが、いつもと多少は違った道を歩くかなという期待を持って参加しました。
今日も曇り空で寒い一日でしたが、風がなく昨日よりは少し気温も高い感じで、歩きやすいでした。9時の集合時間に合わせて八木駅に行きました。
1801-01-大和三山-IMG_2633

何処かで電車が遅れているとかで、しばらく待ってスタートは9時23分でした。まず、耳成山へと向かいます。
1801-02-大和三山-IMG_2635

登山口です。
1801-03-大和三山-IMG_2636

登山道は、耳成山口神社の参道になっています。
1801-04-大和三山-IMG_2637
1801-05-大和三山-IMG_2638

山口神社の拝殿とその奥の本殿です。この神社は、大和国の山口社六社のうちの1社です。
1801-06-大和三山-IMG_2640
1801-07-大和三山-IMG_2641

山頂(h139m) には三角点があります。
1801-08-大和三山-IMG_2642

下りは違うルートを通ります。。
1801-09-大和三山-IMG_2644

藤原宮跡を横切っていきます。
1801-10-大和三山-IMG_2646
1801-11-大和三山-IMG_2647説明

耳成山と、遠くに二上山、葛城山、金剛山が見えます。
1801-12-大和三山-IMG_2651

香久山の登山口に着きました。
1801-13-大和三山-IMG_2656
1801-14-大和三山-IMG_2659説明

歩きやすい登山道です。
1801-15-大和三山-IMG_2660

山頂(h152m) には、国常立神社があります。
1801-16-大和三山-IMG_2662
1801-17-大和三山-IMG_2663説明

山頂からの眺めです。
1801-18-大和三山-IMG_2664

万葉の森に向かって下りていきました。
1801-19-大和三山-IMG_2665

本薬師寺跡のホテイアオイ畑です。きれいに耕されていました。満開になると、下の写真(昨年9月撮影)のようになります。
1801-20a-大和三山-IMG_2668
1801-20b-大和三山-IMG_1213

本薬師寺跡の礎石と石碑です。
1801-21-大和三山-IMG_2669
1801-22-大和三山-IMG_2670

畝傍御陵前駅を地下道を通って抜けていきます。
1801-23-大和三山-IMG_2672

橿原神宮の神域に入り、戦没者慰霊碑の立つ若桜友苑で昼食休憩です。
1801-24-大和三山-IMG_2673

この奥の登山道から畝傍山に登ります。この道は初めてです。
1801-25-大和三山-IMG_2674

かなり険しい山道で、滑りやすい岩場もありました。畝傍山にこのような登山道があるとは、ちょっと驚きです。
1801-26-大和三山-IMG_2675
1801-27-大和三山-IMG_2676

山頂(h199m) に、畝傍山口神社の社殿跡碑が立っていました。
1801-28-大和三山-IMG_2679

三角点もあります。
1801-29-大和三山-IMG_2680

下りはおなじみの歩きやすい登山道で、橿原神宮の参道に出ます。
1801-30-大和三山-IMG_2682
1801-31-大和三山-IMG_2683

神宮の拝殿です。参拝客が結構多いです。
1801-32-大和三山-IMG_2686

神宮前駅に、先頭に30分遅れて13時01分に着きました。
1801-33-大和三山-IMG_2687

所要時間3時間38分、歩行時間2時間58分、歩行距離14.1Kmでした。
大和三山は久しぶりです。畝傍山だけが登山の感じでしたが、あとはおなじみの道でした。小さな神社が沢山あり、順に参拝してきました。




トレッキング | 14:31:42 | コメント(4)
叡電ハイク - 狸谷のお不動さんへ
1月6日(土)曇

一乗寺駅→一乗寺公園→高野橋→疏水分線→松ヶ崎大黒天→音羽川→曼殊院→狸谷山不動院→瓜生山(h301m)→狸谷山不動院→一乗寺公園(ゴール)→(高野川→御影橋→下鴨神社→旧三井家下鴨別邸→出町柳駅)(17Km)

1801-00a-狸谷山-軌跡
1801-00b-狸谷山-高度

久しぶりの叡電ハイクです。予定では、狸谷山から瓜生山へ登り、詩仙堂を建てて晩年をそこで過ごした石川丈山の墓の方へ下りる事になっていましたが、行ってみると、下り道が濡れていて滑りやすく危険なので、狸谷山までで引き返すという短縮コースになっていました。それではつまらないので、瓜生山まで往復し、ゴールしてから高野川河川敷を歩いて、下鴨神社に初詣に行ってきました。
今日は曇り空で寒い一日でしたが、風がなかったのでまだ良かったです。受付開始時間より少し早く一乗寺駅に着きました。
1801-01-狸谷山-IMG_2518

スタート地点の一乗寺公園には、まだ20人ほどしか並んでいませんでしたが、スタートの9時半には百人くらいになっていました。地図をもらって、9時35分に出発しました。
1801-02-狸谷山-IMG_2521

北大路通りに出て、高野川まで西へと向かいます。
1801-03-狸谷山-IMG_2522

高野橋を渡ります。高野川上流側です。
1801-04-狸谷山-IMG_2523

しばらく高野川沿いに北へと進みます。
1801-05-狸谷山-IMG_2524

松ヶ崎浄水場のところから、疏水分線に沿って松ヶ崎へと向かいます。
1801-06-狸谷山-IMG_2526

松ヶ崎大黒天の裏の階段を登っていきます。
1801-07-狸谷山-IMG_2527

本堂に参拝しました。このお寺は、正式には妙円寺といい、裏の松ヶ崎山の二つの峰に、五山送り火の「妙法」が点火されます。
1801-09-狸谷山-IMG_2529
1801-10-狸谷山-IMG_2530説明

境内にある水子観音です。
1801-11-狸谷山-IMG_2533

表参道から出ました。
1801-12-狸谷山-IMG_2535

修学院駅を通り過ぎ、音羽川沿いに東へ、曼殊院へ向かいます。
1801-13-狸谷山-IMG_2537

曼殊院門跡の拝観入口です。
1801-14-狸谷山-IMG_2540
1801-15-狸谷山-IMG_2541

曼殊院の正門(勅使門)前にある天満宮と弁天堂です。曼殊院の鎮守社だそうです。
1801-16a-狸谷山-IMG_2543
1801-16b-狸谷山-IMG_2544

西へ向かい、一乗寺下り松から詩仙堂の前を通って狸谷山へと向かいます。途中に八大神社があります。
1801-17-狸谷山-IMG_2546
1801-18-狸谷山-IMG_2547説明

そのすぐ先にある、野仏庵です。
1801-19-狸谷山-IMG_2548
1801-20-狸谷山-IMG_2549説明

狸谷山不動院の参道です。
1801-21-狸谷山-IMG_2552

ここから、250段の階段を登ります。
1801-22-狸谷山-IMG_2553
1801-23-狸谷山-IMG_2554

階段の途中に白龍弁財天がありました。
1801-24-狸谷山-IMG_2556

七福神もあります。
1801-25-狸谷山-IMG_2557

弘法大師がお迎えです。
1801-26-狸谷山-IMG_2558

ここでやっと半分登りました。
1801-27-狸谷山-IMG_2559

弘法大師光明殿です。
1801-28-狸谷山-IMG_2560

登りきったところにある本堂です。清水寺を思わせるような建物です。
1801-29-狸谷山-IMG_2561-2591

本堂への階段は「男厄坂」となっていました。本堂横の休憩所で昼食休憩です。
1801-30-狸谷山-IMG_2562

拝観料を払って本堂へ上がりました。。
1801-31-狸谷山-IMG_2565

本堂前には、大量の御札とおみくじがぶら下がっていました。
1801-32-狸谷山-IMG_2566

本堂の舞台から見下ろすと、こんな感じです。
1801-33-狸谷山-IMG_2567

今日のコースでは、瓜生山へは登らないのですが、係の方に聞くと山頂までの往復は問題がないとのことなので、本堂横から登ります。
1801-34-狸谷山-IMG_2571

登山道は、三十六童子順拝道になっていて、一番から順に童子像が並んでいました。
1801-35-狸谷山-IMG_2572

第一番の「こんから童子」です。
1801-36-狸谷山-IMG_2573

途中で童子順拝道と分かれて、山頂へと登っていくと、東山トレイルに出ました。帰りはこの「帰り近道」とある方へ下りました。
1801-37-狸谷山-IMG_2578

山頂にある、不動院の奥の院です。ここは、北白川城本丸があったところで、後に「勝軍地蔵」が置かれました。
1801-38-狸谷山-IMG_2579
1801-39-狸谷山-IMG_2581

奥の院の裏にある、勝軍地蔵のあった石室です。
1801-40-狸谷山-IMG_2584
1801-41-狸谷山-IMG_2585説明

近道とある方から下りましたが、途中の三叉路で道を間違えたらしく、童子順拝道に出て二十二番が出てきました。この先、また頂上へ反対側から登るようなので、三叉路まで引き返して下りました。結局、近道がかえって遠回りになってしまいました。
1801-42-狸谷山-IMG_2586

本堂前まで下りてきて、登った時と反対側から階段を降りると「女厄坂」となっていました。
1801-44-狸谷山-IMG_2594

下っていく途中に、阪神の2003年優勝記念碑が並んでいました。
1801-45-狸谷山-IMG_2597

後は同じ道を戻って、ゴールの一乗寺公園に13時30分到着です。今日の参加者は、叡電ハイクとしては非常に多い316名でした。
1801-46-狸谷山-IMG_2598

ここまでで11.4Kmで、時間も早いので高野川河川敷を歩いて、下鴨神社に行くことにしました。
1801-47-狸谷山-IMG_2600

御影橋を渡ります。高野川上流側です。昼から少し青空が出てきました。
1801-48-狸谷山-IMG_2602

やはり下鴨神社は、6日でも参拝者が多いです。
1801-49-狸谷山-IMG_2604

重要文化財の舞殿に干支の絵馬が掲げられていました。
1801-50-狸谷山-IMG_2606

本殿で参拝です。私の干支の午年生守護社にお参りしました。
1801-51-狸谷山-IMG_2609
1801-52-狸谷山-IMG_2610

重文の三井神社です。
1801-53-狸谷山-IMG_2614
1801-54-狸谷山-IMG_2615

帰りに、最近一般公開された、旧三井別邸を見学しました。なかなか趣のある建物で、庭園も美しいです。
1801-55-狸谷山-IMG_2621-2629
1801-56-狸谷山-IMG_2622
1801-57-狸谷山-IMG_2623
1801-58-狸谷山-IMG_2627

15時12分出町柳駅に着き、京阪で帰りました。所要時間5時間42分、歩行時間3時間25分、歩行距離16.4Kmでした。
気温が低く、寒い一日で、午後に一時小雨が降ったりしましたが、色々とバラエティに富んだウォーキングの一日になりました。




電鉄ウォーキング | 21:49:49 | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad