■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

ツツジ満開の葛城山へ
5月20日(土)快晴

(近鉄御所駅=)ロープウエイ登山口駅→登山口→北尾根コースとの分岐点→櫛羅の滝→ロープウエイ山上駅→葛城天神社→白樺食堂→葛城山頂 (h959m)→ツツジ園→ダイアモンドトレール→北尾根コース→櫛羅の滝コースとの分岐点→ロープウエイ登山口駅 (9.4Km)(=御所駅)

1705-00a-葛城山-軌跡
1705-00b-葛城山-高度 HL

ツツジが満開とのことなので、初めての葛城山に一人で出かけました。いつもの仲間4人は、しらす丼を食べに海南に行っています。私も行きたかったのですが、去年行っているし、遠いので帰りが遅くなるので止めました。
今日は、朝から快晴で、暑くなるとの予報なので、できるだけ早く出て午後暑くなる前に帰るつもりで、6時に家を出て、8時前に御所駅に着きバスでロープウエイ駅へ向かいました。
1705-01-葛城山-IMG_0377

ロープウエイ駅に8時21分到着。もう既に多くの人が並んでいました。
1705-02-葛城山-IMG_0378

駅の右の道を登って行きます。
1705-03-葛城山-IMG_0380

ロープウエイとその先に山頂駅が見えます。
1705-04-葛城山-IMG_0382

イノシシよけのゲートが有りました。
1705-05-葛城山-IMG_0383

しばらくなだらかな登りです。
1705-06-葛城山-IMG_0385

途中で別れて、櫛羅の滝を見に行きました。美しい良い滝です。
1705-07-葛城山-IMG_0387
1705-08-葛城山-IMG_0389

また登山道に戻って、急な階段を登っていきます。このコースは私の嫌いな階段がいっぱいありました。
1705-09-葛城山-IMG_0391

杉林の中の気持ちのよい道に出ても、すぐまた階段です。
1705-10-葛城山-IMG_0392
1705-11-葛城山-IMG_0396
1705-12-葛城山-IMG_0397

木漏れ日の美しい杉林の道をしばらく行きます。
1705-13-葛城山-IMG_0401
1705-14-葛城山-IMG_0402
1705-15-葛城山-IMG_0404

しばらく登ると、展望が開けて御所市方面でしょうか、霞んでいてよくわかりません。
1705-16-葛城山-IMG_0405

また急な階段です。ケーブルで上がった人達でしょうか、軽装で下りてくる人に次々出会いました。街着にスニーカーで下りてくる若いカップルに出会いましたが、無事下りられたでしょうか?
1705-17-葛城山-IMG_0407

やっと櫛羅の滝コースの終点、山頂と山上駅の分岐点に出ました。ゆっくり登ったので、ここまでで、1時間40分ほどかかっています。
1705-18-葛城山-IMG_0412

まず、山上駅へ向かいました。
1705-19-葛城山-IMG_0413

駅屋上の展望台からは四方が見渡せます。頂上近くのアンテナです。
1705-20-葛城山-IMG_0414

霞んでいますが、大和平野が見渡せます。低い山は大和三山ではないかと思います。
1705-21-葛城山-IMG_0416

ケーブルカーが下りていきます。駅では、「スニーカーで下山するのは、大変危険です。最近、けが人がたくさん出ているので、絶対おやめ下さい」というアナウンスを繰り返していました。
1705-22-葛城山-IMG_0419

山頂への道にある、葛城天神社です。
1705-23-葛城山-IMG_0420

白樺食堂辺りには、ケーブルで上がってきた老若男女大勢の人がいました。
1705-24-葛城山-IMG_0421

山頂への道です。なんとなく若草山に似ています。
1705-25-葛城山-IMG_0422

山頂(h958m)の標識と三角点です。三角点の石は地面に埋め込んでありました。
1705-26-葛城山-IMG_0424
1705-27-葛城山-IMG_0427

ツツジ園では、山肌いっぱいにツツジが満開で見事です。
1705-29-葛城山-IMG_0434
1705-30-葛城山-IMG_0435
1705-31-葛城山-IMG_0437
1705-32-葛城山-IMG_0438
1705-33-葛城山-IMG_0441
1705-34-葛城山-IMG_0442

赤いツツジの先に金剛山が間近に見え、美しい景色です。ここで、ツツジを眺めながら長めの昼食休憩を取りました。1000m近い山なので、日に当たりながら昼食を摂りましたが、暑くもなく、心地よい風が吹き、気持ちよかったです。
1705-35-葛城山-IMG_0445

水越峠から金剛山へ向かうダイヤモンドトレールです。ダイトレをこの反対方向の北に向かい、途中で別れて北尾根コースで下りました。
1705-36-葛城山-IMG_0447

階段を下ります。ここはまだダイトレの一部です。
1705-37-葛城山-IMG_0450
1705-38-葛城山-IMG_0451

北尾根コースへの分岐点です。
1705-39-葛城山-IMG_0452

狭くて急な道が続きます。大変滑りやすい土で、ロープが張ってあるのでこれを伝っておりました。ポールも滑って役に立ちません。先端のゴムを外せばよかったと後で気が付きました。
1705-40-葛城山-IMG_0454
1705-41-葛城山-IMG_0456
1705-42-葛城山-IMG_0459

展望が開けて、ロープウエイ山頂駅が見えます。
1705-44-葛城山-IMG_0461

ケーブルカーが下りてきました。
1705-45-葛城山-IMG_0464

この先は、特に滑りやすい急坂で、前を歩いていた完全装備の若いカップルも尻餅をついていました。特に、女の子は3~4度転けていました。私も、3度尻餅をつきましたが、怪我はありません。ズボンの土も払うとすぐ取れるサラサラした土でした。
北尾根コース最後の急階段です。
1705-46-葛城山-IMG_0466

櫛羅の滝コースとの合流点に戻ってきました。ダイトレ入口からここまで、1時間15分でした。
1705-47-葛城山-IMG_0465

ロープウエイ駅に下りてくると、救急車が2台待機していました。けが人がロープウエイで下りてくるのでしょうか。軽装で下りるのはあぶないですね
1705-48-葛城山-IMG_0470

つつじ満開の最後の休日とあって、多くに人で賑わっていて、いまだに、ロープウエイの待ち時間が1時間30分になっていました。
所要時間4時間35分、歩行時間2時間50分、歩行距離9,4Kmでした。
登り、下りともに人が多く、道標もしっかりしていて、一人でも不安はありませんでした。ただ、北尾根コースは意外に急坂で、狭くてすべりやすい道が多く、一度滑ると止まらずズルっといってしまいます、
それにしても、斜面一面の真っ赤なつつじは見事で、雲一つない快晴の空の下、美しい景色を満喫した一日でした。





トレッキング | 21:34:54 | コメント(4)
新緑の愛宕山へ
5月14日(日)晴

JR保津峡駅→水尾への登山道→荒神峠→愛宕神社表参道→愛宕神社→首無地蔵→林道→高雄(15Km)

1705-00a-愛宕山-軌跡
1705-00b-愛宕山-高度

久しぶりに、浪速の例会(山A)に参加しました。保津峡駅に50名位集まっていました。周りの新緑がきれいです。
1705-01-愛宕山-IMG_0322

9時5分に出発、しばらく舗装道路を歩きます。
1705-02-愛宕山-IMG_0323

保津峡駅が見えます。
1705-03-愛宕山-IMG_0325

水尾への登山道へ入ります。ここで、細い山道に入るのに皆さん並んで待っている間に、買ったばかりの組み立て式ポールを組み立てようとしたら、固定の仕方がわからずもたもたしているうちに皆さんどんどん先に行ってしまい、気がついたら、後ろでアンカーの方が二人待っておられました。なんとか組み立てて、最後尾でスタートです。
1705-04-愛宕山-IMG_0326

林の中の道ですが、このような平坦なところは余りなく、大体が急な登りで、昨日の雨で滑りやすく、かなりきつかったです。登るのに精一杯で、写真は平坦な部分でしか撮っていません。
1705-05-愛宕山-IMG_0329
1705-06-愛宕山-IMG_0331
1705-07-愛宕山-IMG_0333

清滝への分岐です。
1705-08-愛宕山-IMG_0335

水尾の別れで、左へ行くと柚子の里水尾です。今も昔の面影を残しながら伝統を守り続けている集落だそうです。一度行ってみたいですね。道標に「水尾の里 30KM」と読めるのですが、実際は、3.0Kmです。
1705-09-愛宕山-IMG_0338
1705-10-愛宕山-IMG_0337

少し行くと、表参道と合流します。
1705-11-愛宕山-IMG_0340

所々にお地蔵さんが立っています。
1705-12-愛宕山-IMG_0342

黒門に着きました。登りと下り側からの写真です。
1705-13-愛宕山-IMG_0344
1705-14-愛宕山-IMG_0347
1705-15-愛宕山-IMG_0345説明

さらに表参道を登っていきます。
1705-16-愛宕山-IMG_0346

愛宕神社境内に着きました。新緑がきれいです。
1705-17a-愛宕山-IMG_0349

八重桜が満開でした。この所、毎週何処かでいろいろな桜が見られます。
1705-17b-愛宕山-IMG_0353

愛宕神社への階段です。ここは登りません。
1705-17c-愛宕山-IMG_0352

階段横の休憩小屋で昼食休憩です。一番最後に到着したので、15分しか無く、急いて昼食を済ませました。あとは下りです。階段の右の山道を下ります。最初は列を作っているのですが、間もなく先頭集団がどんどんペースを上げて、あっという間に見えなくなってしまいました。
1705-18-愛宕山-IMG_0354

この道にも、お地蔵さんが並んでいました。
1705-19-愛宕山-IMG_0355

細い尾根道を下ります。このあたりになると、バラけてきて前後にあまり人がいません。
1705-20-愛宕山-IMG_0358

展望が開けて来ましたが、どこが見えているのかよくわかりません。
1705-21-愛宕山-IMG_0360

首無地蔵です。ここで休憩しました。
1705-22-愛宕山-IMG_0362

今登ってきた、愛宕山が見えます。
1705-23-愛宕山-IMG_0363

舗装された林道に出ました。しばらく林道を下ります。よく手入れされた杉林の中の道です。作業用の軽トラックがかなり頻繁に通ります。
1705-24-愛宕山-IMG_0365
1705-25-愛宕山-IMG_0368
1705-26-愛宕山-IMG_0369

だいぶ下りてきました。
1705-27-愛宕山-IMG_0371

高雄に13時45分到着です。橋から見た清滝川の上流と下流です。
1705-28-愛宕山-IMG_0374
1705-29-愛宕山-IMG_0375

コースは、この先JR嵐山駅まで山道を歩くようですが、浪速のスタッフの方が「バスで帰る人はこっち」と案内してくれるので、迷ったのですが誘惑に負けて、高雄からバスで帰りました。
所要時間4時間45分、歩行時間3時間42分でした。

浪速の山Aは、きついのは承知していたのですが、後ろの方でゆっくり行けばよいかと思っていたら、みんな速くて、特に登りの遅い人は私だけくらいでした。ちょっと付いていけないですね。
スタッフの皆さん、特に登りのときのアンカーの方、大変お世話になりました。ありがとうございました。





トレッキング | 15:54:03 | コメント(2)
どんづる峯から二上山へ
5月2日(火)快晴

近鉄二上山駅→国道→どんづる峯→ダイヤモンドトレール北入口→鉄塔34→緑色の鉄塔→馬の背→雄岳→馬の背→雌岳→岩屋→祐泉寺→傘堂→當麻寺→近鉄當麻寺駅(13Km)

1705-00a-二上山-軌跡
1705-00b-二上山-高度

今日も五月晴れのトレッキング日和、一昨日の比叡山に続いて、いつもの5人組で新緑の二上山へ登ってきました。
5人揃ったところで、近鉄二上山駅を9時6分出発、どんづる峯へ向かいます。
1705-01-二上山-IMG_0211

しばらく車の多い国道を西へと歩きます。
1705-02-二上山-IMG_0213

途中から近鉄線路沿いの県道へ入ります。。
1705-03-二上山-IMG_0214

どんづる峯への入り口に着きました。
1705-04-二上山-IMG_0215
1705-05-二上山-IMG_0216 どんづる説明

緩やかな坂道を登っていきます。
1705-06-二上山-IMG_0217

白い凝灰岩の岩山です。滑りやすく登りにくいですが、なかなかの壮観です。
1705-07-二上山-IMG_0218
1705-08-二上山-IMG_0221
1705-09-二上山-IMG_0226
1705-10-二上山-IMG_0227

また元の県道に戻り、さらに西へ、県境を超えて大阪府太子町に入ると、間もなくダイヤモンドトレール(ダイトレ)北入口です。
1705-11-二上山-IMG_0232

しばらく杉林の道を登っていきますが、あとは急なアップダウンの連続です。
1705-12-二上山-IMG_0234

木製の階段です。登ったと思ったらすぐ下りで、また登りです。
1705-13-二上山-IMG_0236

木の間から二上山が見えました。まだだいぶ距離があります。
1705-14-二上山-IMG_0237

ところどころで、林の中の道に出て、ホッとします。道端のつつじが満開でした。
1705-15-二上山-IMG_0239
1705-16-二上山-IMG_0240
1705-17-二上山-IMG_0242

また急な登りです。
1705-18-二上山-IMG_0243
1705-19-二上山-IMG_0244

木製手書きの道標です。
1705-20-二上山-IMG_0246

鉄塔34からは、二上山がだいぶ近くに見えます。左が雌岳、右が雄岳です。
1705-21-二上山-IMG_0248

太子町総合スポーツ公園からの登山道との分岐です。昨年5月にこの道から登りました。ダイトレよりだいぶ楽に登れます。
1705-22-二上山-IMG_0249

林の中の気持ちのよい道です。
1705-23-二上山-IMG_0250

雌岳が間近になりました。
1705-24-二上山-IMG_0252

眺望がひらけて、少し霞んでいますが、大阪方面がよく見えます。左手にPLの塔が見えます。
1705-25-二上山-IMG_0255

雄岳と雌岳の間の馬の背まであと僅かです。
1705-26-二上山-IMG_0256

竹の内峠へと向かうダイトレとはここで別れて、馬の背へ向かいます。
1705-27-二上山-IMG_0257

馬の背に着きました。ここからまず雄岳へ登ります。
1705-28-二上山-IMG_0262

雄岳山頂(h517m)です。ここには三角点がありません。雌岳(h474)より高いのに何故でしょう。
1705-29-二上山-IMG_0265

山頂にある葛木二上神社です。山桜が咲いていました。
1705-30-二上山-IMG_0267

その右奥には、大津皇子の墓があります。大津皇子は天武天皇の第3皇子で、謀反の疑いをかけられ自害させられたそうです。
1705-31-二上山-IMG_0272

馬の背に戻り、雌岳に登ります。
1705-32-二上山-IMG_0273

ここには三等三角点があります。
1705-33-二上山-IMG_0274

ツツジが満開で、その先に、今登ってきた雄岳が見えています。
1705-34-二上山-IMG_0276

ここからは、飛鳥地方が見えます。左端が耳成山、右手が畝傍山ではないかと思います。ここで昼食休憩です。
1705-35-二上山-IMG_0278

雌岳山頂から岩屋方面へ下ります。葛城山(手前)と金剛山(その奥)が近くに見えました。
1705-36-二上山-IMG_0283

祐泉寺への道を下ります。
1705-37-二上山-IMG_0284

小学生の遠足と一緒になりました。五年生だそうで、休憩している間に追い越して先に行きます。
1705-38-二上山-IMG_0286

祐泉寺へ下りてきました。近畿自然歩道は、祐泉寺の門をくぐって登るようです。私たちは、この左手の道から下りてきました。山道はここまでで、あとは舗装道路です。
1705-39-二上山-IMG_0288

鳥谷口古墳です。
1705-40-二上山-IMG_0290

池の向こうに新緑の雄岳と雌岳がきれいに見えます。
1705-41-二上山-IMG_0295

傘堂です。
1705-43-二上山-IMG_0299
1705-42-二上山-IMG_0298

傘堂のすぐ先にある、當麻山口神社です。
1705-44-二上山-IMG_0300

當麻寺に立ち寄りました。黒門から入ります。
1705-45-二上山-IMG_0303

国宝の本堂です。
1705-46-二上山-IMG_0304

国宝で日本最古という梵鐘です。
1705-47-二上山-IMG_0305

仁王門から出て当麻寺駅へ向かいます。
1705-48-二上山-IMG_0308

当麻寺駅に14時21分着きました。
1705-49-二上山-IMG_0309

所要時間5時間15分、歩行時間3時間18分、歩行距離12.9Kmでした。
日曜日の比叡山に続いての山歩きで、ちょっとしんどかったですが、新緑が美しく、心地よい気候で、5人で賑やかに楽しく歩きました。それにしても、ダイトレはアップダウンがきつく、消耗しました。





トレッキング | 09:15:57 | コメント(4)
前のページ 次のページ

FC2Ad