■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

酒蔵みてある記 奈良豊澤酒造「豊祝」と「ならまち」散策

2月4日(土)快晴

天理駅→和爾下神社→櫟本高塚公園→かぼちゃ薬師→菩提仙川→豊澤酒造→帯解寺→ならまち→格子の家→元興寺→猿沢の池→JR奈良駅(16Km)

GPSの奇跡です。
1702-00-軌跡

近鉄の酒蔵シリーズに今シーズン初めての参加です。豊澤酒造では多種のお酒を自由に試飲できるので、毎年大変な人気です。コースとしては、帯解の豊澤酒造で解散、バスで奈良へ帰るのですが、それも面白くないので、帯解寺の前の道を北へ、ならまちを散策して、JRで帰りました。

10時30分受付開始なので、10時30分に天理駅に着くと。既にびっくりするほどの長蛇の列ができていました。この写真の列は、折り返して並んでいる人達で、この先で折り返して、受付は写真の左手手前ずっと先です。
1702-01-豊祝-IMG_0002

10分以上並んでやっとスタートしました。地図の番号は1230で、最終的に参加者は2000人程でした。いつもは、天理市内を東へ抜けて、白川ダムを通るのですが、今日は駅から北へ向かいました。古くからの住宅地のようで、天理教独特の建物は殆どありませんでした。初めて通る道です。
少し行くと祝田(はふりた)神社があります。延喜式神名帳に記載されている古社です。
1702-02-豊祝-IMG_0005

静かな住宅地を道いっぱいの人波が進んでいきます。ペースを上げて混雑を抜け出そうとしますが、どこまで行っても人でいっぱいでした。
1702-03-豊祝-IMG_0009

しばらく行くと、古墳の上に建つ和爾下神社(わにしたじんじゃ)に着きました。
1702-04-豊祝-IMG_0011
1702-05-豊祝-IMG_0014

急な階段を登ります。
1702-06-豊祝-IMG_0015

拝殿です。ここも延喜式に記載されている古社で、本殿は重要文化財です。
1702-07-豊祝-IMG_0016
1702-08-豊祝-IMG_0017 説明

古墳の石室の天井石です。
1702-09-豊祝-IMG_0021

少し山道らしい道を行きます。
1702-10-豊祝-IMG_0022

その先の、櫟本高塚公園が昼食場所になっていて、大勢の人が休憩していましたが、そこは素通りで先を急ぎます。その近くにかぼちゃ薬師という薬師堂がありました。
1702-11-豊祝-IMG_0024
1702-12-豊祝-IMG_0025 説明 1
1702-13-豊祝-IMG_0025 説明 2

しばらく菩提仙川の土手道を歩きます。大和川の二次支流で佐保川に注いています。天気も良く、景色を眺めながら気持ちよく歩ける道です。この辺まで来ると人もだいぶバラけて歩きやすくなりました。
1702-14-豊祝-IMG_0027
1702-15-豊祝-IMG_0029

12時30分豊澤酒造に着きました。
1702-16-豊祝-IMG_0035

試飲会場は大勢の人で賑わっていました。最初に頂いた麹だけで作った甘酒は大変美味しかったです。大吟醸を始め、8種のお酒を自由に試飲できるので、まず全部試飲して、一番美味しかった純米吟醸酒「無上盃」と酒粕を買いました。
1702-17-豊祝-IMG_0032

帰りには、お土産にワンカップを頂いて、だいぶ重くなったリュックを背負って、ほろ酔い加減でならまちへと向かいました。まず、帯解寺の前を通ります。今日は節分で何かあるらしく、大勢の人で賑わっていました。
1702-18-豊祝-IMG_0037

この先「ならまち」までは、特に見るものもなく単調な道です。ならまちでは、まず「格子の家」に立ち寄りました。これは、江戸時代末から明治時代にかけて、「ならまち」に点在した町家をモデルに建てられた施設で、何度か来たことがありますが、今日はゆっくり全部見て回りました。
1702-19-豊祝-IMG_0040

中庭です。
1702-20-豊祝-IMG_0042

2階への階段は収納スペースになっている、箱階段です。
1702-21-豊祝-IMG_0043

台所です。
1702-22-豊祝-IMG_0046

創業安政元年という、砂糖問屋 砂糖傳増尾商店です。
1702-23-豊祝-IMG_0047

御霊神社です。
1702-24-豊祝-IMG_0049

元興寺に立ち寄りました。今までは前を素通りでしたが、今日始めて中に入りました。
1702-25a-豊祝-IMG_0062

重要文化財の東門です。この左端で拝観料を支払って、この門から入ります。
1702-25b-豊祝-IMG_0050

このお寺は、仏教伝来の初期に蘇我馬子によって法興寺として創建され、平城遷都に伴い、元興寺として奈良に遷されたものです。当時は、大変広大な土地に多くの建物があったようですが、現在遺っているのは、極楽堂(国宝)と禅室(国宝)のみです。
東門から見えている極楽堂です。
1702-26-豊祝-IMG_0051
1702-27-豊祝-IMG_0052 説明

収蔵庫の前にある浮図田です。
1702-28-豊祝-IMG_0056
1702-29-豊祝-IMG_0058
1702-30-豊祝-IMG_0057 説明

国宝の禅室です。
1702-31-豊祝-IMG_0060
1702-32-豊祝-IMG_0061 説明

元興寺を出て、北へならまちを散策後猿沢の池を通って、三条通を西へ、JR奈良駅から帰りました。
所要時間3時間55分、歩行時間3時間2分、歩行距離16.4Km,平均歩速 5.5Km/h でした。



関連記事
スポンサーサイト


電鉄ウォーキング | 15:45:09 | コメント(4)
コメント
立春の昨日は穏やかな暦通りの初春を感じる天気でした。
我が家の近くの公園から琵琶湖大橋越しに雪をかぶった伊吹山が
くっきりと又比良山も綺麗に見えました。
この季節は各地で搾りたての新酒の蔵出しの催しが行われていますね。
毎年のように参加されているのですね。それにしてもすごい人気ですね。
世界遺産の元興寺拝観されて良かったです。ほろ酔い気分の見学は困りますね(笑)
2017-02-05 日 16:43:13 | URL | リオン [編集]
リオンさん
昨日は一日中快晴で気持ちのよいウォーキング日和でしたね、 リオンさんは、どこへ行かれました?
豊澤酒造ほど気前よく試飲させてくれるところは、他にありませんね。そのため、大変人気で、毎年にぎわいます。私も、つい調子に乗ってお変わりまでしたので、ならまちまでほろ酔いウォークでした。 でも、元興寺に着いた頃には酔いも冷めて、ちゃんと参拝してきましたよ。
来週は、琵琶湖10割之2回目です。雪の比良山と満開のなばなが見られるかと期待しています。
2017-02-05 日 19:55:30 | URL | Old Walker [編集]
このところ 神戸では寒い日が続き、急に雨や雪が降ったりして外出する時には傘が離せません
ほとんど飲めませんが、豊澤酒造のウォークに言ってみたいな!と思います
被写体には奈良は格好の場所で 元興寺も ならまちも数年前に一眼カメラ片手にぶらりと出かけ、写真を撮りまくってましたが、近年は足が遠のき 山にでかけることが増えました
懐かしい場所がブログで見れて また奈良に足を向けたいと思います
まだまだ行って無い所、行きたい所が沢山あり、ここで刺激を受けて いつも元気をもらえます
2017-02-08 水 22:47:07 | URL | harukaze [編集]
harukaze さん
ここしばらくは、寒い日が続くようですね。こちらでは、あまり雨は降りませんが、今日は、朝からみぞれで、だんだん雪に変わってきました。 近くの山は、すでに真っ白です。 精進が良いと、六甲の日だけは晴れになりましたね。
豊沢酒造には、毎年のように行っていますが、いつもすごいい人でいっぱいです。 できるだけ前の方に出て、受付開始時間(12時30分)近くに着くようにすると、並ばなくても中にはいれます。
奈良は見どころがいっぱいあって、良いですね。
2017-02-09 木 09:46:56 | URL | Old Walker [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad