■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

当尾から笠置へ

1月21日(土)曇り時々晴れ

(自宅)→南加茂台1丁目→千日墓地→石仏の道→カラスの壺二尊→わらい仏→弥勒磨崖仏→府道33号線→笠置いこいの館→JR笠置駅(16Km)

1701-00-軌跡

今日もまた自宅近くを歩いてきました。比較的穏やかなウォーキング日和で、当尾の石仏を見ながら、岩船寺近くから府道33号線で笠置へ行き、温泉でくつろいでで列車で帰りました。
加茂から笠置へはまっすぐ行けば近いのですが、国道以外に直通ルートがありません。以前、団体で関西線近くの山田を通って笠置へ行ったことがありますが、、ややこしいルートで、一人では行けそうにないので、だいぶ遠回りですが、岩船寺近くから府道を通っていく、わかりやすいルートを取りました。
途中までは、前回と同じで千日墓地を通る山越えの道で府道47号線に出て、岩船寺への「石仏の道」に入ります。三叉路に入った所に道標と変わっった形のあたご燈籠があります。当尾ではお正月にここからおけら火を採り雑煮を炊く風習があったそうです。
1701-01-笠置-IMG_1431

杉林の道を行きます。
1701-02-笠置-IMG_1432

少し行くと、カラスの壺二尊が道沿いに立っていました。正面に阿弥陀如来坐像があり、地蔵菩薩立像は、岩の左横に掘ってあり、ちょとわかりにくいです。
1701-03-笠置-IMG_1433
1701-04-笠置-IMG_1435
1701-05-笠置-IMG_1434カラスの壺説明

しばらく歩くと、「唐臼のつぼ」という真ん中に穴の開いた大きな石かあります。何かの建物の礎石ではないかと言われていますが、なぜここにあるのか不思議です。
1701-06-笠置-IMG_1437

しばらく山道を歩きます。
1701-07-笠置-IMG_1438

岩船寺へ向かう階段の道です。ここへは登らないでさらにまっすぐ行きます。
1701-08-笠置-IMG_1439

すぐ先に、眠り仏と笑い仏があります。眠り仏は、半身が土に埋もれて眠っているようです。
1701-09-笠置-IMG_1442

笑い仏は、永仁7年(1299)の銘文があり、当尾の代表的な石仏です。
1701-10-笠置-IMG_1445
1701-11-笠置-IMG_1444 わらい仏説明

暫く歩くと、府道に出ますが、その三叉路に弥勒磨崖仏があります。線刻画ですがちょっとわかりにくいです。
1701-12-笠置-IMG_1447
1701-13-笠置-IMG_1449 弥勒磨崖仏説明

この向かいから、岩船寺の裏を回っていく道がありますが、そちらへは行かずに府道を行きます。
1701-14-笠置-IMG_1454

道沿いにあった、九頭神社です。
1701-15-笠置-IMG_1457

小川に沿って府道33号線を北へ向かいます。ゴミ処理場があるようで、ゴミを積んだトラックが盛んに通ります。特に見るものもなく、単調な道を先へ急ぎます。
1701-16-笠置-IMG_1458

京都と奈良の県境です。
1701-17-笠置-IMG_1459

京都側に入ってすぐの所に、石仏群がありましたが、何も説明がないのでどういうものかわかりません。
1701-18-笠置-IMG_1461

京都側に入ると、人家もほとんど無く、府道が狭くなり、川も自然のままで、車も急に少なくなって気持ちよく歩ける道になりました。
1701-19-笠置-IMG_1462
1701-20-笠置-IMG_1464

笠置近くに、コウモリ博物館がありましたが、中へは入りませんでした。
1701-21-笠置-IMG_1465

今日の目的地、笠置駅近くの、笠置いこいの館に着きました。ここの食堂で昼食を摂り、温泉に入りました。ここの露天風呂は、庭のようになっていて、浴槽は庭の池の様な感じで、とてもここち良いです。
1701-22-笠置-IMG_1466

笠置駅前には、笠置合戦の様子を表した人形群があります。
1701-23-笠置-IMG_1467
1701-24-笠置-IMG-1468 説明

加茂から亀山までの関西線は、まだ電化されていなくて関西では珍しい、ワンマンのディーゼルカーが走っています。

歩行距離16.1Km, 歩行時間2時間54分でした。



関連記事
スポンサーサイト


個人的ウォーク | 15:18:51 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad