FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

茶源郷 和束へ
12月18日(日)晴

加茂駅→恭仁大橋→大出用水→撰原の茶畑→和束茶カフェ→天空カフェ→正法寺→和束天満宮→和束茶カフェ→石寺の茶畑→和束川→恭仁大橋→加茂駅(25km)

GPSの軌跡と高度です。
軌跡b

1618和束-00b-和束HL高度

和束町は、鎌倉時代から続く高級煎茶の大産地で、宇治茶の40%を生産し、てん茶の生産は全国トップクラスです。その茶畑の景観は素晴らしく、「日本で最も美しい村連合」に加盟しています。 また、京都府は、茶畑を含む宇治茶の文化的景観を、世界文化遺産に登録する準備をしています。最近までは、殆どを宇治茶として出荷していましたが、最近、独自の和束茶として売り出し中です。宇治茶として販売されているものの大半は、和束を中心に、南山城村や加茂町で生産加工されたものです。
今日は、天気もよくウォーキング日和の予報なので、近場で、久しぶりに和束に行きました。茶畑の景観は、今頃が一番美しく、春の新茶の季節から夏にかけては、日よけのため黒い遮光ネットで覆われていて、真っ黒な茶畑になっています。

加茂駅前を8時25分に出発し、まず恭仁大橋を渡ります。橋から見た木津川上流です。ここも私の好きな風景です。
1618和束-01-IMG_1263

橋を渡り、真っ直ぐ北へ向かうと大出用水が流れています。これは、鎌倉時代に作られた、和束から加茂まで続く田植え用の水路で、それほど大きな高低差がないところに、鎌倉時代に7Km近い水路を作る技術があったのは、少々驚きです。 この水路は、今も使われています。
1618和束-02-IMG_1265
1618和束-03-IMG_1267

加茂から和束までの道に、新しい道標が作られていました。
1618和束-04-IMG_1268

朝靄に霞む茶畑です。
1618和束-05-IMG_1276

日本遺産に登録されている撰原の茶畑です。山の斜面一面に広がっています。
1618和束-07-IMG_1349
1618和束-08-IMG_1286
1618和束-09-IMG_1284

美しい茶畑が続きます。
1618和束-10-IMG_1290
1618和束-11-IMG_1292

丁度、刈り込みをしていました。このような機械で刈り取るので、きれいに形が整った茶畑になります。
1618和束-12-IMG_1295

茶源郷 和束の看板が立っていました。
1618和束-13-IMG_1296

霜を防ぐため空気を撹拌する送風機が立ち並んでいます。
1618和束-14-IMG_1297

和束茶カフェに着きました。加茂からここまで、約10Kmです。
1618和束-15-IMG_1298

ここで、天空カフェの利用申込をしました。天空カフェは、近くの丘の上に最近建てられた茶室風の東屋で、和束町の全景を見渡せます。1時間一人500円で1組だけの貸し切りになります。飲み物などは、和束茶カフェで購入して持っていきます。和束茶カフェのすぐ向かいにある公園に、大伴家持の歌碑があります。天空カフェへはこの横から登ります。
1618和束-25-IMG_1317

急な階段を登って行きます。
1618和束-16a-IMG_1314
1618和束-16b-IMG_1300

内部の様子です。囲炉裏もありました。
1618和束-17a-IMG_1302
1618和束-17b-IMG_1307
1618和束-17c-IMG_1308

和束茶カフェで購入した、茶団子、草餅と和束で作った紅茶です。一人だけの貸し切りで、周りを見渡しながら、美味しくいただきました。でも、本当は一人で来るところではないですね。
1618和束-17d-IMG_1309

天空カフェからの眺めです。和束町全体が見渡せます。
1618和束-18b-IMG_1304
1618和束-18b-IMG_1304
1618和束-23-IMG_1311
1618和束-24-IMG_1312

府道を北へ少し行くと、正法寺があります。このお寺は、天平時代に安積親王の菩提を弔うために建てられたもので、紅葉の名所として知られていますが、もうとっくに散ってしまったようで、枯れたもみじの葉が、あちこちに積み上げてありました。参道と本堂です。
1618和束-26-IMG_1319
1618和束-27-IMG_1320

そこからさらに北へ向かい、和束天満宮に参拝しました。この神社は、536年宣化天皇の御代、境内社の熊野神社が和歌山「熊野神社」より遷宮されたのが始まりと伝えられる古社です(天満宮のHPより)1618和束-28-IMG_1329
1618和束-29-IMG_1332
祭神は菅原道真公です。拝殿と重要文化財の本殿です。

本殿前の左には、菅原公の御威光で、頭を撫でると賢くなり、体の痛いところを撫でると良くなるという、大変ありがたい牛が鎮座していました。
1618和束-30-IMG_1331

和束茶カフェの近くの小高い丘の上にある、聖武天皇の第五王子・安積親王の陸墓です。上からは一帯を見渡せますが、何度も行っているので、今回は省略です。
1618和束-31-IMG_1339

和束川です。
1618和束-32-IMG_1336

帰り道にもしばらくは茶畑が続きます。朝とは光の当たり方が違うので、また違って見えます。
1618和束-33-IMG_1344
1618和束-34-IMG_1345

ここまでは、行きと同じ道ですが、途中で別れて石寺の茶畑を見に行きました。ここも、文化庁選定日本遺産です。
1618和束-35a-IMG_1356
1618和束-35b-IMG_1353
1618和束-36-IMG_1354
1618和束-37-IMG_1355
1618和束-39-IMG_1357

この先を山手に入っていくのですが、うっかりそのまま南へ行ってしまい、和束川まで来てしまったので、和束川沿いの府道を通って帰りました。この府道には歩道がないので、歩きにくかったです。
1618和束-40-IMG_1360

国道に出たところからは、裏道に抜け、恭仁大橋を渡って帰りました。加茂駅前に15時到着。所要時間6時間37分、歩行時間4時間58分、歩行距離25.1Km でした。
久しぶりの和束でしたが、茶源郷として町を挙げて売り出し中で、観光客も増えているようで、喫茶店やレストランなどあちこちにできていました。


関連記事
スポンサーサイト


個人的ウォーク | 22:22:14 | コメント(2)
コメント
こんばんは。
たくさん歩かれましたね。
和束の天空のカフェはYAMAPつながりの人に聞いた事がありましたが、1時間500円で貸し切りできるのですね。
近くに行ったら、是非行きたいです。
うちの近くにもお茶畑があり、山の上から見れるようにして、岐阜のマチュピチュで売り出しています。
のどかな風景は癒されますね(#^^#)
2016-12-27 火 20:00:29 | URL | 花火 [編集]
花火さん
コメントありがとうございます。
和束は、見渡す限りの山の斜面は茶畑で、癒される風景です。世界遺産の登録を目指して、四季折々に、様々なイベントが企画されて、売り出し中です。
天空のカフェは、1時間単位の貸し切りで、一人500円です。私は、500円で独り占めでき、良かったです。ここは、「カフェ」と言っても、何もなく、誰もいません。和束茶カフェで鍵をもらって、全て自分で持ち込みです。景色は抜群です。電話でも予約できるので、もし行かれるのでしたら、予約しておかれた方が良いですよ。
2016-12-27 火 22:03:26 | URL | Old Walker [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad