FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「高代寺から吉川城址」と妙見山

7月23日(土) 薄曇

妙見口駅→旧山下道→高代寺→吉川城址→吉川八幡神社→花折街道→黒川駅(妙見の森ケーブル)→山上駅→能勢妙見山→妙見山登山道・上杉尾根コース→花折街道→妙見口駅 (16Km)

1607妙見山-00a-軌跡
1607妙見山-00b-高度

のせでんハイキングに参加して、高代寺へ登ったあと、コースを外れて妙見山に行ってきました。 この方面には今まで来たことがなく、のせでんハイキングも初めての参加です。 妙見駅に付いた時には、大勢の人が並んでいて、スタートの10時まで暑い中を待ちました。
1607妙見山-01-IMG_0058

参加者は3~400人ほどで、地図を予め渡され、10時丁度にスタッフを先頭に一斉にスタートしました。 住宅地を抜けていきますが、道いっぱいの大行列で、私は後ろの方から付いて行きました。
1607妙見山-02-IMG_0059

高代寺への表参道に入ると、細い道いっぱいの渋滞になりました。
1607妙見山-03-IMG_0060

途中で表参道と別れて、旧山下道に入ります。
1607妙見山-04-IMG_0061

林の中の細い道で、一列で進みますが、道はますます細くなり、登りになると大渋滞で、ほとんど前へ進まなくなりました。 これだけの人数で、細い山道を一斉に登るのはちょっと無理です。
1607妙見山-05-IMG_0062

やっと広い道に出ました。 ゆっくり歩く人を追い越して前へ進みます。
1607妙見山-06-IMG_0065

弘法大師空海が発見したと伝わる、閼伽井神泉です。 今も清水が湧いています。
1607妙見山-07-IMG_0069

七宝山高代寺の境内に入ったところに、良寛の歌碑がありました。
1607妙見山-08-IMG_0071
1607妙見山-09-IMG_0071歌碑説明

高代寺は、標高約420mの山中にある静かなお寺です。 境内に、ツキノワグマが飼育されているそうですが、見に行きませんでした。 階段を登ったとことにある本堂と聖天堂です。
1607妙見山-10-IMG_0074
1607妙見山-11-IMG_0075
1607妙見山-12-IMG_0075高代寺説明

高代寺からは、また細い山道で、しばらく下ったところの吉川城址で昼食休憩です。 ここは、城址と行っても特に何もありませんでした。
1607妙見山-13-IMG_0076

少し下ると、展望が開けて正面に妙見山のケーブルが見えました。
1607妙見山-14-IMG_0078

山道を下り降りたところにある、吉川八幡神社に参拝しました。拝殿とその奥に見える本殿です。
1607妙見山-15-IMG_0079
1607妙見山-16-IMG_0080

少し下ると、妙見口駅へと続く花折街道に出ました。 コースは、ここを右折して駅へ向かうのですが、私は左折して妙見山へと向かいました。
1607妙見山-17-IMG_0083
1607妙見山-18-IMG_0083花折街道説明

国道に出る手前に、妙見講の丁石がありました。
1607妙見山-19-IMG_0084
1607妙見山-20-IMG_0084丁石説明

妙見山へは歩いて登りたい所ですが、帰宅時間の都合もあり、ケーブルで登ることにしました。
1607妙見山-21-IMG_0086
1607妙見山-22-IMG_0088

このケーブルは、全長600m、高低差223mで、5分で標高460mの山上駅に着きました。
1607妙見山-23-IMG_0090

ここからは、広い山道を登っていきます。
1607妙見山-24-IMG_0091

リフトの終点のあたりには、一面の紫陽花が咲いていました。
1607妙見山-25-IMG_0093

能勢妙見山へは、近道の細い山道を登って行きました。 お寺の近くは、大阪府の環境保全地区になっていて、見事なブナ原生林が広がっていました。
1607妙見山-26-IMG_0097
1607妙見山-27-IMG_0098

眺望が開けて、町並みが見えましたが、どの辺りなのか良くわかりません。
1607妙見山-28-IMG_0100

能勢妙見山は、標高660mの妙見山山頂にあり、北極星の神様である妙見大菩薩を祀る、源氏を祖とする能勢氏ゆかりの寺院で、「寺」が付きませんが日蓮宗のお寺です。 山門近くに奇妙な形をした建物がありました。これは、信徒会館 星嶺だそうです。
1607妙見山-29-IMG_0101

お寺の裏にある、山門から境内に入ります。
1607妙見山-30-IMG_0102

この門は、大阪府と兵庫県の府県境に建っているようです。
1607妙見山-31-IMG_0103

本堂の開運堂です。
1607妙見山-32-IMG_0105

その向かいにある経堂です。
1607妙見山-33-IMG_0107

境内を通り抜けて、表に出ると神馬が2対並んでいました。
1607妙見山-34-IMG_0108

参道の入り口には、お寺のはずなのに、どういうわけか鳥居が立っていました。
1607妙見山-35-IMG_0110

広い駐車場を抜けたところから、上杉尾根コースで下山します。 よく整備された、歩きやすい道が続きます。
1607妙見山-36-IMG_0111
1607妙見山-37-IMG_0112

八丁茶屋跡の標識がありました。
1607妙見山-38-IMG_0113

だいぶ降りてきました。 天気の良い土曜日というのに、ハイカーには一人しか出会いませんでした。 このコースは、殆どが木陰の道で、快適に降りてこられて、駅まで4.3Kmで所要時間45分でした。
1607妙見山-39-IMG_0115

登山道入口です。 ここからは、舗装された道です。
1607妙見山-40-IMG_0116

朝登ってきた高台寺山が見えます。
1607妙見山-41-IMG_0118

花折街道を通って妙見口駅へ向かいました。
1607妙見山-42-IMG_0120

妙見口駅に14時20分到着。
1607妙見山-43-IMG_0122

所与時間4時間20分、ケーブルを除く歩行距離15.8Km,、歩行時間3時間15分でした。
この「のせでんハイキング」は、大人数の参加者が団体歩行で、一斉に細い山道を登るという、ちょっと無理な設定のため、渋滞の連続で予定以上に時間がかかりました。 いつもこのような状態なのかどうか知りませんが、少し考えて欲しいです。


関連記事
スポンサーサイト


電鉄ウォーキング | 11:20:13 | コメント(6)
コメント
えーっ!のせでんハイキングって、団体歩行だったんですか?阪急ハイキングも含めて参加したいと思いつつまだ参加したことがないので知りませんでした…
妙見口駅と黒川駅は今月頭の五私鉄で初めて訪問し、また訪れてみたいなと思ったポイントです。頂上に行くにはケーブルやリフトを使うのが一般的のようなのですが、どういう位置関係になっているのかよくわからないことと値段が結構するので、歩いて登ろうと思っています。とっても立派なお寺があることを教えてもらってますます行ってみたくなりました。ありがとうございます!
2016-07-24 日 18:43:36 | URL | マサ [編集]
マサさん
私もはじめて参加して、びっくりしました。 一般の例会などと同じく、地図を予めもらって、10時に列をなしてスタッフを先頭に一斉にスタートでした。 後ろの方からスタートしたら、道いっぱいの人で、前へ出られず、登りになると止まってしまったり、のろのろだったりで、ちょっとイライラするウォークでした。
妙見山への登山道は5本程あるようで、能勢電ハイキングのHPに地図が出ています。 わかりやすい地図で、私はこれを見て歩きました。 (http://noseden.hankyu.co.jp/hiking/course/)
2016-07-24 日 19:37:31 | URL | Old Walker [編集]
こんばんは。
お疲れ様でした。
鉄道系ハイキングでも団体歩行なんですね。
やはり大勢の人で山道を歩くのはペースが違うので無理があるように思います。
自由歩行にして、来た人からスタートは出来なかったのでしょうか?
ノロノロペースだと、せっかく歩きに来たのになぁと思ってしまいます。
妙見山は立派なお寺もあって、是非登ってみたいです。
2016-07-25 月 21:18:28 | URL | 花火 [編集]
花火さん
鉄道系ハイキングでは、普通は地図を渡すところでコントロールして、混雑しないようにしていると思うのですが、能勢電では全くコントロールのない団体歩行でした。 道いっぱいにぎっしりつながっているので、前へ出られずノロノロとついて行くだけでした。
能勢妙見山は、寺名に「寺」が付いていないだけでなく、入口が鳥居だったり、超モダンな建物があったりで、一風変わったお寺でした。 妙見山は、主な登山道が5本あり、良く整備されていて、いろいろ楽しめそうでした。
2016-07-25 月 22:13:12 | URL | Old Walker [編集]
山道を団体歩行はつらいですね。私鉄のウオ-クは自由歩行だと思い込んでましたが~参加された方に聞いても「自由歩行だから午前中に余裕で終わる」と、言われてたんで~いろいろな運営の仕方があるんですね。
2016-07-26 火 09:07:51 | URL | でこ [編集]
でこさん
狭い山道に数百人が一斉に押しかけたら、自由歩行でも同じでしょうね。 後ろの方にいたので、先頭付近がどうなっていたのか分かりませんが、追い越せなくて前へ出られないので、前の人についていくしかなかったです。 昼食場所からは、自由歩行のようでしたが、出発時や途中でも何も説明がなく、運営の仕方がよく分かりませんでした。
2016-07-26 火 21:06:11 | URL | Old Walker [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。