FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
関西地方を中心にあちこち歩いています。
時には、ぶらりと旅に出たりもします。

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

イギリス旅日記 (6) オックスフォード ① 市内散策

5月17日(金)


1905-00-Oxford-oxford-map-3.jpg

朝、Moreton-in-Marsh から列車でオックスフォードへ向かい、30分足らずで着きました。まず、住宅街にある小さなホテルに荷物を預けて、市内の散策に出かけました。ホテル近くの住宅街です。
1905-01-Oxford-P1000843.jpg1905-02-Oxford-P1000844.jpg

最初に、オックスフォード大学の博物館である、アシュモーリアン美術及び考古学博物館(Ashmolean Musium of Art and Archaeology)に行きました。この博物館は、1683年に設立され、大学の博物館としては世界最大の収蔵数を誇る大きな博物館です。大英博物館と同様、入場無料ですが、入口に「寄付金5ポンド」と書いた紙と寄付金を入れる透明な箱が置いてあり、その横に担当者が座って見ているので、何も入れずに通り過ぎるのは度胸が要ります。寄付金を入れた人には、館内の案内パンフレットを渡してくれます。
1905-03-Oxford-P1000637.jpg

古代ギリシャ、ローマ、エジプト、中国などの発掘品が充実しています。
1905-04-Oxford-P1000640.jpg

日本のコーナーでは、江戸時代の根付や浮世絵などが展示してありました。
1905-05-Oxford-P1000647.jpg

楽器の展示も充実していて、バイオリンは17世紀のStainer(左)とStradivari(右)が並べてありました。
1905-06-Oxford-P1000651.jpg1905-07-Oxford-P1000652説明

美しい装飾の施されたギターもありました。
1905-08-Oxford-P1000656.jpg1905-09-Oxford-P1000658.jpg

博物館のレストランで昼食を済ませて、興味のある部屋だけ見て回りましたが、1日や2日ではとても全部を見ることは出来ません。その近くに科学史博物館があります。これも大学の博物館です。
1905-10-Oxford-P1000661.jpg

人通りの多い賑やかなShip Streetです。この通りに面して大学の博物館や幾つものカレッジがあります。
1905-11-Oxford-P1000673.jpg

この通りにあるインフォメーションセンターで、歩いて町を案内してくれる、様々なウォーキングツアーの受付をしていたので、「大学と街」のツアーに参加しました。料金はシニアで15(一般は17)ポンド、約2時間のツアーです。真ん中のびげのおじさんがガイドです。
1905-12-Oxford-P1000675.jpg

石造りの建物に混じって、古い木造の建物がありました。
1905-13-Oxford-P1000676.jpg

オックスフォード大学は、11世紀末にその礎が築かれた、英語圏では最古の大学で、学生は数多くあるカレッジのいずれかに所属しています。内部を見学(建物内には入れません)できるカレッジもあり、その幾つかを見て回りました。1610年に設立されたWaddham College です。ここには、200名の大学院生と450人の学部生が在籍しています。
1905-14-Oxford-P1000689.jpg1905-15-Oxford-P1000690.jpg1905-16-Oxford-P1000691.jpg

カレッジ内の教会です。
1905-17-Oxford-P1000692.jpg

このカレッジは公開されていませんでした。
1905-18-Oxford-P1000695.jpg

大学のボドリアン図書館 (Bodleian Library) です。イギリスでは、大英図書館に次ぐ規模の図書館です。中を有料で見学できるのですが、ツアーでは外観を見ただけでした。
1905-19-Oxford-P1000667.jpg1905-20a-Oxford-P1000669.jpg

図書館の閲覧室として使われているラドクリフ・カメラ (Radcliffe Camera) です。"camera"は、ラテン語で丸天井の部屋を指す言葉で、写真を撮るカメラも同じ語源です。
1905-20b-Oxford-P1000703.jpg

大学の聖マリア教会 (University Church of St Mary the Virgin) です。
1905-21-Oxford-P1000705.jpg1905-22-Oxford-P1000708.jpg1905-23-Oxford-P1000709.jpg

名前の分からないカレッジです。
1905-24-Oxford-P1000685.jpg1905-25-Oxford-P1000672.jpg

ツアーの後、繁華街を歩いていて見つけたカレッジで、公開していたので入ってみました。
1905-26-Oxford-P1000825.jpg1905-27-Oxford-P1000826.jpg1905-28-Oxford-P1000830.jpg1905-29-Oxford-P1000831.jpg

外に出ると賑やかな人通りです。
1905-30-Oxford-P1000834.jpg

大きなショッピングセンター (Westgate Shopping Centre) があったので、中に入ってみました。ユニクロやラーメンの店などもありました。
1905-31-Oxford-P1000835.jpg1905-32-Oxford-P1000836.jpg

屋上からは街並が一望できます。
1905-33-Oxford-P1000838.jpg1905-34-Oxford-P1000839.jpg

ホテルへと向かう道の広場で、日本と同じような、がらくた市が開かれていました。
1905-35-Oxford-P1000841.jpg1905-36-Oxford-P1000842.jpg

街の中心街を一日歩き回ってみたのですが、多くのカレッジや大学の施設などが繁華街に点在していて、一風変わった街でした。元々カレッジなどが集まる大学街に人が集まり、色々な店ができて繁華街になったのでしょう。何しろ、古いカレッジは16,7世紀からあったのですから。

関連記事
スポンサーサイト





旅行 | 21:21:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する