FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
関西地方を中心にあちこち歩いています。
時には、ぶらりと旅に出たりもします。

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

琵琶湖一周健康ウォーキング ③ 守山駅~堅田駅

6月16日(日)曇一時雨


守山駅→ふれあい公園→大庄屋諏訪家屋敷→少林寺→ピエリ守山→琵琶湖大橋→堅田駅(16Km)

1906-00-ビワイチ③-軌跡

琵琶湖一周は、大関歩の9割がなくなって、滋賀県のビワイチだけになってしまったので、気が向いた時だけ参加するつもりで一応参加申込みだけしてあります。今回は、琵琶湖を見るのは琵琶湖大橋のところだけという、あまり面白くなさそうなコースですが、急遽話がまとまり、いつもの仲間5人揃って参加する事になりました。
守山駅に9時半少し前に着きました。守山駅は初めてで、この駅から琵琶湖大橋までは初めて歩くコースです。
1906-01-ビワイチ③-IMG_2149

歩行速度によって、A, B, Cの3班に分けて順にスタートです。私たちは、B班で10時丁度のスタートでした。
1906-02-ビワイチ③-IMG_2150

しばらく市街地を歩いていきます。
1906-03-ビワイチ③-IMG_2151

ふれあい公園で列詰め休憩後、しばらく歩いて行くとやっと市街地を抜け出ました。
1906-04-ビワイチ③-IMG_2154

道沿いにあった、専念寺です。このお寺は、文正年間(1466-1467)開基 寛文3年(1663)に再建されたものです。
1906-05-ビワイチ③-IMG_2157

その隣りにあった、小津若宮神社です。
1906-06-ビワイチ③-IMG_2158

少し歩くと、大庄屋諏訪家屋敷に着き、ここでしばらく休憩です。この屋敷は、江戸時代後期に建築されたもので、守山市指定文化財です。
1906-07-ビワイチ③-IMG_2159

書院玄関とそこから覗いた建物内部、および母屋の内部です。
1906-08-ビワイチ③-IMG_21611906-09-ビワイチ③-IMG_21621906-10-ビワイチ③-IMG_2163

その少し先にある、臨済宗大徳寺派の少林寺です。大徳寺の住職を務めていた一休禅師ゆかりの古刹で、16世紀初頭に作られた木造一休和尚坐像が安置されているそうです。この坐像は3体現存し、それぞれ大徳寺塔頭の真珠庵と京田辺市の一休寺にあるとのことです。
1906-11-ビワイチ③-IMG_2167

怪しい雲が垂れ籠めて来て風が強くなってきました。田圃の中の道を琵琶湖大橋へと向かいます。
1906-12-ビワイチ③-IMG_2172

琵琶湖大橋の東詰にある、ピエリ守山で昼食休憩の後、ピエリ守山港前に集合して再スタートしました。
1906-13-ビワイチ③-IMG_2174

だんだん雲行きが怪しくなってきましたが、対岸の比良山系はくっきり見えています。
1906-14-ビワイチ③-IMG_2175

強い風に吹かれながら、琵琶湖大橋を渡っていきます。
1906-15-ビワイチ③-IMG_2180

西詰の道の駅米プラザに観光船が停泊していました。米プラザでまた休憩です。
1906-16-ビワイチ③-IMG_2181

ここから堅田駅まではすぐですが、細かい雨が降り出し、駅近くになるとかなり強くなり最後に傘をさす事になりました。14時12分に堅田駅到着です。
1906-17-ビワイチ③-IMG_2184

所要時間4時間12分、歩行時間3時間4分、歩行距離15.5Kmでした。曇り空で日差しはあまりなく、風が吹いていて暑くもなく歩きやすい天気でした。今日のコースは、余り見どころもなく、大半が市街地歩きでしたが、5人で楽しく歩きました。ただ、最後に雨に降られたのは残念でした。米プラザでの休憩がなければ降り出す前に堅田駅に着けた所です。琵琶湖大橋を渡っただけでまた休憩は余計でした。短い距離の割に、休憩がちょっと多すぎたように思います。


関連記事
スポンサーサイト





琵琶湖一周 | 09:58:27 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する