FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

初登り&豚汁 (ちはや園地)

1月6日(日)曇一時小雪


南海・河内長野駅→(バス)→金剛山登山口→千早城址への分岐→七曲がり→楠木正儀の墓→5合目→ちはや園地香楠荘→金剛山頂上(国見城跡:h1125m)→転法輪寺→葛木神社→ちはや園地金剛山キャンプ場→伏見峠ルート→金剛山ロープウェイ前バス停(9.0Km)→(バス)→河内長野駅

1901-0a-金剛山-軌跡 1901-0b-金剛山-高度2

日本パークレンジャー協会主催のイベントで、金剛山に登り、ちはや園地のキャンプ場で、豚汁と芋ご飯を頂きます。毎年開催されている大変人気のイベントで、申込開始から20数時間で30名の定員一杯になったそうです。友人二人から誘われて参加することにしました。少々不安もあったのですが、10名ずつの班に分かれて、それぞれにパークレンジャーの方が2,3名ずつ付いて下さるし、若くてタフな友人2人と一緒なので何とかなるだろうと、簡易アイゼンなど簡単な冬山の装備を整えて出掛けました。当初の雨の予報も無くなり、時折薄日の差すまずまずの天気で、日中はそれほど寒くもなく良かったです。
河内長野駅で、登山口行きのバスを待ちます。ビワイチの超タフな人達と一緒です。
1901-01-金剛山-IMG_0175 
登山口の広場で、受付を待っています。じっとしていると寒いです。
1901-02-金剛山-IMG_0177 
受付を済ませ、パークレンジャーの方の紹介、簡単なストレッチなどの後、班に分かれて出発しました。私は、登りは遅いので、後ろの方でゆっくり登っていきます。友人2人も付き合ってくれて助かります。
鎌倉時代末期に楠木正成が築いた山城である、千早城への分岐ですが、今日はこちらへは行かず直進です。
1901-03-金剛山-IMG_0179 
楠木正成が築いたもう一つの山城、楠木城跡(上赤坂城跡)への道標がありました。
1901-04-金剛山-IMG_0181 
道の途中に、楠木正儀の墓がありました。正儀は楠木正成の三男で、この墓は1680年の建立だそうです。
1901-05-金剛山-IMG_0182 
急な木の階段がずっと続いています。
1901-06-金剛山-IMG_0185 
5合目に到着。しばらく休憩です。
1901-07-金剛山-IMG_0187 
誰が立てたか、ウルトラマンとバルタン星人の碑がたっていました。
1901-08-金剛山-IMG_0188 
所々に、路傍のお地蔵さんがありました。
1901-09-金剛山-IMG_0190 
8合目です。さらに木の階段が続きます。このルートは、大半がこのような階段です。
1901-10-金剛山-IMG_0191 
文部省による[史跡金剛山」の碑と、案内板がありました。
1901-11-金剛山-IMG_0195 
いよいよ雪の道になってきました。この先で、アイゼンなどの滑り止めを付けました。
1901-12-金剛山-IMG_0196 
頂上近くのちはや園地内の村営宿泊施設香楠荘前の広場に着きました。
1901-13-金剛山-IMG_0197 
少し登ると頂上の国身城跡です。
1901-14-金剛山-IMG_0203 
ライブカメラに写っている、金剛山頂1125mの看板です。霧氷がきれいです。
1901-15-金剛山-IMG_0214 
周り一面の木々は、美しい霧氷に包まれていて、素晴らしい景色です。霧氷を見るのは初めてで、これだけでも登ってきた価値があります。
1901-16-金剛山-IMG_0210 1901-17-金剛山-IMG_0212 
香楠荘前広場に戻り、その先にある転法輪寺に参拝しました。このお寺は、奈良時代から続く葛城修験道場です。
1901-18-金剛山-IMG_0199 1901-19-金剛山-IMG_0216 
ここから、葛木神社に向かいます。参道にある[福石」です。
1901-20-金剛山-IMG_0219 
参道の階段です。滑りやすいので慎重に登っていきます。
1901-21-金剛山-IMG_0222 
葛木神社に参拝しました。665年(天智天皇4年)に役行者が、長い修行の後、金剛山頂に金剛山転法輪寺を建立し、その際自身の祖神である一言主大神を祀る葛木神社を鎮守としてあわせ祀り、金剛山を神仏混淆の霊峰としたのが始まりと言われています。金剛山の本当の山頂は、この神社の裏にあるそうですが、神域で立入禁止になっているため、国見城跡を山頂としているようです。
1901-22-金剛山-IMG_0224 
ここから、ちはや園地のキャンプ場へ向かいます。途中で、葛城山が良く見えました。
1901-23-金剛山-IMG_0228 
このあたりも、ヒノキの霧氷が見事です。
1901-24-金剛山-IMG_0233 1901-25-金剛山-IMG_0234 
樹齢500年という仁王杉です。
1901-26-金剛山-IMG_0235 
1901-27-金剛山-IMG_0236 

この先のキャンプ場で、レンジャーの方々が作られたた、温かい大盛りの豚汁と芋ご飯のおもてなしがあり、大変美味しくいただきました。ただ、丁度小雪が舞出し、椅子、テーブルに積もって、座ると冷たいので立ったまま食べました。
1901-28-金剛山-IMG_0242 1901-29-金剛山-IMG_0241 
ここで解散で、ケーブルで降りる人、歩いて下りる人に分かれてそれぞれ下山します。私たちは、伏見峠を通って下山しました。コンクリート舗装の歩きやすい道ですが、雪があると凍っていて滑りやすいので注意が必要です。
1901-30-金剛山-IMG_0246 
路傍に、樹齢300年というトチノキの大木がありました。
1901-31-金剛山-IMG_0247説明 1901-32-金剛山-IMG_0248

伏見峠コースの登山口に降りてきました。
1901-33-金剛山-IMG_0249 1901-34-金剛山-IMG_0250 
所要時間4時間58分、歩行時間2時間33分、歩行距離9.0Kmでした。この後は、バスで河内長野駅へ向かい、帰宅しました。
頂上付近の積雪は、数cmで割に楽に歩けましたが、気温は低く、霧氷が大変綺麗でした。レンジャーの方々方には、各グループの引率、所々での自然や史跡などの説明、豚汁、芋ご飯の準備など、色々とお世話していただきありがとうございました。大変良いイベントで、人気の理由がわかります。


関連記事
スポンサーサイト


トレッキング | 19:06:15 | コメント(2)
コメント
Mさん へ
 ちはや園地、いいですね。プロ集団30名?雪あり、山あり、トン汁あり---、一番まとまる人数ですね。雪見て、愛宕山の今頃を思い出しました。いつも楽しく拝見しています。浅田晴夫





2019-01-08 火 21:49:29 | URL | 浅田晴夫 [編集]
浅田晴夫 様
ブログをいつも見ていただいているとのこと、ありがとうございます。
30名の参加者に対し、パークレンジャーの方が10名付いて下さり、ちはや園地では、別の方々が豚汁と芋ご飯を作って待ってておられ、至り尽くせリのイベントで、とても良かったです。 雪の愛宕山には登ったことがありません。 一度チャレンジしてみたいと思っています。
2019-01-09 水 10:08:59 | URL | Old Walker [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad