FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
関西地方を中心にあちこち歩いています。
時には、ぶらりと旅に出たりもします。

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

琵琶湖一周健康ウォーキング 第11回 近江高島駅~志賀駅

12月9日(日)曇時々小雨


近江高島駅→大溝城跡→乙女ヶ池→鵜川四十八体石仏群→白鬚神社→北小松駅→小松浜水泳場→近江舞子内湖→比良駅→志賀駅(17Km)

1812-00-ビワイチ-軌跡 
滋賀県ウォーキング協会の通称「ビワイチ」に友人3人と久しぶりに参加しました。今日はこの冬一番の冷え込みで、朝、家を出る時は外気温2℃で、晴れていたのですが、北の方は一日中雨の予報で、今日歩くところはその境目あたりで、小雨が降ったり止んだりの寒い一日でした。
ビワイチは、4つの班に分かれてスタートします。Sは7Km/h、Aは6-6.5Km/h、Bは5-5.5Km/h、Cは4-4.5Km/hの速度で歩きます。いつもはS班で歩いている仲間の若い2人も、今日は我々と一緒にB班に入り、寒い中を4人で楽しく歩きました。
10時少し前に近江高島駅に着いた時には、既に小雨が降っていて、皆さん高架下に集まっていました。
1812-01-ビワイチ-IMG_0001 
S班から順にスタートし、B班は10時29分のスタートでした。駅前のガリバー像の横を通っていきます。
1812-02-ビワイチ-IMG_0004 
高島市民病院の裏を回って行くと、大溝城跡があります。この城は、織田信澄(信長の甥)が、天正6年(1578)に築城したもので、琵琶湖から細い水路で通じた小さな内湖(乙女ヶ池)と川と堀を要害とした水城だったようです。現在は、天守台の石垣が残っているだけです。
1812-03-ビワイチ-IMG_0006 1812-04-ビワイチ-IMG_0008 1812-05-ビワイチ-IMG_0007 
そのすぐ先にある、小雨に煙る乙女ヶ池を渡っていきます。
1812-06-ビワイチ-IMG_0009  1812-07-ビワイチ-IMG_0011 1812-08-ビワイチ-IMG_0010説明 
さらに南へ向かうと、鵜川四十八体石仏群があります。この石仏は、天文22年(1553年)近江半国の守護職、佐々木六角義賢が亡き母の菩薩を弔うために阿弥陀の四十八願に因んで建立したと伝えられていますが、異説もあるようです。
1812-09-ビワイチ-IMG_0016 1812-10-ビワイチ-IMG_0018 
湖岸道路へ降りてくると、「西近江路」の道標が立っていました。
1812-11-ビワイチ-IMG_0020 
湖岸道路をしばらく行くと、白鬚神社が湖岸に建っています。この神社は、近江最古の大社で、社記によると垂仁天皇の25年(2000余年前)、皇女倭姫命(やまとひめのみこと)が社殿を創建されたということで、全国に約300の分霊社が祀られているそうです。湖に浮かぶ鳥居です。
1812-12-ビワイチ-IMG_0022 
拝殿の正面と側面で、拝殿と本殿(左)が一つの建物につながっています。
1812-13-ビワイチ-IMG_0021 1812-14-ビワイチ-IMG_0024 
小雨の中を、湖岸道路を南へと歩いていきます。気温も低く、寒いです。
1812-15-ビワイチ-IMG_0025 
近くの山の紅葉がきれいでした。
1812-16-ビワイチ-IMG_0026 
北小松駅で昼食を摂りました。しばらく雨はやんでいましたが、また降り出しました。
1812-17-ビワイチ-IMG_0029 
人気のない静かな小浜浜水泳場を通っていきます。
1812-18-ビワイチ-IMG_0030 1812-19-ビワイチ-IMG_0031 
山の上の方は雲がかかっていて、雪が降っているようです。
1812-20-ビワイチ-IMG_0032 
近江舞子中浜水泳場を通ります。
1812-21-ビワイチ-IMG_0033 
近江舞子の内湖です。この内湖は、寛文2年(1662)に湖西を襲った大地震により、湖岸線が水没して形成されたものです。また、この雄松崎一帯は近江舞子水泳場で、琵琶湖八景のひとつ「雄松崎の白汀」として有名で、日本の白砂青松百選にも選ばれています。
1812-22-ビワイチ-IMG_0036 1812-23-ビワイチ-IMG_0038 
比良駅前を通過します。
1812-24-ビワイチ-IMG_0041 
湖西線に沿って歩いていきます。
1812-25-ビワイチ-IMG_0042 
ゴールの志賀駅に14時44分着きました。この頃には、雨も止んでいました。
1812-26-ビワイチ-IMG_0043 
所要時間4時間15分、歩行時間3時間19分、歩行距離16.9Kmでした。小雨が降り続き、時にはみぞれ混じりの寒い日でしたが、4人でおしゃべりをしながら楽しく歩きました。こういう日は、一人だとちょっとつらいですね。団体歩行ですが、速度別に分けているので、途中の待ち時間はそれほど長くなくて良いのですが、4班にも分けると、スタッフの方は大変だろうと思います。ご苦労様でした。


関連記事
スポンサーサイト





琵琶湖一周 | 21:43:03 | コメント(3)
コメント
old walkerさん
久しぶりのビワイチだったのに よく時雨たウォークでしたね,寒いだけあって 最後は山頂に雪が見られましたね。たまには こんな景色もいいかな?と思います(負け惜しみかなぁ?).
以前は5人で ビワイチ歩いてましたね…そんな事も思いだされました
2018-12-10 月 22:15:55 | URL | haru kaze [編集]
お疲れさまでした

自宅を、出発する時は雨なんて全く予想してませんでした。
スタート地点に近づいて、雲が多くなり、怪しい天気 電車の中で雨具を、完全装備して丁度良かったです
電車降りて、寒さにまたびっくり‼️
湖北は全然違うのを実感しまた

今シーズン初めて山に雪積もってるのも、みました
いつもは、S班で飛ばしてますが、今回ゆっくりと景色を、楽しみながらワイワイ言いながらもいいですね
お世話になりありがとうございました
2018-12-11 火 07:51:34 | URL | マロンのパパ [編集]
haru kaze さん、 マロンのパパさん
自宅の方は一日中晴れの予報で、琵琶湖の北は小雨で気温も低い予報でしたが、そのとおりになりましたね。急に寒くなったので、余計寒く感じた一日でした。
お二人には、B班に一緒に入っていただき、ありがとうございました。 私から見れば、S班はクレイジー集団だと思うのですが......。 琵琶湖は、やはり景色を楽しみながら歩くもので、それが私が、物好きにも4周もした理由です(6周?にはかないませんが)。
私が初めて琵琶湖一周をしたのは、ビワイチでした。 5人組の原点でもありますね。 来年から関西の9割がなくなるのは寂しいですが、また時にはビワイチにも参加したいと思っています(回数が多いのが難点ですが)。
2018-12-11 火 18:39:28 | URL | Old Walker [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する