FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

日本一の酒どころ 灘の酒蔵を巡る!

9月16日(日)曇り時々晴


阪神・甲子園駅→甲子園球場1号門(受付)→六角堂→大関・甘辛の関寿庵→日本盛煉瓦館→白鹿記念酒造博物館→白鷹緑水苑→芦屋中央公園→芦屋公園→浜福鶴吟醸工房→菊正宗酒造記念館→白鶴酒造資料館(ゴール・13Km)→阪神住吉駅

GPSロガーのスイッチを入れ忘れていて、軌跡は、スタート45分後の白鹿博物館の少し手前からしかありません。
1809-00-五私鉄阪神-軌跡 
五私鉄リレーウォークの4回目に、久しぶりに仲間5人揃って参加しました。9時20分に甲子園駅に着くと、ホームはウォークの参加者で溢れていて、その多さにびっくりです。球場には長蛇の列ができていました。
1809-01-五私鉄阪神-IMG_5687 
9時45分に5人組でスタートし、少し行くと、明治15年に今津小学校の校舎として建てられた六角堂がありました。趣のある美しい建物です。
1809-02-五私鉄阪神-IMG_5691 1809-03-五私鉄阪神-IMG_5690 
そのすぐ先の大関・関寿庵前には長い列ができていました。ここは素通りしました。
1809-04-五私鉄阪神-IMG_5694 
「酒蔵通り」を西へと歩いていきます。
1809-05-五私鉄阪神-IMG_5696 
日本盛の煉瓦館です。ここには、売店などの他、日本料理のレストランもあるようです。GPSの軌跡は、この少し先から始まっています。
1809-06-五私鉄阪神-IMG_5700 
暫く歩くと、白鹿記念酒造博物館、そのすぐ先に酒蔵館、ショップとレストランのあるクラシックスがあります。
1809-07-五私鉄阪神-IMG_5702 1809-08a-五私鉄阪神-IMG_5703 1809-08b-五私鉄阪神-IMG_5709 
白鷹本社前を通ります。
1809-09-五私鉄阪神-IMG_5710 
夙川沿いの夙川公園の桜並木の下を、南へと歩いていきます。
1809-10-五私鉄阪神-IMG_5711 
夙川を渡ります。河口側の風景です。
1809-11-五私鉄阪神-IMG_5713 
御前浜公園を入り江に沿って歩いていきます。この辺りは埋立地で、地図で見ると海が非常に複雑な形で入り組んでいます。
1809-12-五私鉄阪神-IMG_5716 1809-13-五私鉄阪神-IMG_5715 
その先の、芦屋中央公園の木陰でで少し早い目の昼食を摂りました。この頃には気温も30℃を超えて、蒸し暑くなってきました。
1809-14-五私鉄阪神-IMG_5719 
昼食後は、谷崎潤一郎記念館の前を通り、芦屋公園に出て、芦屋川沿いに北へ向かいます。芦屋川の下流側です。
1809-15-五私鉄阪神-IMG_5721 
国道43号線を南西へと進み、神戸大学海事科学部(前の神戸商船大学)の前を通り、サンシャインワーフを通り過ぎると、その少し先に「西国街道まわり道」と、その隣に「兵庫県に於ける素麺発祥の地」という石碑が並んでいました。
1809-16-五私鉄阪神-IMG_5725

1809-17-五私鉄阪神-IMG_5724  
少し先へ進むと、酒蔵が並んでいて、まず、浜福寿吟醸工房へ立ち寄り、涼みながら試飲をしました。
1809-18-五私鉄阪神-IMG_5726 
菊正宗酒造記念館です。ここでも試飲をさせてもらいました。
1809-19-五私鉄阪神-IMG_5733 
そのすぐ先の、白鶴酒造資料館に着きました。ここがゴールになっていて、ゴールの受付に長蛇の列ができていました。
1809-20-五私鉄阪神-IMG_5736 1809-21-五私鉄阪神-IMG_5737 
今日の参加者は、3776名でした。やはり、五私鉄は多いです。スタートからゴールまでの間、人並みが絶えることなく続いていました。ここでも試飲をして、しばらく資料館を見学していました。この資料館は、よく整備されていて、昭和初期頃の酒造りが当時の道具類を使って再現されていました。
その後、阪神住吉駅から電車で帰りました。
1809-22-五私鉄阪神-IMG_5740 
ゴール到着は、13時58分、所要時間4時間13分、歩行時間2時間59分でした。
当初は雨の予報でしたが、当日朝には曇りとなり、実際は青空も出て日差しが強く、蒸し暑い一日でした。あちらこちらの酒蔵で試飲をして、5人で賑やかで楽しく歩きました。それにしても、参加者の多さにはびっくりです。


関連記事
スポンサーサイト


電鉄ウォーキング | 06:57:55 | コメント(2)
コメント
湿度が高く蒸し暑い一日でしたが、仲間のみなさんと楽しめたみたいでよかったですね。
自分は先日使い損ねたキップを消化するためJRふれあいハイキングの「ならきたまち・歴史めぐり」に参加しましたが、目的は足を伸ばしての浄瑠璃寺見学です。
駅を降りてマップをもらいましたが、駅からの道がわからず???地元の方が“どこに行くの”と教えてくれたのですが、浄瑠璃寺へはバスに乗るのが普通で歩くとどれくらいかわからない。兄ちゃんだったら30分くらいでは?と言われ歩きだしたのですが、エライ騙されましたわー アップダウンの車道を歩き、汗ダクで到着。こんな山奥にこんな立派なお寺が!と感動。楓が多く、晩秋だったらどんな感じだろう…帰りはバスのつもりでしたが、石仏めぐりに興味がひかれて岩船寺まで歩くことに。隣の神社で休憩し、バスの時間も中途半端やし途中から乗ったらええやろと歩きだしたのですが、途中で財布を見たら小銭はほぼなしお札は1万円札しかなく、これじゃバスに乗られへんやんけ!と結局加茂駅まで歩くはめに…
所々に彼岸花も咲いていて、夏なのか秋なのか、奈良なのか京都なのかよくわからないウォークになりました。
2018-09-17 月 18:11:32 | URL | マサ [編集]
マサさん
浄瑠璃寺は、日本で唯一 平安時代の九体仏がそのまま残されていて、国宝が沢山ある、素晴らしい寺です。 秋の紅葉と参道の萩もきれいです。 春の桜とアセビも。
でも、加茂駅からバス道を往復歩かれたのですか! この暑い日に大変だったと思います。 バス道は、グネグネ曲がって登っていくので、かなり距離があるのではないでしょうか。 浄瑠璃寺方面へ歩いて行く道がいくつかあるのですが..... 地図に載っていなくて、案内標識もない道もあるので、知っている人に聞かないと分からないかもしれません。
駅の「ふるさと案内かも」の案内所は開いていなかったですか? そこで歩く道を聞けば教えてもらえると思います。 駅からだと6Km足らずですが、地元で歩いて行く人は、恐らく少ないと思います。
もし、また行かれることがあれば、下記の私のブログ用アドレスまでメールをください。
2018-09-17 月 19:49:33 | URL | Old Walker [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad