FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

山を登る会 第987回 柳生街道
2月25日(土)曇

近鉄奈良駅→滝坂の道→首切地蔵→峠の茶屋→円成寺→夜支布山口神社→南明寺→阪原峠→疱瘡地蔵→柳生の里→阿対の石仏→笠置山→笠置駅(23Km)


1802-00a-柳生街道-軌跡 1802-00b-柳生街道-高度

山を登る会に参加して、柳生街道を歩いてきました。柳生街道は、奈良市街地から柳生まで通じる古道で、沿道に誓多林(せたりん)、忍辱山(にんにくせん)など、インドの聖地に見立てた仏教由来の地名が今でも残っていることから、奈良・平安時代には既に山岳仏教の道場となっていたと考えられています。
9時少し前に、近鉄奈良駅に着くと、地下の改札前に大勢の人が集まっていました。
1802-01-柳生街道-IMG_3062 
コース説明などのあと、参加者88名で9時12分に出発し、行基像の前を通り奈良公園へと向かいます。
1802-02-柳生街道-IMG_3064 
曇り空のもと、興福寺の境内を抜けていきます。
1802-03-柳生街道-IMG_3066 
餌をねだる鹿の脇を歩いていきました。
1802-04-柳生街道-IMG_3067 
滝坂の道に入り、緩やかな坂を登っていきます。
1802-05-柳生街道-IMG_3073 
江戸時代に敷かれたという石畳の道がしばらく続きます。荷車によって削られた轍の跡が残っています。
1802-06-柳生街道-IMG_3074 
しばらく登っていくと、左手の崖に彫られた夕日観音、その少し先に朝日観音があります。
1802-07-柳生街道-IMG_3077 1802-08-柳生街道-IMG_3080 1802-09-柳生街道-IMG_3079説明 

この道は、東海自然歩道に指定されていて、道標が所々にあってわかりやすいです。
1802-10-柳生街道-IMG_3081 
首切地蔵の前にある、木板に彫られた案内板です。
1802-11-柳生街道-IMG_3082 
首切地蔵です。
1802-12-柳生街道-IMG_3083 1802-13-柳生街道-IMG_3084説明 

さらに峠の茶屋まで登っていきました。緩やかな上り坂でそれほど高くまで登った気がしないのですが、GPSの高度を見ると、100m から480m まで標高差380mを登っていました。しばらくアップダウンのある檜林の道を進んでいきます。
1802-14-柳生街道-IMG_3086 
東海自然歩道の道標のある辺りが、今日の最高地点489mでした。
1802-15-柳生街道-IMG_3087 
林の中を下っていきます。
1802-16-柳生街道-IMG_3088 
忍辱山(にんにくせん)円成寺に11時46分着き、この池の畔で昼食を摂りました。「忍辱」とは、菩薩の修行すべき六つの徳目をあらわす菩薩行六波羅蜜(布施・持戒・忍辱・精進・禅定・般若)のひとつで、いかなる身心の苦悩をも耐え忍ぶというということを意味しているそうです。
1802-17-柳生街道-IMG_3089 
しばらく下っていくと、大柳生の里に出ます。
1802-18-柳生街道-IMG_3092 
大柳生の里を見渡す高台に立つ、夜支布(やぎう)山口神社です。
1802-19-柳生街道-IMG_3093 
大柳生盆地を眺めながら歩いていきます。
1802-20-柳生街道-IMG_3096 
道端に水木古墳がありました。
1802-21-柳生街道-IMG_3097 1802-22-柳生街道-IMG_3098説明 
鎌倉時代に建立されたという、南明寺です。今は、本堂だけが残っています。
1802-23-柳生街道-IMG_3099 1802-24-柳生街道-IMG_3100説明 

柳生城主の柳生宗矩の側室となった村娘・お藤の逸話が残る「おふじの井戸」です。
1802-25-柳生街道-IMG_3102 
この井戸を過ぎたあたりから、阪原峠(かえりばさとうげ)へと登る激坂が続きます。この登りはきつかったです。
1802-26-柳生街道-IMG_3103 
標高364mの阪原峠を超えると、倒木の多い激坂の下りです。
1802-27-柳生街道-IMG_3105 
下りきった所に疱瘡地蔵がありました。
1802-28-柳生街道-IMG_3108 1802-29-柳生街道-IMG_3106説明 

柳生の里の案内図がありました。
1802-30-柳生街道-IMG_3110説明 

八坂神社です。
1802-31-柳生街道-IMG_3112 
笠置への道の道標が出てきました。
1802-32-柳生街道-IMG_3114 
柳生藩家老屋敷です。門と母屋です。
1802-33-柳生街道-IMG_3118 1802-34-柳生街道-IMG_3119 
屋敷は立派な石垣の上に建っていて、外からは見えません。
1802-35-柳生街道-IMG_3120 
舗装道路を外れて、阿対の石仏への山道を行きます。
1802-36-柳生街道-IMG_3125 
阿対(あたや)の石仏です。
1802-37-柳生街道-IMG_3127 1802-38-柳生街道-IMG_3128説明 

再び舗装道路へ戻ったあと、笠置山への道に入り登っていきます。
1802-39-柳生街道-IMG_3130 
頂上近くにある、1890年創業の料理旅館[松本亭」の前へ出ました。
1802-40-柳生街道-IMG_3131 
その前に案内板がありました。
1802-41-柳生街道-IMG_3132案内板 
急坂を下って行き、登山口に出ました。ここから駅まではすぐです。
1802-42-柳生街道-IMG_3135 
15時13分に笠置駅に着きました。関西線の列車は1時間に1本で、15時28分の列車に乗って帰宅しました。先頭集団は、1時間前の列車で帰ったようです。
1802-43-柳生街道-IMG_3136 
所要時間6時間丁度、歩行時間5時間8分、歩行距離23.1Kmでした。
今日は、一日中薄曇で、山の中は5℃くらいで寒かったですが、里へ降りてくると10℃くらいになり、歩きやすかったです。滝坂の道は何度も歩いていますが、柳生まで歩くのは初めてです。思っていたよりずっとアップダウンが激しく、柳生の里への最後の峠越えは、道はよく整備されていましたが、びっくりするほどの激坂でした。矢貼の他に東海自然歩道と柳生街道の道標がしっかりしていて、道に迷うことはなくゴールに着きました。スタッフの皆さん、ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト


トレッキング | 09:50:00 | コメント(4)
コメント
こんばんは

山を登る会に参加して、柳生街道にでかけられたのですね。
私はその日は友人と、JRハイクで明石の味三昧を楽しんでました。
予定無ければ、参加したかった所でした。

奈良から峠の茶屋→円成寺までは出かけたことはあるのですが・・
柳生から笠置はあるのですが、通しで歩いたことないのです。
お陰様で自分も出かけた気分にさせていただきました。
ありがとうございます
また、ご一緒させてください

2018-02-27 火 21:36:55 | URL | マロンのパパ [編集]
マロンのパパ さん
私も通して歩いたのは初めてです。円成寺から先の阪原峠は、急坂の登りと下りでした。下りは良いのですが、登りはきつかったです。
柳生の里は、もう少しゆっくり見物したいところですね。 また改めて訪れてみたいと思っています。
今週末は、京都ツーデーに参加します。 また、ご一緒できるのを楽しみにしています。
2018-02-27 火 22:05:39 | URL | Old Walker [編集]
Old Walkerさん、こんばんは!
奈良駅から笠置駅まで結構長いコースだったのですね。
滝坂の道は首切り地蔵あたりで若草山の方へ行くルートは行ったことがありますが、先はまだ行ったことがないのでいつか行ってみたいです。
2018-03-05 月 18:46:48 | URL | まあちん [編集]
まあちん さん
こんばんは
私も同じです。初めて通して歩きましたが、思っていたより長く、アップダウンも結構きつかったです。
当初は、山を登る会にしては楽なコースだと思っていたのですが、さすが[登る会」でした。
2018-03-05 月 21:20:00 | URL | Old Walker [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad