■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

山の辺の道から龍王山へ
10月25日(日) 快晴
桜井駅→仏教伝来之地碑→三輪山平等寺→大神神社→狭井神社→檜原神社→龍王山 (h585m) →天理市トレイルセンター→石上神宮→天理駅 (24Km)

秋晴れの一日、浪速WAの山コースに参加しました。 山の辺の道は何度か歩いたことがありますが、龍王山は初めてです。 GPS logger を手に入れたので、早速使ってみました。 今日の歩いた軌跡です。 ただ、石上神宮の先で電池が切れて軌跡が止まってしましました。 実際は、天理駅まで歩いています。右の図は高度です。



桜井駅前には、歓迎の看板がありました。


コース説明の後9時5分頃、38名の参加者で出発しました。


間もなく大和川を渡ります。 橋の手前を歩く皆さんと川の上流側の写真です。



橋を渡ったところに仏教伝来之地の碑があり、ここで列詰め休憩。


ここからは、山の辺の道を北へ進みます。 しばらく行くと、聖徳太子創建と伝えられる三輪山平等寺があります。 山門、本堂と二重の塔です。




大神神社に着きました。ここで休憩。 大神神社は本殿が無く、拝殿の奥にある三ツ鳥居を通してご神体である三輪山を拝するという原初の神祀りの様を伝える我が国最古の神社です。 重文の拝殿です。

拝殿に続く祈祷殿。 その前では菊花展をしていました。



拝殿横のくすり道から先へ進みます。この道の両側には様々な薬草が植えられていて、病気平癒の信仰の厚い狭井神社へと続きます。 ルートから外れて階段を登ってお参りをして来ました。拝殿には熱心にお参りをしている人たちがおられました。




元の道に戻ってくると誰もいなくて、置いて行かれたようで急いで追いかけました。団体歩行にしてはかなり速くて、しばらくしてからやっとアンカーに追いつきましたが、先頭まではだいぶ間が空いているようでした。幸い少し先の檜原神社で皆さん休憩で、やっと合流出来ました。 
檜原神社は、大和国を一望できる台地の上にあり、三輪山の山中にある磐座をご神体としていて、本殿も拝殿もなく三輪鳥居が見える神社です。


この反対側には鳥居の向こうに二上山が見えました。


少し色づき始めた山間の山の辺の道をさらに北へ向かいます。


遠くに二上山がよく見えました。


崇神天皇稜の手前の龍王山登山口で休憩後、龍王山へ向かいます。 話に聞いていたとおり、浪速の皆さんは山道に入っても平地と同じくらいのスピードで進んでいかれます。とてもついていくのは無理なので、マイペースで登ることにします。


杉林の中の狭くて険しい道を登っていきます。


登山道を登り切ると舗装された自動車道に出ました。その近くに、雨乞い信仰の藤井田龍王社の小さな祠がありました。そこから頂上まではあと少しです。


山頂(H585m)には12時5分ころ到着、昼食休憩です。 ここからは、奈良盆地とその向こうに二上山が一望できました。


下山は、北側の道を降ります。 下りはまたすごく速く、トレイルランのようで、「頂上まで2.5Km」の標識のところまで20数分で下りました。 下りはなんとか先頭について行けましたが、団体でこのスピードで降るのは初めてです。やっと山道を降りきったところです。


天理市トレイルセンターに到着。しばらく休憩です。 ここで、通好みさんにお会いしました。 センター近くの長岳寺です。


ここからは、再び山の辺の道を石上神宮まで北へ進みます。 見事なコスモス畑がありました。


石上神宮でしばらく休憩。 石上(いそのかみ)神宮は、日本書紀に伊勢神宮とともに記載されている二つの神宮の一つで、日本最古の神社の一つです。参道、重文の楼門と国宝の拝殿です。




ここからは、真っ直ぐ西へ天理駅に向かいました。途中、天理教本部前を通りますが、何か祭事があるらしく天理教のハッピを着た人たちであふれていました。 駅へ続く商店街は人が多すぎて歩くのに一苦労でした。少し急いで、15時22分の電車で帰りました。
38名の少人数で、山以外は適当な速さで歩いて良かったです。浪速の山コースは始めてで、速いと聞いていたので恐る恐る参加しましたが、登り以外はちょうど良かったです。またよいコースがあれば参加したいと思いました。スタッフの皆さん有り難うございました。

関連記事
スポンサーサイト


ウォーキング協会例会 | 22:29:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad