FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
関西地方を中心にあちこち歩いています。
時には、ぶらりと旅に出たりもします。

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

天橋立ツーデーウォーク中止
9月27日(木)
今週末に開催予定の、天橋立ツーデーウォークは台風のため中止になりました。参加を楽しみにしていたのに、残念です。また来年にします。



スポンサーサイト



その他いろいろ | 19:34:23 | コメント(0)
日本一の酒どころ 灘の酒蔵を巡る!

9月16日(日)曇り時々晴


阪神・甲子園駅→甲子園球場1号門(受付)→六角堂→大関・甘辛の関寿庵→日本盛煉瓦館→白鹿記念酒造博物館→白鷹緑水苑→芦屋中央公園→芦屋公園→浜福鶴吟醸工房→菊正宗酒造記念館→白鶴酒造資料館(ゴール・13Km)→阪神住吉駅

GPSロガーのスイッチを入れ忘れていて、軌跡は、スタート45分後の白鹿博物館の少し手前からしかありません。
1809-00-五私鉄阪神-軌跡 
五私鉄リレーウォークの4回目に、久しぶりに仲間5人揃って参加しました。9時20分に甲子園駅に着くと、ホームはウォークの参加者で溢れていて、その多さにびっくりです。球場には長蛇の列ができていました。
1809-01-五私鉄阪神-IMG_5687 
9時45分に5人組でスタートし、少し行くと、明治15年に今津小学校の校舎として建てられた六角堂がありました。趣のある美しい建物です。
1809-02-五私鉄阪神-IMG_5691 1809-03-五私鉄阪神-IMG_5690 
そのすぐ先の大関・関寿庵前には長い列ができていました。ここは素通りしました。
1809-04-五私鉄阪神-IMG_5694 
「酒蔵通り」を西へと歩いていきます。
1809-05-五私鉄阪神-IMG_5696 
日本盛の煉瓦館です。ここには、売店などの他、日本料理のレストランもあるようです。GPSの軌跡は、この少し先から始まっています。
1809-06-五私鉄阪神-IMG_5700 
暫く歩くと、白鹿記念酒造博物館、そのすぐ先に酒蔵館、ショップとレストランのあるクラシックスがあります。
1809-07-五私鉄阪神-IMG_5702 1809-08a-五私鉄阪神-IMG_5703 1809-08b-五私鉄阪神-IMG_5709 
白鷹本社前を通ります。
1809-09-五私鉄阪神-IMG_5710 
夙川沿いの夙川公園の桜並木の下を、南へと歩いていきます。
1809-10-五私鉄阪神-IMG_5711 
夙川を渡ります。河口側の風景です。
1809-11-五私鉄阪神-IMG_5713 
御前浜公園を入り江に沿って歩いていきます。この辺りは埋立地で、地図で見ると海が非常に複雑な形で入り組んでいます。
1809-12-五私鉄阪神-IMG_5716 1809-13-五私鉄阪神-IMG_5715 
その先の、芦屋中央公園の木陰でで少し早い目の昼食を摂りました。この頃には気温も30℃を超えて、蒸し暑くなってきました。
1809-14-五私鉄阪神-IMG_5719 
昼食後は、谷崎潤一郎記念館の前を通り、芦屋公園に出て、芦屋川沿いに北へ向かいます。芦屋川の下流側です。
1809-15-五私鉄阪神-IMG_5721 
国道43号線を南西へと進み、神戸大学海事科学部(前の神戸商船大学)の前を通り、サンシャインワーフを通り過ぎると、その少し先に「西国街道まわり道」と、その隣に「兵庫県に於ける素麺発祥の地」という石碑が並んでいました。
1809-16-五私鉄阪神-IMG_5725

1809-17-五私鉄阪神-IMG_5724  
少し先へ進むと、酒蔵が並んでいて、まず、浜福寿吟醸工房へ立ち寄り、涼みながら試飲をしました。
1809-18-五私鉄阪神-IMG_5726 
菊正宗酒造記念館です。ここでも試飲をさせてもらいました。
1809-19-五私鉄阪神-IMG_5733 
そのすぐ先の、白鶴酒造資料館に着きました。ここがゴールになっていて、ゴールの受付に長蛇の列ができていました。
1809-20-五私鉄阪神-IMG_5736 1809-21-五私鉄阪神-IMG_5737 
今日の参加者は、3776名でした。やはり、五私鉄は多いです。スタートからゴールまでの間、人並みが絶えることなく続いていました。ここでも試飲をして、しばらく資料館を見学していました。この資料館は、よく整備されていて、昭和初期頃の酒造りが当時の道具類を使って再現されていました。
その後、阪神住吉駅から電車で帰りました。
1809-22-五私鉄阪神-IMG_5740 
ゴール到着は、13時58分、所要時間4時間13分、歩行時間2時間59分でした。
当初は雨の予報でしたが、当日朝には曇りとなり、実際は青空も出て日差しが強く、蒸し暑い一日でした。あちらこちらの酒蔵で試飲をして、5人で賑やかで楽しく歩きました。それにしても、参加者の多さにはびっくりです。




電鉄ウォーキング | 06:57:55 | コメント(2)
びわ湖パノラマウォーク2日目 近江八景眺望コース

9月9日(日)小雨のち曇


JR南草津駅→旧草津川→志那→新守山川→烏丸半島→ピエリ守山→琵琶湖大橋→浮御堂→衣川緑地公園→おごと温泉観光公園(28Km)

1809-00-パノラマW2日目-I軌跡 

今日も、昼ころから雨の予報で、なるべく短いコースにしようと思うのですが、用意されているコースが、42、28,10,7Kmの4つで、短い2つは船利用で事前予約が必要で、もともと42Kmは歩く気がないので、やむを得ず雨の中を28Km歩く覚悟で出かけました。
南草津駅前の広場が集合場所になっていました。
1809-01-パノラマW2日目-IMG_5645 1809-02-パノラマW2日目-IMG_5644 
曇り空ですが、雨はまだ降っていません。参加者は、130人程でツーデーにしてはちょっとさみしいです。出発式のあと9時15分にスタートしました。歩き出して間もなく雨が降り出し、急いで雨具をつけました。
1809-03-パノラマW2日目-IMG_5648 
間もなく雨も小降りになり、緑の多い通りを歩いていきます。
1809-04-パノラマW2日目-IMG_5650 
市街地を抜けて、伊佐々川に沿って北へ向かいます。途中で葉山川に合流します。この頃には、雨もすっかり上がって薄日がさしてきて蒸し暑くなりました。
1809-05-パノラマW2日目-IMG_5654 
田んぼの中を歩いていきます。遠くに近江富士(三上山)が見えます。
1809-06-パノラマW2日目-IMG_5656 
暫く歩くと、大豆畑の向こうに琵琶湖博物館の風車が見えてきました。
1809-07-パノラマW2日目-IMG_5657 
烏丸半島に着きました。入り口のモニュメントです。琵琶湖一周でいつも休憩するお馴染みのところです。
1809-08-パノラマW2日目-IMG_5659 
琵琶湖博物館近くの広場に、チェックポイントがありました。ここで42キロコースと合流します。11時半と少し早いですが、ここで簡単に昼食を済ませました。
1809-09-パノラマW2日目-IMG_5660 
雲が晴れてきて、風車と琵琶湖博物館の向こうに対岸の山並みが見えます。午後から雨の予報はどうやら外れたようで、このまま降らないことを願って、湖岸に沿ってを北へと歩いていきます。
1809-10-パノラマW2日目-IMG_5661 
新守山川を渡ります。河口側の景色です。
1809-11-パノラマW2日目-IMG_5663 
湖岸道路を北上します。
1809-12-パノラマW2日目-IMG_5664 
琵琶湖大橋が見えてきました。
1809-13-パノラマW2日目-IMG_5666 
佐川美術館前を通過しました。
1809-14-パノラマW2日目-IMG_5668 
ピエリ守山の外を一周していきます。
1809-15-パノラマW2日目-IMG_5670  
その裏にチェックポイントがありました。
1809-16-パノラマW2日目-IMG_5671 
裏道を通って琵琶湖大橋へ向かいます。対岸の比良山系がきれいに見えました。この橋も何度も歩いていますが、景色は良いのですが、緩やかな登りが結構しんどいです。
1809-17-パノラマW2日目-IMG_5675 
橋の最高点からの対岸の景色です。
1809-18-パノラマW2日目-IMG_5677 
浮御堂です。
1809-19-パノラマW2日目-IMG_5679 1809-20-パノラマW2日目-IMG_5680 
ゴールまであと2Kmの衣川緑地公園に給水ポイントが有りました。
1809-21-パノラマW2日目-IMG_5681 
国道に出ます。
1809-22-パノラマW2日目-IMG_5682 
15時15分におごと温泉観光公園に着きました。ここで、42Kmを歩いて、先にゴールしていた友人2人に会いました。
1809-23-パノラマW2日目-IMG_5683 
参加者は、ツーデーにしては少ないですね。
1809-24-パノラマW2日目-IMG_5685 
所要時間6時間丁度、歩行時間5時間25分、歩行距離27.8Kmでした。
この大会は、4度目の参加ですが、2日間完歩したのは初めてです。今までは、42Kmを目的に1日だけ参加していましたが、最近は、42Kmを歩く気がなくなってしまい、今回は、近畿マーチングリーグのスタンプ目的で参加しました。雄琴温泉を中心にすると、コース取りが難しいことはよく理解できますが、コースにももうひと工夫欲しいところです。ピエリ守山の外周を一周りするなどという、距離稼ぎのつまらないコースはやめてほしいです。他にも、温泉入浴券を500円なとと言わずに無料にするとか、記念品も地元特産品にするとか、などなど。他の大会に比べて、あまりにもショボい感じがします。
滋賀県ウォーキング協会の皆さんと学生さんには、ご苦労様でした。





ウォーキング大会 | 11:49:00 | コメント(2)
びわ湖パノラマウォーク1日目 近江八景・日本遺産コース

9月8日(土)曇時々小雨


JR大津駅→京町3交差路→長等神社→三井寺→大津市役所→近江神宮→日吉神社→西教寺→おごと温泉観光公園(17Km)

1809-00-パノラマW1日目-軌跡 

今日は一日小雨の予報で、雨の中をあまり歩きたくないので、当初30キロコースのつもりでしたが、急遽17キロコースに変更しました。30キロは、石山から大津を通って雄琴温泉へ向かうコースで、17キロは、その途中の大津から同じコースをたどります。
大津駅で、小雨の降る中、雨具をつけてスタートを待ちます。
1809-01-パノラマW1日目-IMG_5612 
9時38分にスタートし、小雨の中を京町へ向かいます。当初の予定では南へ向かい、関蝉丸神社下社へ行くはずでしたが、途中の道が倒木で通れないそうで、コースが短縮されました。
1809-02-パノラマW1日目-IMG_5615 
京町から北へ向かいます。このあたりは、お寺や神社の多い所です。長良神社に立ち寄りました。この神社は、667年頃、近江大津宮の鎮護として須佐之男命を祭祀されたことを起源とする1300年の歴史を持つ神社です。豪華な朱塗りの楼門です。
1809-03-パノラマW1日目-IMG_5616 
拝殿と本殿です。
1809-04-パノラマW1日目-IMG_5618 1809-05-パノラマW1日目-IMG_5619 
その少し先、三井寺の入口にある三尾神社は、卯年生まれの守り神で、境内のあちこちにうさぎがいるそうです。
1809-06-パノラマW1日目-IMG_5620 
三井寺の仁王門(重要文化財)の前を通過します。三井寺は、平安時代から続く古寺で、正式には「長等山園城寺(おんじょうじ)」といい、天台寺門宗の総本山です。
1809-07-パノラマW1日目-IMG_5623 
大津市役所前を通ります。なかなか立派な建物です。
1809-08-パノラマW1日目-IMG_5625 
近江神宮の二の鳥居への階段を登っていきます。
1809-09-パノラマW1日目-IMG_5629 
立派な楼門です。
1809-10-パノラマW1日目-IMG_5631 
楼門への階段横に給水ポイントがありました。
1809-11-パノラマW1日目-IMG_5632 
一の鳥居から外へ出ました。
1809-12-パノラマW1日目-IMG_5633 
日吉神社の参道を登っていきます。
1809-13-パノラマW1日目-IMG_5634 
鳥居をくぐって境内に入り、右手の道へ入っていきます。
1809-14-パノラマW1日目-IMG_5635 
西教寺の駐車場にチェックポイントが有りました。
1809-15-パノラマW1日目-IMG_5639 
西教寺は、明智光秀の菩提寺として知られており、明智一族の墓が残っているそうです。聖徳太子が創建したと伝わる由緒ある寺で、天台真盛宗総本山です。門前を通過しただけです。
1809-16-パノラマW1日目-IMG_5640 
13時1分に、ゴールのおごと温泉観光公園に着きました。
1809-17-パノラマW1日目-IMG_5641 
マスコットの「おごとん」のお出迎えです。
1809-18-パノラマW1日目-IMG_5643 
ここで昼食を摂り、暫く休憩してからシャトルバスでおごと温泉駅へ向かいました。
1809-19-パノラマW1日目-IMG_5642 
所要時間3時間23分、歩行時間3時間9分、歩行距離14.9Kmでした。
歩いているあいだ中、小雨が降ったり止んだりでしたが、大した雨にならずに良かったです。
この大会は、もう一つ魅力に乏しいせいか、例年参加者はあまり多くありません。今回も事前登録者は340人でした。コースの案内に、びわこ成蹊スポーツ大学の学生さんが大勢出ていて、道は分かりやすかったです。でも、学生さんは退屈そうで、ちょっと気の毒な感じでした。



ウォーキング大会 | 21:44:00 | コメント(6)
明石海峡大橋 海上ウォーク

9月1日(土)曇


神戸淡路鳴門自動車道全通20周年記念のイベントとして、2日間限定で開催された、普段は歩いて通ることのできない明石海峡大橋を、舞子から淡路島まで歩いて渡る海上ウォークです。1日1200人を10班に分けて30分おきにスタートするのですが、仲間5人で申し込んだら抽選で最後の組に当たりました。参加の条件に、高所恐怖症でないこと、2時間程度トイレを我慢できることなどがありました。
朝から天気を気にしていたのですが、幸い雨は朝のうちだけで、14時15分からの受付時間には完全に雨も上がり、薄日がさしてきました。受付を済ませて、橋の袂にある[橋の科学館]を見学しました。
吊橋のケーブルを固定しているアンカレイジと橋の科学館です。
1809-01-明石海峡大橋-IMG_5552 
橋の科学館前に置かれている、橋を釣っているケーブルの模型です。直径5.23mmの鋼線を36,830本束ねたもので、ケーブルの直径は112cmあります。
1809-02a-明石海峡大橋-IMG_5558 
曇ってはいますが、淡路島まで良く見えました。橋は、全長3911mで、中央支間長1991mは世界最大だそうです。
1809-02b-明石海峡大橋-IMG_5556 
14時50分にアンカレイジ1階に集合し、ヘルメットを受取り7階まで40mの狭い鉄製階段を登っていきます。道路のすぐ下にある、管理用通路を歩きます。思っていたよりかなり広く、車が通れるようになっています。
1809-03-明石海峡大橋-IMG_5567 
ヘルメットを着けて歩き出しました。
1809-04-明石海峡大橋-IMG_5570 
海上から40mのところで、下は網目状になっていて海が見えます。高所恐怖症だと足がすくむかもしれません。
1809-05-明石海峡大橋-IMG_5573 
1Km程歩いたところが少し広くなっていて、ここで水分補給と休憩です。歩行中は、物を落とすといけないので、飲食などは禁止になっていました。
1809-06-明石海峡大橋-IMG_5575 
再び歩き始めます。
1809-07-明石海峡大橋-IMG_5580  
潮の流れが早く、渦を巻いているところが所々にありました。
1809-08-明石海峡大橋-IMG_5581 
橋の上を水道管が通っています。この上には通信用ケーブル、右手には送電線が通っています。
1809-09-明石海峡大橋-IMG_5584 
淡路島がだいぶ近づいてきました。
1809-10-明石海峡大橋-IMG_5586 
少し大きな渦を巻いています。
1809-11-明石海峡大橋-IMG_5587 
終点の淡路側のアンカレイジに到着です。ここからまた40mの階段を下ります。
1809-12-明石海峡大橋-IMG_5591 
淡路島に着きました。ここで、淡路特産の玉ねぎスープを頂きました。
1809-13-明石海峡大橋-IMG_5594 
ここからシャトルバスで岩屋港へ行き、ジェノバラインの船で明石へ向かいました。
1809-14-明石海峡大橋-IMG_5597 
大橋の下をくぐっていきます。新造船でかなり速いです。
1809-15-明石海峡大橋-IMG_5606 1809-16-明石海峡大橋-IMG_5608  
歩いた距離は4Kmほどでしたが、天気もまずまずで普段はできない海上散歩を楽しめました。




その他団体のウォーキング | 15:02:00 | コメント(0)