FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
関西地方を中心にあちこち歩いています。
時には、ぶらりと旅に出たりもします。

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

第27回若狭・三方五湖ツーデーマーチ 2日目 三方五湖

5月20日(日)晴時々曇り


若狭さとうみパーク→三方石観世音→三方湖→菅湖→宇波西神社→久々子湖→若狭湾久々子海岸→弁天岬→弘法大師堂→日向漁港→日向湖→浦見川赤橋→水月湖→海山屋内ゲートボール場→三方湖→梅の里会館→縄文ロマンパーク→さとうみパーク(35Km)

1805-00a-三方五湖2日目-軌跡 1805-00b-三方五湖2日目-高度

2日目は、5つの湖を周回する35キロのコースです。7時半のスタートですが、シャトルバスは5時50分に宿を出て、6時半に会場に着きました。今日は朝から青空が出ていて、晴れの予報で美しい景色を楽しめそうです。会場には、まだ人はまばらでスタッフの方たちが準備をしているところでした。
1805-01-三方五湖2日目-IMG_4848 
出発式のあと、7時26分にスタートしました。
1805-02-三方五湖2日目-IMG_4850 
無位山・臥龍院の門前を通過します。15世紀前半に開創された、三方の霊場・石観世音の斎事を司るお寺です。
1805-03-三方五湖2日目-IMG_4853 
石観世音への坂道を登っていきます。
1805-04-三方五湖2日目-IMG_4854 1805-05-三方五湖2日目-IMG_4856 
北陸三十三ヶ所の特別霊場であるこのお寺の本堂には、弘法大師の一夜の作と伝わる聖観世音菩薩が安置されています。また、弘法大師が、右手首から先を掘り残して下山したという片手観音も有り、手足の病にご利益があるそうです。
1805-06-三方五湖2日目-IMG_4861 
三方五湖一帯は梅の大産地で、湖岸や山裾一帯に梅の木が植えられています。青い実をつけた梅林の間の道を歩いていきます。
1805-07-三方五湖2日目-IMG_4864 1805-08-三方五湖2日目-IMG_4865 
三方湖の湖岸に出ました。これからは湖岸の道を美しい景色を眺めながら歩きます。
1805-09-三方五湖2日目-IMG_4866 
三方湖と水月湖を仕切る半島を横切って行くと、菅湖に出ます。
1805-11-三方五湖2日目-IMG_4869 
20キロコースとの分岐点を越えて北へ向かった所にある、宇波西神社です。この神社に伝わる「王の舞」は、豊漁や豊作を祈って中世ころから演じられるようになったもので、国の無形文化財に指定されています。
1805-12-三方五湖2日目-IMG_4873 
久々子湖に出ました。ボート競技の練習場になっているようで、湖岸には艇庫が並んでいました。
1805-13-三方五湖2日目-IMG_4876 1805-14-三方五湖2日目-IMG_4878 
平安時代から続く古社・佐支神社です。
1805-15-三方五湖2日目-IMG_4881 1805-16-三方五湖2日目-IMG_4882説明 
若狭湾の久々子海岸に出ました。左手の弁天岬を回って行きます。
1805-17-三方五湖2日目-IMG_4884 1805-18-三方五湖2日目-IMG_4885 
その昔、弁天岬の先端に住んでいて海を荒らす龍蛇を弘法大師が沈めたという言い伝えが有り、大師堂とその龍蛇を祀る宗像神社が建てられています。
1805-19-三方五湖2日目-IMG_4892 1805-20-三方五湖2日目-IMG_4894 
岬には、様々な形をした岩が並んでいました。
1805-21-三方五湖2日目-IMG_4898 1805-22-三方五湖2日目-IMG_4899 1805-23-三方五湖2日目-IMG_4902 1805-24-三方五湖2日目-IMG_4903 
この道は、近畿自然歩道になっているようです。
1805-25-三方五湖2日目-IMG_4904 
岬の反対側に回ると日向漁港です。
1805-26-三方五湖2日目-IMG_4907 
その先の日向湖は若狭湾とつながっていて、漁港になっているようでイカ釣り船などが係留されていました。
1805-27-三方五湖2日目-IMG_4909 
レインボーラインの日向料金所前を通過します。
1805-28-三方五湖2日目-IMG_4910 
五湖のうちで一番大きい水月湖です。
1805-29-三方五湖2日目-IMG_4912 
湖岸道路の両側は梅林になっています。  
1805-30-三方五湖2日目-IMG_4913 
澄んで美しい湖を眺めながら湖岸道路を歩いていきます。
1805-31-三方五湖2日目-IMG_4919 1805-32-三方五湖2日目-IMG_4921 1805-33-三方五湖2日目-IMG_4925 
20キロコースのアンカーに追いつきました。
1805-34-三方五湖2日目-IMG_4923  
湖岸の海山屋内ゲートボール場がチェックポイントと昼食場所になっていて、注文してあったおにぎり弁当を受け取ってここで昼食休憩です。
1805-35-三方五湖2日目-IMG_4927 
水月湖には観光船が出ています。
1805-36-三方五湖2日目-IMG_4928  
若狭湾国定公園の碑が立っていました。
1805-37-三方五湖2日目-IMG_4932  
水月湖とつながっている三方湖に入ると、茅葺きの船小屋が並んでいました。
1805-38-三方五湖2日目-IMG_4933 
三方湖の南岸です。
1805-39-三方五湖2日目-IMG_4936 
道の駅「三方五湖」の近くに、縄文ロマンパークがあります。この中を通り抜けていきます。公園内には、縄文博物館や縄文時代の遺跡の模型などが立ち並んでいました。
1805-40-三方五湖2日目-IMG_4937 1805-41-三方五湖2日目-IMG_4939 1805-42-三方五湖2日目-IMG_4941 
ゴールまであと少しです。この大会では、すべての横断歩道などの誘導に、現職の警察官が出ておられました。他の大会などでは、ガードマンやスタッフですが、この大会は町を挙げて運営しておられるようでした。警官が出ておられるとなんとなく安心して道を渡れます。
1805-43-三方五湖2日目-IMG_4942 
「日本海側最大の梅産地」の看板がありました。福井が梅の大産地だとは全く知りませんでした。関西では、梅といえば和歌山ですから。
1805-44-三方五湖2日目-IMG_4943 
14時52分にゴールしました。参加者は、長距離は昨日とほぼ同じでした。
1805-45-三方五湖2日目-IMG_4945 1805-46-三方五湖2日目-IMG_4948 
所要時間7時間26分、歩行時間6時間33分、歩行距離33.8Kmでした。
2日目は、天気も良く、はじめての三方五湖を満喫できました。湖の周辺は余り開発されていなくて、自然が多く残っていて、湖と山々の美しいところでした。若狭湾も望めて、大変よいコースでした。町を挙げての大会の運営も27回目とあって、よく行き届いていました。新鮮な魚も美味しく、県外からのリピーターも多いようです。三方町の皆さん、どうもありがとうございました。





スポンサーサイト



ウォーキング大会 | 15:57:00 | コメント(4)
第27回若狭・三方五湖ツーデーマーチ 1日目 鯖街道熊川宿

5月19日(土)雨


若狭さとうみパーク→三十三公民館→かみなか農楽舎→道の駅若狭熊川宿→熊川児童館→JR上中駅→(電車)三方駅→さとうみパーク(23Km)

1805-00a-三方五湖1日目-軌跡 1805-00b-三方五湖1日目-高度

この大会は、はじめての参加です。昨日、友人と電車で三方に来て、若狭湾沿いの民宿に宿泊しました。漁師さんの宿で、夕食は、食べきれないほどの新鮮な魚料理を堪能しました。
今日は、朝から雨が降っていて、9時頃までには止むとの予報でしたが、結局、止むこともなく一日中降り続き、気温も低くて風も強く、先週の長浜に続いて、予報が外れて、私の嫌いな雨中ウォークになりました。宿の前の雨に煙る若狭湾です。
1805-01a-三方五湖1日目-IMG_4797 
宿からシャトルバスで会場に向かいます。9時のスタートですが、バスは1時間前に着き、降りしきる雨の中、テントの中で出発を待ちます。
1805-01b-三方五湖1日目-IMG_4799 
主催者の挨拶などのあと、中学生のブラスバンドに送られて、9時丁度にスタートしました。
1805-02-三方五湖1日目-IMG_4801 1805-03-三方五湖1日目-IMG_4803 
熊川宿までほぼ真南へ向かっていきます。途中、特に見るものもあまりなく雨の中を、友人と話をしながら、ただひたすら歩き続きます。
1805-04-三方五湖1日目-IMG_4805 1805-05-三方五湖1日目-IMG_4806 
田植えの終わったばかりの田んぼが広がっていました。
1805-06-三方五湖1日目-IMG_4807 
能登神社です。自然石を積み上げた灯籠が立っていました。
1805-07-三方五湖1日目-IMG_4808 
山に近づいてきました。
1805-08-三方五湖1日目-IMG_4811 
給水ポイントのかみなか農楽舎でしばし休憩です。雨は一向に止む気配がありません。
1805-09-三方五湖1日目-IMG_4812 
わかさカントリー倶楽部の前を通過しました。
1805-10-三方五湖1日目-IMG_4813 
熊川宿が近づいてきて、逆周りの40キロコースのウォーカーとすれ違います。
1805-11-三方五湖1日目-IMG_4814 
熊川宿の松木神社です。この神社は、江戸時代のはじめ、厳しい年貢の取り立てに苦しむ農民の代表として、領主に年貢の軽減を直訴し、一命を捨てて悲願を達成させた松木庄左衛門の霊が祀られています。
1805-12-三方五湖1日目-IMG_4819 
古い町並みが続く熊川宿を、道の駅まで歩いていきます。
1805-13-三方五湖1日目-IMG_4822
1805-14-三方五湖1日目-IMG_4825

熊川地区の氏神である白石神社です。
1805-15-三方五湖1日目-IMG_4823 1805-16-三方五湖1日目-IMG_4824説明 
旧問屋の菱屋です。
1805-17-三方五湖1日目-IMG_4826 1805-18-三方五湖1日目-IMG_4827説明 
若狭鯖街道熊川宿資料館(宿場館)です。昭和15年に熊川村役場として建てられたものです。
1805-19-三方五湖1日目-IMG_4829 
チェックポイントの道の駅「若狭熊川宿」に着きました。このあと来た道を戻ります。
1805-20-三方五湖1日目-IMG_4830 1805-21-三方五湖1日目-IMG_4831 
鯖街道ミュージアムがありました。
1805-22-三方五湖1日目-IMG_4832 
小浜へ四里の道標とその右は熊川番所です。
1805-23a-三方五湖1日目-IMG_4834 1805-23b-三方五湖1日目-IMG_4836 
熊川児童館でおにぎり弁当を受け取り、ふるまいの長躁鍋とで昼食を済ませました。
1805-24-三方五湖1日目-IMG_4841 1805-25-三方五湖1日目-IMG_4842説明
このあとは、雨の中をひたすら歩いてチェックポイントの上中駅に着きました。ここから、1時間に1本の電車を待って、三方駅に戻ります。
1805-26-三方五湖1日目-IMG_4845 1805-27-三方五湖1日目-IMG_4846 
三方駅から約1.2Kmを歩いてゴールのさとうみパークに15時20分に着きました。今日の参加者は、20キロコースが一番多くて532人でした。
1805-28-三方五湖1日目-IMG_4847 
上中駅までの所要時間5時間18分、歩行時間4時間20分、歩行距離22.6Kmでした。予報が大外れで、それほど強い降りではなかったのですが、風が強く寒いくらいで、熊川宿以外に見るものもあまりなく、ただひたすら雨の中を歩いた一日でした。ゴールしたあと、すぐ近くの温泉に入って温まってから、シャトルバスで宿へ戻りました。
今日の夕食は、昨日以上に豪華で、ヒラメ・鯛・キジハタ・イサキの姿造りと、獲りたての甘エビ、イカ、タコの造りに焼き魚が食べきれないほど食卓に並び、6名で飲みながら話が弾み、美味しくいただきました。




ウォーキング大会 | 11:43:00 | コメント(2)
第26回びわ湖長浜ツーデーマーチ 2日目 竹生島びわこコース

5月13日(日)雨


豊公園→長浜駅→黒壁スクエア→大通寺→北国街道→曽根公館→奥びわスポーツの森→さざなみ街道→豊公園(20Km)

1805-00-長浜2日目-軌跡 
2日目は、長浜から北へ向かう40,20,10Kmの3つのコースが用意されています。金曜日の天気予報では、夕方から雨だったのが土曜には昼から雨の予報になり、今朝起きてみると朝から1日中雨の予報に変わっていて、実際降っていました。雨の中を歩くのは好きではないし、金曜日の予報を信じで簡単な雨具しか用意していなかったので、10キロにしようかとも思ったのですが、せっかくだからと20キロを歩くことにしました。
出発を前に雨具をつけてストレッチです。
1805-01-長浜2日目-IMG_4748 
9時22分、スタートのスタンプを貰って出発です。
1805-02-長浜2日目-IMG_4750 
長浜駅前を通過します。
1805-03-長浜2日目-IMG_4751 
駅近くの豊国神社です。この神社は、秀吉の没後に長浜の町民がその遺徳を偲んで建立したもので、豊臣家が滅んだ後、徳川幕府が取り壊しを命じたため、一時、祭神を別の場所に移し、八幡宮の古堂を移築して恵比寿神社としたそうです。明治になって現在の社殿を造営したとのことです。
1805-04-長浜2日目-IMG_4752 
北国街道の古い町並みが残る黒壁スクエアを通り抜けていきます。
1805-05-長浜2日目-IMG_4754 1805-06-長浜2日目-IMG_4756 1805-07-長浜2日目-IMG_4758 
黒壁スクエアにある、曳山博物館です。
1805-08-長浜2日目-IMG_4759 
アーケードの中を、加古川ツーデーの旗を持った「やまちゃん」と、神戸ツーデーの旗を持った方が並んで歩いておられました。
1805-09-長浜2日目-IMG_4761 
真宗大谷派(東本願寺)の別院・大通寺です。本堂と大広間が国の重要文化財です。
1805-10-長浜2日目-IMG_4763 1805-11-長浜2日目-IMG_4764 
雨脚がだんだん強くなる中、田植えの済んだ田圃の中の道を歩いていきます。
1805-12-長浜2日目-IMG_4769 
北国街道にあったという十郎橋跡を示す石碑がありました。
1805-13-長浜2日目-IMG_4770 1805-14-長浜2日目-IMG_4771 
雨の旧北国街道を歩いていきます。雨脚が強くなり、皆さんポンチョに傘をさしています。
1805-15-長浜2日目-IMG_4772 
給水ポイントの曽根公館で一休みです。
1805-17-長浜2日目-IMG_4775 
滋賀県で一番背が高いという19世紀の竹生島道の道標です。
1805-18-長浜2日目-IMG_4776 1805-19-長浜2日目-IMG_4777 
昼食ポイントの奥びわスポーツの森に着きました。ここは屋根があるので助かります。昼食を摂り、30分ほど休んでいました。
1805-21-長浜2日目-IMG_4781 
ここからは、おなじみのさざなみ街道を南へ、長浜に向かいます。この遊歩道は水たまりが多く、雨の時はいつも下を見ながら水たまりを避けて歩きます。雨具はポンチョと傘しか持ってこなかったので,なんとかそれで凌いていましたが、スパッツを持ってこなかったので、昼からは雨脚も強くなり、ゴアテックスの靴も上から雨が入るのでビショビショになってきました。
1805-22-長浜2日目-IMG_4783 
晴れていると、竹生島や比良の山々が見える景色の良いところですが、今日は何も見えません。
1805-23-長浜2日目-IMG_4784 
やっと長浜ロイヤルホテルが見えてきました。
1805-24-長浜2日目-IMG_4788 
14時7分、ゴールしました。
1805-25-長浜2日目-IMG_4789 
所要時間4時間44分、歩行時間3時間58分、歩行距離20.2Kmでした。
朝から雨で、一日中止むことはなく降り続いていて、徐々に雨足が強くなるという、本来ならば避けたい天気でしたが、ツーデーなのでやむを得ず雨の中を歩きました。こんなに降るのなら、それなりの装備で来るのですが、予報を信じたのがいけなかったようです。でも、ポンチョと傘のお陰で、衣類はほとんど濡れなかったのですが、電車に乗ってから、靴下を脱いで搾ったら水たまりができました。
スタッフの皆さんには、雨の中の誘導などご苦労さまでした。



ウォーキング大会 | 21:55:25 | コメント(2)
第26回びわ湖長浜ツーデーマーチ 1日目 びわこ満喫コース

5月12日(土)晴


長浜 豊公園→さざなみ街道→天野川→朝妻緑地→なべかまの里→入江橋→琵琶湖干拓資料館→すぱーく米原(昼食)→北国街道→JR坂田駅→山内一豊の母の墓→長浜ドーム→福田寺→JR田村駅→長浜バイオ大学→豊公園(20Km)

1805-00-長浜1日目- 

1日目は、長浜から南へ向かうコースで、35,25,20,10キロの4つが用意されています。25キロは彦根まで船で行くものですが、35と25キロはスタートが8時で、自宅からは間に合わないので、9時30分スタートの20キロに参加しました。
会場の豊公園テニス場に着くと、既に出発式が始まっていました。
1805-01-長浜1日目-IMG_4675 
中学生のブラスバンドに送られて9時32分に出発です。
1805-02-長浜1日目-IMG_4677 1805-03-長浜1日目-IMG_4678 
長浜市のマスコット、三成くんもお見送りです。
1805-04-長浜1日目-IMG_4679 
湖岸のさざなみ街道を南へ向かいます。この道は、琵琶湖一周で何度も歩いた所です。
1805-05-長浜1日目-IMG_4682 
長浜大仏の後ろを通過です。
1805-06-長浜1日目-IMG_4683 
天気も良く、美しい琵琶湖を眺めながら、しばらくさざなみ街道を歩いていきます。
1805-07-長浜1日目-IMG_4686 1805-08-長浜1日目-IMG_4691 1805-09-長浜1日目-IMG_4693 1805-10-長浜1日目-IMG_4694 
天野川の河口には多くの釣人が並んでいました。
1805-11-長浜1日目-IMG_4695 
給水ポイントの朝妻緑地です。
1805-12-長浜1日目-IMG_4697 
ちびっこの集団が歩いていました。ゼッケンを見ると、2日間とも20キロを歩くようです。元気で良いのですが、道いっぱいに広がっていて、動き回るので追い越しにくく、また、後ろについている引率の教師らしい人が、元気づけのつもりでしょうか大きな音で音楽を鳴らしていて、少々迷惑でした。運動会ではないので、それなりのルールを守ってほしいです。
1805-13-長浜1日目-IMG_4698 
なべかまの里の看板がありました。この近くの筑摩神社では、平安時代から伝わる鍋冠祭が毎年5月に行われるそうです。
1805-14-長浜1日目-IMG_4699 
入江橋を渡って米原駅方面へ向かいます。ここで南から来た25キロコースと合流します。
1805-15-長浜1日目-IMG_4700 
端のすぐ近くに、琵琶湖干拓資料館があります。干拓に使われていた揚水機が展示してありました。
1805-16-長浜1日目-IMG_4701 
しばらく川沿いに田園地帯を歩いていきます。
1805-17-長浜1日目-IMG_4702 
田植えの最中でした。
1805-18-長浜1日目-IMG_4703 
昼食ポイントのすぱーく米原に着きました。お昼には少し早いですが、ここで昼食休憩です。
1805-19-長浜1日目-IMG_4704 
昼食後は米原の古い町並みの中を歩いていきます。
1805-20-長浜1日目-IMG_4705 
旧北国街道を歩きます。
1805-21-長浜1日目-IMG_4707 
給水ポイントのJR坂田駅です。この手前で35キロコースと合流しました。
1805-22-長浜1日目-IMG_4709 
道路脇に山内一豊の母の墓がありました。
1805-23-長浜1日目-IMG_4713 1805-24-長浜1日目-IMG_4714 
長浜ドームが近づいてきました。
1805-25-長浜1日目-IMG_4720 
伊吹山が近くに見えます。
1805-26-長浜1日目-IMG_4721 
青々と茂った麦畑の中を歩いていきます。この辺りは、麦の大産地です。
1805-27-長浜1日目-IMG_4723 
福田寺(ふくでんじ)の前を通ります。山門と本堂です。
1805-28-長浜1日目-IMG_4725 1805-30-長浜1日目-IMG_4727 1805-29-長浜1日目-IMG_4726 
本堂前には、見事な松がありました。
1805-31-長浜1日目-IMG_4728 
JR田村駅です。
1805-32-長浜1日目-IMG_4730 
そのすぐ前に、長浜バイオ大学があります。ここが最後のチェックポイントでした。
1805-33-長浜1日目-IMG_4731 1805-34-長浜1日目-IMG_4732 
14時22分に豊公園に着きました。
1805-35-長浜1日目-IMG_4735 
今日の参加者は、1700人余でした。
1805-36-長浜1日目-IMG_4747 
所要時間4時間50分、歩行時間4時間5分、歩行距離21.0Kmでした。今日は、余り気温も上がらず、暑くもなくて歩きやすい気候でした。コースの前半は琵琶湖一周で歩いた道ですが、内陸部は初めて歩きました。見どころの少ないコースでしたが、琵琶湖と田園風景を楽しめました。矢貼もしっかりしていて、歩きやすかったです。

今日はここに泊まるので、無料入場券が付いていた彦根城を見学してきました。鉄筋コンクリート造の城で、中は歴史博物館になっています。
IMG_4738.jpg IMG_4739.jpg 
最上階からは、琵琶湖が一望でき,伊吹山もマンションに半分隠れていますが間近に見えました。
 IMG_4740.jpg IMG_4743.jpg 



ウォーキング大会 | 06:50:00 | コメント(0)
大仏鉄道遺構と当尾の石仏めぐり

5月6日(日)晴


木津駅→大仏鉄道公園→赤橋→鹿背山不動尊→梶ヶ谷隧道→鹿背山橋台→観音寺橋台→高田寺→加茂青少年山の家→大門仏谷→藪の中三尊→浄瑠璃寺→わらい仏→みろくの辻→岩船寺→白山神社→一願不動→千日墓地→南加茂台→加茂駅(18Km)

GPSの軌跡と高度です。軌跡の最後・加茂駅付近が途切れています。
1805-00a-大仏鉄道-軌跡 1805-00b-大仏鉄道-高度 
今日も、いつもの仲間5人で、木津駅から大仏鉄道の遺構を見て歩いた後、新緑の美しい当尾の里を訪ねて歩きました。この辺りは私の地元で、良く歩いているところなので、今日の案内人は私です。
大仏鉄道は、明治31年に開業した、奈良と加茂を結ぶ鉄道で、伊勢や名古屋方面からの大仏参拝客で賑わったそうですが、急坂の黒髪山トンネルで止まってしまったりしたため、関西鉄道の木津駅経由の平坦路線の開業とともに、わずか9年で廃止になりました。営業期間が短く、当時の資料も殆ど残っていないため、「幻の大仏鉄道」と呼ばれるようになりました。現在は木津~加茂間に石積みの隧道や橋台が残されているだけです。
最近、木津川市を中心に、わずかに残る遺構の保存や案内板の整備などが進み、美しい田園風景を楽しみながら遺構を訪ね歩く人も増えてきています。
私達は、8時30分に木津駅を出発し、新しくできたURの城山台団地の坂道を東に向かって登っていきました。
1805-01-大仏鉄道-IMG_4609  
団地の東北部一帯は、高槻から移転してきた京都大学農場が占めています。
1805-02-大仏鉄道-IMG_4613  
そのすぐ東、団地の東端にある良く整備された城山台公園は、大仏鉄道の遺構の近くなので「大仏鉄道公園」とも呼ばれています。
1805-03-大仏鉄道-IMG_4615 1805-04-大仏鉄道-IMG_4616  
道路を挟んでその東側に、大仏鉄道の軌道跡とそれを支える赤橋があります。
1805-05-大仏鉄道-IMG_4617 
そのすぐ北には、レンガ造りの梶ヶ谷隧道があります。この隧道は、現在も農道の一部として使われています。これら2つの遺構は、URの当初の計画では道路の建設で破壊されることになっていましたが、木津川市を始めとする保存運動のおかげで、道路は遺構を避けて迂回するように変更されました。
1805-06-大仏鉄道-IMG_4618 1805-07-大仏鉄道-IMG_4619 
そのすぐ北にある、鹿背山不動院を訪ねました。左手奥の不動院には、建武元年 (1334)の銘のある花崗岩に彫られた不動明王像が収められています(右手前は大師堂です)。
1805-08-大仏鉄道-IMG_4620 
グリーンハウス前の分岐点には、新しい道標がありました。右手の道を行きます。
1805-09-大仏鉄道-IMG_4623 
石積みの美しい鹿背山橋台です。100年以上も野ざらしになっていたとは思えない、堅固な造りで当時の姿のまま保存されています。
1805-10-大仏鉄道-IMG_4624 
そのすぐ先にある、観音寺橋台(手前)です。奥は現在使われている大和路線の線路です。
1805-11-大仏鉄道-IMG_4626 
さらに東へと向かい住宅地に入ると、高田寺(こうでんじ)があります。本堂の左手には、オオヤマレンゲが咲いていました。蓮華に似た芳香のある白い半球状の花で、奈良県の深山に自生するオオヤマレンゲは、国の天然記念物に指定されています。
1805-12-大仏鉄道-IMG_4635 1805-13-大仏鉄道-IMG_4634 
南加茂台団地の縁を回って浄瑠璃寺方面へと向かいます。のどかな田園風景を眺めたり、林の中を歩いたりする道が続きます。
1805-14-大仏鉄道-IMG_4637 
加茂青少年山の家の前の道を登っていくと、左手の谷の向こうに大きな岩に彫られた、阿弥陀磨崖仏があります。
1805-15-大仏鉄道-IMG_4638 1805-16-大仏鉄道-IMG_4639説明 

石仏を集めた大門石仏群です。
1805-17-大仏鉄道-IMG_4641 1805-18-大仏鉄道-IMG_4642 
首切地蔵です。
1805-19a-大仏鉄道-IMG_4643 
バス道に出た所にある、藪の中三尊です。これらの石仏の古いものは、鎌倉時代のもので、修業を終えた僧が感謝の気持ちを込めて石工に彫らせたものだそうで、願主と石工の銘の彫られたものもあるようです。
1805-19b-大仏鉄道-IMG_4645 
アセビなどの新緑の美しい浄瑠璃寺の参道です。
1805-20-大仏鉄道-IMG_4646  
浄瑠璃寺は雪の積もった時や紅葉もきれいですが、新緑もまた美しく、私の大好きなお寺で、今までに四季を問わず何十回と訪れています。国宝の三重塔です。
1805-21-大仏鉄道-IMG_4653 

最近浚渫されてきれいになった宝地と、九体仏を収めてある国宝の本堂です。
1805-22-大仏鉄道-IMG_4651 
岩船寺に向かう道の入口にある、あたご燈籠です。
1805-23-大仏鉄道-IMG_4654 
からすの壺二尊です。岩の左側にもう一体が彫られています。
1805-24-大仏鉄道-IMG_4655 1805-25-大仏鉄道-IMG_4656説明

岩船寺に向かう山道を登っていきます。
1805-26-大仏鉄道-IMG_4658 
穏やかな笑みを浮かべた三体の阿弥陀仏が彫られた「わらい仏」です。
1805-27-大仏鉄道-IMG_4661 1805-28-大仏鉄道-IMG_4660説明 

笠置方面へ向かう道路に出るミロクの辻の大きな岩に、弥勒磨崖仏が彫られていますが、だいぶ消えていて良くわかりません。
1805-29-大仏鉄道-IMG_4662 1805-31-大仏鉄道-IMG_4663説明 

岩船寺の裏へ回る山道にある、三体地蔵です。
1805-32-大仏鉄道-IMG_4664 
岩船寺山門です。浄瑠璃寺は、本堂以外は拝観無料ですが、ここは山門を入るのに拝観料400円が要ります。紫陽花の季節なら拝観しても良いかなと思いますが、今日はここまでです。
1805-33-大仏鉄道-IMG_4666 
岩船寺左手の高台にある、白山神社です。この本殿は、国の重要文化財に指定されています。この境内で昼食休憩しました。
1805-34-大仏鉄道-IMG_4667 
南加茂台に向かう山道を歩いていくと、鎌倉時代から続き、今も使われている千日墓地の前を通ります。墓地の入口付近にある鳥居と十三重の塔は、鎌倉時代のもので、塔は国の重要文化財です。
1805-35-大仏鉄道-IMG_4673 
このあとは、山里の風景を眺めながら団地の縁を回って、加茂駅に向かいました。歩行時間4時間15分、歩行距離18.4Kmでした。
雨は夕方からの予報通り、昼過ぎまで晴れたり曇ったりで、気温もさほど上がらず、新緑の中を楽しく歩きました。近場で、何度も歩いた道ですが、今日のコースを通して歩いたことはなく、正確に距離を測ったこともなかったのですが、実際は思っていたより距離がありました。




個人的ウォーク | 10:25:00 | コメント(0)
次のページ