■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

湖南アルプスの主峰・太神山と太神不動寺の大護摩供
9月26日(火)晴

JR石山駅=アルプス登山口(バス)→迎不動→不動橋→泣不動→矢筈ヶ岳への分岐点→二尊門→不動寺→太神山(h600m) →不動寺(大護摩供見学)→(同じ道を下る)登山口バス停(14Km)

1709-00a-太神山-軌跡
1709-00b-太神山-高度

不動寺の大護摩供に毎年参加している友人のNさんのお誘いで、いつもの5人組で、湖南アルプスの主峰という太神山(たなかみやま)に登り、山頂にある太神山不動寺(お寺としては「たいじんさん」と読むようです)の大護摩供を見学しました。
不動寺は、平安時代に三井寺派の寺院として建立された、天台寺門宗のお寺で、南北朝時代に建てられた、大きな岩に寄りかかるように建つ本堂は国の重要文化財に指定されています。
大護摩供は、毎年、9月24,26,28日に行われ、三井寺から大勢の山伏が来られ、三井寺の管長が取り仕切られる大掛かりな行事です。
なお、不動寺については、三井寺のHPに詳しく記載されています。
( 不動寺http://www.shiga-miidera.or.jp/about/walk/162.html)
石山駅8時55分発のバスで湖南アルプス登山口へ向かい、9時20分出発しました。
1709-01-太神山-IMG_1375

バス停前に湖南アルプスの案内板がありましたが、どういう訳か東西が逆になっていてわかりにくい地図です。
1709-02-太神山-IMG_1377

車のほとんど通らない天神川沿いの舗装道を東へ、太神山へ向かいます。
1709-04-太神山-IMG_1380

途中に、沈下橋がありました。
1709-05-太神山-IMG_1383

林の中の心地よい風が吹く道です。
1709-06-太神山-IMG_1384

分岐点にはこのような案内道標が立てられています。
1709-07-太神山-IMG_1386

この道は、古くからある太神山不動寺の参道で、ところどころに地蔵などが立てられています。最初に出会う、迎え地蔵です。右は、園城寺(三井寺)再興の祖である智証大師円珍の像です。
1709-08-太神山-IMG_1391
1709-09-太神山-IMG_1390

巨岩の多い山です。小さい滝が流れ落ちていました。
1709-10-太神山-IMG_1392

しばらく木陰の道を先へ進むと、お地蔵さんが立っていました。
1709-11-太神山-IMG_1394
1709-12-太神山-IMG_1395

ここからは車の進入禁止です。
1709-13-太神山-IMG_1396

古い石の道標と共に、3種の道標が並んでいました。この道は、東海自然歩道になっています。
1709-14-太神山-IMG_1397

ここから山道に入ります。
1709-15-太神山-IMG_1399

不動橋と、橋の上から見た清流の上流側です。
1709-16-太神山-IMG_1401
1709-17-太神山-IMG_1402

視界が開けて、岩肌の露出した山の間から街並みが見えましたが、どこか良く分かりません。
1709-18-太神山-IMG_1404

しばらく岩肌の露出した険しい道をよじ登っていきます。
1709-19-太神山-IMG_1407
1709-20-太神山-IMG_1409

この先は松茸山で、ところどころに10月から進入禁止の表示がありました。
1709-21-太神山-IMG_1411
1709-22-太神山-IMG_1412

大護摩供に参加される山伏の方に出会いました。
1709-23-太神山-IMG_1415

道の端のところどころに、社やお供えがあります。
1709-24-太神山-IMG_1417
1709-25-太神山-IMG_1419

泣不動です。いわれは良く分からないそうですが、泣いているように見えなくもないです。
1709-26-太神山-IMG_1424

ところどころに、このような丁石が立てられています。
1709-29-太神山-IMG_1495

矢筈岳との分岐点です。
1709-27-太神山-IMG_1425

不動寺山門(二尊門)の手前左手にある道標。
1709-28-太神山-IMG_1426

山門の右手の古い道標。
1709-30-太神山-IMG_1427

山門です。不動明王の脇侍として知られている、左に制多迦童子、右に矜羯羅童子が並んでいます。にこやかで、ほっとする表情をしておられます。
1709-31-太神山-IMG_1428
1709-32-太神山-IMG_1432
1709-33-太神山-IMG_1433

六地蔵が並んでいました。
1709-34-太神山-IMG_1436

不動寺に11時31分到着です。
1709-35-太神山-IMG_1438

平日とあってか、境内は閑散としていました。
1709-36-太神山-IMG_1440

庫裏の表に書かれた年中行事表です。大護摩供は、9月24、26、28日に行われるようです。
この庫裏で、信者の方へ弁当のおもてなしがあるようですが、Nさんの手配で私たちも紛れ込んで弁当をいただきました。
1709-37-太神山-IMG_1441

庫裏の横にお地蔵さんが2体ありました。
1709-38-太神山-IMG_1442

智証大師を祀る大師堂です。
1709-39-太神山-IMG_1444

本堂への階段で、この上の広場で大護摩供が行われます。
1709-40-太神山-IMG_1445

準備がすっかり整えられていました。
1709-41-太神山-IMG_1446

本堂は、国の重要文化財です。広場の奥の183段の急な階段を上った先にあります。
1709-42-太神山-IMG_1448

不動明王を祀る本堂内部です。
1709-43-太神山-IMG_1451

巨岩が並んでいます。この下をくぐりました。
1709-44-太神山-IMG_1453

太神山山頂に着きました。三角点があります。
1709-45-太神山-IMG_1454
1709-46-太神山-IMG_1455

山頂にある奥の院です。
1709-47-太神山-IMG_1456

急な階段を下りていきます。
1709-48-太神山-IMG_1458

本堂は、巨岩に寄りかかる舞台造りになっていて、清水の舞台のような造りになっています。
1709-49-太神山-IMG_1460
1709-50-太神山-IMG_1462

13時から、大護摩供が開始されました。まず、30名あまりの山伏の方々が大師堂の前で、鐘をたたきながら読経をされ、時折法螺貝が鳴り響きます。
1709-51-太神山-IMG_1464

整列して、上の広場へ行進です。
1709-52-太神山-IMG_1467

本堂にお参りをされて、広場に戻ってこられました。
1709-53-太神山-IMG_1469

四方と正面の山に、矢を射っていかれます。矢は厄除けの幸運の矢で、大勢が競って取り合いになるかと思っていたら、今日は参加者が少なく、欲のない方ばかりのようで、4本のうち3本を我々の仲間が拾いました。私も、1本緑の矢をいただき持ち帰りました。
1709-54-太神山-IMG_1474

宝剣の奉納行事です。
1709-55-太神山-IMG_1476

護摩焚きが始まりました。積み上げた杉の葉に火を着けて水を掛けるので、すごい煙です。供えられた護摩木を宝剣で清めて、火に投げ入れます。私たちもそれぞれ願い事を書いて護摩木を供えました。
1709-56-太神山-IMG_1481

30分ほど読経が続く中、行事が進行していき、ほぼ燃え尽きてきました。
1709-57-太神山-IMG_1484
1709-58-太神山-IMG_1490

14時9分下山開始です。登りと同じ道を引き返します。
1709-59-太神山-IMG_1496

15時36分登口のバス停に到着しました。しばらく待ってこのバスで帰ります。
1709-60-太神山-IMG_1499

所要時間6時間23分、歩行時間2時間51分でした。標高差500mを登ったのですが、比較的なだらかな道で、木陰の気持ちよい道が多く、楽に登れました。このような大規模な大護摩供は初めてで、大変興味深く見学しました。昼のおもてなしもいただき、すべてお世話いただいた、Nさんに大感謝です。







スポンサーサイト
トレッキング | 22:16:22 | コメント(0)
琵琶湖一周10回割 ⑦ 岩礁・竹生島展望コース
9月23日(祝・土) 曇時々晴れ

近江塩津駅→国道8号線→岩熊→丸小舟の館→大浦→二本松水泳場→海津トンネル→海津大崎→義経の隠岩→マキノビーチ→中庄浜→中庄駅(22Km)

1709-00-琵琶湖⑦-軌跡

今回は、琵琶湖最北端・奥琵琶湖の美しい景色を楽しめるコースで、友人二人と一緒に参加しました。天気予報では一日中晴れでしたが、だいたい薄曇りで、湖岸は風もあり涼しく歩きやすい一日でした。9時37分に中庄駅に着き、10時20分の出発までだいぶ時間があると思っていたら、次の電車を待たずに9時50分からコース説明があり、第一陣が9時58分にスタートしました。今回も参加者は100名足らずのようです。
1709-01-琵琶湖⑦-IMG_1315
1709-02-琵琶湖⑦-IMG_1316

まず、国道8号線を南へ向かいます。
1709-03-琵琶湖⑦-IMG_1317

国道303号線との三叉路を右折し、岩熊へ向かいます。このあたりまでは、まだ列が続いています。
1709-04-琵琶湖⑦-IMG_1318

一面に広がる田圃の中を南西に進みます。
1709-05-琵琶湖⑦-IMG_1319

塩津浜のあたりが見えてきました。
1709-06-琵琶湖⑦-IMG_1321

岩熊トンネルの手前の国道沿いにある、矢合神社です。
1709-07-琵琶湖⑦-IMG_1323

岩熊第二トンネルに入ります。車の音が響いて大変うるさかったです。
1709-08-琵琶湖⑦-IMG_1325

トンネルを抜けて暫く行った西浅井に、丸小舟の館があります。このあたりは、古くより北陸と京都を結ぶ重要な交通路で、陸上と湖上輸送の中継地として栄えた所です。その湖上水運の主役を務めたのが丸小舟で、現存する丸小舟2艘のうちの1艘が展示されています。
ここは、中にはいらずに外から写真だけを撮りました。
1709-09-琵琶湖⑦-IMG_1328
1709-10-琵琶湖⑦-IMG_1330

大浦の交差点を右折して、海津大崎へ向かいます。
1709-11-琵琶湖⑦-IMG_1332

自然の残る美しい風景が続きます。湖岸に咲くコスモスがきれいでした。
1709-12-琵琶湖⑦-IMG_1333
1709-13-琵琶湖⑦-IMG_1334

しばらく湖岸道路を歩きます。
1709-14-琵琶湖⑦-IMG_1339
1709-15-琵琶湖⑦-IMG_1343

沖に竹生島が見えてきました。
1709-16-琵琶湖⑦-IMG_1341

大崎トンネルに入ります。
1709-17-琵琶湖⑦-IMG_1344

トンネルを抜けると海津大崎港です。観光船が出ているようです。
1709-18-琵琶湖⑦-IMG_1347

琵琶湖八景の一つ、「暁霧・海津大崎の岩礁」の碑がありました。この少し先で、昼食休憩です。
1709-19-琵琶湖⑦-IMG_1348

湖岸に彼岸花が咲いていました。
1709-20-琵琶湖⑦-IMG_1349

湖岸の遊歩道に降りました。少し風があり、湖面が波立っています。
1709-21-琵琶湖⑦-IMG_1351
1709-22-琵琶湖⑦-IMG_1352

義経の隠岩です。
1709-23-琵琶湖⑦-IMG_1353
1709-24-琵琶湖⑦-IMG_1354

桜並木の碑が立っていました。桜の時期は、大勢の人で賑わう所ですが、桜の咲いていない時期にここを通るのは多分2回目です。やはり、満開の桜の下を歩くのが一番です。
1709-25-琵琶湖⑦-IMG_1356
1709-26-琵琶湖⑦-IMG_1357

江戸時代に築かれたという、海津浜の見事な石済みです。お城のような頑丈な石済みで、未だにそのままの姿で残っています。
1709-27-琵琶湖⑦-IMG_1359
1709-28-琵琶湖⑦-IMG_1361

この石積みを含めて、この辺り一帯の景観は、重要文化的景観に選定されています。
1709-29-琵琶湖⑦-IMG_1360

湖岸道路を歩いて、マキノビーチを通過します。
1709-30-琵琶湖⑦-IMG_1362

矢の内川の河口です。上流側には、サギの群れが水浴びをしていました。
1709-31-琵琶湖⑦-IMG_1364
1709-32-琵琶湖⑦-IMG_1365

湖岸に咲く彼岸花と、遠くに見える竹生島です。
1709-33-琵琶湖⑦-IMG_1366

中庄浜です。駅はもうすぐです。
1709-34-琵琶湖⑦-IMG_1370

中庄駅に14時36分到着です。小さな無人駅です。
1709-35-琵琶湖⑦-IMG_1371

駅のホームから今歩いてきた道がよく見えます。
1709-36-琵琶湖⑦-IMG_1372

所要時間4時間38分、歩行時間3時間58分、歩行距離23.1Kmで、2時53分の電車に間に合いました。行きの電車で一緒だったデコさんとも再会しました。
今日は暑くもなく、風もありウォーキング日和で、私の一番好きな奥琵琶湖を、友人と3人で楽しく歩きました。スタッフの皆さん、ありがとうございました。






琵琶湖一周 | 11:45:12 | コメント(10)
五私鉄リレーウォーク 第4回 南海 緑豊かなニュータウンから最古のため池 狭山池へ
9月10(日)晴れ

泉北高速鉄道泉ヶ丘駅→いずみがおか広場→大蓮公園→槙塚公園→天野街道→三津屋川緑道→三都神社→狭山神社→狭山池→さやか公園(ゴール)(15Km)(→大阪狭山市駅)

1709-00a-五私鉄-軌跡
1709-00b-五私鉄-高度

五私鉄の南海編に、いつもの五人組で参加しました。泉北ニュータウンは、初めて行くところです。泉ヶ丘駅に9時過ぎに着き、受付会場へ行くと既にすごい人で、受付までかなりかかりました。ようやく受付を済ませて、9時30分に5人で出発です。
1709-01-五私鉄-IMG_1264
1709-02-五私鉄-IMG_1269

駅の周辺は、マンションばかりでしたが、少し歩くと緑に包まれた大蓮池に出ました。白鳥橋を渡り、大蓮公園に入ります。
1709-03-五私鉄-IMG_1271
1709-05-五私鉄-IMG_1273
1709-04-五私鉄-IMG_1272

公園の木陰の気持ちのよい道を歩いていきます。
1709-06-五私鉄-IMG_1274

住宅地に出て、暫く行くと槇塚公園です。
1709-07-五私鉄-IMG_1277

さらにアップダウンのある住宅地を抜けて、プール学院大学の先から、天野街道へ入ります。天野街道は、西高野街道と分岐して、天野山金剛寺に向かう参道道で、今は、陶器山遊歩道として整備されています。
1709-08-五私鉄-IMG_1280
1709-09-五私鉄-IMG_1281

途中、展望が開けてPLの塔の向こうに二上山がよく見えました。その右には、葛城山、金剛山が見えていました。
1709-10-五私鉄-IMG_1283

歩きやすい木陰の道です。気温は30℃を超えてきましたが、木陰は風もあり涼しかったです。
1709-11-五私鉄-IMG_1284
1709-12-五私鉄-IMG_1285

住宅地に出て暫く行くと、今熊のだんじり祭の準備をしておられました。
1709-13-五私鉄-IMG_1287

三都神社に着きました。かつては境内に金蔵寺があり、広大な境内を有する大きな神社だったようです。
1709-15-五私鉄-IMG_1290
1709-14-五私鉄-IMG_1289

このあとは、小さなアップダウンのある住宅地を通るだけで、狭山神社までは、特に見るものもなく、30℃を超える暑さの中をただ歩くだけでした。やっと、狭山神社に着きました。
1709-16-五私鉄-IMG_1293

裏の方から境内に入ったので、表参道から出ました。
1709-17-五私鉄-IMG_1294

間もなく狭山池に到着です。池をほぼ一周します。この池は、1400年前に作られた日本最古の溜池で、その後何度も改修工事が行われて、現在の姿になっています。
1709-18-五私鉄-IMG_1297
1709-19-五私鉄-IMG_1298
1709-20-五私鉄-IMG_1299
1709-21-五私鉄-IMG_1300
1709-22-五私鉄-IMG_1301

池の畔の木陰で、しばらく昼食休憩しました。休憩している間にも、人の列が絶えることなく続いて通過していきました。30分ほど休憩後、池の周りを歩いてゴールを目指します。
1709-23-五私鉄-IMG_1302

池の向こうに二上山が見えています。
1709-24-五私鉄-IMG_1303

龍神社の近くに、「名勝狭山池」の石碑がありました。
1709-25-五私鉄-IMG_1306
1709-26-五私鉄-IMG_1307

龍神社の真新しい鳥居が立っていました。この池に住むという雌雄の大蛇を龍神として祀る神社で、池の中に小さな祠が立てられています。
1709-27-五私鉄-IMG_1308
1709-28-五私鉄-IMG_1310

ゴールのさやか公園に13時15分着きました。いつものことながら、抽選は何も当たりませんでした。今日の参加者は、2984名とのことです。五私鉄はいつもすごい人です。人が多すぎて、一緒に歩いた仲間以外には、知ってる顔には全く出会いませんでした。
1709-29-五私鉄-IMG_1312

このあと。近くの狭山市駅から南海で帰りました。ゴールまでの所要時間3時間45分、歩行時間3時間、歩行距離15.0Kmでした。
初めて歩くコースで、緑の多い、気持ちのよい道もありましたが、市街地をただひたすら歩くだけという、あまり面白くない道も多くありました。でも、仲間5人でおしゃべりしながら楽しく歩いた一日でした。それにしても、いつまでも暑いですね。





電鉄ウォーキング | 06:33:43 | コメント(4)
大和路「くつの日」ウォーク 大和三山めぐり
9月3日(日)晴

橿原文化会館前広場→耳成山→藤原宮跡→香久山→大官大寺跡→本薬師寺跡→近鉄畝傍御陵前駅→橿原神宮北の鳥居→畝傍山→畝火山口神社→橿原運動公園→イオンモール橿原(17Km)

1709-00a-靴の日-軌跡HL
1709-00b-靴の日-高度HL

8月は、暑さを避けてウォーキングはお休みだったので、一月ぶりのウォークです。秋晴れの一日、お馴染みの大和三山巡りに、いつもの仲間5人で参加しました。JR畝傍駅から北へ数百メートル歩いて、受付会場に8時45分ころ着きました。既に大勢の人が集まっていて出発式を待ちます。
1709-01-靴の日-IMG_1165

9時11分に出発し、東へ耳成山に向かいます。
1709-02-靴の日-IMG_1170

耳成山登山口ですが、今日は山には登らずに裾野を迂回しました。
1709-03-靴の日-IMG_1171

藤原宮跡を北から南へ抜けていきます。
1709-04-靴の日-IMG_1173
1709-05-靴の日-IMG_1175
1709-06-靴の日-IMG_1177

橿原文化財研究所都城発掘調査部の前を通過しました。
1709-07-靴の日-IMG_1178

香久山登山口です。ここからは、畝傍山が真正面に見えます。
1709-08-靴の日-IMG_1179
1709-09-靴の日-IMG_1181

香久山に登ります。
1709-10-靴の日-IMG_1182

一列に並んで、登っていきます。緩やかな歩きやすい道で、木陰に入ると心地よい風が吹いていて涼しいです。
1709-11-靴の日-IMG_1185
1709-12-靴の日-IMG_1187

頂上からは、橿原市街と畝傍山が、その先右に二上山が見えます。畝傍山の左の方には、葛城山、金剛山が見えました。
1709-15-靴の日-IMG_1191

頂上に国常立神社があります。
1709-13-靴の日-IMG_1188
1709-14-靴の日-IMG_1189

南の方へ下山します。少し急なところがあるとたちまち大渋滞です。
1709-16-靴の日-IMG_1192

のどかな田園風景の中を南へ歩いていきます。
1709-17-靴の日-IMG_1196

飛鳥最大の寺院と言われる、大官大寺跡を通り、その先で西に曲がります。
1709-18-靴の日-IMG_1198
1709-19-靴の日-IMG_1199

振り返ると、青々と茂った田んぼの中を歩く人達の列が延々と続いています。
1709-20-靴の日-IMG_1201

飛鳥川に出て、川沿いに北へ、本薬師寺跡へと向かいます。
1709-21-靴の日-IMG_1203

本薬師寺跡のホテイアオイが満開でした。ここへは何度も来ていますが、これほど見事に咲いているのは初めてです。
1709-22-靴の日-IMG_1210
1709-23-靴の日-IMG_1212
1709-24-靴の日-IMG_1213
1709-25-靴の日-IMG_1215
1709-26-靴の日-IMG_1219

本薬師寺跡です。大きな礎石と石碑があるだけです。石碑は「元」薬師寺跡となっています。
1709-27-靴の日-IMG_1220
1709-28-靴の日-IMG_1221

近鉄畝傍駅前を通り、橿原神宮の北の鳥居から境内に入ります。
1709-29-靴の日-IMG_1223

すぐ先に、畝傍山登山口があります。
1709-30-靴の日-IMG_1224
1709-31-靴の日-IMG_1226
1709-32-靴の日-IMG_1225

木陰の涼しい、緩やかな上り坂を歩いていきます。
1709-33-靴の日-IMG_1227

頂上への道との分岐点です。今日のコースでは上へは登らないのですが、仲間の健脚二人は頂上へ向いました。私は何度か登ったことがあるのでそのまま山口神社へと下ります。
1709-34-靴の日-IMG_1228

山口神社で、ここがチェックポイントになっていました。
1709-35-靴の日-IMG_1229

少し行くと、橿原運動公園です。良く整備された大きな公園で、野球の試合をしていました。ここの東屋で昼食休憩です。
1709-36-靴の日-IMG_1230

このあとは、特に見るものもなく、市街地をお喋りをしながらゴールのイオンモールに向かいました。13時9分にゴール到着です。フードコートでアイスコーヒーを飲みながらしばし休憩してから、JR金橋駅から帰りました
1709-37-靴の日-IMG_1233

所要時間3時間57分、歩行距離15.1Km,歩行時間2時間56分でした。
9月になって、朝夕はめっきり涼しく、日中も木陰は涼しく気持ちよく歩けました。大和三山は何度も登っていますが、今日は頂上まで登ったのは香久山だけで、ちょっと拍子抜けでした。
それにしても、本薬師寺のホテイアオイは見事でした。なかなかタイミングが難しいのですが、非常にラッキーでした。
今日は、KBCウォークで、関西の各ウォーキング協会の方々が道案内に立っておられました。スタッフの皆様、ありがとうございました。





ウォーキング大会 | 06:12:34 | コメント(8)

FC2Ad