■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

海住山寺
6月24日(土)曇

加茂駅→恭仁大橋→恭仁宮跡→加茂神社→デ・レーケ堰堤→加茂神社→海住山寺→瓶原→恭仁大橋→加茂駅(10Km)

1706-00a-海住山寺-軌跡
1706-00b-海住山寺-高度

ここ数週間、都合でウォーキング等に出かけられていませんが、今日は、昼から近くの海住山寺(かいじゅうせんじ)へ行くことにしました。一般には車道を登っていくようですが、ちょっと分かりにくいのですが、別に登山道があります。
自宅を出て、加茂駅前を13時27分に通過、恭仁大橋へ向かいました。加茂駅前(東側)です。
1706-01-海住山寺-IMG_0660

恭仁大橋から見た、木津川上流と下流です。
1706-02-海住山寺-IMG_0662
1706-03-海住山寺-IMG_0664

橋を渡った所に、大伴家持の恭仁京を讃える万葉集の歌碑があります。
1706-04-海住山寺-IMG_0665

その先を左手の細い道に入り、瓶原(みかのはら)の田圃の中の道を北へと進み、国道の下をくぐって恭仁宮跡へと向かいます。
1706-05-海住山寺-IMG_0666

恭仁京は、奈良時代(740年)に聖武天皇によって、平城京から遷都され、大極殿などが平城京から移築されましたが、4年余りで難波宮に遷都されたという、短命の都です。その後、大極殿は山城国分寺の金堂として再利用されています。国分寺の七重塔の基壇跡だけが残っています。
1706-06-海住山寺-IMG_0668
1706-07-海住山寺-IMG_0667

大極殿跡の一部には、恭仁小学校が建っていて、学校の敷地内に「大極殿跡」の石碑が立てられています。恭仁京跡が発掘される前に小学校が建ったようで、一帯が国の史跡に指定されたため、校舎の建て替えができずに昭和初期の建物を耐震補強などしながら今も使っています。
1706-08-海住山寺-IMG_0670

小学校の裏には、大極殿の礎石の一部が残っています。
1706-09-海住山寺-IMG_0671

北に見える山(海住山)の中腹に、海住山寺があります。
1706-10-海住山寺-IMG_0672

大極殿跡の北は、天皇の住居である内裏があったと考えられています。
1706-11-海住山寺-IMG_0673
1706-12-海住山寺-IMG_0674

さらに北へ行ったところにある、案内板です。海住山寺とある右の道は、車道へ続きます。分かりにくいですが、登山道は左のデ・レーケ堰堤とある方です。
1706-13-海住山寺-IMG_0675

山手に入っていくと、このような案内板がありました。
1706-14-海住山寺-IMG_0676

山道を進みます。
1706-15-海住山寺-IMG_0677

小さな加茂神社です。登山道は、この前を右手に登っていきます。
1706-16-海住山寺-IMG_0678

案内がないので分かりにくいですが、左手の荒れた道を少し入っていくとデ・レーケ堰堤があります。
1706-17-海住山寺-IMG_0680

デ・レーケ堰堤です。デ・レーケは、明治6年に御雇工師として招かれたオランダ人技師で、日本各地で砂防や治山工事を指揮して、堤防や堰堤を築いていて、現存するものも多くあります。何故、加茂の山中にデ・レーケが堰堤を築いたのかは分かりませんが、今は全く使われていなくて、荒れるに任せているようです。数年前に来たときには、まだきれいな石積みの全貌が見えていて、こんなに荒れていなかったのですが、貴重な遺構としてもう少し手入れできないものかと思います。
1706-18-海住山寺-IMG_0682

その先にも道が続いているので、少し行ってみると倒木などで覆われていて、途中で道がなくなっていました。
1706-19-海住山寺-IMG_0683

加茂神社まで引き返して、右手の登山道へ入ります。雑木林の中の気持ちのよい道が続きます。
1706-20-海住山寺-IMG_0685

15分ほどで海住山寺境内への道との分岐に着きました。境内に入るには、入山料100円が必要です。このまま真っ直ぐ行くと、境内を迂回できます。
1706-21-海住山寺-IMG_0686

すぐ横に、罠が仕掛けてありました。猪や鹿が出るようです。
1706-22-海住山寺-IMG_0687

境内への道です。
1706-23-海住山寺-IMG_0688

境内へと続く階段を登っていきます。
1706-24-海住山寺-IMG_0689

海住山寺本堂(重文)です。海住山寺は、奈良時代、恭仁京造営に先立って、工事の平安を祈るため海住山中腹に建てられのがその起源で、その後廃れた後、鎌倉時代に貞慶によって中興されたものです。現存の建物は、その頃のものです。
1706-25-海住山寺-IMG_0700

国宝の五重塔です。鎌倉時代のもので、総高17.7mと、室生寺に次いで小さい塔で大変美しい姿をしています。年に一度、秋に内部が公開され、拝観に行きましたが、初重の内陣は厨子風に造られ、8枚の扉に一体ずつ、華麗な彩色で梵天・帝釈天などの天部や比丘像が美しく描かれていています。
1706-26-海住山寺-IMG_0701

重文の文殊堂です。
1706-27-海住山寺-IMG_0695

本堂横に「持ち上げ大師」というものがあり、持ち上げて願を掛けると叶うそうで、持ち上げてみましたが、10Kg足らずくらいで、思ったほど重くはなかったです。
1706-28-海住山寺-IMG_0699

その前の道を登っていくと広場に出ます。眺望が開けて加茂の街がよく見えました。この右手の道から、三上山(さんじょうさん)や神童寺へ行くことができます。
1706-29-海住山寺-IMG_0697

帰りは車道を下りることにしました。少し下った所にある山門です。
1706-30-海住山寺-IMG_0704

車道は、コンクリート舗装の大変急な坂で、ヘアピンカーブの連続ですが、あっという間に下りられます。
1706-31-海住山寺-IMG_0705

このあとは、瓶原を通って、来た道を加茂駅前まで戻りました(15時53分着)。
所要時間2時間25分、歩行時間1時間56分、歩行距離9.2Kmでした。久しぶりに山歩きをちょっぴり楽しみました。
余談ですが、「山」を「せん」と読むのは、関西では珍しいですね。鳥取、島根、岡山県北部には、大山、蒜山、弥山(鳥取、島根、山口、広島の他、奈良にもあるようです)などたくさんあります。全国の「せん」と読む山を調べた人があって、全部で70あまりあるそうで、その大半が上記3県に集中していて、一部佐渡と隠岐にもあるそうです。どうも渡来人に関係しているらしいです。







スポンサーサイト
個人的ウォーク | 11:11:21 | コメント(2)
赤目四十八滝から長坂山へ
6月4日(日)晴

赤目口駅→極楽寺→道観塚→赤目四十八滝ハイキングコース→赤目滝橋→渓谷入口→滝巡り→巌窟滝→長坂山入山口→長坂山トレッキングゴース→長坂山→下山口→赤目滝バス停(15Km)

GPSの軌跡と高度。渓谷内は衛星をキャッチしにくいのか、軌跡が非常に乱れています。
1706-00a-赤目滝-軌跡
1706-00b-赤目滝-I高度YP

いつもの仲間4人で赤目滝巡りと、最近整備された長坂山トレッキングコースを歩きに行きました。今日も朝から快晴で、暑くもなく気持ちよく歩いた一日でした。
近鉄赤目口駅を、8時25分に出発、南へ向かいます。
1706-01-赤目滝-IMG_0526

20分ほど歩くと、極楽寺です。奈良東大寺二月堂のお水取りに用いられる大松明は、赤目町一ノ井で作られ、東大寺まで運ばれています。このお寺が、鎌倉時代から続くこの松明調進行事の中心になっています。
正門と本堂です。
1706-02-赤目滝-IMG_0529
1706-03-赤目滝-IMG_0535
1706-04-赤目滝-IMG_0533

裏門を出た所に、弘法大師供養塔がありました。
1706-05-赤目滝-IMG_0537

しばらく南へ行くと、桧林の中に入ります。
1706-06-赤目滝-IMG_0540

林の中に、道観塚があります。
1706-07-赤目滝-IMG_0541
1706-08-赤目滝-IMG_0542説明

道の下を、滝川が流れています。
1706-09-赤目滝-IMG_0544

林道に出て少し行った所に、可愛い案山子が釣りをしていました。
1706-10-赤目滝-IMG_0547

滝川沿いのハイキングコースに入ります。
1706-11-赤目滝-IMG_0548

この道は旧赤目街道で、鎌倉時代から県道が開通するまで使われてきたものだそうで、その為古い石仏が多くあるようです。少し行ったところにある、町石と地蔵石仏です。
1706-16-赤目滝-IMG_0556
1706-12-赤目滝-IMG_0549

赤目滝への石標と六地蔵です。
1706-13-赤目滝-IMG_0551

木漏れ日のあたる林の中の気持ちのよい道です。
1706-14-赤目滝-IMG_0552
1706-15-赤目滝-IMG_0553

線刻磨崖仏です。
1706-17-赤目滝-IMG_0557
1706-18-赤目滝-IMG_0558

赤目滝入口のサンショウウオセンターに着きました。入山料を払って中へ入ります。
1706-19-赤目滝-IMG_0561

60歳位というオオサンショウウオがいました。
1706-20-赤目滝-IMG_0563

最初の行者滝です。
1706-21-赤目滝-IMG_0566

霊蛇滝
1706-22-赤目滝-IMG_0567

不動滝
1706-23-赤目滝-IMG_0570

小さな乙女滝です。
1706-24-赤目滝-IMG_0575

その少し先に、大日滝という標識があり、対岸の山の上の方にある滝のようでした。かなり急な登りのようで、どうしようかと相談の上、行こうということになり、石伝いに対岸に渡りました。登り口には、このような掲示がありました。
1706-25-赤目滝-IMG_0585

確かに自然石を積んだ急な階段になっていて、ロープが張ってありました。ロープを掴んで登っていきます。
1706-26-赤目滝-IMG_0586
1706-27-赤目滝-IMG_0578
1706-28-赤目滝-IMG_0579

苦労して登ってきたかいあって、大変美しい大きな滝でした。
1706-29-赤目滝-IMG_0584

しばらく滝を眺めて休憩後、同じ道を下りますが、不安定な石もあって、慎重に下りていきました。往復に30分程かかりました。
滝道に戻り、少し行ったところにある八畳岩です。
1706-30-赤目滝-IMG_0587

かなり大きな千手滝です。
1706-31-赤目滝-IMG_0592

細く流れ落ちる布曳滝です。
1706-32-赤目滝-IMG_0596

竜ヶ壺です。
1706-33-赤目滝-IMG_0599

小さな陰陽滝
1706-34-赤目滝-IMG_0602

七色岩です。
1706-35-赤目滝-IMG_0607
1706-36-赤目滝-IMG_0609

柿窪滝
1706-37-赤目滝-IMG_0613

骸骨滝です。骸骨に見えなくもないです。
1706-38-赤目滝-IMG_0614

荷担滝です。大きく、美しい滝です。
1706-39-赤目滝-IMG_0618

雛壇滝
1706-40-赤目滝-IMG_0624

琵琶滝
1706-41-赤目滝-IMG_0627

滝巡り最後の巌窟滝です。ここで昼食休憩です。
1706-42-赤目滝-IMG_0629

昼食後は、姉妹滝の少し先にある長坂山入山口まで、同じ道を戻ります。午後になって、登ってくる人も多くなり細い道ですれ違いにだいぶ時間がかかりました。 入山口に着きました。
1706-43a-赤目滝-長坂山掲示
1706-43b-赤目滝-長坂山入山口

しばらくは、急な上り道が続きます。ロープが両側に張ってあり、不安定なところはロープに掴まりながら登りました。
1706-44-赤目滝-IMG_0635
1706-46-赤目滝-IMG_0637
1706-47-赤目滝-IMG_0638

登りきると里見峠(h610m)に着きました。ここは、北西方面が開けているビューポイントです。
1706-48-赤目滝-IMG_0639
1706-49-赤目滝-IMG_0642

林の中を下っていき、一旦林道に出てからまた登ります。緩やかなアップダウンで、木漏れ日の中を気持ちよく歩けました。
1706-50-赤目滝-IMG_0643
1706-51-赤目滝-IMG_0647
1706-52-赤目滝-IMG_0648

しばらく登ると、長坂山頂上(h585m)に着きました。三角点があります。
1706-53-赤目滝-IMG_0650
1706-54-赤目滝-IMG_0651

頂上から少し下ると視界が開けて、名張市街が見えました。
1706-55-赤目滝-IMG_0657

急な下り道を下りると、下山口に到着。
1706-56-赤目滝-IMG_0658

ここから林道に出て少し行くと、赤目滝入口に14時55分到着です。
1706-57-赤目滝-IMG_0659

ここからはバスで赤目口駅まで戻りました。所要時間6時間33分、歩行時間4時間42分、歩行距離は、地図から計算して約15Kmでした。GPSは、渓谷内では軌跡が大きく乱れて、あちこちウロウロとしたようになっていて、距離は当てになりません。
今日は、一日中良い天気で、渓谷内は大変涼しく、次々と出てくる、それぞれ違った趣のある美しい滝を眺めながら、4人で楽しく歩きました。ただ、大日滝への急坂の往復は、ちょっとこたえました。 長坂山トレッキングゴースは、数年前に整備されたもので、標識もしっかりしていて、良いコースでした。





トレッキング | 06:18:28 | コメント(10)

FC2Ad