■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

やまびこ2000 高尾山~信貴山~高安山

2月26日(日)晴

近鉄堅下駅→鐸比古鐸比賣神社→高尾山→信貴山のどか村→信貴山本堂→信貴山山頂→高安山→近鉄信貴山口駅(14Km)

GPSの軌跡と高度です。
1702-00a-信貴山-信貴山軌跡
1702-00b-信貴山-信貴山高度

「やまびこ2000」という山の会に初めて参加しました。この会は、そのHPによると、2000年創立で、毎週日曜日に関西一円の山を15Km程度歩き、誰でも参加できるとのこと、参加者は50人程度で、山を登る会に似ているようです。
受付で参加費300円を支払って、地図と2ヶ月分の予定を受け取るだけで参加できます。今日は何故か参加者が多かったようで、100人近かったのではないかと思います。皆さんが今日は多いと言っておられました。堅下駅前は狭いので、登山口でコース説明をするとのことで、リーダーを先頭に、9時10分に出発しました。
1702-01-信貴山-IMG_0147

高尾山の登山口の鐸比古鐸比賣神社(ぬでひこぬでひめじんじゃ)です。右の道から登ります。まずは、神社に参拝しました。
1702-02-信貴山-IMG_0149
1702-03-信貴山-IMG_0152
1702-04-信貴山-IMG_0154

一列で階段の道を登っていきます。
1702-05-信貴山-IMG_0160

道標や地図が分岐点に立てられていて、道はわかりやすいです。左端の赤い矢印が、やまびこ2000のもので、これを辿っていけば道に迷うことはなさそうです。
1702-07-信貴山-IMG_0165

さらに登っていくと、斜面一面に水仙が咲いていました。これだけまとまって咲いていると見事です
1702-08-信貴山-IMG_0172
1702-09-信貴山-IMG_0174
1702-10-信貴山-IMG_0179

急な階段の道を登っていきます。
1702-11-信貴山-IMG_0181

視界が開けて、町並みが綺麗に見えました。
1702-12-信貴山-IMG_0185

急な岩場をよじ登っていくところがありました。
1702-13-信貴山-IMG_0186

高尾山山頂につきました。
1702-14-信貴山-IMG_0187

しばらく笹薮の中を下っていきます。
1702-15-信貴山-IMG_0192

一旦広い車道に出ます。
1702-16-信貴山-IMG_0193

また山道に入ると、静かな池がありました。
1702-17-信貴山-IMG_0194

落ち葉が積もった道を緩やかに登っていきます。
1702-18-信貴山-IMG_0195
1702-19-信貴山-IMG_0196

信貴山のどか村に着きました。
1702-20-信貴山-IMG_0201
1702-21-信貴山-IMG_0202

信貴山本堂へ向かう途中に、渡るのはちょっと怖そうな吊橋がありました。
1702-22-信貴山-IMG_0203

信貴山では、寅まつりが催されていて、大勢の人で賑わっていました。
1702-23-信貴山-IMG_0204
1702-24-信貴山-IMG_0205

シンボルの大寅です。
1702-25-信貴山-IMG_0208

多宝塔です。
1702-27-信貴山-IMG_0210

鳥居をくぐって、信貴山を登っていきます。
1702-28-信貴山-IMG_0211
1702-29-信貴山-IMG_0212

信貴山山頂の信貴山城跡で昼食休憩です。
1702-30-信貴山-IMG_0215

高安山へ向かいます。
1702-31-信貴山-IMG_0220
1702-32-信貴山-IMG_0221

ケーブル高安山駅への分岐点です。信貴山口駅への急な山道を下ります。
1702-33-信貴山-IMG_0222
1702-34-信貴山-IMG_0223

下山口(登山口)に到着。イノブタが出没するようです。
1702-35-信貴山-IMG_0224

ゴールの近鉄信貴山口駅に、14時6分到着。
1702-36-信貴山-IMG_0226

駅は、ケーブルと共通で、寅で一杯のケーブルカーが止まっていました。
1702-37-信貴山-IMG_0228

所要時間4時間58分、歩行時間3時間33分、歩行距離14.6Kmでした。
今日は、一日中快晴で気温は低かったですが、寒くはなくトレッキング日よりでした。
毎回のように参加している方も多いようで、皆さん和気あいあいとして、良い雰囲気のグループでした。先頭グループは、良いペースでどんどん登って行かれますが、あとはかなりバラけてそれぞれのペースで歩いておられるようでした。スタッフの皆さん、どうもありがとうございました。






スポンサーサイト
トレッキング | 22:07:39 | コメント(6)
聖徳太子葬送の道

2月19日(日) 晴

JR法隆寺駅→法隆寺→藤ノ木古墳→龍田神社→吉田寺→王寺町役場→達磨寺→尼寺廃寺跡→武烈天皇陵→旭丘近隣公園(昼食)→田尻峠→屯鶴峯→叡福寺(聖徳太子御廟所)→近鉄上ノ太子駅(25Km)

GPSの軌跡です。
1702-00-聖徳太子-軌跡

久しぶりに、浪速の例会に参加しました。聖徳太子が、622年に斑鳩宮(法隆寺の近く)で亡くなり、そのご遺体を,母が埋葬されている叡福寺まで運んで合葬したそうで、その時の道が「葬送の道」で、今日は、その道をたどります。
今日は、一日中快晴で、少し風があり、気温は低かったですが、寒くはなかったです。そのせいか、浪速の例会にしては参加者が多く100人位ではなかったかと思います。
1702-01-聖徳太子-IMG_0061

コース説明の後、9時5分に出発、北へ向かいます。
1702-02-聖徳太子-IMG_0062

法隆寺の中を通り抜けます。朝早いので、静かです。
1702-03-聖徳太子-IMG_0065
1702-04-聖徳太子-IMG_0066
1702-05-聖徳太子-IMG_0067

法隆寺を西へ抜けて、狭い住宅街を歩いていきます。雲一つない快晴で、気持ちのよい朝です。
1702-06-聖徳太子-IMG_0069
1702-07-聖徳太子-IMG_0070

藤ノ木古墳で休憩です。
1702-08-聖徳太子-IMG_0071

少し南へ行くと、龍田神社です。神社の横に街道の説明板がありました。
1702-09-聖徳太子-IMG_0075
1702-10-聖徳太子-IMG_0073 龍田神社

さらに南へ向かった所にある、「ぽっくり往生の寺」吉田寺です。この道の奥にあるようで、お参りしたかったのですが、前を素通りです。浪速の例会では、皆さんかなり速いので、ちょっと寄り道をすると、置いて行かれてしまい、なかなか追いつけません。
1702-11-聖徳太子-IMG_0076
1702-12-聖徳太子-IMG_0077

大和川に注ぐ、竜田川を渡ります。上流側の風景です。
1702-13-聖徳太子-IMG_0079

古い道標がありました。右の2つはよく読めません。
1702-14-聖徳太子-IMG_0080

大和川の土手を歩きます。
1702-15-聖徳太子-IMG_0083
1702-16-聖徳太子-IMG_0084

王子町役場の前を通ります。
1702-17-聖徳太子-IMG_0090

達磨寺です。
1702-18-聖徳太子-IMG_0092
1702-19-聖徳太子-IMG_0093

本堂の左手に、聖徳太子の愛犬・雪丸塚があります。
1702-20-聖徳太子-IMG_0094

芦田池です。
1702-21-聖徳太子-IMG_0096
1702-22-聖徳太子-IMG_0097

さらに南へ行った所にある、尼寺廃寺跡です。飛鳥時代に創建されたもののようです。今は、礎石だけが残っています。
1702-23-聖徳太子-IMG_0099
1702-24-聖徳太子-IMG_0100
1702-25-聖徳太子-IMG_0102
1702-26-聖徳太子-IMG_0103

「太子道」の道標が立っていました。
1702-27-聖徳太子-IMG_0106

住宅街を通る太子道を進みます。
1702-28-聖徳太子-IMG_0107

武烈天皇陵へ向かいます。
1702-29-聖徳太子-IMG_0109
1702-30-聖徳太子-IMG_0110

志都美神社の前を通過。
1702-31-聖徳太子-IMG_0113
1702-32-聖徳太子-IMG_0114

旭丘近隣公園で昼食休憩です。ここで15Kmの中間ゴールです。1/3くらいの人たちがここまででやめたようです。
1702-33-聖徳太子-IMG_0116

ここからは、広い車道の歩道を屯鶴峯に向かって歩いていきます。
1702-34-聖徳太子-IMG_0118

二上山が近くに見えます。
1702-35-聖徳太子-IMG_0120

道路脇に、太子道の説明板がありました。
1702-36-聖徳太子-IMG_0121 説明

屯鶴峰への登り口です。ここへは、以前から行ってみたかったのですが機会がなく今回はじめてです。
1702-37-聖徳太子-IMG_0129
1702-38-聖徳太子-IMG_0130 説明

滑りやすく、登りにくい道です。
1702-39-聖徳太子-IMG_0125

なかなかの壮観です。
1702-40-聖徳太子-IMG_0128
1702-41-聖徳太子-IMG_0127

また元の道に戻って、聖徳太子御廟へ向かいます。
1702-42-聖徳太子-IMG_0134

御廟のある叡福寺に到着です。
1702-43-聖徳太子-IMG_0135

奥にある、御廟です。扉に菊の御紋が着いています。
1702-44-聖徳太子-IMG_0139

叡福寺本堂です。
1702-45-聖徳太子-IMG_0142

ゴールの上ノ太子駅に14時48分到着。
1702-46-聖徳太子-IMG_0144

所要時間5時間43分、歩行時間4時間45分、歩行距離25.2Kmでした。
今日は、一日中快晴で、暑くもなく、寒くもなく良いウォーキング日和でした。浪速の例会は、一応団体歩行ですが、先頭集団はまとまってどんどん歩いていきますが、その後ろは適当にマイペースで、アンカーに追いつかれないように歩けば良いので、歩きやすいです。スタッフの皆さん、ありがとうございました。






ウォーキング協会例会 | 19:32:05 | コメント(4)
琵琶湖一周10回割 ② 近江富士と近江の街コース

2月12日(日)晴れのち曇時々雪

JR野洲駅→野洲川土手→湖岸道路→マイアミ浜→紫式部歌碑→さざなみ街道→藤ヶ崎龍神→岡山園地→よし笛ロード→近江八幡駅前(23Km) (→たねや→近江八幡駅)

GPSの軌跡です
1702-00-軌跡

天気予報では、一日中雪かみぞれでしたが、雪の琵琶湖もまた良いかなと思って参加しました。朝、家を出るときは-3℃でしたが、野洲駅について見ると、青空が広がり、辺りにも雪は全くありませんでした。コース説明などのあと、9時30分に出発しました。雪の予報のせいか、参加者は少なめでした。
野洲駅で出発を待つ人達です。
1702-01-琵琶湖②-IMG_0008

市街地を抜けて、野洲川の土手を北へ向かいます。
1702-02-琵琶湖②-IMG_0009
1702-03-琵琶湖②-IMG_0010

雪をかぶった比良山系がきれいです。
1702-04-琵琶湖②-IMG_0014

比良山系を正面に見ながら、土手を歩きます。
1702-05-琵琶湖②-IMG_0015
1702-06-琵琶湖②-IMG_0016
1702-07-琵琶湖②-IMG_0017

比良山がきれいに見えます。
1702-08-琵琶湖②-IMG_0023

湖岸道路に出ました。
1702-09-琵琶湖②-IMG_0028
1702-10-琵琶湖②-IMG_0029

鮎家の郷でトイレと小休止です。このあたりから、あちこちに雪が残っていました。
1702-11-琵琶湖②-IMG_0033

敷地内に、湖魚供養塔というのがありました。鮎家の郷には、何度も来ていますが、今回はじめて気が付きました。
1702-12-琵琶湖②-IMG_0034

紅梅が咲きかけていました。
1702-13-琵琶湖②-IMG_0035

鮎家の郷を出て間もなく雪が激しく降り出しました。
1702-14-琵琶湖②-IMG_0036

30分もすると雪は止んで、青空も見えてきました。湖岸は真っ白です。
1702-15-琵琶湖②-IMG_0037

あやめ浜の道路沿いに、紫式部の歌碑が立っています。
「おいつ島 しまもる神や いさむらん 浪もさわがぬ わらわべの浦」
1702-16-琵琶湖②-IMG_0038

さざなみ街道には雪が積もっていましたが、路面の雪は殆ど溶けていました。
1702-17-琵琶湖②-IMG_0041

また雪が振り始めました。
1702-18-琵琶湖②-IMG_0043

湖岸道路を外れて、藤ヶ崎龍神へ向かいます。ここも、何度も訪れていますが、雪は初めてです。
1702-19-琵琶湖②-IMG_0045
1702-20-琵琶湖②-IMG_0047
1702-21-琵琶湖②-IMG_0048

岡山園地で昼食休憩後、さざなみ街道と分かれて、白鳥川沿いの、よし笛ロードに入り、近江八幡駅に向かいます。左手に、八幡山を眺めながら歩きます。
1702-22-琵琶湖②-IMG_0050
1702-23-琵琶湖②-IMG_0051
1702-24-琵琶湖②-IMG_0052
1702-25-琵琶湖②-IMG_0053

畑が新雪できれいです。青空も広がってきました。
1702-26-琵琶湖②-IMG_0054
1702-27-琵琶湖②-IMG_0055

よし笛ロードの終点です。
1702-28-琵琶湖②-IMG_0056

近江八幡駅前に出てきました。ここから、駅と反対方向へ、家内に頼まれたバウムクーヘンを買いに「たねや」へ行きました。駅から意外に遠く、店は混んでいて、駅に戻るまで予想外に時間がかかりました。
たねや近江八幡店と、その先に八幡山のロープウェイが見えます。
1702-29-琵琶湖②-IMG_0057

駅に14時38分に着くと、スタッフの方が誰もいなくて、地図にある番号に電話すると、アンカーがゴールしたので、受付を終了したとのことでした。カードとIVVは次回受け取ることになりました。駅で先に受付を済ませてから、たねやに行けばよかったのですが、たねやの往復に40分位かかりました。
1702-30-琵琶湖②-IMG_0058

天気予報から、一日中雪の中を歩く覚悟で来たのですが、雪は大したことはなく、路面にはほとんど雪は残っていなくて、雪景色を楽しみながら歩きました。ちょっとゆっくり歩きすぎたようで、アンカーのあとにゴールしたのは、初めてです。
所要時間5時間12分、歩行時間4時間40分、歩行距離25.3Km、平均歩行速度5.4Km/h でした。





琵琶湖一周 | 13:34:45 | コメント(8)
酒蔵みてある記 奈良豊澤酒造「豊祝」と「ならまち」散策

2月4日(土)快晴

天理駅→和爾下神社→櫟本高塚公園→かぼちゃ薬師→菩提仙川→豊澤酒造→帯解寺→ならまち→格子の家→元興寺→猿沢の池→JR奈良駅(16Km)

GPSの奇跡です。
1702-00-軌跡

近鉄の酒蔵シリーズに今シーズン初めての参加です。豊澤酒造では多種のお酒を自由に試飲できるので、毎年大変な人気です。コースとしては、帯解の豊澤酒造で解散、バスで奈良へ帰るのですが、それも面白くないので、帯解寺の前の道を北へ、ならまちを散策して、JRで帰りました。

10時30分受付開始なので、10時30分に天理駅に着くと。既にびっくりするほどの長蛇の列ができていました。この写真の列は、折り返して並んでいる人達で、この先で折り返して、受付は写真の左手手前ずっと先です。
1702-01-豊祝-IMG_0002

10分以上並んでやっとスタートしました。地図の番号は1230で、最終的に参加者は2000人程でした。いつもは、天理市内を東へ抜けて、白川ダムを通るのですが、今日は駅から北へ向かいました。古くからの住宅地のようで、天理教独特の建物は殆どありませんでした。初めて通る道です。
少し行くと祝田(はふりた)神社があります。延喜式神名帳に記載されている古社です。
1702-02-豊祝-IMG_0005

静かな住宅地を道いっぱいの人波が進んでいきます。ペースを上げて混雑を抜け出そうとしますが、どこまで行っても人でいっぱいでした。
1702-03-豊祝-IMG_0009

しばらく行くと、古墳の上に建つ和爾下神社(わにしたじんじゃ)に着きました。
1702-04-豊祝-IMG_0011
1702-05-豊祝-IMG_0014

急な階段を登ります。
1702-06-豊祝-IMG_0015

拝殿です。ここも延喜式に記載されている古社で、本殿は重要文化財です。
1702-07-豊祝-IMG_0016
1702-08-豊祝-IMG_0017 説明

古墳の石室の天井石です。
1702-09-豊祝-IMG_0021

少し山道らしい道を行きます。
1702-10-豊祝-IMG_0022

その先の、櫟本高塚公園が昼食場所になっていて、大勢の人が休憩していましたが、そこは素通りで先を急ぎます。その近くにかぼちゃ薬師という薬師堂がありました。
1702-11-豊祝-IMG_0024
1702-12-豊祝-IMG_0025 説明 1
1702-13-豊祝-IMG_0025 説明 2

しばらく菩提仙川の土手道を歩きます。大和川の二次支流で佐保川に注いています。天気も良く、景色を眺めながら気持ちよく歩ける道です。この辺まで来ると人もだいぶバラけて歩きやすくなりました。
1702-14-豊祝-IMG_0027
1702-15-豊祝-IMG_0029

12時30分豊澤酒造に着きました。
1702-16-豊祝-IMG_0035

試飲会場は大勢の人で賑わっていました。最初に頂いた麹だけで作った甘酒は大変美味しかったです。大吟醸を始め、8種のお酒を自由に試飲できるので、まず全部試飲して、一番美味しかった純米吟醸酒「無上盃」と酒粕を買いました。
1702-17-豊祝-IMG_0032

帰りには、お土産にワンカップを頂いて、だいぶ重くなったリュックを背負って、ほろ酔い加減でならまちへと向かいました。まず、帯解寺の前を通ります。今日は節分で何かあるらしく、大勢の人で賑わっていました。
1702-18-豊祝-IMG_0037

この先「ならまち」までは、特に見るものもなく単調な道です。ならまちでは、まず「格子の家」に立ち寄りました。これは、江戸時代末から明治時代にかけて、「ならまち」に点在した町家をモデルに建てられた施設で、何度か来たことがありますが、今日はゆっくり全部見て回りました。
1702-19-豊祝-IMG_0040

中庭です。
1702-20-豊祝-IMG_0042

2階への階段は収納スペースになっている、箱階段です。
1702-21-豊祝-IMG_0043

台所です。
1702-22-豊祝-IMG_0046

創業安政元年という、砂糖問屋 砂糖傳増尾商店です。
1702-23-豊祝-IMG_0047

御霊神社です。
1702-24-豊祝-IMG_0049

元興寺に立ち寄りました。今までは前を素通りでしたが、今日始めて中に入りました。
1702-25a-豊祝-IMG_0062

重要文化財の東門です。この左端で拝観料を支払って、この門から入ります。
1702-25b-豊祝-IMG_0050

このお寺は、仏教伝来の初期に蘇我馬子によって法興寺として創建され、平城遷都に伴い、元興寺として奈良に遷されたものです。当時は、大変広大な土地に多くの建物があったようですが、現在遺っているのは、極楽堂(国宝)と禅室(国宝)のみです。
東門から見えている極楽堂です。
1702-26-豊祝-IMG_0051
1702-27-豊祝-IMG_0052 説明

収蔵庫の前にある浮図田です。
1702-28-豊祝-IMG_0056
1702-29-豊祝-IMG_0058
1702-30-豊祝-IMG_0057 説明

国宝の禅室です。
1702-31-豊祝-IMG_0060
1702-32-豊祝-IMG_0061 説明

元興寺を出て、北へならまちを散策後猿沢の池を通って、三条通を西へ、JR奈良駅から帰りました。
所要時間3時間55分、歩行時間3時間2分、歩行距離16.4Km,平均歩速 5.5Km/h でした。





電鉄ウォーキング | 15:45:09 | コメント(4)

FC2Ad