■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

琵琶湖一周10回割 ① 近江八景満喫コース

1月29日(日)晴のち曇

JR石山駅→瀬田唐橋→(さざなみ街道)→八幡帰帆島→平湖真珠養殖場→烏丸記念公園→(すこやか通り)→守山市民球場前→野洲駅(24Km)

1701-00-琵琶湖①-軌跡

大阪・関西歩け歩け協会主催で、琵琶湖一周約240Kmを10回に分けて歩こうという企画で、13回目になります。当初は6回割だったのが、8回割になり、数年前から10回になりました。スタッフの高齢化に伴い1回の距離を短くしていったそうです。
私は、滋賀県のビワイチ、8回割と一昨年の10回割と、琵琶湖を3周しています。琵琶湖岸を四季の変化を感じながら歩く魅力に取り憑かれ、今年もまた歩いてみることにしました。今回は、天気が良くて、都合の付くときだけ参加するつもりで、完歩できれば儲けものという感じです。今年は、石山から出発して反時計回りで、琵琶湖大橋を渡らないコースになっています。

9時に石山駅に着くと、既に大勢に人が集まっていました。この所、例会などにあまり参加していないので、久しぶりに多くの知り合いの方に会いました。
1701-01-琵琶湖①-IMG_1470

芭蕉像の前で、会長の挨拶、コース説明などのあと、9時20分に友人のMさんと出発しました。
1701-02-琵琶湖①-IMG_1472

瀬田川沿いに南へ進みます。
1701-03-琵琶湖①-IMG_1475

瀬田唐橋を渡ります。
1701-04-琵琶湖①-IMG_1476
1701-05-琵琶湖①-IMG_1477

東岸の湖岸沿いに、さざなみ街道を北へ向かいます。対岸に、大津の町並みと比叡山が見えます。
1701-06-琵琶湖①-IMG_1479

近江大橋の手前では、学生がボートの練習をしていました。
1701-07-琵琶湖①-IMG_1480

雪をかぶった比良山を眺めながら、さざなみ街道を行きます。
1701-08-琵琶湖①-IMG_1483

少し霞んでいますが、比良山系がきれいです。
1701-09-琵琶湖①-IMG_1484
1701-10-琵琶湖①-IMG_1490

湖岸では、葦の刈入れのあとを焼いていました。
1701-11-琵琶湖①-IMG_1486

琵琶湖博物館への道の入り口にある烏丸記念公園で昼食休憩です。
今日は、足が重たく感じられ、あまり早く歩けず、5km/h 位のスローペースで、ここまで15kmに2時間50分かかりました。少しゆっくり休んで、12時36分に再出発しました。
1701-12-琵琶湖①-IMG_1493

さざなみ街道に戻って、さらに北へ進みます。
1701-13-琵琶湖①-IMG_1494

前回までは、さざなみ街道をもう少し北へ歩いて琵琶湖大橋を渡って堅田がゴールでしたが、今回は途中で琵琶湖と別れて、「すこやか通り」を東へ、守山市内を通って野洲駅へ向かいます。昼休憩後は、体調もだいぶ良くなり、ほぼいつものペースに戻って歩けるようになりました。
1701-14-琵琶湖①-IMG_1496
1701-15-琵琶湖①-IMG_1498

畑が一面きれいな緑色になっていました。多分麦畑だと思います。この辺は麦の産地です。
1701-16-琵琶湖①-IMG_1499

野洲川に架かる野洲川橋から見た下流の風景です。
1701-17-琵琶湖①-IMG_1502

琵琶湖東岸は、東海道線が少し内陸部を通っているので、駅までかなり距離があります。この「すこやか通り」も割に単調でした。14時28分に野洲駅に到着です。
1701-18-琵琶湖①-IMG_1503

所要時間5時間8分、歩行時間4時間34分、歩行距離 25.0Km、平均歩速 5.5Km/h でした。今日は、どうも体調が良くなく予定以上に時間がかかり、当初一緒に歩いていた友人のMさんにも置いて行かれていまい、最後まで追いつけませんでした。
やはり琵琶湖は良いですね。都合がつく限り、できるだけ参加しようと思っています。




スポンサーサイト
琵琶湖一周 | 20:16:57 | コメント(6)
当尾から笠置へ

1月21日(土)曇り時々晴れ

(自宅)→南加茂台1丁目→千日墓地→石仏の道→カラスの壺二尊→わらい仏→弥勒磨崖仏→府道33号線→笠置いこいの館→JR笠置駅(16Km)

1701-00-軌跡

今日もまた自宅近くを歩いてきました。比較的穏やかなウォーキング日和で、当尾の石仏を見ながら、岩船寺近くから府道33号線で笠置へ行き、温泉でくつろいでで列車で帰りました。
加茂から笠置へはまっすぐ行けば近いのですが、国道以外に直通ルートがありません。以前、団体で関西線近くの山田を通って笠置へ行ったことがありますが、、ややこしいルートで、一人では行けそうにないので、だいぶ遠回りですが、岩船寺近くから府道を通っていく、わかりやすいルートを取りました。
途中までは、前回と同じで千日墓地を通る山越えの道で府道47号線に出て、岩船寺への「石仏の道」に入ります。三叉路に入った所に道標と変わっった形のあたご燈籠があります。当尾ではお正月にここからおけら火を採り雑煮を炊く風習があったそうです。
1701-01-笠置-IMG_1431

杉林の道を行きます。
1701-02-笠置-IMG_1432

少し行くと、カラスの壺二尊が道沿いに立っていました。正面に阿弥陀如来坐像があり、地蔵菩薩立像は、岩の左横に掘ってあり、ちょとわかりにくいです。
1701-03-笠置-IMG_1433
1701-04-笠置-IMG_1435
1701-05-笠置-IMG_1434カラスの壺説明

しばらく歩くと、「唐臼のつぼ」という真ん中に穴の開いた大きな石かあります。何かの建物の礎石ではないかと言われていますが、なぜここにあるのか不思議です。
1701-06-笠置-IMG_1437

しばらく山道を歩きます。
1701-07-笠置-IMG_1438

岩船寺へ向かう階段の道です。ここへは登らないでさらにまっすぐ行きます。
1701-08-笠置-IMG_1439

すぐ先に、眠り仏と笑い仏があります。眠り仏は、半身が土に埋もれて眠っているようです。
1701-09-笠置-IMG_1442

笑い仏は、永仁7年(1299)の銘文があり、当尾の代表的な石仏です。
1701-10-笠置-IMG_1445
1701-11-笠置-IMG_1444 わらい仏説明

暫く歩くと、府道に出ますが、その三叉路に弥勒磨崖仏があります。線刻画ですがちょっとわかりにくいです。
1701-12-笠置-IMG_1447
1701-13-笠置-IMG_1449 弥勒磨崖仏説明

この向かいから、岩船寺の裏を回っていく道がありますが、そちらへは行かずに府道を行きます。
1701-14-笠置-IMG_1454

道沿いにあった、九頭神社です。
1701-15-笠置-IMG_1457

小川に沿って府道33号線を北へ向かいます。ゴミ処理場があるようで、ゴミを積んだトラックが盛んに通ります。特に見るものもなく、単調な道を先へ急ぎます。
1701-16-笠置-IMG_1458

京都と奈良の県境です。
1701-17-笠置-IMG_1459

京都側に入ってすぐの所に、石仏群がありましたが、何も説明がないのでどういうものかわかりません。
1701-18-笠置-IMG_1461

京都側に入ると、人家もほとんど無く、府道が狭くなり、川も自然のままで、車も急に少なくなって気持ちよく歩ける道になりました。
1701-19-笠置-IMG_1462
1701-20-笠置-IMG_1464

笠置近くに、コウモリ博物館がありましたが、中へは入りませんでした。
1701-21-笠置-IMG_1465

今日の目的地、笠置駅近くの、笠置いこいの館に着きました。ここの食堂で昼食を摂り、温泉に入りました。ここの露天風呂は、庭のようになっていて、浴槽は庭の池の様な感じで、とてもここち良いです。
1701-22-笠置-IMG_1466

笠置駅前には、笠置合戦の様子を表した人形群があります。
1701-23-笠置-IMG_1467
1701-24-笠置-IMG-1468 説明

加茂から亀山までの関西線は、まだ電化されていなくて関西では珍しい、ワンマンのディーゼルカーが走っています。

歩行距離16.1Km, 歩行時間2時間54分でした。





個人的ウォーク | 15:18:51 | コメント(0)
浄瑠璃寺

2017年1月15日(日)雪のち曇

(自宅)→南加茂台1丁目→千日墓地→藪の中三尊→浄瑠璃寺→藪の中三尊→大門石仏群→加茂青少年山の家→(自宅) (10Km)

1701-00a-浄瑠璃寺-軌跡
1701-00b-浄瑠璃寺-高度

今日は、数年に一度の大寒波とかで、朝から雪です。京都WAの駅伝応援ウォークに友人2人と参加するつもりでしたが、京都はだいぶ降りそうなので3人共参加を諦めました。当初の予定では、昨日の六甲山4分割縦走に参加するつもりでしたが、お天気を心配してやめたのですが、全て杞憂に終わりました。
当地はあまり雪の降らないところで、朝に積もった数センチの雪も昼までに溶けてきたので、昼過ぎから、いつも歩いているコースですが、浄瑠璃寺に出かけました。山越えの道にも雪はまったくなく、日陰にところどころ残っている程度でした。
何度も歩いているコースなので、写真はあまり撮っていません。昨年の1月2日のブログ (http://oldwalker.blog.fc2.com/blog-entry-2.html) に写真を掲載していますので、興味のある方は見てください。
山を登りきったところにある、鎌倉時代から今も使われている、千日墓地の前を通ります。
入口に6体のお地蔵さんが並んでいます。
1701-01-浄瑠璃寺-IMG_1400

鳥居の先にある十三重塔は、鎌倉時代のもので国の重要文化財です。
1701-02-浄瑠璃寺-IMG_1401

浄瑠璃寺の参道と山門です。
1701-03-浄瑠璃寺-IMG_1402
1701-04-浄瑠璃寺-IMG_1403

三重塔前から見た宝地と本堂(国宝)です。宝地に氷が張っていました。
1701-05-浄瑠璃寺-IMG_1408
1701-06-浄瑠璃寺-IMG_1412

本堂前から見た宝地と三重塔(国宝)です。
1701-07-浄瑠璃寺-IMG_1415
1701-08-浄瑠璃寺-IMG_1416

藪の中三尊。帰りはこの前の道を少年の家へ下りていきます。
1701-09-浄瑠璃寺-IMG_1419

大門の石仏群です。
1701-10-浄瑠璃寺-IMG_1420

今日は、気温は低かったですが、風もなく思ったほど寒くなく快適に歩けました。歩行時間1時間40分、歩行距離9.4Kmでした。
女子駅伝のニュースを見ると、かなりの雪が降っていましたが、時間的に見て、ウォーキングは大雪が降り出すまでにゴールできたようです。色々心配して、結局いつも歩いているコースになりました。この所、自宅周辺ばかり歩いています。






個人的ウォーク | 05:40:38 | コメント(2)
初詣 - 加茂の神社巡り

2017年1月1日(日) 晴れ
(自宅)→春日若宮神社→勝手神社・春日神社→恵比須神社・春日若宮神社→御霊神社→(自宅)(9Km)

1701-00-加茂神社-軌跡

明けましておめでとうございます。
今年こそは、穏やかな良い年になりますよう、祈っていますが,さてどうなりますか。

今日は、穏やかな比較的暖かい元旦を迎えました。午後の空いた時間に、近くの神社に初詣に出かけました。加茂町には、集落ごとに小さな神社があちらこちらに沢山あります。 ただ、このあたりは、木津川の氾濫により度々洪水に見舞われて古文書などが失われ、神社やお寺は高台に移ったりして、創祀・由緒がはっきりしない神社なども多くあるそうです。、

最初に、加茂町里の春日若宮神社に参拝しました。鳥居から本殿までは、かなり長い参道が続きます。
1701-01-加茂神社-IMG_1377
1701-02-加茂神社-IMG_1378

ここから西へ、府道47号線沿いにある勝手神社と若宮神社へ向かいました。鳥居と参道です。
1701-03-加茂神社-IMG_1380

一つの建屋の中に、春日神社(左)と勝手神社(右)が並んでいます。
1701-04-加茂神社-IMG_1382
1701-05a-加茂神社-IMG_1386

本殿横の末社に可愛い狛犬が並んでいました。
1701-05b-加茂神社-IMG_1388

境内からの眺望です。右は木津川です。
1701-06-加茂神社-IMG_1385

次に、東へ加茂駅方面へ戻り、すっかり寂れてしまった旧商店街を抜けた所にある、恵比須神社と春日若宮神社へ向かいました。この2社は同じ敷地内に並んで建っています。左が恵比寿神社、右が春日若宮神社です。
1701-07-加茂神社-IMG_13891701-08-加茂神社-IMG_1391
1701-09-加茂神社-IMG_1390

さらに北へ向かい、山裾にある御霊神社に参拝しました。この本殿は重要文化財に指定されています。
1701-10-加茂神社-IMG_1393

本殿の脇障子には、舞楽図が描かれていて、その裏には力士像が描かれています。
1701-11-加茂神社-IMG_1396
1701-12-加茂神社-IMG_1395
1701-13-加茂神社-IMG_1399
1701-14-加茂神社-IMG_1397
1701-14-加茂神社-IMG_1398

午後の時間だったので、どの神社も参拝者は数人程度で、ゆっくりと見て回れました。
所要時間1時間55分、歩行時間1時間40分、歩行距離8。9Kmでした。




個人的ウォーク | 11:06:14 | コメント(0)

FC2Ad