■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

ぐるっと京都トレイル 東山大会

9月25日(日)曇時々晴

近鉄桃山御陵前駅→伏見桃山城(受付)→大岩神社→伏見稲荷大社→泉涌寺→京女鳥部の森→東山山頂公園→青蓮院→尊勝院→粟田神社→蹴上疎水公園→日向大神宮→大文字山四ツ辻→鹿ヶ谷→銀閣寺→銀閣寺道(ゴール) (28Km)

1609東山-00a-東山軌跡
1609東山-00b-東山高度

京都府山岳連盟主催のトレイル大会に参加しました。この大会は、京都一周トレイル(約80Km)を3回に分けて歩くもので、毎年春と秋の2回開催されています。
深草コースの起点、桃山御陵前駅に6時45分に着き、歩きはじめます。受付地点の伏見桃山城に7時過ぎに着き、7時6分に受付を済ませました。 7時からの受付開始なので、既に多くの人がスタートしていたようです。
1609東山-01-IMG_0767

身支度を整えて、7時15分にスタートし、大手門から城内に入ると、桃山城が朝日に照らされて美しくそびえていました。
1609東山-03-IMG_0771
1609東山-04-IMG_0773

城内を通り抜けて、大岩山展望台へ向かいます。
1609東山-05-IMG_0774

大岩山展望台(h180m)からは、伏見一帯の町並みがよく見えました。
1609東山-06-IMG_0777

ここから、大岩街道(府道35号線)に向かって下っていきます。
1609東山-07-IMG_0779
1609東山-08-IMG_0780

下っていくと大岩神社の鳥居がいくつもならんでしますが、中に、堂本印象がデザインして寄進した少し変わった鳥居があります。
1609東山-09-IMG_0786

さらに山道を下ります。
1609東山-10-IMG_0789

大岩神社の参道入口に出ました。
1609東山-11-IMG_0790

名神高速道路を越えて稲荷山へと向かう途中で、記念品のTシャツを受け取りました。
1609東山-13-IMG_0793

伏見稲荷大社近くにある、伏見神宝神社の前を通ります。拝殿の両脇には、天龍と地龍という一対の狛龍が並んでいました。
1609東山-14-IMG_0796
1609東山-15-IMG_0799

9時というまだ少し早い時間だったので、千本鳥居も観光客はまばらでした。
1609東山-16-IMG_0800

四ツ辻からは京都駅周辺がよく見えました。 ここで少し休憩です。
1609東山-17-IMG_0804

ここから北へ、今熊野方面へと山道を下ります。
1609東山-18-IMG_0807

泉涌寺の門前を通過。
1609東山-19-IMG_0808

新幹線を越えて、京女鳥部の森へ入り、気持ちのよい森の小道を歩きます。
1609東山-20-IMG_0811
1609東山-21-IMG_0812

国道1号線を越えた先の、清水山登山口(東山17)が第一ゴールで、並んでスタンプをもらいました。
1609東山-22-IMG_0813

ボールのようなきのこが生えていました。
1609東山-23-IMG_0814

東山山頂公園へと登っていきます。 朝は涼しかったのですが、だんだん暑くなってきて、シャツを一枚脱ぎました。汗でびしょびしょでした。
1609東山-24-IMG_0815

井上世外の大きな詩碑が立っていました。
1609東山-25-IMG_0816

東山山頂公園では、果物と飲料などのおもてなしがあり、オレンジ、バナナとスポーツ飲料を頂きました。
1609東山-26-IMG_0817

将軍塚を越えて下っていき、青蓮院門跡の福徳門の前から山道を粟田口へと下りていきます。
1609東山-27-IMG_0818

下りきったところに尊勝院があります。このお寺は、青蓮院に属し、おみくじの元祖と言われる元三大師(良源)を本尊としています。
1609東山-29-IMG_0820

しばらく住宅地を歩き、粟田神社の前を通過します。
1609東山-30-IMG_0822

蹴上へ向かい、ねじりマンボを通り抜けます。
1609東山-31-IMG_0823

蹴上疎水公園で昼食休憩しました。 予想に反して大変暑く、ここまででだいぶバテてしまい、しばらく休んでいました。
1609東山-32-IMG_0824

12時25分に再出発、大文字山へと向かいます。 疎水舟溜まりの大神宮橋の上が第二ゴールです。
1609東山-33-IMG_0826

橋の上から見た疎水とポンプ場です。
1609東山-34-IMG_0825

日向大神宮の境内を抜けていきます。外宮とその奥にある内宮です。
1609東山-35-IMG_0827
1609東山-36-IMG_0828

内宮を左へ曲がって山道に入ると、天の岩戸があります。中をくぐり抜けました。 入口と出口です。
1609東山-37-IMG_0830
1609東山-38-IMG_0831

大文字山への登山道の途中で、視界が開けて山科方面が見えました。
1609東山-39-IMG_0832

滑りやすい、岩がむき出しの道が続きます。
1609東山-40-IMG_0834

展望が開けて、平安神宮や御所がよく見えました。
1609東山-41-IMG_0836

暑さのせいもあって、登りがきつくバテてしまい、休み休みスローペースで登っていき、やっと大文字山頂への道との分岐点・四ツ辻(h432m)に到着。 今日のルートは、ここから大文字山頂・火床を越えて銀閣寺へ下りるのですが、もうこれ以上登る気がしなくなり、山頂まであと少しですが、スタッフの方の許可を得て、四ツ辻から正規のトレイルルートで鹿ヶ谷へ下りることにしました。 大文字山頂と火床へは何度も行っていますが、ほぼ真っすぐ西へ下りるこのルートは初めてで、一度歩いてみたいという気もあり、こちらにしました。 今は荒れているとは聞いていたのですが、下りだしてみると、かなりひどく荒れていて、大きな石が道に散乱していて大変歩きにくい、かなり急な道が続いていました。 途中で、埋まっていると思って足をかけた石が転がり落ち、自分も一緒に転けて、ズボンが泥だらけになりました。
1609東山-42-IMG_0838

道が川になっているところもありました。右側が道で水が流れています。
1609東山-43-IMG_0839

さらに下ると、俊寛の山荘跡に建てられたという「俊寛僧都忠誠碑」があります。法勝寺執行の俊寛は、この山荘で平氏打倒の密議を行ったのが露見し、鬼界ヶ島に流されたそうです。
1609東山-44-IMG_0842

やっと鹿ヶ谷へ下りてきました。
1609東山-45-IMG_0844

ここから、霊巌寺、法然院の前を通る哲学の道の一本東の道を歩いて、銀閣寺の門前に出ました。 ここで、大文字山頂からのルートと合流し、人混みをかき分けてゴールの浄土寺橋まで歩き、15時15分ゴールしました。ゴールの写真を撮り忘れています。
1609東山-46-Higasiyama001s

所要時間8時間30分(桃山城から8時間丁度)、歩行時間6時間30分、歩行距離28.0Kmでした。 9月末にしてはとても暑くてバテてしまい、後半はスローペースで、予定よりも1時間ほど多くかかりました。 今日の参加登録者は、317名とかなり多かったですが、スタートがバラバラなので、途中混雑することもなく、自分のペースで歩けました。また、分岐点には、スタッフの方が案内に立っておられ、コメントの添えられた矢貼もわかりやすく、地図を見なくても道に迷う事はなかったです。京都府山岳連盟の皆さん、どうもありがとうございました。





スポンサーサイト
トレッキング | 14:18:32 | コメント(6)
KANSAI ウォーク 2016 ② 平城宮から世界遺産をめぐる

9月17日(土) 曇

平城宮跡多目的広場→西大寺→菅原天満宮→喜光寺→垂仁天皇陵→唐招提寺→養天満宮→薬師寺→休ヶ岡八幡宮→三松禅寺→郡山城跡→柳澤神社→秋篠川→九条公園→平城宮跡(ゴール;18Km)→JR奈良駅(22Km)

1609奈良-00-軌跡

産経新聞社主催の大会に友人と参加しました。この辺りは良く歩く所ですが、今日のコースのようにまとめて歩くのは初めてです。 9時半過ぎに会場に着くと、すでに開会式が始まっていました。9時50分頃ゆるキャラたちに見送らえて出発しました。
1609奈良-01-IMG_0698

まず西へ、西大寺に向かいます。東門から西大寺境内に入り、四王院の前を通ります。 ここは、西大寺創建の端緒となった称徳天皇誓願の四天王像をまつるお堂です。
1609奈良-02-IMG_0707

本堂です。江戸中期の建物で、重要文化財に指定されています。
1609奈良-03-IMG_0711

本堂の横には、秘仏愛染明王をまつる愛染堂があります。
1609奈良-04-IMG_0710

南門から西大寺を出て、南へ向かうと、菅原天満宮があります。 ここ菅原町は、菅原家発祥の地で、道真公誕生の地でもあり、日本最古の天満宮です。
1609奈良-05-IMG_0715
1609奈良-06-IMG_0716

そのすぐ南、阪奈道路の側には、行基終焉の寺である喜光寺があります。 行基が東大寺大仏殿を建立する時、喜光寺の本堂を参考にしたそうで、本堂は「試みの大仏殿」と呼ばれています。
1609奈良-07-IMG_0718
1609奈良-08-IMG_0720

さらに南へ向かい、垂仁天皇陵の横を通ります。
1609奈良-10-IMG_0725

そのすぐ南には、唐招提寺と薬師寺があります。 まず、唐招提寺で、いつもの通り、門のところから覗くだけで通過です。
1609奈良-11-IMG_0727

薬師寺へ向かう途中で、西に折れて養天満神社に寄り道です。 小さな神社ですが、ここの社叢はツブラジイを中心とする群落で、住宅地の中にあって原始林的な森林形態を保っているのは極めて珍しく、奈良市の指定文化財です。
1609奈良-12-IMG_0729

薬師寺白鳳伽藍の北の入口、興楽門です。
1609奈良-13-IMG_0733

ここも境内には入りませんが、南門から中を覗きました。 中門と解体修理中の東塔です。
1609奈良-14-IMG_0734

西塔です。
1609奈良-15-IMG_0735

門前には、世界遺産の牌が立っていました。
1609奈良-16-IMG_0737

南門のすぐ南には、薬師寺を守護する休ケ岡八幡宮があります。
1609奈良-17-IMG_0740

その北隣には、ちょっと変わった名前の、孫太郎稲荷神社がありました。
1609奈良-18-IMG_0739

その先を西へ曲がると、三松禅寺があります。ここは、永平寺直轄の参禅道場として認可された寺で、企業や各種団体などの研修を行う道場を併設しています。
1609奈良-19-IMG_0742
1609奈良-20-IMG_0744

さらに南へ向かうと、道路脇に金魚の養殖池が点在して、郡山市に入ったことが分かります。間もなく堀を越えて、郡山城跡に北から入ります。 天守台にある、立身出世・学問の神、柳澤吉保を祀った柳澤神社に参拝です。
1609奈良-21-IMG_0748

神社の奥にある、天守台石垣の解体修理もほぼ終わったようで、覆いが取り払われていました。
1609奈良-22-IMG_0752

柳沢文庫前の東屋で昼食休憩後、追手門から城跡を出ます。追手門と、それに続く追手向櫓です。
1609奈良-23-IMG_0754
1609奈良-24-IMG_0755
1609奈良-25-IMG_0756郡山城説明

あとは、秋篠川沿いに戻ります。
1609奈良-26-IMG_0760

唐招提寺の横を通ります。 この先で、ファミリーコース(9Km)と合流して、急に人が増えて歩きにくくなりました。
1609奈良-27-IMG_0763

朱雀門から平城宮跡に入ります。
1609奈良-28-IMG_0764

多目的広場のゴールに13時35分到着。 協賛企業のライオン製品詰め合わせを受け取りました。 でも、余り必要でないものをもらうより、参加費無料のほうが良いですね。
1609奈良-29-IMG_0765

所要時間3時間45分、歩行時間3時間15分、距離17.2Kmでした。 その後、JR奈良駅まで4.4Kmを歩いて帰りました(21.6Km)。
午後雨の予報でしたが、ずっと曇り空で降られずに済ました。 でも、午後には気温が31度を超えて、思っていたより蒸し暑い一日でした。 この大会は、大阪連合の協力で運営されていて、連合の皆さんがあちこちで道案内に立っておられました。ご苦労様でした。




その他団体のウォーキング | 09:48:44 | コメント(8)
びわ湖パノラマウォーク 2日目 古墳と歴史コース

9月11日(日)曇時々晴

雄琴湖岸緑地公園 → 堅田駅→和邇駅 → 南船路 → 蓬莱駅 → 志賀駅 → ほうらい浜→和邇浜 → 小野駅→びわ湖大橋米プラザ → 月影公園 → 浮御堂 → 衣川緑地公園 → おごと温泉観光公園 (32Km)

1609おごと温泉-00-軌跡

1日目は都合で参加できなくなり、2日目だけの参加です。 朝、5時半に家を出るときは、曇り空で少し肌寒い気温でしたが、スタートする頃から気温が上がり、日差しも出て予想以上に暑い一日でした。
おごと温泉駅からシャトルバスで受付会場の温泉観光公園に行き、そのすぐ近くにあるスタート地点の緑地公園へ向かいました。 この大会の全参加者が600名とツーデーにしては少なめでした。
01
1609おごと温泉-01-IMG_0650

出発式では、新たに加盟した近畿マーチング連盟の説明や、ウォーキングの注意事項などがありましたが、その中で「ポケモンGOはしないでください」というのがありました。 する人があるのかな?
1609おごと温泉-02-IMG_0652

会場の反対側は港で、20キロコースの、対岸へ向かう船が泊まっていて、 出発式の間に出て行きました。
1609おごと温泉-03-IMG_0653
1609おごと温泉-04-IMG_0654

8時3分にスタートしました。
1609おごと温泉-05-IMG_0656

しばらく国道を北へ向かったあと、西側の道をほぼ湖西線に沿ってさらに北へと向かいます。
1609おごと温泉-06-IMG_0657

梅之宮神社というのがありました。 京都の梅宮大社の分霊だそうで、境内には梅の木がたくさんありました。
1609おごと温泉-07-IMG_0658

堅田駅を西から東へ抜けさらに北へ。
1609おごと温泉-08-IMG_0662

湖西線に沿って、だいぶ実った田んぼの中の道を進みます。
1609おごと温泉-09-IMG_0663

和邇駅を通過。
1609おごと温泉-10-IMG_0665

すでに刈り入れの済んだ田もありました。 この辺はだいぶ早いようです。
1609おごと温泉-11-IMG_0666

レイクサイド自転車道をさらに北へと進みます。
1609おごと温泉-12-IMG_0668

八所神社です。由緒ある古い神社のようです。
1609おごと温泉-13-IMG_0670

蓬莱駅を通過。
1609おごと温泉-14-IMG_0672

折り返し点・チェックポイントの志賀駅で、しばし休憩です。
1609おごと温泉-15-IMG_0673

後半は、琵琶湖一周で何度も通った湖岸道路を中心に湖側の道をおごと温泉に戻ります。 今日は体調があまりよくなく、半分来ただけで大分しんどくなり、後半はペースを落として歩きました。
1609おごと温泉-16-IMG_0674

比良山系の山々が間近に見えます。
1609おごと温泉-17-IMG_0675

ほうらい浜で琵琶湖と比良山を眺めながら木陰のベンチで昼食休憩です。 心地よい風が吹いていて汗も引いてきました。
1609おごと温泉-18-IMG_0677

実りだした田んぼの向こうの比良山を眺めながら、ひたすら南に向かいます。
1609おごと温泉-19-IMG_0678

小野駅の裏を通過。 この辺りから湖岸道路が無く、車の多い国道を主に歩くことになります。
1609おごと温泉-20-IMG_0679

チェックポイントの琵琶湖大橋西詰の道の駅・米プラザで少し休憩後、湖岸沿いに浮御堂に向かいます。
1609おごと温泉-21-IMG_0683

国道に戻り南へ、やっと、おごと温泉駅前に着きました。
1609おごと温泉-22-IMG_0685

この先1キロほどのところがゴールです。 後半はすっかりペースが落ちて、14時45分に温泉観光公園に着きました。 ゴールの写真は撮り忘れています。
所要時間6時間45分、歩行時間6時間でした。 今日は、「古墳と歴史コース」となっていますが、古墳は何処にあったのかわからず、歴史的史跡もコース上にはあまり無くて、ただ志賀駅まで行って戻ってくるだけで、写真に撮るようなところも余りありませんでした。 最後はバテバテで、足はつるし、大きなマメができるしでさんざんでした。




ウォーキング大会 | 09:27:28 | コメント(12)
鞍馬寺・貴船神社と向山

9月3日(土) 曇のち晴

鞍馬駅→鞍馬寺仁王門→由岐神社→金堂→奥の院魔王堂→鞍馬寺西門→貴船神社→奥宮→貴船口駅→京都トレイル・北山46→夜泣峠→向山→市原駅 (12Km)

1609鞍馬-00a-鞍馬 軌跡
1609鞍馬-00b-鞍馬高度L

友人5人組で、鞍馬寺~貴船神社~向山を歩きにでかけました。 予報では、夕方までは晴でしたが、朝から曇っていて、叡電で岩倉を過ぎた頃から雨が降り出しましたが、間もなく止んで、あとは曇りで時々日が差して、調度よいトレッキング日和でした。
鞍馬駅に9時に着くと、駅前では日本酒を楽しむイベントの準備が行われていました。 風鈴電車「悠久の風」を「電車バーちりんちりん」として開放して、京都と岩手の日本酒を楽しむというもののようで、駅には電車バーが停車していました。
1609鞍馬-01-IMG_0528
1609鞍馬-02-IMG_0528b

まずは、鞍馬寺に参拝です。
1609鞍馬-03-IMG_0530
1609鞍馬-04-IMG_0532
1609鞍馬-05-IMG_0533鞍馬寺

仁王門の受付で拝観料を払って、参道を登って行くと、左手に魔王の滝があります。鞍馬寺では、毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の尊天を本尊としていて、この崖の上に護法魔王尊が祀られているそうです。
1609鞍馬-06-IMG_0538

鞍馬の火祭で知られる由岐神社です。山門の後ろに御神木の大杉がそびえ立っています。
1609鞍馬-07-IMG_0540
1609鞍馬-08-IMG_0541由岐神社

京都市天然記念物の大杉です。 樹齢800年、樹高56mで、一心に願えば願い事が叶うそうです。
1609鞍馬-09-IMG_0546

重要文化財の拝殿です。
1609鞍馬-10-IMG_0550

由岐神社の少し先から寄り道をして、多宝塔へ行きました。 多宝塔からの参道で、ここを下っていきます。
1609鞍馬-11-IMG_0553

多宝塔です。
1609鞍馬-12-IMG_0557

そのすぐ向かいがケーブルの駅で、丁度ケーブルカーが停まっていました。
1609鞍馬-13-IMG_0558

元の道に戻って少し登ると金堂です。
1609鞍馬-15-IMG_0566

金堂の両脇には、阿吽の虎が睨んでいます。
1609鞍馬-16-IMG_0566a
1609鞍馬-17-IMG_0566b

金堂の向かいには翔雲台があります。
1609鞍馬-18a-IMG_0566c
1609鞍馬-18b-IMG_0566d翔雲台

翔雲台からは比叡山が正面に見えました。
1609鞍馬-19-IMG_0561

さらに、奥の院に向かって登って行くと、与謝野鉄幹・晶子の歌碑がありました。 昭和7年秋、鞍馬寺で一泊した折の歌だそうです。
1609鞍馬-20-IMG_0569

なんと、鞍馬山にも熊が!
1609鞍馬-21-IMG_0571熊

鞍馬山には、牛若丸ゆかりの史跡が色々ありますが、その一つ「義経公息つぎの水」という泉です。
1609鞍馬-22-IMG_0573
1609鞍馬-23-IMG_0573息つぎの水

石段の道を登っていきます。
1609鞍馬-24-IMG_0576

義経の魂が遮那王尊として祀られている遮那王堂と義経公背比べ石です。
1609鞍馬-25-IMG_0577
1609鞍馬-26-IMG_0577背比べ石

その先の木の根道を歩きます。
1609鞍馬-27-IMG_0580
1609鞍馬-28-IMG_0580木の根道

そこから少し回り道をして、大杉権現の方に行きました。
1609鞍馬-29-IMG_0581

大杉権現です。
1609鞍馬-30-IMG_0583

僧正ガ谷不動堂と義経堂です。
1609鞍馬-31-IMG_0586
1609鞍馬-32-IMG_0588
1609鞍馬-33-IMG_0588義経堂

奥の院に到着しました。 拝殿と奥にある魔王殿です。 ここは、650万年前に護法魔王尊が金星から舞い降りたとされるところだそうです。
1609鞍馬-34-IMG_0591
1609鞍馬-35-IMG_0593

ここからつづら折れの坂を下って行くと、西門に出ました。
1609鞍馬-36-IMG_0594

西門のそのすぐ前の貴船川沿いに川床料理の料亭が並ぶ賑やかな通りを貴船神社に向かいます。
1609鞍馬-37-IMG_0596

貴船神社の鳥居と参道です。
1609鞍馬-38-IMG_0597
1609鞍馬-39-IMG_0599

拝殿です。
1609鞍馬-40-IMG_0603

ここは、絵馬発祥の地だそうで、拝殿横に馬の像が立っていました。
1609鞍馬-41-IMG_0606

川床料亭を眺めながら貴船川にそって奥宮に向かいます。
1609鞍馬-42-IMG_0608

途中にある中宮です。
1609鞍馬-43-IMG_0611

さらに貴船川を眺めながら登っていきます。
1609鞍馬-44-IMG_0616

道沿いに樹齢千年という相生の杉があります。
1609鞍馬-47-IMG_0623
1609鞍馬-48-IMG_0623相生の杉

奥宮に着きました。 この前の広場で昼食休憩です。
1609鞍馬-45-IMG_0619
1609鞍馬-46-IMG_0619奥宮

昼食後は、貴船川にそって車と人で混雑する道を貴船口駅に向かって下りていきます。
1609鞍馬-49-IMG_0629

貴船口駅からは、川沿いに旧道を歩いて、二ノ瀬駅の少し手前の東海自然歩道と京都一周トレイルの標識のところから細い道に入り川を渡ります。
1609鞍馬-50-IMG_0630

叡電の踏切を超えたところの標識と、そのすぐ先の守谷・富士神社です。
1609鞍馬-51-IMG_0633
1609鞍馬-52-IMG_0634

この先から夜泣峠に向かって急な山道を登ります。
1609鞍馬-53-IMG_0636

夜泣峠に到着。
1609鞍馬-54-IMG_0639

ここで東海自然歩道と分かれて、向山への尾根道を進みます。
1609鞍馬-55-IMG_0640

北山51-1から向山山頂へ。
1609鞍馬-56-IMG_0641

向山山頂(h534m) に着きました。
1609鞍馬-57-IMG_0642

ここから山幸橋への道を行き、北山53-1から市原駅へ降りる予定で、向山から下り出しました。あまり整備されていない道で、倒木が散らばっていて、間もなく道を間違ったのではと気づいたのですが、市原の方へ下りていくようなので、そのまま進んで行きました。 途中からNHKと書かれた白い杭が道沿いに立っていて、それを頼りに蜘蛛の巣を払いながら、あまりはっきりしない道を下りました。
1609鞍馬-59-IMG_0644

間もなく民家の裏に出て、府道を歩いて市原駅に14時10分に到着。 向山から約40分でした。 あとからGPSの軌跡を見ると、向山から南西へ真っ直ぐ降りてきたようです。
1609鞍馬-60-IMG_0645

駅で待っていると、やってきたのは観光電車「きらら」でした。 「きらら」に乗るのは初めてです。満員だったのは残念ですが、道を間違えて早く下りたので「きらら」に乗れたのはラッキーでした。 出町柳駅で写真を撮りました。
1609鞍馬-61-IMG_0649

所要時間5時間5分、歩行時間3時間20分、歩行距離11.7Kmでした。 午前中は曇りで、昼前から日が差してきましたが、やはり山の中は涼しく、あちこち見物しながら5人で楽しく歩きました。






トレッキング | 15:46:48 | コメント(6)

FC2Ad