■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

きのくに海南歩っとウォーク 2日目

5月22日(土) 晴れ

海南市総合体育館→杉尾神社→中野上公民館→野上八幡宮→南野上公民館→亀池公園→とりたて広場→総合体育館 (18Km)

1605海南2日目-00-海南2日目軌跡

2日目は、帰宅 を急ぐので18Kmコースに参加しました。 9時30分から体育館で出発式、小学生と、仮装した「おまつりウォーカー」の皆さんによる激励のあと、9時45分に出発しました。
1605海南2日目-01-IMG_0604

中学生のブラスバンドの演奏に送られて、出発ゲートをくぐっていきます。
1605海南2日目-02-IMG_0605

列の真ん中辺りからスタートして、少しずつ前へ出て行くと、人もまばらになってきました。 先頭は、若い先導スタッフの二人でした。
1605海南2日目-03-IMG_0606

桜並木の道を西へと向かいます。 先頭はだんだんスピードを上げて離れて行きました。
1605海南2日目-04-IMG_0608

国道370号をしばらく歩いたあと、遊歩道へ入ります。
1605海南2日目-05-IMG_0610

国道に戻り、30Kmとの分岐・合流点を通り過ぎて、少し東に行ったところの中野上公民館では、味噌汁とお茶の接待がありました。
1605海南2日目-06-IMG_0612

この辺りから、前を歩いている人が急に増えてきました。 どうやら、30キロコースでスタートして、18キロコースを歩いている人がかなりあるようです。 ゆっくり歩いている人たちを、どんどん追い越して、旧国道に入ってさらに東へ向かうと、550年代に創建された古社・野上八幡宮があります。 多くの社殿が重要文化財だそうです。 ここでは、高校生が案内などをしていました。 長い階段を登っていきます。
1605海南2日目-07-IMG_0613

鳥居の先は、また階段です。 拝殿前には、巨大な干支の絵馬がありました。
1605海南2日目-08a-IMG_0614
1605海南2日目-08b-IMG_0615

社務所前では、高校生がお茶の接待をしていました。
1605海南2日目-09-IMG_0616

ここから、旧国道の南側の国道を西へ戻り、さらに南へと向かい、貴志川を渡ります。 下流側の美しい眺めです。
1605海南2日目-10-IMG_0620

南野上公民館では、地域の皆さんによる、手作り柏餅とかき氷のおもてなしがあり、一息つきました (ここの写真を撮り忘れました)。 住宅地を離れ、山を眺めながらしばらく歩きます。
1605海南2日目-11-IMG_0621

山道に入ります。
1605海南2日目-12-IMG_0623

少し行くと、亀池の辺りに出ました。 江戸時代に灌漑用池として作られた、周囲4Kmの美しい大きなため池です。
1605海南2日目-13-IMG_0624
1605海南2日目-14-IMG_0631

一帯は、亀池公園として整備されていて、池を巡る遊歩道があります。
1605海南2日目-15-IMG_0625

遊歩道の脇に、きれいなシダが一面に生えていました。
1605海南2日目-16-IMG_0626
1605海南2日目-17-IMG_0628

さらに歩いて行った先の広場では、冷たいおしぼりとジュースなどの飲み物のおもてなしがありました。 一息ついて、休憩です。
1605海南2日目-18-IMG_0633
1605海南2日目-19-IMG_0635

亀池を過ぎて少し行くと、JAのマーケット・とりたて広場です。 ここでは、コロッケなどが半額だそうですが、寄らずに先へ進みました。 ここで、5Km、10Kmコースと合流するので、家族連れでたのしそうにのんびり歩いている人たちが大勢ありました。
1605海南2日目-20-IMG_0636

ゴールの総合体育館に13時15分到着です。
1605海南2日目-21-IMG_0637

GPSの記録から、歩行距離18.3Km、所要時間3時間30分、歩行時間3時間丁度でした。
今日も一日中快晴で、気温も30℃近くまで上がっていましたが、海に近いせいか、風もあって体感気温はそれほど高くはない感じでした。 この2日間は、あたたかいおもてなしで、楽しく、気持よく歩きました。 みなさんどうもありがとうございました。



スポンサーサイト
ウォーキング大会 | 10:17:55 | コメント(6)
きのくに海南歩っとウォーク  1日目

5月21日(土) 晴

海南市総合体育館→JR海南駅→藤白神社→熊野古道→地蔵峰寺→善福寺→塩津→つり公園→大崎港→下津港→市民交流センター (24Km)

GPSの軌跡です。
1605海南1日目-00-海南軌跡b day 1

和歌山の海南市で開催されるこのツーデーウォークは、今回が5回目ですが、初めての参加です。 5時に自宅を出て、始発電車で海南に向かい、8時過ぎに海南駅に到着、駅からはシャトルバスで数キロ離れた会場へ向かいました。 受付を済ませて、出発式を待ちます。 すでに大勢の参加者が集まっていました。
1605海南1日目-01a-IMG_0527
1605海南1日目-01b-IMG_0526

朝から快晴で、今日も暑くなりそうです。 9時から体育館内で出発式、海南市長さんの挨拶です。
1605海南1日目-02-IMG_0530

中学生の太鼓演奏に送られて、9時20分出発、西へ向かいます。
1605海南1日目-03-IMG_0534

海南駅前を通ります。 ここで、でこさんにお会いしました。
1605海南1日目-04-IMG_0537

JRの線路にそって南へ向かいます。
1605海南1日目-05-IMG_0538

間もなく、藤白神社に到着です。 この神社は、熊野古道紀伊路の藤白王子跡で、熊野の入口と称されているそうです。
1605海南1日目-06-IMG_0540
1605海南1日目-07-IMG_0541

拝殿横には、藤白王子権現堂がありました。
1605海南1日目-08-IMG_0543
1605海南1日目-09-IMG_0544説明

いよいよ熊野古道に入ります。
1605海南1日目-10-IMG_0546

細く急な山道を一列で登っていきます。 途中で、ともくさんが追い越していかれました。
1605海南1日目-11-IMG_0548
1605海南1日目-12-IMG_0551

木々の間から、石油コンビナートと、その先にマリーナシティが見えました。
1605海南1日目-13-IMG_0552

美しい竹林の中の道を登っていきます。
1605海南1日目-14-IMG_0554
1605海南1日目-15-IMG_0555

筆捨松です。 説明板の上にあった小さな松の木のようですが、よくわからなくて写真に撮っていません。
1605海南1日目-16-IMG_0556説明

その横にある硯石です。
1605海南1日目-17-IMG_0559
1605海南1日目-18-IMG_0558説明

硯石の横にある道標です。 このような道標がずっと続いていました。
1605海南1日目-19-IMG_0557

坂を登り切ったところにある、地蔵峰寺(藤白塔下王子)です。 本堂と本尊の石造地蔵菩薩坐像は重要文化財です。 冷たいみかんジュースの接待がありました。
1605海南1日目-20-IMG_0561
1605海南1日目-21-IMG_0562
1605海南1日目-22-IMG_0563

ここで登りは終わりでした。 熊野古道の登りはきついよと、脅かされていたので覚悟してゆっくり登ってきたのですが、思ったより短かったです。 ここからは、舗装された道を下ります。 視界が開け、向かいの山肌一面のみかん畑で、遠くの峰の上には風車が並んでいました。 しばらく絶景が続きます。 黄砂のせいか、遠くは少し霞んでいました。
1605海南1日目-23-IMG_0565
1605海南1日目-24-IMG_0566

まだまだ下ります。
1605海南1日目-25-IMG_0567

みかん畑が間近になってきました。
1605海南1日目-26-IMG_0568
1605海南1日目-27-IMG_0570

みかん畑の中の道を歩いてきます。
1605海南1日目-28-IMG_0571

途中にある善福院です。 この釈迦堂は国宝です。 ここでは、夏みかんシャーベットのおもてなしがありました。 暑い時に、冷たいシャーベットは美味しかったです。
1605海南1日目-29-IMG_0578
1605海南1日目-30-IMG_0576
1605海南1日目-31-IMG_0575説明

海岸まで降りてきました。 塩津港です。
1605海南1日目-32-IMG_0581

塩津の広場で、ミニしらす丼の接待がありました。 採りたてのしらすはとても美味しかったです。
1605海南1日目-33-IMG_0582
1605海南1日目-34-IMG_0584

対岸にマリーナシティが見えました。
1605海南1日目-35-IMG_0586

ここから海岸沿いの道を歩きますが、ずっと山が海に迫っていて、道はアップダウンが激しく、時には急な階段がありました。 熊野古道よりも、海岸沿いの道のほうがしんどかったです。
1605海南1日目-36-IMG_0587

大崎の釣り公園では、かき氷の接待がありました。 海を眺めながら、かき氷で一息ついてしばし休憩です。
1605海南1日目-37-IMG_0589
1605海南1日目-38-IMG_0592

横には、万葉歌碑がありました。
1605海南1日目-39-IMG_0591

大崎港のげんき大崎では、揚げたての「かざまち揚げ」(魚すり身の天ぷら)と、地元産寒天ゼリーを頂きました。
1605海南1日目-40-IMG_0594

海を眺めながら登っていったところには、もう一つの万葉歌碑がありました。
1605海南1日目-41-IMG_0596

下津港近くに、紀伊国屋文左衛門顕彰碑が立っていました。 ここから、みかん船が出帆したそうです。
1605海南1日目-42-IMG_0598
1605海南1日目-43-IMG_0599 説明

ゴールの市民交流センターに14時25分到着しました。
1605海南1日目-44-IMG_0600

受付を済ませて、下津駅までゴールに向かう人とすれ違いながら、来た道を戻り、14時43分の電車で帰途に着きました。
1605海南1日目-45-IMG_0601

今日は一日中快晴で、気温は30℃を超えていましたが、海風が吹いていて、気温が高かった割には歩きやすかったです。 それにしても、アップダウンの激しい海岸沿いの道は疲れました。
おもてなしは、噂通りで地元特産品を色々頂き、また、地元の方々の温かい心遣いで、楽しく歩きました。 どうもありがとうございました。 
2日目は、帰宅時間の都合で18Kmを歩きます。 やはり、海南は自宅からは遠いです。




ウォーキング大会 | 06:39:04 | コメント(8)
大和13仏巡り~その4

5月15日(日)晴

近鉄奈良駅→大安寺→帯解寺→白川ダム→石上神宮→大和神社→長岳寺→天理市トレイルセンター→JR柳本駅(23Km)[→近鉄田原本駅(28Km)]

GPSの軌跡です。
1605大和13仏-00-13仏軌跡

浪速WAの例会に参加し、大和13仏のうち、虚空蔵菩薩のある大安寺と普賢菩薩のある長岳寺を訪れました。 9時少し前に近鉄奈良駅前の行基広場に行くと、3~4つの様々なグループの集合場所になっていて賑わっていました。 今日は、大阪ウォーカーのスタンプ集めの方もあるようで、浪速の例会にしては参加者は少し多いようでした。簡単なコース説明の後、9時5分に出発。
1605大和13仏-01-IMG_0477

餅飯殿センター街を南へ、ならまちの古い町並みを通ります。
1605大和13仏-02-IMG_0481

先頭は、6 Km/h くらいのペースでどんどん進んでいき、間もなく第2グループが見えなくなってしまいました。 京終駅付近から西へ、大安寺に向かい、しばらく歩くと、「大安寺旧境内」の碑が建っている広場がありました。 大安寺は、南都七大寺の一つで、昔は広大な境内を有していたようです。
1605大和13仏-03-IMG_0482

大安寺の南門から境内に入ります。
1605大和13仏-04-IMG_0483

本堂です。 現在は、癌封じのお寺として知られていて、私もお参りをしておきました。
1605大和13仏-05-IMG_0485

本堂手前右側に、「いのちの小径」と名付けられた、きれいに整備された竹林があります。 これは、高齢の女性が、心臓のペースメーカーを交換した時に、古いものを埋め込んだ石を寄贈され、これを元に大安寺が竹林を整備したものだそうです。 大きな石に、「いのち」と刻んでありました。
1605大和13仏-06-IMG_0490
1605大和13仏-07-IMG_0488

大安寺のすぐ先にある、八幡神社です。 この神社は、大安寺の旧境内にあり、大安寺の鎮守社として建立されたものです。
1605大和13仏-08-IMG_0492

少し南下してから西へ、ならまちから続く伊勢街道に戻り、さらに南へ行くと、帯解寺の前を通ります。
1605大和13仏-09-IMG_0494

帯解寺でしばし休憩です。
1605大和13仏-10-IMG_0495

トイレに行って戻ってくると、アンカーが出発するところで、急いで追い上げていきましたが、先頭が速いので、すでにかなり差が開いていて、追いつくだけでぐったりでした。 何も先頭についていくこともないのですが... しばらく、のどかな農免農道を歩きます。
1605大和13仏-11-IMG_0500

山の辺の道に入り、白川ダムへと向かいます。
1605大和13仏-12-IMG_0501

白川ダムで列詰め休憩です。
1605大和13仏-13-IMG_0502
1605大和13仏-14-IMG_0503

竹林の道を歩きます。 通好みさんが、後ろから追い越していかれました。
1605大和13仏-15-IMG_0505

その先の沼地のキショウブが丁度満開でした。 きれいですが、キショウブは、日本全国に生育する「侵略的外来種ワースト100」 指定種です。
1605大和13仏-16-IMG_0509
1605大和13仏-17-IMG_0507

石上神宮外苑公園で昼食休憩です。 公園の入口に、「石上 布留の神杉 神びにし われさらさら恋にあひにける」(読人しらず) の万葉歌碑がありました。 老いらくの恋の歌だそうです。
1605大和13仏-18-IMG_0511

昼食後、石上神宮に参拝です。
1605大和13仏-19-IMG_0514
1605大和13仏-20-IMG_0516

さらに南へ進み、「日本最古の神社」という、大和神社で休憩です。
1605大和13仏-21-IMG_0517
1605大和13仏-22-IMG_0518

大和神社は、「戦艦大和」の守護神として、艦内に祀られていたことから、戦艦大和ゆかりの神社として知られていて、境内には、戦艦大和展示室があり、大和の模型や絵が展示されています。
1605大和13仏-23-IMG_0519

さらに南へ、長岳寺へ向かいます。 このお寺は、境内に入るのに拝観料が要るので、入口で引き返しました。
1605大和13仏-24-IMG_0523
1605大和13仏-25-IMG_0522

その隣の、天理市トレイルセンターで休憩後、西へ向かい、途中ゴールの柳本駅に14時50分に着きました。 ここから、約6Km 西の田原本駅が今日のゴールですが、暑くて余り歩く気がしなくなったのと、途中の休憩が長く、私の予定していた時間をかなりオーバーしていて、このまま行くと帰宅が遅くなるので、ここで止めて柳本駅からJRで帰りました。
GPSのデーターから、今日の所要時間5時間45分、歩行時間4時間15分、歩行距離 23.3Km/h でした。 それにしても、今日は予報以上に気温が上がった感じで、昼には、手元の温度計で30℃を超えていました。 急に暑くなると、体がついていけず疲れました。 この暑い日に、浪速の先頭リーダーに付いて行ったのは失敗でした。



ウォーキング協会例会 | 06:23:43 | コメント(8)
金剛生駒紀泉ハイキング~初夏を感じながら二上山へ

5月8日(日) 晴れ

近鉄上ノ太子駅→叡福寺→竹内街道→太子温泉→総合スポーツ公園→ダイヤモンドトレール→馬の背→二上山雄岳(517m)→馬の背→雌岳(472m)→岩屋峠→祐泉寺→傘堂→二上山ふるさと公園→二上神社口駅 (10Km)

GPSの軌跡と高度です。
1605二上山-00-軌跡
1605二上山-00-高度a

近鉄・南海共催で毎年開催されているシリーズで、年寄り3人組で参加しました。 上ノ太子駅に9時前に着き、列に並んで地図をもらって、9時5分出発しました。 地図の通し番号が430番台で、最終的に参加者は1000人を超えたようです。
1605二上山-01-IMG_0420

駅から南へ、しばらく新興住宅地の中を歩き、叡福寺の前から東に向かいます。道端には、古くてよく読めない道標に並んで新しい道標が立っていました。 また、電柱にはこのような飾りがついていました。
1605二上山-03-IMG_0421 道標 1605二上山-02-IMG_0421 電柱

竹内街道に入ります。
1605二上山-04-IMG_0425
1605二上山-05-IMG_0426

竹内街道と別れて北東へ、二上山を目指します。正面に二上山が見えました。
1605二上山-06-IMG_0428

太子温泉の前を通ります。
1605二上山-07-IMG_0429

総合スポーツ公園の先から、細い山道に入り、杉林の中を登っていきます。
1605二上山-08-IMG_0433

しばらく登ると、ダイヤモンドトレールに入り、アップダウンのある整備された山道を進んでいきます。
1605二上山-09-IMG_0434
1605二上山-10-IMG_0435

雌岳が間近に見えてきました。
1605二上山-11-IMG_0436

途中、眺望が開けて、富田林あたりを見渡せましたが、今日は黄砂がひどく全体に霞んでいて、PLタワーが微かに見えました。
1605二上山-12-IMG_0437

しばらく、階段が続きます。微妙に歩幅が違っていて、登りにくい道でした。
1605二上山-13-IMG_0438

馬の背に到着。
1605二上山-15-IMG_0442 馬の背 道標1605二上山-16-IMG_0442 馬の背 道標2

今日のコースは、ここから雌岳へ向かいますが、寄り道をして雄岳を往復しました。 雄岳山頂(517m)は、樹木に覆われていて、視界は全くありません。三角点は見当たりませんでした。
1605二上山-19-IMG_0447

そのすぐ先に葛木二上神社があります。 古い神社らしいですが、1975年の火事で焼失し、再建されたものです (wiki)。
1605二上山-17-IMG_0445

その隣には、「二上白玉稲荷大神」という石碑が立っていました。
1605二上山-18-IMG_0446

馬の背に戻って、雌岳に登ります。 ここには、三等三角点(474m)がありました。
1605二上山-20-IMG_0448 雌岳 道標 1605二上山-21-IMG_0448b 雌岳 三角点

山頂の広場で昼食休憩です。ここは、視界がひらけているのですが、黄砂がひどく、霞んでよく見えないので写真は撮っていません。
1605二上山-22-IMG_0451

昼食後、岩屋峠に向かって急坂の階段の多い道を降りていきます。 ところどころ、大渋滞でぬけるのに苦労しました。 渋滞をぬけ出すと、気持ちの良い山道が続いていました。
1605二上山-23-IMG_0456

やっと降りてきました。
1605二上山-28-IMG_0461

降りきったところにある、祐泉寺です。 998年開創の比叡山延暦寺の末寺だそうですが、建物は割に新しく、一見民家のようです。 上の写真の右手の建物は、お寺の一部です。
1605二上山-24-IMG_0457

山門を通る道は、近畿自然歩道で、こちらかも雌岳に登れるようです。
1605二上山-25-IMG_0458

舗装された道を下って行き、溜池の縁を歩きます。 振り返ると二上山がきれいに見えました。
1605二上山-30-IMG_0466
1605二上山-31-IMG_0470

當麻寺方面との分岐点に、一風変わった建て方の、傘堂がありました。
1605二上山-32-IMG_0471
1605二上山-33-IMG_0472傘堂説明

ゴールの二上山ふるさと公園に13時5分到着。 紫蘇ソフトクリームを食べて、少し休憩後、二条神社口駅から電車で帰りました。
1605二上山-34-IMG_0475

今日は、天気も良く、心地よい風が吹いていて、年寄り3人で楽しく、気持よく歩けましたが、黄砂で景色がよく見えなかったのが少し残念です。 いつものことながら、細い山道の渋滞がひどいところがありましたが、1000人もの参加者なのでやむを得ないでしょう。




電鉄ウォーキング | 07:11:45 | コメント(4)
比叡山 ~ 登山と散策

5月2日(月) 晴

比叡山坂本駅→日吉大社→大宮谷林道→横川中堂→元三大師堂→回峰行道→玉体杉→伝教大師像(峰道レストラン)→釈迦堂→にない堂→戒壇院→阿弥陀堂→根本中堂→ケーブル延暦寺駅→無動寺道→明王堂→比叡山学園→慈眼堂→滋賀院門跡→比叡山坂本駅 (20Km)

GPSの軌跡と高度です。
1605比叡山-00-軌跡
1605比叡山-00-比叡山高度

いつもの5人組で、比叡山にでかけました。 今日の案内役は、比叡山を知り尽くした地元のNさんです。 坂本から大宮谷林道を横川中堂へ向かい、延暦寺の寺院を巡り、無動寺道を降りました。
比叡山坂本駅を8時45分出発、日吉大社に向かいます。
1605比叡山-01-IMG_0221

穴太(あのう)積みの美しい石垣と、新緑に包まれた参道を歩いていきます。 穴太積みは、坂本近くの穴太の石工集団が自然石を積んだ石垣です。 現在残っている全国の城の約8割は穴太衆が手掛けたもので、熊本城の修復にも呼ばれているそうです。
1605比叡山-02-IMG_0226

日吉大社には、大勢の比叡山高校の生徒がが集まっていました。 これから学年ごとに分かれて、比叡山に登るそうです。 後で、あちこちで出会うことになります。
1605比叡山-03-IMG_0227

鳥居横から、大宮谷林道に入り、横川中堂を目指します。 砂利道の林道で歩きやすい道ですが、余り人が通らないようです。
1605比叡山-04-IMG_0236
1605比叡山-05-IMG_0237

きれいな沢沿いの道で、両側は見事な檜林が続きます。
1605比叡山-06-IMG_0241
1605比叡山-08-IMG_0243
1605比叡山-07-IMG_0242

所々にこのような道標がありました。
1605比叡山-09-IMG_0244

横川中堂に到着です。
1605比叡山-10-IMG_0247

正面と内部です。
1605比叡山-13-IMG_0257
1605比叡山-11-IMG_0253
1605比叡山-12-IMG_0255

横川中堂を出て、 延暦寺の寺院などに大変詳しいNさんの案内で、横川のお堂を巡ります。
1605比叡山-14-IMG_0258

道端の八重桜が満開でした。
1605比叡山-15-IMG_0259

元三大師堂です。静かな良いお寺で、新緑が綺麗でした。
1605比叡山-16-IMG_0261
1605比叡山-17-IMG_0265

元三大師は、おみくじの元祖としても知られているそうで、坂本の民家などの玄関にこの厄除護符が貼られています。
1605比叡山-18-IMG_0266
1605比叡山-19-IMG_0267

大師堂を出た所、ここから西塔方向へ元三大師道が続いています。
1605比叡山-20-IMG_0269

根本如法塔です。
1605比叡山-21-IMG_0270如法塔説明
1605比叡山-22-IMG_0276

春に色づく紅枝垂と新緑のもみじのコントラストが大変きれいです。
1605比叡山-23-IMG_0277
1605比叡山-24-IMG_0278

新緑に覆われた道を歩きます。 道の片側には、親鸞聖人の一生などを絵入りで説明した看板が立ち並んでいました。
1605比叡山-25-IMG_0283

横川の入口(出口)です。
1605比叡山-26-IMG_0284

この先から、東海自然歩道に入り、西塔に向かいます。
1605比叡山-27-IMG_0285
1605比叡山-28-IMG_0287
1605比叡山-29-IMG_0288

途中に権現釣垂岩という大きな岩がありました。 その昔、神様がここから琵琶湖に釣り糸を垂れたそうです。
1605比叡山-30-IMG_0291

大師道の道標の横に石仏が並んでいました。 ここから、京都トレイル北山コースに入ります。 「北山12」の標識がありました。
1605比叡山-31-IMG_0292
1605比叡山-32-IMG_0294
1605比叡山-33-IMG_0295

この峰道は、回峰行者が通る行者道です。
1605比叡山-34-IMG_0296

玉体杉の根本に腰を下ろして、昼食休憩です。
1605比叡山-35-IMG_0298玉体杉説明

ここからは、京都松ヶ崎一帯と比叡山山頂が良く見えました。
1605比叡山-36-IMG_0299
1605比叡山-37-IMG_0301

大師道には、丁目ごとに道標が立っています。
1605比叡山-38-IMG_0302

横を走るドライブウエイ脇に、山桜と八重桜が咲いていました。 紅枝垂と新緑の彩りが見事です。
1605比叡山-39-IMG_0306
1605比叡山-40-IMG_0309

コースを少し外れて、伝教大師像の建っているドライブインに寄りました。 日吉大社で出会った高校生が大勢休憩していました。 学年ごとにそれぞれ違ったところへ行くそうです。
1605比叡山-41-IMG_0315

大師像の横に、日本ウォーキング協会の「ウォーク祈念碑」が建っていました。 なぜここにあるのかわかりません。
1605比叡山-42-IMG_0316

ここからは、琵琶湖博物館のあたりの琵琶湖が一望できます。
1605比叡山-43-IMG_0318

北山コースに戻って少し行くと、可愛い石仏が並んでいました。
1605比叡山-44-IMG_0319

ドライブウエイの下をくぐると、10-2の標識がありました。
1605比叡山-45-IMG_0324

西塔に入り、まず釈迦堂(重要文化財)です。 ここにも、また別の学年の高校生が集まっていました。
1605比叡山-46-IMG_0331

その向かいにある、重文のにない堂です。法華堂と常行堂という同じ形の二堂が、渡り廊下でつながっていて、弁慶が廊下を天秤にして担いで上がったという伝説から名前がついています。
1605比叡山-47-IMG_0336

正面から見た、法華堂と常行堂です。 常行堂前の苔がきれいです。
1605比叡山-48-IMG_0338
1605比叡山-49-IMG_0340
1605比叡山-50-IMG_0341

そのすぐ近くの椿堂です。 聖徳太子が杖にした椿の枝をさしておいたところ、根を下ろし辺り一帯に椿が育ったところから、椿堂と呼ばれるそうです。
1605比叡山-51-IMG_0346

次に、東塔へ向かいます。
1605比叡山-52-IMG_0347

その先の駐車場の桜が満開で、時期外れの桜まつりが開催されていました。無料の抽選がありましたが、全員ハズレでした。
1605比叡山-53-IMG_0351

伝教大師の廟がある浄土院です。 静かなお堂です。
1605比叡山-54-IMG_0354
1605比叡山-55-IMG_0359

その先の北山6の標識のところで、北山コースと分かれて東塔に向かいます。 まず、重文の戒壇院です。
1605比叡山-56-IMG_0366

法華総持院・阿弥陀堂です。
1605比叡山-57-IMG_0373
1605比叡山-58-IMG_0374

国宝の根本中堂です。
1605比叡山-61-IMG_0385

内部は撮影禁止なので、正面と前庭です。
1605比叡山-59-IMG_0383
1605比叡山-60-IMG_0384

下山はケーブル延暦寺駅から無動寺道を降ります。駅舎は「登録有形文化財」だそうです。
1605比叡山-62-IMG_0388

駅舎脇から琵琶湖が一望できます。
1605比叡山-63-IMG_0389

ここから降ります。
1605比叡山-64-IMG_0390

途中にある、明王堂です。 千日回峰行の行者が、9日間の断食断水、不眠不臥の「堂入り」の行を行ったところです。
1605比叡山-65-IMG_0393

少しアップダウンのある道を降りていきます。
1605比叡山-67-IMG_0401

紀貫之の墓所へ行く道との分岐点の道標がありました。 その横にある無動寺道の道標です。
1605比叡山-68-IMG_0402
1605比叡山-69-IMG_0403

降りきったところにある、登山口の案内ですが、たいへん分かりにくいです。
1605比叡山-70-IMG_0404

坂本には、延暦寺の里坊が多くあります。 駅へ向かう途中で、そのうちの幾つかを訪れました。 慈眼堂です。16基の灯籠と新緑が綺麗でした。
1605比叡山-73-IMG_0407
1605比叡山-74-IMG_0408

滋賀院門跡です。
1605比叡山-75-IMG_0410
1605比叡山-76-IMG_0411
1605比叡山-77-IMG_0414

比叡山坂本駅に、16時15分到着。 比叡山は、京都側からしか登ったことがなく、坂本から歩いて登るのは初めてです。 また、東塔と西塔は何度も訪れていますが、横川は初めてで、比叡山に大変詳しいNさんの案内で、新緑と満開の桜を愛でながら、5人で楽しく歩きました。




トレッキング | 20:17:50 | コメント(6)
次のページ

FC2Ad