■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

湖南アルプスの主峰・太神山と太神不動寺の大護摩供
9月26日(火)晴

JR石山駅=アルプス登山口(バス)→迎不動→不動橋→泣不動→矢筈ヶ岳への分岐点→二尊門→不動寺→太神山(h600m) →不動寺(大護摩供見学)→(同じ道を下る)登山口バス停(14Km)

1709-00a-太神山-軌跡
1709-00b-太神山-高度

不動寺の大護摩供に毎年参加している友人のNさんのお誘いで、いつもの5人組で、湖南アルプスの主峰という太神山(たなかみやま)に登り、山頂にある太神山不動寺(お寺としては「たいじんさん」と読むようです)の大護摩供を見学しました。
不動寺は、平安時代に三井寺派の寺院として建立された、天台寺門宗のお寺で、南北朝時代に建てられた、大きな岩に寄りかかるように建つ本堂は国の重要文化財に指定されています。
大護摩供は、毎年、9月24,26,28日に行われ、三井寺から大勢の山伏が来られ、三井寺の管長が取り仕切られる大掛かりな行事です。
なお、不動寺については、三井寺のHPに詳しく記載されています。
( 不動寺http://www.shiga-miidera.or.jp/about/walk/162.html)
石山駅8時55分発のバスで湖南アルプス登山口へ向かい、9時20分出発しました。
1709-01-太神山-IMG_1375

バス停前に湖南アルプスの案内板がありましたが、どういう訳か東西が逆になっていてわかりにくい地図です。
1709-02-太神山-IMG_1377

車のほとんど通らない天神川沿いの舗装道を東へ、太神山へ向かいます。
1709-04-太神山-IMG_1380

途中に、沈下橋がありました。
1709-05-太神山-IMG_1383

林の中の心地よい風が吹く道です。
1709-06-太神山-IMG_1384

分岐点にはこのような案内道標が立てられています。
1709-07-太神山-IMG_1386

この道は、古くからある太神山不動寺の参道で、ところどころに地蔵などが立てられています。最初に出会う、迎え地蔵です。右は、園城寺(三井寺)再興の祖である智証大師円珍の像です。
1709-08-太神山-IMG_1391
1709-09-太神山-IMG_1390

巨岩の多い山です。小さい滝が流れ落ちていました。
1709-10-太神山-IMG_1392

しばらく木陰の道を先へ進むと、お地蔵さんが立っていました。
1709-11-太神山-IMG_1394
1709-12-太神山-IMG_1395

ここからは車の進入禁止です。
1709-13-太神山-IMG_1396

古い石の道標と共に、3種の道標が並んでいました。この道は、東海自然歩道になっています。
1709-14-太神山-IMG_1397

ここから山道に入ります。
1709-15-太神山-IMG_1399

不動橋と、橋の上から見た清流の上流側です。
1709-16-太神山-IMG_1401
1709-17-太神山-IMG_1402

視界が開けて、岩肌の露出した山の間から街並みが見えましたが、どこか良く分かりません。
1709-18-太神山-IMG_1404

しばらく岩肌の露出した険しい道をよじ登っていきます。
1709-19-太神山-IMG_1407
1709-20-太神山-IMG_1409

この先は松茸山で、ところどころに10月から進入禁止の表示がありました。
1709-21-太神山-IMG_1411
1709-22-太神山-IMG_1412

大護摩供に参加される山伏の方に出会いました。
1709-23-太神山-IMG_1415

道の端のところどころに、社やお供えがあります。
1709-24-太神山-IMG_1417
1709-25-太神山-IMG_1419

泣不動です。いわれは良く分からないそうですが、泣いているように見えなくもないです。
1709-26-太神山-IMG_1424

ところどころに、このような丁石が立てられています。
1709-29-太神山-IMG_1495

矢筈岳との分岐点です。
1709-27-太神山-IMG_1425

不動寺山門(二尊門)の手前左手にある道標。
1709-28-太神山-IMG_1426

山門の右手の古い道標。
1709-30-太神山-IMG_1427

山門です。不動明王の脇侍として知られている、左に制多迦童子、右に矜羯羅童子が並んでいます。にこやかで、ほっとする表情をしておられます。
1709-31-太神山-IMG_1428
1709-32-太神山-IMG_1432
1709-33-太神山-IMG_1433

六地蔵が並んでいました。
1709-34-太神山-IMG_1436

不動寺に11時31分到着です。
1709-35-太神山-IMG_1438

平日とあってか、境内は閑散としていました。
1709-36-太神山-IMG_1440

庫裏の表に書かれた年中行事表です。大護摩供は、9月24、26、28日に行われるようです。
この庫裏で、信者の方へ弁当のおもてなしがあるようですが、Nさんの手配で私たちも紛れ込んで弁当をいただきました。
1709-37-太神山-IMG_1441

庫裏の横にお地蔵さんが2体ありました。
1709-38-太神山-IMG_1442

智証大師を祀る大師堂です。
1709-39-太神山-IMG_1444

本堂への階段で、この上の広場で大護摩供が行われます。
1709-40-太神山-IMG_1445

準備がすっかり整えられていました。
1709-41-太神山-IMG_1446

本堂は、国の重要文化財です。広場の奥の183段の急な階段を上った先にあります。
1709-42-太神山-IMG_1448

不動明王を祀る本堂内部です。
1709-43-太神山-IMG_1451

巨岩が並んでいます。この下をくぐりました。
1709-44-太神山-IMG_1453

太神山山頂に着きました。三角点があります。
1709-45-太神山-IMG_1454
1709-46-太神山-IMG_1455

山頂にある奥の院です。
1709-47-太神山-IMG_1456

急な階段を下りていきます。
1709-48-太神山-IMG_1458

本堂は、巨岩に寄りかかる舞台造りになっていて、清水の舞台のような造りになっています。
1709-49-太神山-IMG_1460
1709-50-太神山-IMG_1462

13時から、大護摩供が開始されました。まず、30名あまりの山伏の方々が大師堂の前で、鐘をたたきながら読経をされ、時折法螺貝が鳴り響きます。
1709-51-太神山-IMG_1464

整列して、上の広場へ行進です。
1709-52-太神山-IMG_1467

本堂にお参りをされて、広場に戻ってこられました。
1709-53-太神山-IMG_1469

四方と正面の山に、矢を射っていかれます。矢は厄除けの幸運の矢で、大勢が競って取り合いになるかと思っていたら、今日は参加者が少なく、欲のない方ばかりのようで、4本のうち3本を我々の仲間が拾いました。私も、1本緑の矢をいただき持ち帰りました。
1709-54-太神山-IMG_1474

宝剣の奉納行事です。
1709-55-太神山-IMG_1476

護摩焚きが始まりました。積み上げた杉の葉に火を着けて水を掛けるので、すごい煙です。供えられた護摩木を宝剣で清めて、火に投げ入れます。私たちもそれぞれ願い事を書いて護摩木を供えました。
1709-56-太神山-IMG_1481

30分ほど読経が続く中、行事が進行していき、ほぼ燃え尽きてきました。
1709-57-太神山-IMG_1484
1709-58-太神山-IMG_1490

14時9分下山開始です。登りと同じ道を引き返します。
1709-59-太神山-IMG_1496

15時36分登口のバス停に到着しました。しばらく待ってこのバスで帰ります。
1709-60-太神山-IMG_1499

所要時間6時間23分、歩行時間2時間51分でした。標高差500mを登ったのですが、比較的なだらかな道で、木陰の気持ちよい道が多く、楽に登れました。このような大規模な大護摩供は初めてで、大変興味深く見学しました。昼のおもてなしもいただき、すべてお世話いただいた、Nさんに大感謝です。







スポンサーサイト
トレッキング | 22:16:22 | コメント(0)
山を登る会 苔寺谷から嵐山城址、烏ヶ岳を経て清滝
8月6日(日)曇り時々晴れ

阪急上桂駅→苔寺谷→松尾山(h276m)→嵐山城址→嵐山(h382m)→烏ヶ岳(h398m)→北松尾ロータリー→トロッコ保津峡→落合→清滝(12Km)

1708-00a-清滝-軌跡
1708-00b-清滝-YP高度(mod)


猛暑日の予報でしたが、仲間4人で山を登る会に参加して、京都西山を縦走しました。上桂駅に9時少し前に着き、少し西へ行ったビルの影で受付でした。
1708-01-清滝-IMG_1034

今日は暑いので、ゴールを嵐山から清滝に変更して、嵐山まではバスで帰るとの説明などがあり、9時15分に参加者88名で出発しました。この時既に温度計は30℃を指していました。
1708-02-清滝-IMG_1036

竹の寺として知られる地蔵院の前を通ります。
1708-03-清滝-IMG_1039
1708-04-清滝-IMG_1038

西芳寺(苔寺)の東端の門の前を通過し、西芳寺川に沿って歩いていきます。
1708-05-清滝-IMG_1041
1708-06-清滝-IMG_1042

西芳寺正門前を通過します。
1708-07-清滝-IMG_1044

しばらく行くと、道路脇に「山の神さん」という石碑が立っていました。
1708-08-清滝-IMG_1048
1708-09-清滝-IMG_1049 山の神さん説明

京都トレイルの西山51の標識のところから山道に入り、松尾山へ向かいます。
1708-10-清滝-IMG_1051

トレイルの標識に沿って、アップダウンの多い雑木林の道を登っていきます。
1708-11-清滝-IMG_1053
1708-12-清滝-IMG_1055

展望が開けて、市街地(桂方面?)が下に見えました。
1708-13-清滝-IMG_1056

風がほとんどなく、気温は28度前後でしたが、蒸し暑い中を松尾山を目指しますが、アップダウンの繰り返しで思ったより遠いようです。
1708-14-清滝-IMG_1058

松尾山に到着しました。ここには、三等三角点がありました。
1708-15-清滝-IMG_1067 松尾山頂1708-16-清滝-IMG_1065 松尾山三角点

山頂からの眺めです。
1708-17-清滝-IMG_1069

京都トレイルは、西山33から嵐山へ下りていきますが、私たちはここでトレイルと別れて、嵐山城址へと向かいます。
1708-18-清滝-IMG_1071

城跡の一部と思われるところから、市街地の向こうに北山がよく見えました。右端の山中に見える煙突は、市原のクリーンセンターではないかと思います。
1708-19-清滝-IMG_1073

嵐山山頂(h382m)に着きました。室町時代に香西元長によって築かれた嵐山城は、嵐山を中心に一帯の尾根に展開していたようですが、今は石積みとか土塁が所々に残っているらしいですが、良くわかりませんでした。
1708-20-清滝-IMG_1074

雑木林の道を下って、また登ると烏ヶ岳(h398m)です。 先頭から約25分遅れで到着です。
1708-31-清滝-IMG_1076
1708-32-清滝-IMG_1077

倒木の多い道を下っていきます。あとは下りと思ったら、またきつい登りもありました。
1708-21-清滝-IMG_1078

昼食場所の、北松尾ロータリーに12時23分に着きました。先頭は11時43分着で、すでに出発していました。木陰で休んでいる人もまだ多くいました。
1708-22-清滝-IMG_1079
1708-23-清滝-IMG_1080

ここからの下りは、大変急で滑りやすい道で、ロープをつかまりながら下りる所も何か所かありました。下りるのに必死で、写真はほとんど撮っていません。
1708-24-清滝-IMG_1082
1708-33-清滝-P1200165

激坂を下り切ってトロッコの線路下をくぐると、清滝川です。保津峡下りの船がやってきました。
1708-25-清滝-IMG_1085
1708-26-清滝-IMG_1086

トロッコ保津峡駅前の橋を渡ります。橋から見た駅と上流側の眺めです。
1708-27b-清滝-IMG_1090
1708-27a-清滝-IMG_1089

清滝川に沿ってしばらく車道を下り、落合で河原へ降りていきます。
1708-28-清滝-IMG_1092

清滝まで川沿いの滑りやすい道を登っていきます。
1708-29-清滝-IMG_1094

清滝の渡猿橋が見えてきました。
1708-30-清滝-IMG_1098

橋のところから上へあがり、ゴールのバス停に14時28分到着、バスで嵐山へと向かいました。所要時間5時間13分、歩行時間3時間38分でした。思っていたよりアップダウンがきつく、予定以上に時間がかかり、蒸し暑いので最後はバテバテでした。やはり真夏の低山歩きはきついです。






トレッキング | 07:21:44 | コメント(4)
山を登る会 くろんど園地から星のブランコ
7月23日(日)曇

JR河内磐船駅→住吉神社→かいがけの道→竜王山(h321m)→旗振山(h354m)→くろんど園地→私市カントリークラブ→やまびこ広場→星のブランコ→ピトンの小屋→磐船峡→京阪私市駅(14Km)

1707-00a-星のブランコ-軌跡
1707-00b-星のブランコ-高度
(最初の部分で、高度が少し乱れています)

久しぶりに、山を登る会に友人2人と参加しました。河内磐船駅前で受付を済ませて、会の創立25年の記念品として蓋付きのガラス瓶(??)を頂きました。今日は、高低差の少ないコースのせいか、参加者はいつもより多いようでした。
1707-01-星のブランコ-IMG_0922

曇り空の元、簡単なコース説明の後、9時15分に出発し、駅前の道を東へ、しばらく住宅地を歩きます。
1707-02-星のブランコ-IMG_0924

間もなく住宅地を抜け、田んぼの中の道をそれぞれのペースで歩いていきます。
1707-03-星のブランコ-IMG_0926

少し歩くと、住吉神社です。祭神は住吉大神で、このあたりには住吉大神を祀る神社が多くあるそうです。鳥居と拝殿です。
1707-04-星のブランコ-IMG_0927
1707-05-星のブランコ-IMG_0929

境内の右手に「かいがけの道」(峡崖道)の入口があり、石碑と案内版が立てられていました。
1707-06-星のブランコ-IMG_0930
1707-07-星のブランコ-IMG_0932

しばらく狭いかいがけの道を一列で登っていきます。
1707-08-星のブランコ-IMG_0931
1707-09-星のブランコ-IMG_0933

途中から、竜王山への登山道に入ります。このあと、かなり急な階段の道が続きました。
1707-10-星のブランコ-IMG_0934

途中に立っていた石碑です。
1707-11-星のブランコ-IMG_0935

山頂にある、弘法大師が雨乞いをしたと伝わる竜王石です。その上には、雨乞いの神・八大竜王を祀る祠がありました。山頂付近には、このような巨岩が多くありました。
1707-12-星のブランコ-IMG_0938

山頂(h321m)には、三角点などはなく、小さな木の板が括り付けてあるだけでした。
1707-13-星のブランコ-IMG_0939

急な細い道を下っていき、旗振山を目指します。かなりアップダウンのある道でした。
1707-14-星のブランコ-IMG_0940

旗振山山頂(h345m)に着きました。ここには、三角点がありました。
1707-15-星のブランコ-IMG_0941s1707-16-星のブランコ-IMG_0944s

しばらく藪の中の道を下っていきます。
1707-17-星のブランコ-IMG_0945

視界がひらけて、棚田の向こうに市街地が霞んで見えました。
1707-18-星のブランコ-IMG_0946

急な山道は、ここまでで、後はアップダウンの少ない歩きやすい道を、くろんど園地へと向かいます。
1707-19a-星のブランコ-IMG_0947

くろんど園地入り口につきました。
1707-19b-星のブランコ-IMG_0949

キャンプ場管理棟です。
1707-20-星のブランコ-IMG_0950

道標が林立していました。
1707-21-星のブランコ-IMG_0951

くろんど園地の案内板です。右端に、山を登る会の矢貼がしてありました。いたるところに、矢貼してあるので、見落とさない限り道に迷うことはありません。
1707-22-星のブランコ-IMG_0952

園地内の広い道を歩いていきます。
1707-23-星のブランコ-IMG_0953

私市カントリークラブの端がハイキングコースになっていて、ゴルフ場に入ります。
1707-24-星のブランコ-IMG_0954

ほしだ園地入り口に着きました。
1707-25-星のブランコ-IMG_0957

前後に会のメンバーは誰もいなくなりました。
1707-26-星のブランコ-IMG_0958

昼食場所のやまびこ広場につきました(12時30分)。ほしだ園地の案内板です。
1707-27-星のブランコ-IMG_0961

大勢の人が昼食を摂っていましたが、先頭は、11時40分着で、12時20分に既に出発していました。少しゆっくり歩いていたので、先頭から40分遅れです。
1707-28-星のブランコ-IMG_0962

昼食後、星のブランコに向かいます。
1707-29-星のブランコ-IMG_0963

星のブランコに着きました。大きくて、美しい吊橋です。 中央付近では、かなり揺れていました。
1707-30-星のブランコ-IMG_0964
1707-31-星のブランコ-IMG_0967

下を覗くと、かなり深い谷で、木々を真上から見るのも珍しい風景です。
1707-32-星のブランコ-IMG_0970

渡りきったところから見た吊橋です。
1707-33-星のブランコ-IMG_0971

ピトンの小屋とその横にある大きなクライミングウォールです。
1707-34-星のブランコ-IMG_0973
1707-35-星のブランコ-IMG_0974

天野川沿いの木の道を私市駅へと向かいます。
1707-36-星のブランコ-IMG_0975

途中の天野川は、磐船峡と名付けられています。
1707-37-星のブランコ-IMG_0978

天野川の河原で子どもたちが水遊びをしていました。
1707-38-星のブランコ-IMG_0979

私市駅に14時丁度に着き、京阪で帰りました。
1707-39-星のブランコ-IMG_0980

所要時間4時間45分、歩行時間3時間43分、GPSの記録では歩行距離16.3Kmでしたが、ちょっと長過ぎるようです。どういうわけか、時々距離が長過ぎると思われることがあります。
昼頃小雨の予報でしたが、全く降らず、一日中曇り空で、湿度は高かったですが、気温は30℃以下であまり暑くなく、この時期としては、歩きやすい日でした。最初の竜王山と旗振山の上りはかなりきつかったですが、後は楽な道で、3人で楽しく歩きました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。





トレッキング | 06:40:33 | コメント(4)
やまびこ2000 生駒山から野崎観音へ
7月9日(日)曇

近鉄枚岡駅→枚岡神社→枚岡北展望台→額田展望台→あじさい園→生駒山頂→くさか園地→むろ池→野崎観音→JR野崎駅(20Km)

1707-00a-生駒-軌跡
1707-00b-生駒-高度

昼頃に雨の予報でしたが、降水量が0なので、降っても小雨程度で、京都も同じ予報で、山を登る会から予定通り開催とのメールが来ていたので、中止になることはないだろうと思って、枚岡駅へ向かいました。9時の集合時間の少し前に着き、枚岡神社の参道への階段でコース説明の後、9時10分に出発しました。参加者は、5,60名位かと思います。
1707-01-生駒-IMG_0857

まず、神社に参拝です。
1707-02-生駒-IMG_0861
1707-03-生駒-IMG_0862

拝殿奥に見える本殿です。
1707-04-生駒-IMG_0863

神社横から登山開始です。
1707-05-生駒-IMG_0864

登り始めてすぐの所にある、姥が池です。
1707-06-生駒-IMG_0865
1707-07-生駒-IMG_0867

よく整備された登山道を登っていきます。
1707-08-生駒-IMG_0870

少し回り道になりますが、ぬかた園地のあじさい園を通って山頂へ向かいます。
1707-09-生駒-IMG_0871

新緑に覆われた、赤い橋を渡ります。右手に滝があるのですが、木の陰になってうまく写真が撮れませんでした。
1707-10-生駒-IMG_0872

額田展望台で少し休憩です。
1707-11-生駒-IMG_0875

少し霞んでいますが、東大阪市方面(?)、その左には遠く霞んであべのハルカスが見えました。
1707-12-生駒-IMG_0876
1707-13-生駒-IMG_0877

生駒縦走歩道をあじさい園に向かいます。
1707-14-生駒-IMG_0878
1707-15-生駒-IMG_0880

あじさい園に到着。ちょうど今日まで、あじさいまつりが開催されていましたが、天気がもう一つのせいか、人は少なかったです。
1707-16-生駒-IMG_0881

一面のあじさいですが、満開の時期を少し過ぎたようで、花は少なめでした。
1707-17-生駒-IMG_0882
1707-18-生駒-IMG_0883

あじさい園の中の急な階段を登っていきます。
1707-19-生駒-IMG_0885

登った所にある、六甲山とここにしかないという、幻のあじさいといわれる「シチダンカ(七段花)」です。薄青色の小さい花で、色が変化していくそうですが、もうほとんど終わり近くで、ほとんど白ばかりでした。
1707-20-生駒-IMG_0888
1707-21-生駒-IMG_0889

山頂遊園地に着きました。ここも人影はまばらです。 三角点(h642m)は、遊園地内にあります。
1707-22-生駒-IMG_0893

山頂は素通りして、雨が降らないうちにと先を急ぎます。リーダーは、雨が降ってきたら、四條畷へ下りるといっておられました。
1707-23-生駒-IMG_0894

灯籠ゲート近くの広場で昼食休憩です。
1707-24-生駒-IMG_0897

ゴルフ場の横を通って、さらに生駒縦走歩道を北へ進み、広い通りに出ました。
1707-25-生駒-IMG_0900

生駒登山口のバス停の所で歩道橋を渡り、再び山道に入ってむろいけ園地に向かいます。室池です。
1707-26-生駒-IMG_0903
1707-27-生駒-IMG_0904

余り人が通っていない、藪の中の道を行きます。
1707-28-生駒-IMG_0906

野崎観音へは、山越えの道を行きます。途中、非常に急な階段を下っていると、上から道が違うという大声が、どうもリーダーが道を間違えたようで、急な階段を上リ返す羽目に。このグループの先頭は、山を登る会や浪速ほど速くないので、下りは先頭に付いて行っていたのでかなり下までおりていました。同じ道を登り返すのはしんどいです。あとでGPSの軌跡を見ると、全く違う方向に向かっていたようです。
元の道に戻って、先を急ぎます。最後の急な階段を下ると野崎観音です。
1707-29-生駒-IMG_0909

お寺の一番奥にある、永仁2年(1294年)の銘がある石造九重層塔の前を最初に通過です。
1707-30-生駒-IMG_0910

その先に慈母観音が、お寺を見下ろしておられました。
1707-31-生駒-IMG_0911

野崎観音(慈眼寺)本堂です。このお寺は、行基が十一面観音像を彫ってこの地に安置されたのが始まりだそうです。
1707-32-生駒-IMG_0915
1707-33-生駒-IMG_0912

本堂の正面にある楼門です。
1707-34-生駒-IMG_0913

裏から入ったので、表の山門から出て駅に向かいます。
1707-35-生駒-IMG_0917
1707-36-生駒-IMG_0918

野崎駅に15時4分到着です。
1707-37-生駒-IMG_0919

所要時間5時間54分、歩行時間4時間29分、歩行距離19.5Kmでした。地図には、14Kmと書いてありますが、「20キロ位あるで」という声が、いくつか聞こえてきました。リーダーの話だと、大体のところを適当に書いているそうで、予定表を見ると、全て15Km前後になっていました。あまりあてにならないようです。
今日のコースは、生駒山頂からは主に生駒縦走歩道を歩きました。細かいアップダウンの繰り返しで、急な登りもありましたが、所々で平坦かそれに近いところがあり、一息つけるのでわりに楽に歩けました。気温は25℃前後と高くはないのですが、湿度が80%くらいあり、風も殆どなく蒸し暑かったです。幸い雨には全く会わずにゴールできました。電車に乗ってしばらくすると降り出し、帰宅するときは傘をさしていました。前回も、電車に乗ってからの雨で、2回続けてラッキーでした。ただ、野崎観音への道で、急な坂を下りてまた登り返したのは気分的にも疲れました。縦走歩道を外れると、分岐点にも標識などがなく、下見をしていたリーダーでも間違えるほどですから、ちょっと一人では歩けないですね。やまびこは2回めの参加ですが、奈良、京都近くのときはまた参加したいと思っています。
スタッフの皆さん、どうもありがとうございました。





トレッキング | 10:05:07 | コメント(6)
赤目四十八滝から長坂山へ
6月4日(日)晴

赤目口駅→極楽寺→道観塚→赤目四十八滝ハイキングコース→赤目滝橋→渓谷入口→滝巡り→巌窟滝→長坂山入山口→長坂山トレッキングゴース→長坂山→下山口→赤目滝バス停(15Km)

GPSの軌跡と高度。渓谷内は衛星をキャッチしにくいのか、軌跡が非常に乱れています。
1706-00a-赤目滝-軌跡
1706-00b-赤目滝-I高度YP

いつもの仲間4人で赤目滝巡りと、最近整備された長坂山トレッキングコースを歩きに行きました。今日も朝から快晴で、暑くもなく気持ちよく歩いた一日でした。
近鉄赤目口駅を、8時25分に出発、南へ向かいます。
1706-01-赤目滝-IMG_0526

20分ほど歩くと、極楽寺です。奈良東大寺二月堂のお水取りに用いられる大松明は、赤目町一ノ井で作られ、東大寺まで運ばれています。このお寺が、鎌倉時代から続くこの松明調進行事の中心になっています。
正門と本堂です。
1706-02-赤目滝-IMG_0529
1706-03-赤目滝-IMG_0535
1706-04-赤目滝-IMG_0533

裏門を出た所に、弘法大師供養塔がありました。
1706-05-赤目滝-IMG_0537

しばらく南へ行くと、桧林の中に入ります。
1706-06-赤目滝-IMG_0540

林の中に、道観塚があります。
1706-07-赤目滝-IMG_0541
1706-08-赤目滝-IMG_0542説明

道の下を、滝川が流れています。
1706-09-赤目滝-IMG_0544

林道に出て少し行った所に、可愛い案山子が釣りをしていました。
1706-10-赤目滝-IMG_0547

滝川沿いのハイキングコースに入ります。
1706-11-赤目滝-IMG_0548

この道は旧赤目街道で、鎌倉時代から県道が開通するまで使われてきたものだそうで、その為古い石仏が多くあるようです。少し行ったところにある、町石と地蔵石仏です。
1706-16-赤目滝-IMG_0556
1706-12-赤目滝-IMG_0549

赤目滝への石標と六地蔵です。
1706-13-赤目滝-IMG_0551

木漏れ日のあたる林の中の気持ちのよい道です。
1706-14-赤目滝-IMG_0552
1706-15-赤目滝-IMG_0553

線刻磨崖仏です。
1706-17-赤目滝-IMG_0557
1706-18-赤目滝-IMG_0558

赤目滝入口のサンショウウオセンターに着きました。入山料を払って中へ入ります。
1706-19-赤目滝-IMG_0561

60歳位というオオサンショウウオがいました。
1706-20-赤目滝-IMG_0563

最初の行者滝です。
1706-21-赤目滝-IMG_0566

霊蛇滝
1706-22-赤目滝-IMG_0567

不動滝
1706-23-赤目滝-IMG_0570

小さな乙女滝です。
1706-24-赤目滝-IMG_0575

その少し先に、大日滝という標識があり、対岸の山の上の方にある滝のようでした。かなり急な登りのようで、どうしようかと相談の上、行こうということになり、石伝いに対岸に渡りました。登り口には、このような掲示がありました。
1706-25-赤目滝-IMG_0585

確かに自然石を積んだ急な階段になっていて、ロープが張ってありました。ロープを掴んで登っていきます。
1706-26-赤目滝-IMG_0586
1706-27-赤目滝-IMG_0578
1706-28-赤目滝-IMG_0579

苦労して登ってきたかいあって、大変美しい大きな滝でした。
1706-29-赤目滝-IMG_0584

しばらく滝を眺めて休憩後、同じ道を下りますが、不安定な石もあって、慎重に下りていきました。往復に30分程かかりました。
滝道に戻り、少し行ったところにある八畳岩です。
1706-30-赤目滝-IMG_0587

かなり大きな千手滝です。
1706-31-赤目滝-IMG_0592

細く流れ落ちる布曳滝です。
1706-32-赤目滝-IMG_0596

竜ヶ壺です。
1706-33-赤目滝-IMG_0599

小さな陰陽滝
1706-34-赤目滝-IMG_0602

七色岩です。
1706-35-赤目滝-IMG_0607
1706-36-赤目滝-IMG_0609

柿窪滝
1706-37-赤目滝-IMG_0613

骸骨滝です。骸骨に見えなくもないです。
1706-38-赤目滝-IMG_0614

荷担滝です。大きく、美しい滝です。
1706-39-赤目滝-IMG_0618

雛壇滝
1706-40-赤目滝-IMG_0624

琵琶滝
1706-41-赤目滝-IMG_0627

滝巡り最後の巌窟滝です。ここで昼食休憩です。
1706-42-赤目滝-IMG_0629

昼食後は、姉妹滝の少し先にある長坂山入山口まで、同じ道を戻ります。午後になって、登ってくる人も多くなり細い道ですれ違いにだいぶ時間がかかりました。 入山口に着きました。
1706-43a-赤目滝-長坂山掲示
1706-43b-赤目滝-長坂山入山口

しばらくは、急な上り道が続きます。ロープが両側に張ってあり、不安定なところはロープに掴まりながら登りました。
1706-44-赤目滝-IMG_0635
1706-46-赤目滝-IMG_0637
1706-47-赤目滝-IMG_0638

登りきると里見峠(h610m)に着きました。ここは、北西方面が開けているビューポイントです。
1706-48-赤目滝-IMG_0639
1706-49-赤目滝-IMG_0642

林の中を下っていき、一旦林道に出てからまた登ります。緩やかなアップダウンで、木漏れ日の中を気持ちよく歩けました。
1706-50-赤目滝-IMG_0643
1706-51-赤目滝-IMG_0647
1706-52-赤目滝-IMG_0648

しばらく登ると、長坂山頂上(h585m)に着きました。三角点があります。
1706-53-赤目滝-IMG_0650
1706-54-赤目滝-IMG_0651

頂上から少し下ると視界が開けて、名張市街が見えました。
1706-55-赤目滝-IMG_0657

急な下り道を下りると、下山口に到着。
1706-56-赤目滝-IMG_0658

ここから林道に出て少し行くと、赤目滝入口に14時55分到着です。
1706-57-赤目滝-IMG_0659

ここからはバスで赤目口駅まで戻りました。所要時間6時間33分、歩行時間4時間42分、歩行距離は、地図から計算して約15Kmでした。GPSは、渓谷内では軌跡が大きく乱れて、あちこちウロウロとしたようになっていて、距離は当てになりません。
今日は、一日中良い天気で、渓谷内は大変涼しく、次々と出てくる、それぞれ違った趣のある美しい滝を眺めながら、4人で楽しく歩きました。ただ、大日滝への急坂の往復は、ちょっとこたえました。 長坂山トレッキングゴースは、数年前に整備されたもので、標識もしっかりしていて、良いコースでした。





トレッキング | 06:18:28 | コメント(10)
次のページ

FC2Ad