■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

琵琶湖一周10回割 ⑧ 湖岸街道探訪コース
10月8日(日)晴

近江中庄駅→湖西松並木道→今津浜園地→今津港→木津浜→二つ石大明神→新旭水鳥観察センター→さくら街道→源氏浜園地(昼食)→安曇川→萩の浜→近江高島駅(24Km)

1709-00-琵琶湖⑧-軌跡

琵琶湖一周も8回目で、湖西を歩きます。西側は、湖西線が湖岸近くを走っているので、駅から湖岸までが東岸に比べるとずっと近いです。今回も、友人二人と参加しました。近江中庄に9時半ころ着き、駅近くの広場で受付を済ませ、出発まで待ちます。
1709-01-琵琶湖⑧-IMG_1588

9時55分に出発しました。朝からいつもに比べて気温が高く、天気も良いので、暑くなりそうです。
1709-02-琵琶湖⑧-IMG_1589

東へ少し歩くと、松林の美しい中庄浜に出て、松林の湖岸道路を南へ向かいます。今日のコースの大半は、琵琶湖を眺めながら湖岸を歩きます。
1709-03-琵琶湖⑧-IMG_1590
1709-04-琵琶湖⑧-IMG_1592

澄み切った空で、対岸がよく見えました。少し雲をかぶった伊吹山です。
1709-05-琵琶湖⑧-IMG_1594

桂浜園地を通過します。ここは、湖岸に咲く自生の彼岸花の群生で有名ですが、もうその時期は過ぎていました。
1709-06-琵琶湖⑧-IMG_1595

この道路は、中部北陸自然歩道に指定されています。
1709-07-琵琶湖⑧-IMG_1596

今津浜です。最近は、自転車で一周する人たちが増えました。
1709-08-琵琶湖⑧-IMG_1597

今津浜通りに、立派な山門を構えた曹澤禅寺があります。湖岸の集落ごとに、神社やお寺があります。ちなみに、人口あたりの寺院数は、滋賀県が全国1位だそうです。
1709-09-琵琶湖⑧-IMG_1600

古い町並みの残る浜通りを歩いていきます。
1709-10-琵琶湖⑧-IMG_1601

再び湖岸に出て、しばらく湖を眺めながら歩きます。今日は空気が澄み切っているようで、琵琶湖がとてもきれいに見えます。風があり、思ったほど暑くなく、気持ちよく歩けました。
1709-11-琵琶湖⑧-IMG_1602
1709-12-琵琶湖⑧-IMG_1603

湖に向かって、二つ岩大明神という小さな神社があり、湖岸に面して二つの石が祀られています。このあたりは、木津浜(こうつはま)で、毎年7月に雨乞い神事が行われるそうです。
1709-13-琵琶湖⑧-IMG_1604
1709-14-琵琶湖⑧-IMG_1607木津浜説明

その近くに、「竹生島遥拝所跡」の真新しい碑が立てられていました。
1709-15-琵琶湖⑧-IMG_1606

この地は、木津港があった所です。
1709-17-琵琶湖⑧-IMG_1610
1709-16-琵琶湖⑧-IMG_1609

木津港跡に昔の灯台が建てられていました。
1709-18-琵琶湖⑧-IMG_1613

新旭水鳥観察センターです。今の時期は、水鳥は殆ど見られません。
1709-19-琵琶湖⑧-IMG_1614

数キロに渡って桜並木が続く、さくら街道(風車街道)を歩きます。
1709-20-琵琶湖⑧-IMG_1616

桜が満開だとこのような景色がずーと数キロに渡って続きます。所々にある菜の花畑の黄色とマッチしてきれいです。これは、一昨年の10回割で撮った写真です。この時は、逆方向に歩いています。
1709-21-琵琶湖⑧-IMG_1616-P4120008
1709-22-琵琶湖⑧-IMG_1616-P4120009

夕暮の里の湖岸に藤本太郎兵衛の像が建っています。琵琶湖には排水路が、太古の昔より瀬田川一本しかなく、度々の洪水に悩まされてきたそうですが、江戸時代、藤本太郎兵衛は親子三代にわたり瀬田川の浚渫工事に努力し、治水の先駆者として讃えられています。
1709-23-琵琶湖⑧-IMG_1617

さくら街道の中ほどにある道の駅・風車村が閉鎖されていました。昨年は通ってないので知りませんが、一昨年の桜の時期には家族連れで大変賑わっていたのですが、桜の季節だけなのでしょうか。この街道が、「風車街道」とも呼ばれる所以なのですが、どうも閉鎖されてからだいぶ時が経っているようでした。
1709-24-琵琶湖⑧-IMG_1621

そのすぐ先の、源氏浜園地の木陰で昼食休憩です。湖岸のあちこちに「園地」としてよく手入れされた公園が整備されています。
1709-25-琵琶湖⑧-IMG_1622
1709-26-琵琶湖⑧-IMG_1624

滋賀県の「神奈川」。ここでは「かんながわ」と読むようです。
1709-27-琵琶湖⑧-IMG_1625

琵琶湖の手前で安曇川がふた手に分かれています。新北川橋から見た安曇川北流と船木大橋から見た南流の下流側です。
1709-28-琵琶湖⑧-IMG_1627
1709-29-琵琶湖⑧-IMG_1629

入江の向こうに比良山系が見えます。
1709-30-琵琶湖⑧-IMG_1631

さらに湖岸を歩きます。
1709-31-琵琶湖⑧-IMG_1632

対岸がきれいに見えました。
1709-32-琵琶湖⑧-IMG_1634

少し入り組んだ松ノ木内湖は、外来種の水草で覆われていました。
1709-33-琵琶湖⑧-IMG_1636

鴨川を渡ります。
1709-34-琵琶湖⑧-IMG_1639

旧高島町に入りました。
1709-35-琵琶湖⑧-IMG_1640

道路沿いに四高桜公園がありました。
1709-36-琵琶湖⑧-IMG_1641

萩の浜の松林を抜けていきます。駅はもうすぐです。
1709-37-琵琶湖⑧-IMG_1644

高島町内に入りました。造り酒屋「萩乃露」です。
1709-38-琵琶湖⑧-IMG_1646

高島駅に14時35分到着です。駅前には、何故か巨大なガリバー像が建っています。
1709-39-琵琶湖⑧-IMG_1649
1709-40-琵琶湖⑧-IMG_1650

14時38分の電車にギリギリ間に合いました。所要時間4時間40分、歩行時間4時間20分、歩行距離24.1Kmでした。
今日の気温は、昨日までと違って少し高かったのですが、湖岸は微風があり、日向は暑いですが、木陰は涼しく、空気が澄んでいて琵琶湖が大変美しく、友人と3人で楽しく、気持ち良く歩けた一日でした。





スポンサーサイト
琵琶湖一周 | 10:09:39 | コメント(6)
琵琶湖一周10回割 ⑦ 岩礁・竹生島展望コース
9月23日(祝・土) 曇時々晴れ

近江塩津駅→国道8号線→岩熊→丸小舟の館→大浦→二本松水泳場→海津トンネル→海津大崎→義経の隠岩→マキノビーチ→中庄浜→中庄駅(22Km)

1709-00-琵琶湖⑦-軌跡

今回は、琵琶湖最北端・奥琵琶湖の美しい景色を楽しめるコースで、友人二人と一緒に参加しました。天気予報では一日中晴れでしたが、だいたい薄曇りで、湖岸は風もあり涼しく歩きやすい一日でした。9時37分に中庄駅に着き、10時20分の出発までだいぶ時間があると思っていたら、次の電車を待たずに9時50分からコース説明があり、第一陣が9時58分にスタートしました。今回も参加者は100名足らずのようです。
1709-01-琵琶湖⑦-IMG_1315
1709-02-琵琶湖⑦-IMG_1316

まず、国道8号線を南へ向かいます。
1709-03-琵琶湖⑦-IMG_1317

国道303号線との三叉路を右折し、岩熊へ向かいます。このあたりまでは、まだ列が続いています。
1709-04-琵琶湖⑦-IMG_1318

一面に広がる田圃の中を南西に進みます。
1709-05-琵琶湖⑦-IMG_1319

塩津浜のあたりが見えてきました。
1709-06-琵琶湖⑦-IMG_1321

岩熊トンネルの手前の国道沿いにある、矢合神社です。
1709-07-琵琶湖⑦-IMG_1323

岩熊第二トンネルに入ります。車の音が響いて大変うるさかったです。
1709-08-琵琶湖⑦-IMG_1325

トンネルを抜けて暫く行った西浅井に、丸小舟の館があります。このあたりは、古くより北陸と京都を結ぶ重要な交通路で、陸上と湖上輸送の中継地として栄えた所です。その湖上水運の主役を務めたのが丸小舟で、現存する丸小舟2艘のうちの1艘が展示されています。
ここは、中にはいらずに外から写真だけを撮りました。
1709-09-琵琶湖⑦-IMG_1328
1709-10-琵琶湖⑦-IMG_1330

大浦の交差点を右折して、海津大崎へ向かいます。
1709-11-琵琶湖⑦-IMG_1332

自然の残る美しい風景が続きます。湖岸に咲くコスモスがきれいでした。
1709-12-琵琶湖⑦-IMG_1333
1709-13-琵琶湖⑦-IMG_1334

しばらく湖岸道路を歩きます。
1709-14-琵琶湖⑦-IMG_1339
1709-15-琵琶湖⑦-IMG_1343

沖に竹生島が見えてきました。
1709-16-琵琶湖⑦-IMG_1341

大崎トンネルに入ります。
1709-17-琵琶湖⑦-IMG_1344

トンネルを抜けると海津大崎港です。観光船が出ているようです。
1709-18-琵琶湖⑦-IMG_1347

琵琶湖八景の一つ、「暁霧・海津大崎の岩礁」の碑がありました。この少し先で、昼食休憩です。
1709-19-琵琶湖⑦-IMG_1348

湖岸に彼岸花が咲いていました。
1709-20-琵琶湖⑦-IMG_1349

湖岸の遊歩道に降りました。少し風があり、湖面が波立っています。
1709-21-琵琶湖⑦-IMG_1351
1709-22-琵琶湖⑦-IMG_1352

義経の隠岩です。
1709-23-琵琶湖⑦-IMG_1353
1709-24-琵琶湖⑦-IMG_1354

桜並木の碑が立っていました。桜の時期は、大勢の人で賑わう所ですが、桜の咲いていない時期にここを通るのは多分2回目です。やはり、満開の桜の下を歩くのが一番です。
1709-25-琵琶湖⑦-IMG_1356
1709-26-琵琶湖⑦-IMG_1357

江戸時代に築かれたという、海津浜の見事な石済みです。お城のような頑丈な石済みで、未だにそのままの姿で残っています。
1709-27-琵琶湖⑦-IMG_1359
1709-28-琵琶湖⑦-IMG_1361

この石積みを含めて、この辺り一帯の景観は、重要文化的景観に選定されています。
1709-29-琵琶湖⑦-IMG_1360

湖岸道路を歩いて、マキノビーチを通過します。
1709-30-琵琶湖⑦-IMG_1362

矢の内川の河口です。上流側には、サギの群れが水浴びをしていました。
1709-31-琵琶湖⑦-IMG_1364
1709-32-琵琶湖⑦-IMG_1365

湖岸に咲く彼岸花と、遠くに見える竹生島です。
1709-33-琵琶湖⑦-IMG_1366

中庄浜です。駅はもうすぐです。
1709-34-琵琶湖⑦-IMG_1370

中庄駅に14時36分到着です。小さな無人駅です。
1709-35-琵琶湖⑦-IMG_1371

駅のホームから今歩いてきた道がよく見えます。
1709-36-琵琶湖⑦-IMG_1372

所要時間4時間38分、歩行時間3時間58分、歩行距離23.1Kmで、2時53分の電車に間に合いました。行きの電車で一緒だったデコさんとも再会しました。
今日は暑くもなく、風もありウォーキング日和で、私の一番好きな奥琵琶湖を、友人と3人で楽しく歩きました。スタッフの皆さん、ありがとうございました。






琵琶湖一周 | 11:45:12 | コメント(10)
琵琶湖一周10回割 古戦場・賤ヶ岳隧道越コース
7月2日(日)曇

河毛駅→余呉川河口→湖北野鳥センター→西野水道→賤ヶ岳隧道→飯浦→塩津浜→塩津海道→近江塩津駅(26Km)

1707-00-琵琶湖⑥-軌跡

琵琶湖一周も6回目になりました。今のところ皆勤です。今日は友人2名も参加で、いよいよ琵琶湖最北端です。河毛駅に、9時50分到着、米原から先は、電車が1時間に1本なので、殆どの人が同じ電車でした。10時10分のスタートまで、しばらく談笑。
1707-01-琵琶湖⑥-IMG_0808

コース説明などのあと、10時12分に100名足らずで出発しました。先頭は相変わらず速く、どんどん先へ行きますが、どうも昨日の三輪山の急坂の上り下りが少し足に来たようで、しばらくはスローペースです。駅前は人家もあまりなく、田植えの終わったばかりの水田が広がっていました。高時川に架かる新福橋を渡ります。
1707-02-琵琶湖⑥-IMG_0809

湖岸まで約5Kmの道を西へ向かいます。
1707-03-琵琶湖⑥-IMG_0810

所々に集落があり、それぞれに立派な神社がありました。
1707-04-琵琶湖⑥-IMG_0811
1707-05-琵琶湖⑥-IMG_0813

青々とよく育っている田圃が続きます。
1707-06-琵琶湖⑥-IMG_0815

やっと湖岸に出ました。しばらく湖岸道路を歩きます。ここまで来ると、だいぶ人がバラけてきました。
1707-07-琵琶湖⑥-IMG_0816

余呉川の河口の橋を渡ります。
1707-08-琵琶湖⑥-IMG_0817

上流側の景色です。
1707-09-琵琶湖⑥-IMG_0818

湖北野鳥センター/琵琶湖水鳥・湿地センター の前を通ります。窓際には野鳥観測用の双眼鏡が並んでいるのが見えます。
1707-10-琵琶湖⑥-IMG_0819

野鳥センター前の湖岸に生えている木々は、ヤナギだそうです。ちょっと面白い風景です。
1707-11-琵琶湖⑥-IMG_0821

さらに湖岸を歩いていきます。
1707-12-琵琶湖⑥-IMG_0824

風がなく、湖面は静かです。奥琵琶湖の湖岸は自然のままのところが多く、ちょっと霞んでいますが景色の良いところです。
1707-13-琵琶湖⑥-IMG_0826

しばらく行くと、山が湖岸に迫ってきて、湖岸道路がなくなり、内陸へ入って行きます。少し行った所にあ西野水道があります。
1707-14-琵琶湖⑥-IMG_0827
1707-15-琵琶湖⑥-IMG_0829

モニュメントがあり、公園になっていました。ここで、3人で昼食休憩です。
1707-16-琵琶湖⑥-IMG_0830

昼食後は、しばらく余呉川沿いの県道を北へ進みます。
1707-17-琵琶湖⑥-IMG_0833
1707-18-琵琶湖⑥-IMG_0835

余呉川を離れて塩津街道へ、賤ヶ岳隧道への登りです。車は県道から国道へと真っ直ぐ北へ行くので、今はこの道を通る車はあまりありません。
1707-19-琵琶湖⑥-IMG_0838

トンネル入口です。中はたいへん涼しいです。
1707-20-琵琶湖⑥-IMG_0839

トンネルを出てると、飯浦に向かって下っていきます。
1707-21-琵琶湖⑥-IMG_0842

入江を廻って振り返ると、今通ってきた賤ヶ岳が湖面に影を落としていました。
1707-22-琵琶湖⑥-IMG_0846

琵琶湖最北端の塩津浜をあとにして、塩津駅に向かいます。「塩津海道」の道標が立っていました。
1707-23-琵琶湖⑥-IMG_0850

約5Km程歩いて、塩津駅に15時32分到着し、15時40分の電車になんとか間に合いました。これに乗り遅れると、1時間後になります。
1707-24-琵琶湖⑥-IMG_0855

所要時間5時間20分、歩行時間4時間42分、歩行距離26.2Kmでした。
雨には降られませんでしたが、風がなく、気温も30℃を越えて蒸し暑く、最後はバテバテでした。奥琵琶湖は、景色もよく気持ちよく歩けるところですが、こう蒸し暑いと歩くだけで精一杯という感じでした。電車に乗ってしばらくして外を見ると、雨が激しく降っていました。 ちょっと違いで降られずに幸いでした。 予報では、15時頃雨でしたが、少し遅くなったようです。
次回は、9月の終わりなので、景色を楽しみながら歩けるだろうと期待しています。





琵琶湖一周 | 21:49:05 | コメント(6)
琵琶湖一周10回割 ⑤ 湖畔旅愁コース
5月28日(日)快晴

米原駅→入江橋→さざなみ街道→朝妻湊跡→長浜バイオ大学→豊公園→奥びわスポーツの森→河毛駅(25Km)

1705-00-琵琶湖⑤-軌跡

琵琶湖一周もだんだん北へ進み、往復に時間がかかるようになってきました。米原から北へ行くと、電車が1時間に1本しかありません。帰りの電車の時間を気にしながら歩くことになります。
今日は、朝から快晴、余り気温も上がらず、湖畔はかなり強い風が吹いていて涼しく、歩きやすい気候でした。9時30分ころに米原駅に着き、受付を済ませ出発まで待ちます。今日は、今までで参加者が一番少なくて、90名位だったようです。
1705-01-琵琶湖⑤-IMG_0473

9時58分に、西へ湖岸に向かってスタートしました。
1705-02-琵琶湖⑤-IMG_0474

しばらく入江川沿いに歩きます。
1705-03-琵琶湖⑤-IMG_0476

入江橋を渡ると湖岸に出ます。橋から見た上流側です。
1705-04-琵琶湖⑤-IMG_0477

湖岸の、さざなみ街道を北へと向かいます。
1705-05-琵琶湖⑤-IMG_0478

「なべかまの里 筑摩」の標識がありました。筑摩神社の鍋冠祭りは、平安時代から続いていて、鍋冠がなぜか「なべかま」になったようです。
1705-06-琵琶湖⑤-IMG_0479

朝妻湊のあった辺りです。朝妻湊は古代から東海・北陸地方の人の行き来や荷物の運搬など、湖上交通の要港として発展してきたところです。
1705-07-琵琶湖⑤-IMG_0480

朝妻湊跡の石碑と、西行の歌碑が立っていました。歌碑は、ちょっと読みにくいですが、「おほつかな 伊吹おろしの 風先に あさ妻舟の あひやしぬらん」とあるようです。
1705-08-琵琶湖⑤-IMG_0483

天野川の河口です。多くの人が釣りをしていました。
1705-09-琵琶湖⑤-IMG_0485

心地よい風に吹かれながら、さらに北へ長浜に向かいます。
1705-10-琵琶湖⑤-IMG_0486

長浜ロイヤルホテルが見えてきました。
1705-11-琵琶湖⑤-IMG_0489

近江母の郷では、何かイベントが催されていて、大勢の人で賑わっていました。
1705-12-琵琶湖⑤-IMG_0492

長浜ドームとその後ろに伊吹山が見えます。
1705-13-琵琶湖⑤-IMG_0493

長浜バイオ大学の前を通ります。
1705-14-琵琶湖⑤-IMG_0495

黄金色に実った麦畑の向こうに伊吹山がそびえています。このあたりは、小麦の大産地です。
1705-15-琵琶湖⑤-IMG_0497

ビワイチを自転車で回る人たちが増えてきたようで、ツーリングの自転車がよく通ります。
1705-16-琵琶湖⑤-IMG_0498

豊公園に着きました。噴水がきれいです。ここで昼食休憩です。
1705-17-琵琶湖⑤-IMG_0499
1705-18-琵琶湖⑤-IMG_0500

振り返ると長浜城がすぐ近くです。この公園は、長浜ツーデーの会場になっています。
1705-19-琵琶湖⑤-IMG_0501

昼食を済ませて、さらに北へ湖岸を歩きます。湖がかなり波立っています。
1705-20-琵琶湖⑤-IMG_0503

秀吉公が在城時に使われたと伝わる井戸の跡で、逆光で読みにくいですが、「太閤井戸跡」と書いてあります。渇水時のみ近くまで行くことができるそうです。
1705-21-琵琶湖⑤-IMG_0504

かなり風が強くなり、海のようです。
1705-22-琵琶湖⑤-IMG_0505

湖岸道路を、風に吹かれながらさらに北へと進みます。
1705-23-琵琶湖⑤-IMG_0506

姉川大橋を渡ります。姉川の上流側です。
1705-24-琵琶湖⑤-IMG_0507

道路脇に、マメ科の野草が紫色の花をつけていました。野草も、まとまって咲くときれいです。
1705-25-琵琶湖⑤-IMG_0510

田植えの終わったばかりの水田と黄金色の麦畑、その向こうには伊吹山が、美しい風景です。
1705-26-琵琶湖⑤-IMG_0511

奥びわスポーツの森の前を通過です。
1705-27-琵琶湖⑤-IMG_0513

「水鳥の里」という老人ホームの所で、さざなみ街道と分かれて、河毛駅に向かいます。この地点の通過時刻が13時40分で、急げば14時21分の電車に間に合うかと思ってピッチを上げて歩いていたのですが、地図をよく見ると、まだ5Km程あり、40分では無理なので、諦めてのんびり景色を楽しみながら歩くことにしました。
1705-28-琵琶湖⑤-IMG_0514
1705-29-琵琶湖⑤-IMG_0515

水田の中をまっすぐ東へ進む道です。
1705-30-琵琶湖⑤-IMG_0516

麦畑が広がっています。水田より麦畑のほうが多いようです。
1705-31-琵琶湖⑤-IMG_0517

集落に入ったところに伊豆神社がありました。欅の巨木が繁る立派な神社です。
1705-32-琵琶湖⑤-IMG_0518

河毛駅に到着。14時43分でした。15時21分まで何もない駅でしばらく電車を待っていました。
1705-33-琵琶湖⑤-IMG_0523

駅の反対側には、浅井長政とお市の像が立っています。
1705-34-琵琶湖⑤-IMG_0524

所要時間4時間45分、歩行時間4時間30分、歩行距離24.9Km,歩行速度5.5Km/hでした。
今日は、一日中快晴で、気温は21度前後で、湖岸は常に風があり、時にはかなり強く帽子が飛ばされそうになりましたが、暑くはなく、美しい景色を楽しみながら気持ちよく歩けました。奥琵琶湖は、交通の便が悪いですが、自然がそのまま残っていて、歩くのが楽しみです。






琵琶湖一周 | 20:24:27 | コメント(4)
琵琶湖一周10回割 ④ 史跡・古城偲びコース

4月9日(日)曇

能登川駅→よし笛ロード→愛知川橋→さざなみ街道→犬上橋→芹川橋→松原町→米原駅(27Km)

1704-00-琵琶湖④-軌跡

午前中は曇り、午後は晴れるとの予報でしたが、雨は降りませんでしたが、午後も曇り空で、風が強く肌寒い一日でした。電車が遅れたため、能登川駅には9寺30分近くに着き、コース説明などのあと、9時40分頃出発しました。
1704-01-琵琶湖④-File0003

湖岸まで、よし笛ロードを5Kmほど歩いていきます。
1704-02-琵琶湖④-File0005
1704-03-琵琶湖④-File0006

湖岸近くの愛知川を渡ります。
1704-04-琵琶湖④-File0007

ここから、湖岸沿いにさざなみ街道を歩きます。曇り空で、対岸の比良山は霞んでいます。
1704-05-琵琶湖④-File0011

晴れていると、比良山をバックに美しい景色を楽しめるところです。
1704-07-琵琶湖④-File0016
1704-08-琵琶湖④-File0017

道路沿いに、揚水場跡の碑がたっていました。
1704-09-琵琶湖④-File0018

12時前に、公園で昼食休憩です。桜は七分咲くらいでした。
1704-10-琵琶湖④-File0021

風が強く、湖面が波立って海のようでした。
1704-11a-琵琶湖④-File0022
1704-11b-琵琶湖④-File0027

近江八景に倣って、「彦根八景」というのもあるようですね。
1704-12-琵琶湖④-File0023

滋賀県立大学への道路の桜並木もきれいに咲いていました。
1704-14-琵琶湖④-File0033
1704-15-琵琶湖④-File0035

犬上橋を渡ります。沖に見える小さな島は、多景島ではないかと思います。
1704-16-琵琶湖④-File0036
1704-17-琵琶湖④-File0037

しばらく桜を眺めながら歩きます。
1704-18-琵琶湖④-File0039
1704-19-琵琶湖④-File0040

彦根城が少し見えました。桜の名所ですが、寄っている時間がないのは残念です。
1704-20-琵琶湖④-File0042

きれいな松林が続いてます。
1704-21-琵琶湖④-File0044
1704-22-琵琶湖④-File0045

松原町で湖岸と分かれて、米原駅へ向かいます。
1704-23-琵琶湖④-File0046

しばらく線路沿いに歩きます。
1704-24-琵琶湖④-File0048

米原駅に14寺54分到着です。
1704-25-琵琶湖④-File0050

今日は、午後から晴れの予報だったのですが、結局、風の強い曇天の一日でした。雪をかぶった比良山系を眺めながら歩くのは好きですが、どんよりした空では気分も良くないですね。
琵琶湖もだいぶ北へ来ましたが、次回からさらに北へ行くと、電車が1時間に1本しか無くなり、往復に時間がかかるようになります。





琵琶湖一周 | 21:47:31 | コメント(6)
次のページ

FC2Ad