■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

琵琶湖一周10回割 古戦場・賤ヶ岳隧道越コース
7月2日(日)曇

河毛駅→余呉川河口→湖北野鳥センター→西野水道→賤ヶ岳隧道→飯浦→塩津浜→塩津海道→近江塩津駅(26Km)

1707-00-琵琶湖⑥-軌跡

琵琶湖一周も6回目になりました。今のところ皆勤です。今日は友人2名も参加で、いよいよ琵琶湖最北端です。河毛駅に、9時50分到着、米原から先は、電車が1時間に1本なので、殆どの人が同じ電車でした。10時10分のスタートまで、しばらく談笑。
1707-01-琵琶湖⑥-IMG_0808

コース説明などのあと、10時12分に100名足らずで出発しました。先頭は相変わらず速く、どんどん先へ行きますが、どうも昨日の三輪山の急坂の上り下りが少し足に来たようで、しばらくはスローペースです。駅前は人家もあまりなく、田植えの終わったばかりの水田が広がっていました。高時川に架かる新福橋を渡ります。
1707-02-琵琶湖⑥-IMG_0809

湖岸まで約5Kmの道を西へ向かいます。
1707-03-琵琶湖⑥-IMG_0810

所々に集落があり、それぞれに立派な神社がありました。
1707-04-琵琶湖⑥-IMG_0811
1707-05-琵琶湖⑥-IMG_0813

青々とよく育っている田圃が続きます。
1707-06-琵琶湖⑥-IMG_0815

やっと湖岸に出ました。しばらく湖岸道路を歩きます。ここまで来ると、だいぶ人がバラけてきました。
1707-07-琵琶湖⑥-IMG_0816

余呉川の河口の橋を渡ります。
1707-08-琵琶湖⑥-IMG_0817

上流側の景色です。
1707-09-琵琶湖⑥-IMG_0818

湖北野鳥センター/琵琶湖水鳥・湿地センター の前を通ります。窓際には野鳥観測用の双眼鏡が並んでいるのが見えます。
1707-10-琵琶湖⑥-IMG_0819

野鳥センター前の湖岸に生えている木々は、ヤナギだそうです。ちょっと面白い風景です。
1707-11-琵琶湖⑥-IMG_0821

さらに湖岸を歩いていきます。
1707-12-琵琶湖⑥-IMG_0824

風がなく、湖面は静かです。奥琵琶湖の湖岸は自然のままのところが多く、ちょっと霞んでいますが景色の良いところです。
1707-13-琵琶湖⑥-IMG_0826

しばらく行くと、山が湖岸に迫ってきて、湖岸道路がなくなり、内陸へ入って行きます。少し行った所にあ西野水道があります。
1707-14-琵琶湖⑥-IMG_0827
1707-15-琵琶湖⑥-IMG_0829

モニュメントがあり、公園になっていました。ここで、3人で昼食休憩です。
1707-16-琵琶湖⑥-IMG_0830

昼食後は、しばらく余呉川沿いの県道を北へ進みます。
1707-17-琵琶湖⑥-IMG_0833
1707-18-琵琶湖⑥-IMG_0835

余呉川を離れて塩津街道へ、賤ヶ岳隧道への登りです。車は県道から国道へと真っ直ぐ北へ行くので、今はこの道を通る車はあまりありません。
1707-19-琵琶湖⑥-IMG_0838

トンネル入口です。中はたいへん涼しいです。
1707-20-琵琶湖⑥-IMG_0839

トンネルを出てると、飯浦に向かって下っていきます。
1707-21-琵琶湖⑥-IMG_0842

入江を廻って振り返ると、今通ってきた賤ヶ岳が湖面に影を落としていました。
1707-22-琵琶湖⑥-IMG_0846

琵琶湖最北端の塩津浜をあとにして、塩津駅に向かいます。「塩津海道」の道標が立っていました。
1707-23-琵琶湖⑥-IMG_0850

約5Km程歩いて、塩津駅に15時32分到着し、15時40分の電車になんとか間に合いました。これに乗り遅れると、1時間後になります。
1707-24-琵琶湖⑥-IMG_0855

所要時間5時間20分、歩行時間4時間42分、歩行距離26.2Kmでした。
雨には降られませんでしたが、風がなく、気温も30℃を越えて蒸し暑く、最後はバテバテでした。奥琵琶湖は、景色もよく気持ちよく歩けるところですが、こう蒸し暑いと歩くだけで精一杯という感じでした。電車に乗ってしばらくして外を見ると、雨が激しく降っていました。 ちょっと違いで降られずに幸いでした。 予報では、15時頃雨でしたが、少し遅くなったようです。
次回は、9月の終わりなので、景色を楽しみながら歩けるだろうと期待しています。





スポンサーサイト
琵琶湖一周 | 21:49:05 | コメント(6)
琵琶湖一周10回割 ⑤ 湖畔旅愁コース
5月28日(日)快晴

米原駅→入江橋→さざなみ街道→朝妻湊跡→長浜バイオ大学→豊公園→奥びわスポーツの森→河毛駅(25Km)

1705-00-琵琶湖⑤-軌跡

琵琶湖一周もだんだん北へ進み、往復に時間がかかるようになってきました。米原から北へ行くと、電車が1時間に1本しかありません。帰りの電車の時間を気にしながら歩くことになります。
今日は、朝から快晴、余り気温も上がらず、湖畔はかなり強い風が吹いていて涼しく、歩きやすい気候でした。9時30分ころに米原駅に着き、受付を済ませ出発まで待ちます。今日は、今までで参加者が一番少なくて、90名位だったようです。
1705-01-琵琶湖⑤-IMG_0473

9時58分に、西へ湖岸に向かってスタートしました。
1705-02-琵琶湖⑤-IMG_0474

しばらく入江川沿いに歩きます。
1705-03-琵琶湖⑤-IMG_0476

入江橋を渡ると湖岸に出ます。橋から見た上流側です。
1705-04-琵琶湖⑤-IMG_0477

湖岸の、さざなみ街道を北へと向かいます。
1705-05-琵琶湖⑤-IMG_0478

「なべかまの里 筑摩」の標識がありました。筑摩神社の鍋冠祭りは、平安時代から続いていて、鍋冠がなぜか「なべかま」になったようです。
1705-06-琵琶湖⑤-IMG_0479

朝妻湊のあった辺りです。朝妻湊は古代から東海・北陸地方の人の行き来や荷物の運搬など、湖上交通の要港として発展してきたところです。
1705-07-琵琶湖⑤-IMG_0480

朝妻湊跡の石碑と、西行の歌碑が立っていました。歌碑は、ちょっと読みにくいですが、「おほつかな 伊吹おろしの 風先に あさ妻舟の あひやしぬらん」とあるようです。
1705-08-琵琶湖⑤-IMG_0483

天野川の河口です。多くの人が釣りをしていました。
1705-09-琵琶湖⑤-IMG_0485

心地よい風に吹かれながら、さらに北へ長浜に向かいます。
1705-10-琵琶湖⑤-IMG_0486

長浜ロイヤルホテルが見えてきました。
1705-11-琵琶湖⑤-IMG_0489

近江母の郷では、何かイベントが催されていて、大勢の人で賑わっていました。
1705-12-琵琶湖⑤-IMG_0492

長浜ドームとその後ろに伊吹山が見えます。
1705-13-琵琶湖⑤-IMG_0493

長浜バイオ大学の前を通ります。
1705-14-琵琶湖⑤-IMG_0495

黄金色に実った麦畑の向こうに伊吹山がそびえています。このあたりは、小麦の大産地です。
1705-15-琵琶湖⑤-IMG_0497

ビワイチを自転車で回る人たちが増えてきたようで、ツーリングの自転車がよく通ります。
1705-16-琵琶湖⑤-IMG_0498

豊公園に着きました。噴水がきれいです。ここで昼食休憩です。
1705-17-琵琶湖⑤-IMG_0499
1705-18-琵琶湖⑤-IMG_0500

振り返ると長浜城がすぐ近くです。この公園は、長浜ツーデーの会場になっています。
1705-19-琵琶湖⑤-IMG_0501

昼食を済ませて、さらに北へ湖岸を歩きます。湖がかなり波立っています。
1705-20-琵琶湖⑤-IMG_0503

秀吉公が在城時に使われたと伝わる井戸の跡で、逆光で読みにくいですが、「太閤井戸跡」と書いてあります。渇水時のみ近くまで行くことができるそうです。
1705-21-琵琶湖⑤-IMG_0504

かなり風が強くなり、海のようです。
1705-22-琵琶湖⑤-IMG_0505

湖岸道路を、風に吹かれながらさらに北へと進みます。
1705-23-琵琶湖⑤-IMG_0506

姉川大橋を渡ります。姉川の上流側です。
1705-24-琵琶湖⑤-IMG_0507

道路脇に、マメ科の野草が紫色の花をつけていました。野草も、まとまって咲くときれいです。
1705-25-琵琶湖⑤-IMG_0510

田植えの終わったばかりの水田と黄金色の麦畑、その向こうには伊吹山が、美しい風景です。
1705-26-琵琶湖⑤-IMG_0511

奥びわスポーツの森の前を通過です。
1705-27-琵琶湖⑤-IMG_0513

「水鳥の里」という老人ホームの所で、さざなみ街道と分かれて、河毛駅に向かいます。この地点の通過時刻が13時40分で、急げば14時21分の電車に間に合うかと思ってピッチを上げて歩いていたのですが、地図をよく見ると、まだ5Km程あり、40分では無理なので、諦めてのんびり景色を楽しみながら歩くことにしました。
1705-28-琵琶湖⑤-IMG_0514
1705-29-琵琶湖⑤-IMG_0515

水田の中をまっすぐ東へ進む道です。
1705-30-琵琶湖⑤-IMG_0516

麦畑が広がっています。水田より麦畑のほうが多いようです。
1705-31-琵琶湖⑤-IMG_0517

集落に入ったところに伊豆神社がありました。欅の巨木が繁る立派な神社です。
1705-32-琵琶湖⑤-IMG_0518

河毛駅に到着。14時43分でした。15時21分まで何もない駅でしばらく電車を待っていました。
1705-33-琵琶湖⑤-IMG_0523

駅の反対側には、浅井長政とお市の像が立っています。
1705-34-琵琶湖⑤-IMG_0524

所要時間4時間45分、歩行時間4時間30分、歩行距離24.9Km,歩行速度5.5Km/hでした。
今日は、一日中快晴で、気温は21度前後で、湖岸は常に風があり、時にはかなり強く帽子が飛ばされそうになりましたが、暑くはなく、美しい景色を楽しみながら気持ちよく歩けました。奥琵琶湖は、交通の便が悪いですが、自然がそのまま残っていて、歩くのが楽しみです。






琵琶湖一周 | 20:24:27 | コメント(4)
琵琶湖一周10回割 ④ 史跡・古城偲びコース

4月9日(日)曇

能登川駅→よし笛ロード→愛知川橋→さざなみ街道→犬上橋→芹川橋→松原町→米原駅(27Km)

1704-00-琵琶湖④-軌跡

午前中は曇り、午後は晴れるとの予報でしたが、雨は降りませんでしたが、午後も曇り空で、風が強く肌寒い一日でした。電車が遅れたため、能登川駅には9寺30分近くに着き、コース説明などのあと、9時40分頃出発しました。
1704-01-琵琶湖④-File0003

湖岸まで、よし笛ロードを5Kmほど歩いていきます。
1704-02-琵琶湖④-File0005
1704-03-琵琶湖④-File0006

湖岸近くの愛知川を渡ります。
1704-04-琵琶湖④-File0007

ここから、湖岸沿いにさざなみ街道を歩きます。曇り空で、対岸の比良山は霞んでいます。
1704-05-琵琶湖④-File0011

晴れていると、比良山をバックに美しい景色を楽しめるところです。
1704-07-琵琶湖④-File0016
1704-08-琵琶湖④-File0017

道路沿いに、揚水場跡の碑がたっていました。
1704-09-琵琶湖④-File0018

12時前に、公園で昼食休憩です。桜は七分咲くらいでした。
1704-10-琵琶湖④-File0021

風が強く、湖面が波立って海のようでした。
1704-11a-琵琶湖④-File0022
1704-11b-琵琶湖④-File0027

近江八景に倣って、「彦根八景」というのもあるようですね。
1704-12-琵琶湖④-File0023

滋賀県立大学への道路の桜並木もきれいに咲いていました。
1704-14-琵琶湖④-File0033
1704-15-琵琶湖④-File0035

犬上橋を渡ります。沖に見える小さな島は、多景島ではないかと思います。
1704-16-琵琶湖④-File0036
1704-17-琵琶湖④-File0037

しばらく桜を眺めながら歩きます。
1704-18-琵琶湖④-File0039
1704-19-琵琶湖④-File0040

彦根城が少し見えました。桜の名所ですが、寄っている時間がないのは残念です。
1704-20-琵琶湖④-File0042

きれいな松林が続いてます。
1704-21-琵琶湖④-File0044
1704-22-琵琶湖④-File0045

松原町で湖岸と分かれて、米原駅へ向かいます。
1704-23-琵琶湖④-File0046

しばらく線路沿いに歩きます。
1704-24-琵琶湖④-File0048

米原駅に14寺54分到着です。
1704-25-琵琶湖④-File0050

今日は、午後から晴れの予報だったのですが、結局、風の強い曇天の一日でした。雪をかぶった比良山系を眺めながら歩くのは好きですが、どんよりした空では気分も良くないですね。
琵琶湖もだいぶ北へ来ましたが、次回からさらに北へ行くと、電車が1時間に1本しか無くなり、往復に時間がかかるようになります。





琵琶湖一周 | 21:47:31 | コメント(6)
琵琶湖一周10回割 ③ 長命寺と沖島展望コース
3月18日(土)晴

近江八幡駅→町並み→八幡堀→運動公園→長命寺港→さざなみ街道→国民休暇村→びわ湖よし笛ロード→水車資料館→能登川市街→能登川駅(24Km)
1703-00-琵琶湖③-軌跡b

琵琶湖東岸は、電車の駅から湖岸までが遠いので、湖岸を歩く距離は短くなります。今日は、午前中は快晴で風もあまりない、ウォーキング日和で、年寄り3人組で参加しました。
近江八幡駅で受付を済ませ、コース説明などのあと、9時35分にスタートしました。参加者は以外と少なく百数十名でした。
1703-01-琵琶湖③-IMG_0381

まず、古い町並みが残る細い道を湖岸に向かって歩きます。八幡神社の前を通過。鳥居と拝殿です。
1703-02-琵琶湖③-IMG_0384
1703-03-琵琶湖③-IMG_0385

八幡堀の手前に、近江八幡教会があります。この教会は、当初ヴォーリズが1924年に建てたもので、火事で焼失後,1983年に再建されたものです。近江八幡には、近江兄弟社の創立者で、建築家であるヴォーリズが建てた建物が多く残されています。
1703-04-琵琶湖③-IMG_0387

八幡堀に出て、堀沿いに歩きます。
1703-05-琵琶湖③-IMG_0388

この橋を渡ると日牟禮八幡宮ですが、そのまま堀沿いに進みます。
1703-06-琵琶湖③-IMG_0389

しばらく堀を眺めながら歩きます。
1703-07-琵琶湖③-IMG_0392
1703-08-琵琶湖③-IMG_0393

正面に八幡山が見えます。
1703-09-琵琶湖③-IMG_0394

八王子神社の前を通過。
1703-10-琵琶湖③-IMG_0396

しばらく、田園地帯を湖岸に向かって歩いていきます。
1703-11-琵琶湖③-IMG_0397

対岸の比良山系が見えてきました。
1703-12-琵琶湖③-IMG_0399

長命寺川を渡ると湖岸のさざなみ街道に出ます。
1703-13-琵琶湖③-IMG_0401

橋の上から診た比良山系です。
1703-14-琵琶湖③-IMG_0402

長命寺への参道入口です。長命寺は、行ったことがないので行きたいところですが、だいぶ登らないといけないので、参道入り靴の写真を撮っただけです。
1703-15-琵琶湖③-IMG_0403
1703-16-琵琶湖③-IMG_0404

その隣りには、日吉神社がありました。
1703-17-琵琶湖③-IMG_0405

長命寺港です。ここから沖島への船が出ています。
1703-18-琵琶湖③-IMG_0406

琵琶湖周航の歌の歌碑がありました。
1703-19-琵琶湖③-IMG_0408
1703-20-琵琶湖③-IMG_0409

しばらく、比良山系を眺めながら湖岸を歩きます。
1703-21-琵琶湖③-IMG_0412

釣り船が一艘出ていました。
1703-22-琵琶湖③-IMG_0413

隠岐の島が見えてきました。
1703-23-琵琶湖③-IMG_0417

国民休暇村入口です。
1703-24-琵琶湖③-IMG_0420

そのすぐ先の湖岸で昼食休憩しました。沖島が間近に、その先に雪をかぶった比良山系が見える絶好の昼食場所でした。水鳥も少しでしたが遊んでいました。
1703-25-琵琶湖③-IMG_0424a
1703-25-琵琶湖③-IMG_0424b
1703-26-琵琶湖③-IMG_0426

昼食後、そのすぐ先で琵琶湖と分かれて、びわ湖よし笛ロードへ向かいます。
1703-27-琵琶湖③-IMG_0429

須田川沿いに能登川に向かって歩きます。気持ちよく歩ける道でした。
1703-28-琵琶湖③-IMG_0432
1703-29-琵琶湖③-IMG_0433
1703-30-琵琶湖③-IMG_0435

途中に水車資料館があります。
1703-31-琵琶湖③-IMG_0438
1703-32-琵琶湖③-IMG_0441
1703-33-琵琶湖③-IMG_0442

能登川の市街地に入りました。愛宕神社の前を通過し、古い家並みが続く静かな住宅街を通ります。
1703-34-琵琶湖③-IMG_0446
1703-35-琵琶湖③-IMG_0447

能登川駅に14寺40分に到着しました。
1703-36-琵琶湖③-IMG_0448

GPSの記録。
所要時間5時間6分、歩行時間4時間31分、歩行距離25,4Km,平均歩速5.6Km/hでした。

今年は、参加者数は少なめですが、高速ウォーカーが多いようで、私たちはだいぶ遅い方だったようです。
毎年開催されているので、スタッフの皆さんもなれているようで、いつものことですが、手際良く運営されているようです。スタッフの皆さんありがとうございました。




琵琶湖一周 | 17:00:32 | コメント(4)
琵琶湖一周10回割 ② 近江富士と近江の街コース

2月12日(日)晴れのち曇時々雪

JR野洲駅→野洲川土手→湖岸道路→マイアミ浜→紫式部歌碑→さざなみ街道→藤ヶ崎龍神→岡山園地→よし笛ロード→近江八幡駅前(23Km) (→たねや→近江八幡駅)

GPSの軌跡です
1702-00-軌跡

天気予報では、一日中雪かみぞれでしたが、雪の琵琶湖もまた良いかなと思って参加しました。朝、家を出るときは-3℃でしたが、野洲駅について見ると、青空が広がり、辺りにも雪は全くありませんでした。コース説明などのあと、9時30分に出発しました。雪の予報のせいか、参加者は少なめでした。
野洲駅で出発を待つ人達です。
1702-01-琵琶湖②-IMG_0008

市街地を抜けて、野洲川の土手を北へ向かいます。
1702-02-琵琶湖②-IMG_0009
1702-03-琵琶湖②-IMG_0010

雪をかぶった比良山系がきれいです。
1702-04-琵琶湖②-IMG_0014

比良山系を正面に見ながら、土手を歩きます。
1702-05-琵琶湖②-IMG_0015
1702-06-琵琶湖②-IMG_0016
1702-07-琵琶湖②-IMG_0017

比良山がきれいに見えます。
1702-08-琵琶湖②-IMG_0023

湖岸道路に出ました。
1702-09-琵琶湖②-IMG_0028
1702-10-琵琶湖②-IMG_0029

鮎家の郷でトイレと小休止です。このあたりから、あちこちに雪が残っていました。
1702-11-琵琶湖②-IMG_0033

敷地内に、湖魚供養塔というのがありました。鮎家の郷には、何度も来ていますが、今回はじめて気が付きました。
1702-12-琵琶湖②-IMG_0034

紅梅が咲きかけていました。
1702-13-琵琶湖②-IMG_0035

鮎家の郷を出て間もなく雪が激しく降り出しました。
1702-14-琵琶湖②-IMG_0036

30分もすると雪は止んで、青空も見えてきました。湖岸は真っ白です。
1702-15-琵琶湖②-IMG_0037

あやめ浜の道路沿いに、紫式部の歌碑が立っています。
「おいつ島 しまもる神や いさむらん 浪もさわがぬ わらわべの浦」
1702-16-琵琶湖②-IMG_0038

さざなみ街道には雪が積もっていましたが、路面の雪は殆ど溶けていました。
1702-17-琵琶湖②-IMG_0041

また雪が振り始めました。
1702-18-琵琶湖②-IMG_0043

湖岸道路を外れて、藤ヶ崎龍神へ向かいます。ここも、何度も訪れていますが、雪は初めてです。
1702-19-琵琶湖②-IMG_0045
1702-20-琵琶湖②-IMG_0047
1702-21-琵琶湖②-IMG_0048

岡山園地で昼食休憩後、さざなみ街道と分かれて、白鳥川沿いの、よし笛ロードに入り、近江八幡駅に向かいます。左手に、八幡山を眺めながら歩きます。
1702-22-琵琶湖②-IMG_0050
1702-23-琵琶湖②-IMG_0051
1702-24-琵琶湖②-IMG_0052
1702-25-琵琶湖②-IMG_0053

畑が新雪できれいです。青空も広がってきました。
1702-26-琵琶湖②-IMG_0054
1702-27-琵琶湖②-IMG_0055

よし笛ロードの終点です。
1702-28-琵琶湖②-IMG_0056

近江八幡駅前に出てきました。ここから、駅と反対方向へ、家内に頼まれたバウムクーヘンを買いに「たねや」へ行きました。駅から意外に遠く、店は混んでいて、駅に戻るまで予想外に時間がかかりました。
たねや近江八幡店と、その先に八幡山のロープウェイが見えます。
1702-29-琵琶湖②-IMG_0057

駅に14時38分に着くと、スタッフの方が誰もいなくて、地図にある番号に電話すると、アンカーがゴールしたので、受付を終了したとのことでした。カードとIVVは次回受け取ることになりました。駅で先に受付を済ませてから、たねやに行けばよかったのですが、たねやの往復に40分位かかりました。
1702-30-琵琶湖②-IMG_0058

天気予報から、一日中雪の中を歩く覚悟で来たのですが、雪は大したことはなく、路面にはほとんど雪は残っていなくて、雪景色を楽しみながら歩きました。ちょっとゆっくり歩きすぎたようで、アンカーのあとにゴールしたのは、初めてです。
所要時間5時間12分、歩行時間4時間40分、歩行距離25.3Km、平均歩行速度5.4Km/h でした。





琵琶湖一周 | 13:34:45 | コメント(8)
次のページ

FC2Ad