■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

琵琶湖一周10回割 ④ 史跡・古城偲びコース

4月9日(日)曇

能登川駅→よし笛ロード→愛知川橋→さざなみ街道→犬上橋→芹川橋→松原町→米原駅(27Km)

1704-00-琵琶湖④-軌跡

午前中は曇り、午後は晴れるとの予報でしたが、雨は降りませんでしたが、午後も曇り空で、風が強く肌寒い一日でした。電車が遅れたため、能登川駅には9寺30分近くに着き、コース説明などのあと、9時40分頃出発しました。
1704-01-琵琶湖④-File0003

湖岸まで、よし笛ロードを5Kmほど歩いていきます。
1704-02-琵琶湖④-File0005
1704-03-琵琶湖④-File0006

湖岸近くの愛知川を渡ります。
1704-04-琵琶湖④-File0007

ここから、湖岸沿いにさざなみ街道を歩きます。曇り空で、対岸の比良山は霞んでいます。
1704-05-琵琶湖④-File0011

晴れていると、比良山をバックに美しい景色を楽しめるところです。
1704-07-琵琶湖④-File0016
1704-08-琵琶湖④-File0017

道路沿いに、揚水場跡の碑がたっていました。
1704-09-琵琶湖④-File0018

12時前に、公園で昼食休憩です。桜は七分咲くらいでした。
1704-10-琵琶湖④-File0021

風が強く、湖面が波立って海のようでした。
1704-11a-琵琶湖④-File0022
1704-11b-琵琶湖④-File0027

近江八景に倣って、「彦根八景」というのもあるようですね。
1704-12-琵琶湖④-File0023

滋賀県立大学への道路の桜並木もきれいに咲いていました。
1704-14-琵琶湖④-File0033
1704-15-琵琶湖④-File0035

犬上橋を渡ります。沖に見える小さな島は、多景島ではないかと思います。
1704-16-琵琶湖④-File0036
1704-17-琵琶湖④-File0037

しばらく桜を眺めながら歩きます。
1704-18-琵琶湖④-File0039
1704-19-琵琶湖④-File0040

彦根城が少し見えました。桜の名所ですが、寄っている時間がないのは残念です。
1704-20-琵琶湖④-File0042

きれいな松林が続いてます。
1704-21-琵琶湖④-File0044
1704-22-琵琶湖④-File0045

松原町で湖岸と分かれて、米原駅へ向かいます。
1704-23-琵琶湖④-File0046

しばらく線路沿いに歩きます。
1704-24-琵琶湖④-File0048

米原駅に14寺54分到着です。
1704-25-琵琶湖④-File0050

今日は、午後から晴れの予報だったのですが、結局、風の強い曇天の一日でした。雪をかぶった比良山系を眺めながら歩くのは好きですが、どんよりした空では気分も良くないですね。
琵琶湖もだいぶ北へ来ましたが、次回からさらに北へ行くと、電車が1時間に1本しか無くなり、往復に時間がかかるようになります。





スポンサーサイト
琵琶湖一周 | 21:47:31 | コメント(6)
琵琶湖一周10回割 ③ 長命寺と沖島展望コース
3月18日(土)晴

近江八幡駅→町並み→八幡堀→運動公園→長命寺港→さざなみ街道→国民休暇村→びわ湖よし笛ロード→水車資料館→能登川市街→能登川駅(24Km)
1703-00-琵琶湖③-軌跡b

琵琶湖東岸は、電車の駅から湖岸までが遠いので、湖岸を歩く距離は短くなります。今日は、午前中は快晴で風もあまりない、ウォーキング日和で、年寄り3人組で参加しました。
近江八幡駅で受付を済ませ、コース説明などのあと、9時35分にスタートしました。参加者は以外と少なく百数十名でした。
1703-01-琵琶湖③-IMG_0381

まず、古い町並みが残る細い道を湖岸に向かって歩きます。八幡神社の前を通過。鳥居と拝殿です。
1703-02-琵琶湖③-IMG_0384
1703-03-琵琶湖③-IMG_0385

八幡堀の手前に、近江八幡教会があります。この教会は、当初ヴォーリズが1924年に建てたもので、火事で焼失後,1983年に再建されたものです。近江八幡には、近江兄弟社の創立者で、建築家であるヴォーリズが建てた建物が多く残されています。
1703-04-琵琶湖③-IMG_0387

八幡堀に出て、堀沿いに歩きます。
1703-05-琵琶湖③-IMG_0388

この橋を渡ると日牟禮八幡宮ですが、そのまま堀沿いに進みます。
1703-06-琵琶湖③-IMG_0389

しばらく堀を眺めながら歩きます。
1703-07-琵琶湖③-IMG_0392
1703-08-琵琶湖③-IMG_0393

正面に八幡山が見えます。
1703-09-琵琶湖③-IMG_0394

八王子神社の前を通過。
1703-10-琵琶湖③-IMG_0396

しばらく、田園地帯を湖岸に向かって歩いていきます。
1703-11-琵琶湖③-IMG_0397

対岸の比良山系が見えてきました。
1703-12-琵琶湖③-IMG_0399

長命寺川を渡ると湖岸のさざなみ街道に出ます。
1703-13-琵琶湖③-IMG_0401

橋の上から診た比良山系です。
1703-14-琵琶湖③-IMG_0402

長命寺への参道入口です。長命寺は、行ったことがないので行きたいところですが、だいぶ登らないといけないので、参道入り靴の写真を撮っただけです。
1703-15-琵琶湖③-IMG_0403
1703-16-琵琶湖③-IMG_0404

その隣りには、日吉神社がありました。
1703-17-琵琶湖③-IMG_0405

長命寺港です。ここから沖島への船が出ています。
1703-18-琵琶湖③-IMG_0406

琵琶湖周航の歌の歌碑がありました。
1703-19-琵琶湖③-IMG_0408
1703-20-琵琶湖③-IMG_0409

しばらく、比良山系を眺めながら湖岸を歩きます。
1703-21-琵琶湖③-IMG_0412

釣り船が一艘出ていました。
1703-22-琵琶湖③-IMG_0413

隠岐の島が見えてきました。
1703-23-琵琶湖③-IMG_0417

国民休暇村入口です。
1703-24-琵琶湖③-IMG_0420

そのすぐ先の湖岸で昼食休憩しました。沖島が間近に、その先に雪をかぶった比良山系が見える絶好の昼食場所でした。水鳥も少しでしたが遊んでいました。
1703-25-琵琶湖③-IMG_0424a
1703-25-琵琶湖③-IMG_0424b
1703-26-琵琶湖③-IMG_0426

昼食後、そのすぐ先で琵琶湖と分かれて、びわ湖よし笛ロードへ向かいます。
1703-27-琵琶湖③-IMG_0429

須田川沿いに能登川に向かって歩きます。気持ちよく歩ける道でした。
1703-28-琵琶湖③-IMG_0432
1703-29-琵琶湖③-IMG_0433
1703-30-琵琶湖③-IMG_0435

途中に水車資料館があります。
1703-31-琵琶湖③-IMG_0438
1703-32-琵琶湖③-IMG_0441
1703-33-琵琶湖③-IMG_0442

能登川の市街地に入りました。愛宕神社の前を通過し、古い家並みが続く静かな住宅街を通ります。
1703-34-琵琶湖③-IMG_0446
1703-35-琵琶湖③-IMG_0447

能登川駅に14寺40分に到着しました。
1703-36-琵琶湖③-IMG_0448

GPSの記録。
所要時間5時間6分、歩行時間4時間31分、歩行距離25,4Km,平均歩速5.6Km/hでした。

今年は、参加者数は少なめですが、高速ウォーカーが多いようで、私たちはだいぶ遅い方だったようです。
毎年開催されているので、スタッフの皆さんもなれているようで、いつものことですが、手際良く運営されているようです。スタッフの皆さんありがとうございました。




琵琶湖一周 | 17:00:32 | コメント(4)
琵琶湖一周10回割 ② 近江富士と近江の街コース

2月12日(日)晴れのち曇時々雪

JR野洲駅→野洲川土手→湖岸道路→マイアミ浜→紫式部歌碑→さざなみ街道→藤ヶ崎龍神→岡山園地→よし笛ロード→近江八幡駅前(23Km) (→たねや→近江八幡駅)

GPSの軌跡です
1702-00-軌跡

天気予報では、一日中雪かみぞれでしたが、雪の琵琶湖もまた良いかなと思って参加しました。朝、家を出るときは-3℃でしたが、野洲駅について見ると、青空が広がり、辺りにも雪は全くありませんでした。コース説明などのあと、9時30分に出発しました。雪の予報のせいか、参加者は少なめでした。
野洲駅で出発を待つ人達です。
1702-01-琵琶湖②-IMG_0008

市街地を抜けて、野洲川の土手を北へ向かいます。
1702-02-琵琶湖②-IMG_0009
1702-03-琵琶湖②-IMG_0010

雪をかぶった比良山系がきれいです。
1702-04-琵琶湖②-IMG_0014

比良山系を正面に見ながら、土手を歩きます。
1702-05-琵琶湖②-IMG_0015
1702-06-琵琶湖②-IMG_0016
1702-07-琵琶湖②-IMG_0017

比良山がきれいに見えます。
1702-08-琵琶湖②-IMG_0023

湖岸道路に出ました。
1702-09-琵琶湖②-IMG_0028
1702-10-琵琶湖②-IMG_0029

鮎家の郷でトイレと小休止です。このあたりから、あちこちに雪が残っていました。
1702-11-琵琶湖②-IMG_0033

敷地内に、湖魚供養塔というのがありました。鮎家の郷には、何度も来ていますが、今回はじめて気が付きました。
1702-12-琵琶湖②-IMG_0034

紅梅が咲きかけていました。
1702-13-琵琶湖②-IMG_0035

鮎家の郷を出て間もなく雪が激しく降り出しました。
1702-14-琵琶湖②-IMG_0036

30分もすると雪は止んで、青空も見えてきました。湖岸は真っ白です。
1702-15-琵琶湖②-IMG_0037

あやめ浜の道路沿いに、紫式部の歌碑が立っています。
「おいつ島 しまもる神や いさむらん 浪もさわがぬ わらわべの浦」
1702-16-琵琶湖②-IMG_0038

さざなみ街道には雪が積もっていましたが、路面の雪は殆ど溶けていました。
1702-17-琵琶湖②-IMG_0041

また雪が振り始めました。
1702-18-琵琶湖②-IMG_0043

湖岸道路を外れて、藤ヶ崎龍神へ向かいます。ここも、何度も訪れていますが、雪は初めてです。
1702-19-琵琶湖②-IMG_0045
1702-20-琵琶湖②-IMG_0047
1702-21-琵琶湖②-IMG_0048

岡山園地で昼食休憩後、さざなみ街道と分かれて、白鳥川沿いの、よし笛ロードに入り、近江八幡駅に向かいます。左手に、八幡山を眺めながら歩きます。
1702-22-琵琶湖②-IMG_0050
1702-23-琵琶湖②-IMG_0051
1702-24-琵琶湖②-IMG_0052
1702-25-琵琶湖②-IMG_0053

畑が新雪できれいです。青空も広がってきました。
1702-26-琵琶湖②-IMG_0054
1702-27-琵琶湖②-IMG_0055

よし笛ロードの終点です。
1702-28-琵琶湖②-IMG_0056

近江八幡駅前に出てきました。ここから、駅と反対方向へ、家内に頼まれたバウムクーヘンを買いに「たねや」へ行きました。駅から意外に遠く、店は混んでいて、駅に戻るまで予想外に時間がかかりました。
たねや近江八幡店と、その先に八幡山のロープウェイが見えます。
1702-29-琵琶湖②-IMG_0057

駅に14時38分に着くと、スタッフの方が誰もいなくて、地図にある番号に電話すると、アンカーがゴールしたので、受付を終了したとのことでした。カードとIVVは次回受け取ることになりました。駅で先に受付を済ませてから、たねやに行けばよかったのですが、たねやの往復に40分位かかりました。
1702-30-琵琶湖②-IMG_0058

天気予報から、一日中雪の中を歩く覚悟で来たのですが、雪は大したことはなく、路面にはほとんど雪は残っていなくて、雪景色を楽しみながら歩きました。ちょっとゆっくり歩きすぎたようで、アンカーのあとにゴールしたのは、初めてです。
所要時間5時間12分、歩行時間4時間40分、歩行距離25.3Km、平均歩行速度5.4Km/h でした。





琵琶湖一周 | 13:34:45 | コメント(8)
琵琶湖一周10回割 ① 近江八景満喫コース

1月29日(日)晴のち曇

JR石山駅→瀬田唐橋→(さざなみ街道)→八幡帰帆島→平湖真珠養殖場→烏丸記念公園→(すこやか通り)→守山市民球場前→野洲駅(24Km)

1701-00-琵琶湖①-軌跡

大阪・関西歩け歩け協会主催で、琵琶湖一周約240Kmを10回に分けて歩こうという企画で、13回目になります。当初は6回割だったのが、8回割になり、数年前から10回になりました。スタッフの高齢化に伴い1回の距離を短くしていったそうです。
私は、滋賀県のビワイチ、8回割と一昨年の10回割と、琵琶湖を3周しています。琵琶湖岸を四季の変化を感じながら歩く魅力に取り憑かれ、今年もまた歩いてみることにしました。今回は、天気が良くて、都合の付くときだけ参加するつもりで、完歩できれば儲けものという感じです。今年は、石山から出発して反時計回りで、琵琶湖大橋を渡らないコースになっています。

9時に石山駅に着くと、既に大勢に人が集まっていました。この所、例会などにあまり参加していないので、久しぶりに多くの知り合いの方に会いました。
1701-01-琵琶湖①-IMG_1470

芭蕉像の前で、会長の挨拶、コース説明などのあと、9時20分に友人のMさんと出発しました。
1701-02-琵琶湖①-IMG_1472

瀬田川沿いに南へ進みます。
1701-03-琵琶湖①-IMG_1475

瀬田唐橋を渡ります。
1701-04-琵琶湖①-IMG_1476
1701-05-琵琶湖①-IMG_1477

東岸の湖岸沿いに、さざなみ街道を北へ向かいます。対岸に、大津の町並みと比叡山が見えます。
1701-06-琵琶湖①-IMG_1479

近江大橋の手前では、学生がボートの練習をしていました。
1701-07-琵琶湖①-IMG_1480

雪をかぶった比良山を眺めながら、さざなみ街道を行きます。
1701-08-琵琶湖①-IMG_1483

少し霞んでいますが、比良山系がきれいです。
1701-09-琵琶湖①-IMG_1484
1701-10-琵琶湖①-IMG_1490

湖岸では、葦の刈入れのあとを焼いていました。
1701-11-琵琶湖①-IMG_1486

琵琶湖博物館への道の入り口にある烏丸記念公園で昼食休憩です。
今日は、足が重たく感じられ、あまり早く歩けず、5km/h 位のスローペースで、ここまで15kmに2時間50分かかりました。少しゆっくり休んで、12時36分に再出発しました。
1701-12-琵琶湖①-IMG_1493

さざなみ街道に戻って、さらに北へ進みます。
1701-13-琵琶湖①-IMG_1494

前回までは、さざなみ街道をもう少し北へ歩いて琵琶湖大橋を渡って堅田がゴールでしたが、今回は途中で琵琶湖と別れて、「すこやか通り」を東へ、守山市内を通って野洲駅へ向かいます。昼休憩後は、体調もだいぶ良くなり、ほぼいつものペースに戻って歩けるようになりました。
1701-14-琵琶湖①-IMG_1496
1701-15-琵琶湖①-IMG_1498

畑が一面きれいな緑色になっていました。多分麦畑だと思います。この辺は麦の産地です。
1701-16-琵琶湖①-IMG_1499

野洲川に架かる野洲川橋から見た下流の風景です。
1701-17-琵琶湖①-IMG_1502

琵琶湖東岸は、東海道線が少し内陸部を通っているので、駅までかなり距離があります。この「すこやか通り」も割に単調でした。14時28分に野洲駅に到着です。
1701-18-琵琶湖①-IMG_1503

所要時間5時間8分、歩行時間4時間34分、歩行距離 25.0Km、平均歩速 5.5Km/h でした。今日は、どうも体調が良くなく予定以上に時間がかかり、当初一緒に歩いていた友人のMさんにも置いて行かれていまい、最後まで追いつけませんでした。
やはり琵琶湖は良いですね。都合がつく限り、できるだけ参加しようと思っています。




琵琶湖一周 | 20:16:57 | コメント(6)
琵琶湖一周10回割 ④ 春爛漫満喫コース
4月10日(日)曇

近江中庄駅→中庄浜→マキノビーチ→海津大崎→二本松キャンプ場→大浦口→丸子船の館→岩熊トンネル→近江塩津駅(22Km)
1604海津大崎-00-軌跡

今年は、琵琶湖を一周する予定ではないのですが、今回は、さくら名所100選の地にも選定されている海津大崎へ、丁度満開の時に行くのでこの10回割に参加しました。 昨年の4月は、新旭の桜街道を歩いて、海津大崎は5月だったので、満開の海津大崎は一昨年以来です。
近江中庄駅を、9時55分に出発し、湖岸に向かいました。
1604海津大崎-01-IMG_0009

マキノビーチあたりから見た海津大崎です。
1604海津大崎-02-IMG_0013

桜並木の入り口です。すでに大勢の車と人で混雑していました。
1604海津大崎-03-IMG_0014

人混みをかき分けながら、満開の桜の下を歩いて行きました。
1604海津大崎-04-IMG_0015
1604海津大崎-05-IMG_0016
1604海津大崎-06-IMG_0017
1604海津大崎-07-IMG_0019
1604海津大崎-08-IMG_0020

海津トンネルを抜けると、人は少し少なくなりましたが、桜並木はまだまだ続きます。湖には、観桜船やボート、カヌー、ヨットなどが多数出ていました。
1604海津大崎-09-IMG_0022
1604海津大崎-10-IMG_0024

二本松キャンプ場を過ぎたあたりで、永原から来られた、滋賀県WAの例会の皆さんと出会い、挨拶を交わしながらすれ違いました。 友人のMさん、Nさんとまた出会いました。 滋賀県WAの皆さんも、コンパクトにまとまって整然と並んで歩いておられました。 混雑する人波をかき分けて歩くのに、スタッフの方々も苦労されるのだろうと思います。
1604海津大崎-11-IMG_0025

桜並木は、入江の奥まで続きます。
1604海津大崎-12-IMG_0027

入江の最奥部、西浅井の大浦が見えてきました。浜では、テントや屋台が出て賑わっていました。
1604海津大崎-13-IMG_0028

丁度昼時なので、大浦の湖岸で昼食休憩です。歩いてきた、海津大崎が遠くに見えました。今日は、一日中曇り空で、少し霞んでいます。
1604海津大崎-14-IMG_0029

ここで、湖から離れて北へ向かうと、間もなく丸子船の館がありました。 西浅井は、古来より北陸から関西に荷を運ぶ交通の要所で、ここから船で大津まで運んでいたそうです。丸子船は、荷を運ぶ小型の帆船で、大きな丸太を半割にして船側に取り付けるという、琵琶湖独特形状をしています。 この館には、現存する丸子船が展示してあります。 今日は閉まっていましたが、外からガラス越しに船が見えました。
1604海津大崎-15-IMG_0031
1604海津大崎-16-IMG_0032

岩隈トンネルを抜けた先の矢合神社の枝垂れ桜も満開でした。
1604海津大崎-17-IMG_0033

近江塩津駅に13時50分到着。 趣きのある駅舎です。
1604海津大崎-18-IMG_0035

所要時間3時間50分、歩行時間3時間30分、歩行距離21,1Km、歩速6.0Km/h でした。
湖北部は気温がすこし低いため、桜の満開も関西より丁度一週間ほど遅く、先週に続いて満開の桜並木の下を歩き、桜を満喫できました。 ただ、青空が見えなかったのは残念です。 やはり、桜は青空に映えますね。 帰ってきたら、桜吹雪が舞っていました。




琵琶湖一周 | 06:10:20 | コメント(8)
次のページ

FC2Ad