■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

旧東海道線跡巡り
1月14日(日)曇

大津駅北口→旧逢坂山隧道東口→逢坂の関跡→旧大阪山隧道西口碑→旧東海道線トンネル跡→旧山科駅跡碑→ランプ小屋→JR稲荷駅(15Km)

1801-00-旧東海道線-軌跡

久しぶりに浪速の例会に参加し、旧東海道線跡を大津駅から稲荷駅まで歩きました。厳しい寒さの中、滋賀県内には、ところどころ道路にも雪が積もっていましたが、凍るほどの気温でなく、踏み固められる雪なので、普通に歩けました。
旧東海道線は、最後に残った京都ー大津間が明治11年8月に施工され、13年7月に完成しましたが、大正10年8月に新線の開通に伴い廃止されました。当時の遺構は殆ど残っていないようで、新しい石碑が立っているだけのところもいくつかありました。
大津駅前にも数センチの雪が積もっていて、駅の東の端に浪速の参加者が集まっていました。西の端には、滋賀県WAの人たちが集まっていました。
1801-01-旧東海道線-IMG_2691
1801-02-旧東海道線-IMG_2689

10時の集合でしたが、10分ほど早くにコース説明があり、10時2分に50名足らずでスタートしました。
1801-03-旧東海道線-IMG_2692

雪道を京阪の線路沿いに歩いていきます。
1801-04-旧東海道線-IMG_2693

国道1号線に出ます。道沿いに、若宮八幡宮がありました。
1801-05-旧東海道線-IMG_2694

旧逢坂山隧道東口への入口に着きました。
1801-06-旧東海道線-IMG_2697

トンネル入口と内部です。奥へは入れないようになっていました。鉄道記念物に指定されています。
1801-07-旧東海道線-IMG_2698
1801-08-旧東海道線-IMG_2701
1801-09-旧東海道線-IMG_2699説明

国道沿いに関蝉丸神社上社がありました。関蝉丸神社は、大津市内に、上社、下社と分社の蝉丸神社の3社あるそうです。
1801-10-旧東海道線-IMG_2702

その少し先に、弘法大師堂がありました。
1801-11-旧東海道線-IMG_2704

更に行った所に、逢坂の関跡の石碑が立っています。ここは、小さいですが、逢坂の関記念公園になっています。ここで列詰めとトイレ休憩ですが、トイレが混んでいて寒い中を20分ほど待ちました。
1801-12-旧東海道線-IMG_2706
1801-13-旧東海道線-IMG_2707説明

小倉百人一首で知られる、清少納言と蝉丸の歌碑が立てられていました。
1801-14-旧東海道線-IMG_2708
1801-15-旧東海道線-IMG_2710

国道と分かれて、公園前の旧道をさらに西へと行きます。明治5年創業という、うなぎの「かねよ」の前を通ります。
1801-16-旧東海道線-IMG_2712

少し行くと、旧大阪山隧道西口の碑がありました。ここは、石碑だけで何も残っていません。
1801-17-旧東海道線-IMG_2713

国道に出て、さらに西へと側道を歩いていきます。名神高速と京阪電車が並走しています。
1801-18-旧東海道線-IMG_2715

国道と分かれて、住宅地に入った所に「旧東海道線線路下トンネル跡」がありました。ここは、レンガ積みの石垣のごく一部が、住宅の土台になっていました。
1801-19-旧東海道線-IMG_2717
1801-20-旧東海道線-IMG_2718

その向かいにある、妙見寺です。
1801-21-旧東海道線-IMG_2719

その前の道を真っ直ぐ西へ向かったところにある、東野公園で昼食休憩です。昼食後は、南へ向かい、名神高速の側道に出ました。高速道の下に、旧山科駅跡と名神高速道の起工の地の石碑が立っていました。
1801-22-旧東海道線-IMG_2723
1801-23-旧東海道線-IMG_2724説明

このあとは、名神の側道を西へと歩いていきます。[醍醐天皇御母小野院陵」のところで、列詰め休憩です。
1801-24-旧東海道線-IMG_2727

さらに、名神沿いに歩いていきます。このあたりは、様々な産廃処理場が立ち並んでいました。
1801-25-旧東海道線-IMG_2728

名神と別れて、住宅地に入り、ゴールの稲荷駅に向かいます。途中に、宝塔寺(七面山)があります。このお寺は、嘉祥年間(848~51年)、藤原基経が極楽寺として創建したものが起源だそうです。
1801-26-旧東海道線-IMG_2729

JR稲荷駅近くにある、ランプ小屋です。この小屋は、1879年(明治12)の旧東海道線開通当時のもので、旧国鉄最古の建物だそうです。
1801-27-旧東海道線-IMG_2732

稲荷駅の向かいにある、稲荷大社の鳥居です。相変わらず、大勢の観光客で賑わっていました。
1801-28-旧東海道線-IMG_2731

ゴールの稲荷駅に、13時57分に着きました。
1801-29-旧東海道線-IMG_2730

所要時間3時間55分、歩行時間2時間57分、歩行距離15.7Kmでした。
天気予報では、昼前ころから晴れるはずでしたが、ずっと曇り空でした。歩いているとそうでもないのですが、じっとしていると寒い一日でした。浪速の例会は、少人数で、適度な速さで歩き、また、列詰めも少なく、色々融通がきくので好きなのですが、コースが私のところからは遠いところが多く、参加しにくいのが難点です。
矢貼などしないので、分かれ道にはスタッフの方々って案内しておられますが、少ないスタッフでなかなか大変なようです。今日は、どうもありがとうございました。











スポンサーサイト
ウォーキング協会例会 | 10:30:29 | コメント(2)
新春おおさか初歩き「熊野街道と初詣コース」
2018年1月3日(水)曇

扇町公園→天神橋筋→天神橋→八軒家浜→熊野街道→高津宮→四天王寺→聖天山公園→松虫塚→安倍晴明神社→阿倍王子神社→万代池公園→住吉公園(16Km)

1801-00-大阪初詣-軌跡

大阪・関西協の初歩きに参加して、住吉大社に参拝してきました。今まで正月三が日は家族と過ごしていて、初詣ウォークには参加したことがなく、今回が初めてです。京都は人が多すぎるので敬遠して、あまり歩いたことがない大阪の街を歩くことにしました。特に、熊野街道を住吉大社まで歩くというコースに惹かれて、色々ある中でこれにしました。今日は、街歩きで初詣を兼ねているので、Gパン、コートにショルダーバッグという街歩きのスタイルで出かけています。
熊野街道は、大阪では摂津国渡辺津(天満橋付近)を起点に、四天王寺、住吉大社を経て熊野三山へ向かうもので、街道沿いには熊野権現を祭祀した九十九王子が設けられていましたが、今では失われたり、場所が分からなくなったものが多いそうです。大阪府内では、阿倍王子神社が唯一現存するもののようです。
JR天満駅から、集合場所の扇町公園へ向かいます。既に大勢の人が集まっていました。ここで、久しぶりにマサさんに会いました。
1801-01-大阪初詣-IMG_2459

会長の挨拶などの後、9時54分に自由歩行でスタートしました。
1801-02-大阪初詣-IMG_2463

少し風があって、日も差さず寒い中をしばらく天神橋筋を南下し、天神橋を渡って八軒家浜へ向かいます。
1801-03-大阪初詣-IMG_2465

八軒家浜に熊野街道の説明碑が立てられていました。
1801-04-大阪初詣-IMG_2466

熊野街道は、大通りから外れた細い道で、ほぼ真っすぐ南へ向かっています。街中は信号が多く、今日はことごとく赤信号に引っかかって待たされました。
1801-05-大阪初詣-IMG_2469

まず、郡戸王子があったと言われる、高津宮に裏から入ります。
1801-06-大阪初詣-IMG_2470

「郡戸王子推定地」の碑がありました。
1801-07-大阪初詣-IMG_2472
1801-08-大阪初詣-IMG_2473説明

拝殿です。参拝客はそれほど多くはありません。
1801-09-大阪初詣-IMG_2476

表からでて、さらに南へ向かいます。
1801-10-大阪初詣-IMG_2477

所々に、真新しい熊野街道の道標が立てられていました。
1801-11-大阪初詣-IMG_2478

四天王寺に東大門から入ります。
1801-12-大阪初詣-IMG_2479

池の向こうに、六時礼讃堂が見えます。ここもそれほどの混雑ではないようです。礼讚堂には行かずに、池の手前からそのまま南大門の方へ向かいます。
1801-13-大阪初詣-IMG_2482

西重門と塀越しに五重塔が見えます。
1801-14-大阪初詣-IMG_2484

西大門から出て、さらに熊野街道を南へと進みます。
1801-15-大阪初詣-IMG_2486

聖天山公園が昼食ポイントになっていましたが、ゴールしてから何処かで食べるつもりで、昼食を持ってきていないので、そのまま通り過ぎます。少し行くと、松虫塚がありました。その謂れについては諸説色々あるようです。この辺りの地名が「松虫」となっています。
1801-16-大阪初詣-IMG_2488

安倍晴明神社です。この神社は、平安時代の学者、阿倍晴明の生誕の地に建てられたものです。
1801-17-大阪初詣-IMG_2490

境内には、安倍公の像や、誕生地の碑などがありました。
1801-18-大阪初詣-IMG_2492
1801-19-大阪初詣-IMG_2493
1801-20-大阪初詣-IMG_2494説明

そのすぐ先にある、阿倍王子神社です。鳥居横には、「もと熊野街道」の道標がありました。
1801-21-大阪初詣-IMG_2496

さらに熊野街道を南へ進みます。車の通りも少なく歩きやすい道でした。
1801-22-大阪初詣-IMG_2498

阪堺電車の通る広い通りに一旦出ます。
1801-23-大阪初詣-IMG_2499

住吉大社の手前から西へと案内されて、どこへ行くのかと思ったら、グルっと回って住吉公園に入りました。
1801-24-大阪初詣-IMG_2500

公園の藤棚のところがゴールの受付でした。13時12分到着。所要時間3時間18分、歩行時間2時間50分、歩行距離15.9Kmでした。
1801-25a-大阪初詣-IMG_2501

お酒を頂き、くじ引きで、「京都くろちく」の少し大きい財布のようなものが当たりました。スタート時に、干支の犬の石けんをもらいました。帰ってから、シールを張って並べてみました。財布のようなものの中に、何故か丹後鉄道の天橋立駅入場券(使用済み)が入っていました。何でしょうか、これは?
1801-25b-大阪初詣-記念品

近くで昼食を摂るところはどこも混んでいるようで、一番空いていそうなモスバーガーで、久しぶりにバーガーセットを食べました。それから住吉大社に向かったのですが、参道は人で溢れていました。
1801-26-大阪初詣-IMG_2502
1801-27-大阪初詣-IMG_2504

境内はぎっしりの人で埋め尽くされていて、第三本宮から先へは進めそうもなく、第一本宮は諦めました。境内は一方通行になっていて、第一本宮の出口の方に廻って写真だけ撮りました。
1801-28-大阪初詣-IMG_2506

比較的空いていた、第三本宮に参拝しました。
1801-29-大阪初詣-IMG_2507

境内に設けられた舞台で、住吉踊りの新年特別奉納が行われていて、しばらく見物していました。
1801-30-大阪初詣-IMG_2512
1801-31-大阪初詣-IMG_2510

帰り道から見た反橋は、人でぎっしり詰まっていました。
1801-32-大阪初詣-IMG_2513

6年前の同じ日に初詣に来たのですが、その時はこんなに大勢の人ではなかったので、3日というのにあまりの人出にびっくりし、早々に引き上げました。
今日は曇り空で、時折アラレのような、みぞれのようなのがチラチラと舞い降りてきて、寒い一日でした。コースの分かれ道などには、スタッフの方が立って案内されていて、知らない街でしたが迷うこともなく歩けました。ずっと立っているのは、寒かったことと思います。どうもありがとうございました。





ウォーキング協会例会 | 14:47:06 | コメント(0)
高雄・清滝紅葉ウォーク
11月19日(日)曇時々小雨

JR太秦駅→常陸野児童公園(受付)→広沢池→後宇多天皇陵→京見峠→菖蒲谷池→河川敷広場(昼食)→清滝→落合→JR保津峡駅(18Km)

1711-00a-高雄-軌跡
1711-00b-高雄-高度

40日ぶりのウォーキングです。友人二人と一緒に京都WAの例会に参加しました。今日は真冬並みの寒さという予報通り、朝、家を出るときは3℃で、昼ころでも10℃しかなかったのですが、余り風がなく、思ったよりは寒くなくて、紅葉を楽しみながら歩きました。
太秦駅に8時30分に着き、約10分歩いて、受付・スタート地点の児童公園へ向かいました。
1711-01-高雄-IMG_1746

久しぶりの京都の例会です。公園には既にかなりの人が集まっていました。今日の参加者は、京都の例会としては少ないようで、200名でした。
1711-02-高雄-IMG_1747

コース説明などの後、9時18分にスタートし、しばらく紅葉の美しい府道を歩きます。
1711-03-高雄-IMG_1750
1711-04-高雄-IMG_1751

広沢池畔の児童公園で列詰め休憩です。
1711-05-高雄-IMG_1753

池の南西の畔に小さな児(ちご)神社があります。鳥居の横に由来書がありました。
1711-06-高雄-IMG_1757
1711-07-高雄-IMG_1758説明

広沢池から北へ向かいます。
1711-08-高雄-IMG_1762

後宇多天皇陵前を通過しました。
1711-09-高雄-IMG_1765

紅葉の名所としても知られる直指庵の門前を通過です。
1711-10-高雄-IMG_1767
1711-11-高雄-IMG_1769説明

そこから、京見峠を目指して狭い山道を一列でゆっくり登っていきます。
1711-12-高雄-IMG_1774
1711-13-高雄-IMG_1777

京見峠には、小さな祠がありました。ここは、府道31号線にある有名な京見峠とは全く別物です。
1711-14-高雄-IMG_1778
1711-15-高雄-IMG_1779

峠からは狭い山道を下っていきます。
1711-16-高雄-IMG_1781

下りきったところに菖蒲谷池があります。紅葉の美しい静かな池です。湖畔では、カモの群れが遊んでいました。
1711-17-高雄-IMG_1782
1711-18-高雄-IMG_1783
1711-19-高雄-IMG_1787
1711-20-高雄-IMG_1792
1711-21-高雄-IMG_1793

池の北端にある駐車場でしばらく列詰め休憩しました。細くて急な山道なので、先頭と最後尾の間がだいぶ空いていました。
1711-22-高雄-IMG_1795

高雄に向かって狭い山道を一列で下っていきます。昨日の雨でぬかるんでいたりして、滑りやすく歩きにくかったです。台風の影響で倒木が多く、道をふさいでいるところもありました。
1711-23-高雄-IMG_1797
1711-24-高雄-IMG_1798

高雄に下りてきました。この辺りは紅葉の見ごろには少し早いようでした。
1711-25-高雄-IMG_1799
1711-26-高雄-IMG_1800

神護寺参道入り口を通過です。
1711-27-高雄-IMG_1802

清滝川沿いに歩いていきます。紅葉の見事なところもありました。
1711-28-高雄-IMG_1804
1711-29-高雄-IMG_1805
1711-30-高雄-IMG_1806

川に沿って下っていきます。
1711-31-高雄-IMG_1808
1711-32-高雄-IMG_1810

この道は、東海自然歩道と京都一周トレイルの一部になっています。
1711-33-高雄-IMG_1811

河川敷の広場(手前)で昼食休憩です。
1711-34-高雄-IMG_1812

昼食後は、清滝から落合までの川沿いに歩きますが、滑りやすい岩の道での混雑を避けて、3人で少し先にスタートし、ゆっくり歩くことにしました。川をまたいで倒れている木が沢山ありました。この辺りは、台風の影響がかなりあったようです。
1711-35-高雄-IMG_1814

京都トレイル西山コースの案内板がありました。
1711-36-高雄-IMG_1818

清滝に着きました。紅葉がちょうど見ごろでした。
1711-37-高雄-IMG_1820
1711-38-高雄-IMG_1821

愛宕神社登山口です。
1711-39-高雄-IMG_1822

鳥居横のケーブル清滝川駅跡です。ここも紅葉が見事でした。
1711-40-高雄-IMG_1824

渡猿橋を渡ります。橋から見た清滝川の上流と下流です。
1711-41-高雄-IMG_1825
1711-42-高雄-IMG_1827
1711-43-高雄-IMG_1828

ここから落合までは、岩だらけの川沿いの道で、昨日の雨と途中で降りだした小雨のため岩が濡れていて非常に滑りやすく、足元を確かめながらゆっくり歩きました。落合に到着です。この先の橋のたもとで本隊の到着を待ちました。
1711-44-高雄-IMG_1838

本隊と合流して、保津峡駅へ向かいます。ここからは舗装道路です。駅が見えてきました。
1711-45-高雄-IMG_1840

駅に15時5分到着しました。
1711-46-高雄-IMG_1843

駅のホームから見た保津川と愛宕山です。
1711-47-高雄-IMG_1845
1711-48-高雄-IMG_1847

所要時間5時間47分、歩行時間3時間33分、歩行距離(受付場所から)17.0Kmでした。
途中で少し小雨が降りましたが、傘をさすほどでもなく良かったです。ただ、山道や河川敷の岩が濡れていて大変滑りやすかったです。このコースは初めてで、このような山道を歩くとは知らずに普通のウォーキングシューズを履いて来たので、ちょっと苦労しました。友人は、ちゃんとトレッキングシューズを履いていました。また、列詰めなどの待ち時間が長く、じっとしていると寒いので、少なくとも2つくらいにグループ分けをしてほしかったです。清滝の紅葉は丁度見ごろで、美しい景色を楽しめました。
スタッフの皆さん、どうもありがとうございました。





ウォーキング協会例会 | 22:01:58 | コメント(10)
武田尾廃線ウォーク
7月30日(日)曇

阪急宝塚駅前ゆめのひろば→生瀬→木ノ元八幡宮・木ノ元地蔵尊本元寺→廃線敷→親水広場→JR武田尾駅(12Km)

1707-00-武田尾廃線-軌跡

京都WAの例会に、今年になって始めて参加しました。一応会員なのに、このところほとんど参加していませんが、この旧福知山線の廃線跡は、一度歩いてみたいと思っていたところ、久しぶりに仲間5人が揃うことになり、参加することにしました。朝6時頃激しい雨が降りましたが、間もなく止んで、あとはずっと曇りで、蒸し暑い一日でした。
この廃線ウォークは、1986年に廃線になった旧福知山線跡を、ハイキングコースとして整備されて、6つのトンネルを懐中電灯を頼りに歩く楽しいコースです。阪急宝塚駅前広場で受付、コース説明の後、約200名の団体で、10時9分出発しました。廃線跡入口までは団体、あとは自由歩行ということでした。
1707-01-武田尾廃線-IMG_0982

武庫川に沿って北へ向かいます。
1707-02-武田尾廃線-IMG_0984
1707-03-武田尾廃線-IMG_0986

木ノ元地蔵尊木元寺への参道入口を通過します。
1707-04-武田尾廃線-IMG_0987

そのすぐ先から廃線跡に入ります。入口で列詰め休憩後、混雑を避けるため、約50人ずつのグループに分けて、順次自由歩行で再出発しました。
1707-05-武田尾廃線-IMG_0989

廃線敷と武庫川渓谷の案内板がありました。
1707-06-武田尾廃線-IMG_0990

渓谷は、朝方の大雨のせいで水かさが増え、茶色く濁っていました。清流たと美しい景色でしょうが、残念です。
1707-07-武田尾廃線-IMG_0991

枕木と砂利の残る廃線敷を歩きます。ちょっと歩きにくい道です。
1707-08-武田尾廃線-IMG_0992

最初の北山第一トンネル(319m)の入口です。
1707-09-武田尾廃線-IMG_0997

中は真っ暗で、懐中電灯だけが頼りです。湿度が高いせいか、思っていたほど涼しくはなかったです。
1707-10-武田尾廃線-IMG_0998

枕木の残る道をさらに北へ進みます。
1707-12-武田尾廃線-IMG_1000
1707-13-武田尾廃線-IMG_1001

一番長い北山第二トンネル(413m)を抜けると、濁流が音を立てて流れていました。
1707-14-武田尾廃線-IMG_1006

3つ目の横溝尾トンネル(140m)の入口です。
1707-15-武田尾廃線-IMG_1008

このトンネルを抜けると、大きな第2武庫川橋梁です。最近、改修されて中央部を通れるようになったそうで、対岸に渡ります。
1707-16-武田尾廃線-IMG_1010

4つ目の長尾山第1トンネル(300m)を抜け、武庫川を左手に見ながら歩きます。。
1707-17-武田尾廃線-IMG_1014

武庫川を眺めながら、昼食場所の親水広場へ向かいます。
1707-18-武田尾廃線-IMG_1016

親水広場にあった案内図とモニュメントです。私たちは、河原に降りて昼食を摂りました。風があって涼しく、5人で宴会(もちろんアルコール無しで)です。
1707-19-武田尾廃線-IMG_1019
1707-20-武田尾廃線-IMG_1020

5つ目の長尾山第2トンネル(142m)に入ります。
1707-21-武田尾廃線-IMG_1021

更に枕木の上を歩きます。
1707-22-武田尾廃線-IMG_1023

最後の長尾山第3トンネル(86m)出口です。
1707-23-武田尾廃線-IMG_1025

武田尾駅までもうすぐです。
1707-24-武田尾廃線-IMG_1028

駅に13時丁度に到着しました。駅は新福知山線のトンネルとトンネルの間の高架にあります。
1707-25-武田尾廃線-IMG_1031
1707-26-武田尾廃線-IMG_1033

駅のホームから見た武庫川下流側です。
1707-27-武田尾廃線-IMG_1032

所要時間2時間51分でした。歩行時間と歩行距離は、トンネル内ではGPSの電波を捉えられないので、正確な数字が出せません。
雨には降られませんでしたが、風があまりなく、蒸し暑い日でした。廃線跡は初めて歩きましたが、枕木と砂利の道でかなり歩きにくかったですが、面白い体験でした。久しぶりの仲間5人揃い踏みで楽しい日を過ごしました。それに、大半が自由歩行で良かったです。いつもこうなら、もう少し例会にも参加するのですが、どうも団体歩行は苦手です。






ウォーキング協会例会 | 21:23:54 | コメント(4)
聖徳太子葬送の道

2月19日(日) 晴

JR法隆寺駅→法隆寺→藤ノ木古墳→龍田神社→吉田寺→王寺町役場→達磨寺→尼寺廃寺跡→武烈天皇陵→旭丘近隣公園(昼食)→田尻峠→屯鶴峯→叡福寺(聖徳太子御廟所)→近鉄上ノ太子駅(25Km)

GPSの軌跡です。
1702-00-聖徳太子-軌跡

久しぶりに、浪速の例会に参加しました。聖徳太子が、622年に斑鳩宮(法隆寺の近く)で亡くなり、そのご遺体を,母が埋葬されている叡福寺まで運んで合葬したそうで、その時の道が「葬送の道」で、今日は、その道をたどります。
今日は、一日中快晴で、少し風があり、気温は低かったですが、寒くはなかったです。そのせいか、浪速の例会にしては参加者が多く100人位ではなかったかと思います。
1702-01-聖徳太子-IMG_0061

コース説明の後、9時5分に出発、北へ向かいます。
1702-02-聖徳太子-IMG_0062

法隆寺の中を通り抜けます。朝早いので、静かです。
1702-03-聖徳太子-IMG_0065
1702-04-聖徳太子-IMG_0066
1702-05-聖徳太子-IMG_0067

法隆寺を西へ抜けて、狭い住宅街を歩いていきます。雲一つない快晴で、気持ちのよい朝です。
1702-06-聖徳太子-IMG_0069
1702-07-聖徳太子-IMG_0070

藤ノ木古墳で休憩です。
1702-08-聖徳太子-IMG_0071

少し南へ行くと、龍田神社です。神社の横に街道の説明板がありました。
1702-09-聖徳太子-IMG_0075
1702-10-聖徳太子-IMG_0073 龍田神社

さらに南へ向かった所にある、「ぽっくり往生の寺」吉田寺です。この道の奥にあるようで、お参りしたかったのですが、前を素通りです。浪速の例会では、皆さんかなり速いので、ちょっと寄り道をすると、置いて行かれてしまい、なかなか追いつけません。
1702-11-聖徳太子-IMG_0076
1702-12-聖徳太子-IMG_0077

大和川に注ぐ、竜田川を渡ります。上流側の風景です。
1702-13-聖徳太子-IMG_0079

古い道標がありました。右の2つはよく読めません。
1702-14-聖徳太子-IMG_0080

大和川の土手を歩きます。
1702-15-聖徳太子-IMG_0083
1702-16-聖徳太子-IMG_0084

王子町役場の前を通ります。
1702-17-聖徳太子-IMG_0090

達磨寺です。
1702-18-聖徳太子-IMG_0092
1702-19-聖徳太子-IMG_0093

本堂の左手に、聖徳太子の愛犬・雪丸塚があります。
1702-20-聖徳太子-IMG_0094

芦田池です。
1702-21-聖徳太子-IMG_0096
1702-22-聖徳太子-IMG_0097

さらに南へ行った所にある、尼寺廃寺跡です。飛鳥時代に創建されたもののようです。今は、礎石だけが残っています。
1702-23-聖徳太子-IMG_0099
1702-24-聖徳太子-IMG_0100
1702-25-聖徳太子-IMG_0102
1702-26-聖徳太子-IMG_0103

「太子道」の道標が立っていました。
1702-27-聖徳太子-IMG_0106

住宅街を通る太子道を進みます。
1702-28-聖徳太子-IMG_0107

武烈天皇陵へ向かいます。
1702-29-聖徳太子-IMG_0109
1702-30-聖徳太子-IMG_0110

志都美神社の前を通過。
1702-31-聖徳太子-IMG_0113
1702-32-聖徳太子-IMG_0114

旭丘近隣公園で昼食休憩です。ここで15Kmの中間ゴールです。1/3くらいの人たちがここまででやめたようです。
1702-33-聖徳太子-IMG_0116

ここからは、広い車道の歩道を屯鶴峯に向かって歩いていきます。
1702-34-聖徳太子-IMG_0118

二上山が近くに見えます。
1702-35-聖徳太子-IMG_0120

道路脇に、太子道の説明板がありました。
1702-36-聖徳太子-IMG_0121 説明

屯鶴峰への登り口です。ここへは、以前から行ってみたかったのですが機会がなく今回はじめてです。
1702-37-聖徳太子-IMG_0129
1702-38-聖徳太子-IMG_0130 説明

滑りやすく、登りにくい道です。
1702-39-聖徳太子-IMG_0125

なかなかの壮観です。
1702-40-聖徳太子-IMG_0128
1702-41-聖徳太子-IMG_0127

また元の道に戻って、聖徳太子御廟へ向かいます。
1702-42-聖徳太子-IMG_0134

御廟のある叡福寺に到着です。
1702-43-聖徳太子-IMG_0135

奥にある、御廟です。扉に菊の御紋が着いています。
1702-44-聖徳太子-IMG_0139

叡福寺本堂です。
1702-45-聖徳太子-IMG_0142

ゴールの上ノ太子駅に14時48分到着。
1702-46-聖徳太子-IMG_0144

所要時間5時間43分、歩行時間4時間45分、歩行距離25.2Kmでした。
今日は、一日中快晴で、暑くもなく、寒くもなく良いウォーキング日和でした。浪速の例会は、一応団体歩行ですが、先頭集団はまとまってどんどん歩いていきますが、その後ろは適当にマイペースで、アンカーに追いつかれないように歩けば良いので、歩きやすいです。スタッフの皆さん、ありがとうございました。






ウォーキング協会例会 | 19:32:05 | コメント(4)
次のページ

FC2Ad