■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

山を登る会 苔寺谷から嵐山城址、烏ヶ岳を経て清滝
8月6日(日)曇り時々晴れ

阪急上桂駅→苔寺谷→松尾山(h276m)→嵐山城址→嵐山(h382m)→烏ヶ岳(h398m)→北松尾ロータリー→トロッコ保津峡→落合→清滝(12Km)

1708-00a-清滝-軌跡
1708-00b-清滝-YP高度(mod)


猛暑日の予報でしたが、仲間4人で山を登る会に参加して、京都西山を縦走しました。上桂駅に9時少し前に着き、少し西へ行ったビルの影で受付でした。
1708-01-清滝-IMG_1034

今日は暑いので、ゴールを嵐山から清滝に変更して、嵐山まではバスで帰るとの説明などがあり、9時15分に参加者88名で出発しました。この時既に温度計は30℃を指していました。
1708-02-清滝-IMG_1036

竹の寺として知られる地蔵院の前を通ります。
1708-03-清滝-IMG_1039
1708-04-清滝-IMG_1038

西芳寺(苔寺)の東端の門の前を通過し、西芳寺川に沿って歩いていきます。
1708-05-清滝-IMG_1041
1708-06-清滝-IMG_1042

西芳寺正門前を通過します。
1708-07-清滝-IMG_1044

しばらく行くと、道路脇に「山の神さん」という石碑が立っていました。
1708-08-清滝-IMG_1048
1708-09-清滝-IMG_1049 山の神さん説明

京都トレイルの西山51の標識のところから山道に入り、松尾山へ向かいます。
1708-10-清滝-IMG_1051

トレイルの標識に沿って、アップダウンの多い雑木林の道を登っていきます。
1708-11-清滝-IMG_1053
1708-12-清滝-IMG_1055

展望が開けて、市街地(桂方面?)が下に見えました。
1708-13-清滝-IMG_1056

風がほとんどなく、気温は28度前後でしたが、蒸し暑い中を松尾山を目指しますが、アップダウンの繰り返しで思ったより遠いようです。
1708-14-清滝-IMG_1058

松尾山に到着しました。ここには、三等三角点がありました。
1708-15-清滝-IMG_1067 松尾山頂1708-16-清滝-IMG_1065 松尾山三角点

山頂からの眺めです。
1708-17-清滝-IMG_1069

京都トレイルは、西山33から嵐山へ下りていきますが、私たちはここでトレイルと別れて、嵐山城址へと向かいます。
1708-18-清滝-IMG_1071

城跡の一部と思われるところから、市街地の向こうに北山がよく見えました。右端の山中に見える煙突は、市原のクリーンセンターではないかと思います。
1708-19-清滝-IMG_1073

嵐山山頂(h382m)に着きました。室町時代に香西元長によって築かれた嵐山城は、嵐山を中心に一帯の尾根に展開していたようですが、今は石積みとか土塁が所々に残っているらしいですが、良くわかりませんでした。
1708-20-清滝-IMG_1074

雑木林の道を下って、また登ると烏ヶ岳(h398m)です。 先頭から約25分遅れで到着です。
1708-31-清滝-IMG_1076
1708-32-清滝-IMG_1077

倒木の多い道を下っていきます。あとは下りと思ったら、またきつい登りもありました。
1708-21-清滝-IMG_1078

昼食場所の、北松尾ロータリーに12時23分に着きました。先頭は11時43分着で、すでに出発していました。木陰で休んでいる人もまだ多くいました。
1708-22-清滝-IMG_1079
1708-23-清滝-IMG_1080

ここからの下りは、大変急で滑りやすい道で、ロープをつかまりながら下りる所も何か所かありました。下りるのに必死で、写真はほとんど撮っていません。
1708-24-清滝-IMG_1082
1708-33-清滝-P1200165

激坂を下り切ってトロッコの線路下をくぐると、清滝川です。保津峡下りの船がやってきました。
1708-25-清滝-IMG_1085
1708-26-清滝-IMG_1086

トロッコ保津峡駅前の橋を渡ります。橋から見た駅と上流側の眺めです。
1708-27b-清滝-IMG_1090
1708-27a-清滝-IMG_1089

清滝川に沿ってしばらく車道を下り、落合で河原へ降りていきます。
1708-28-清滝-IMG_1092

清滝まで川沿いの滑りやすい道を登っていきます。
1708-29-清滝-IMG_1094

清滝の渡猿橋が見えてきました。
1708-30-清滝-IMG_1098

橋のところから上へあがり、ゴールのバス停に14時28分到着、バスで嵐山へと向かいました。所要時間5時間13分、歩行時間3時間38分でした。思っていたよりアップダウンがきつく、予定以上に時間がかかり、蒸し暑いので最後はバテバテでした。やはり真夏の低山歩きはきついです。






スポンサーサイト
トレッキング | 07:21:44 | コメント(4)
武田尾廃線ウォーク
7月30日(日)曇

阪急宝塚駅前ゆめのひろば→生瀬→木ノ元八幡宮・木ノ元地蔵尊本元寺→廃線敷→親水広場→JR武田尾駅(12Km)

1707-00-武田尾廃線-軌跡

京都WAの例会に、今年になって始めて参加しました。一応会員なのに、このところほとんど参加していませんが、この旧福知山線の廃線跡は、一度歩いてみたいと思っていたところ、久しぶりに仲間5人が揃うことになり、参加することにしました。朝6時頃激しい雨が降りましたが、間もなく止んで、あとはずっと曇りで、蒸し暑い一日でした。
この廃線ウォークは、1986年に廃線になった旧福知山線跡を、ハイキングコースとして整備されて、6つのトンネルを懐中電灯を頼りに歩く楽しいコースです。阪急宝塚駅前広場で受付、コース説明の後、約200名の団体で、10時9分出発しました。廃線跡入口までは団体、あとは自由歩行ということでした。
1707-01-武田尾廃線-IMG_0982

武庫川に沿って北へ向かいます。
1707-02-武田尾廃線-IMG_0984
1707-03-武田尾廃線-IMG_0986

木ノ元地蔵尊木元寺への参道入口を通過します。
1707-04-武田尾廃線-IMG_0987

そのすぐ先から廃線跡に入ります。入口で列詰め休憩後、混雑を避けるため、約50人ずつのグループに分けて、順次自由歩行で再出発しました。
1707-05-武田尾廃線-IMG_0989

廃線敷と武庫川渓谷の案内板がありました。
1707-06-武田尾廃線-IMG_0990

渓谷は、朝方の大雨のせいで水かさが増え、茶色く濁っていました。清流たと美しい景色でしょうが、残念です。
1707-07-武田尾廃線-IMG_0991

枕木と砂利の残る廃線敷を歩きます。ちょっと歩きにくい道です。
1707-08-武田尾廃線-IMG_0992

最初の北山第一トンネル(319m)の入口です。
1707-09-武田尾廃線-IMG_0997

中は真っ暗で、懐中電灯だけが頼りです。湿度が高いせいか、思っていたほど涼しくはなかったです。
1707-10-武田尾廃線-IMG_0998

枕木の残る道をさらに北へ進みます。
1707-12-武田尾廃線-IMG_1000
1707-13-武田尾廃線-IMG_1001

一番長い北山第二トンネル(413m)を抜けると、濁流が音を立てて流れていました。
1707-14-武田尾廃線-IMG_1006

3つ目の横溝尾トンネル(140m)の入口です。
1707-15-武田尾廃線-IMG_1008

このトンネルを抜けると、大きな第2武庫川橋梁です。最近、改修されて中央部を通れるようになったそうで、対岸に渡ります。
1707-16-武田尾廃線-IMG_1010

4つ目の長尾山第1トンネル(300m)を抜け、武庫川を左手に見ながら歩きます。。
1707-17-武田尾廃線-IMG_1014

武庫川を眺めながら、昼食場所の親水広場へ向かいます。
1707-18-武田尾廃線-IMG_1016

親水広場にあった案内図とモニュメントです。私たちは、河原に降りて昼食を摂りました。風があって涼しく、5人で宴会(もちろんアルコール無しで)です。
1707-19-武田尾廃線-IMG_1019
1707-20-武田尾廃線-IMG_1020

5つ目の長尾山第2トンネル(142m)に入ります。
1707-21-武田尾廃線-IMG_1021

更に枕木の上を歩きます。
1707-22-武田尾廃線-IMG_1023

最後の長尾山第3トンネル(86m)出口です。
1707-23-武田尾廃線-IMG_1025

武田尾駅までもうすぐです。
1707-24-武田尾廃線-IMG_1028

駅に13時丁度に到着しました。駅は新福知山線のトンネルとトンネルの間の高架にあります。
1707-25-武田尾廃線-IMG_1031
1707-26-武田尾廃線-IMG_1033

駅のホームから見た武庫川下流側です。
1707-27-武田尾廃線-IMG_1032

所要時間2時間51分でした。歩行時間と歩行距離は、トンネル内ではGPSの電波を捉えられないので、正確な数字が出せません。
雨には降られませんでしたが、風があまりなく、蒸し暑い日でした。廃線跡は初めて歩きましたが、枕木と砂利の道でかなり歩きにくかったですが、面白い体験でした。久しぶりの仲間5人揃い踏みで楽しい日を過ごしました。それに、大半が自由歩行で良かったです。いつもこうなら、もう少し例会にも参加するのですが、どうも団体歩行は苦手です。






ウォーキング協会例会 | 21:23:54 | コメント(4)
山を登る会 くろんど園地から星のブランコ
7月23日(日)曇

JR河内磐船駅→住吉神社→かいがけの道→竜王山(h321m)→旗振山(h354m)→くろんど園地→私市カントリークラブ→やまびこ広場→星のブランコ→ピトンの小屋→磐船峡→京阪私市駅(14Km)

1707-00a-星のブランコ-軌跡
1707-00b-星のブランコ-高度
(最初の部分で、高度が少し乱れています)

久しぶりに、山を登る会に友人2人と参加しました。河内磐船駅前で受付を済ませて、会の創立25年の記念品として蓋付きのガラス瓶(??)を頂きました。今日は、高低差の少ないコースのせいか、参加者はいつもより多いようでした。
1707-01-星のブランコ-IMG_0922

曇り空の元、簡単なコース説明の後、9時15分に出発し、駅前の道を東へ、しばらく住宅地を歩きます。
1707-02-星のブランコ-IMG_0924

間もなく住宅地を抜け、田んぼの中の道をそれぞれのペースで歩いていきます。
1707-03-星のブランコ-IMG_0926

少し歩くと、住吉神社です。祭神は住吉大神で、このあたりには住吉大神を祀る神社が多くあるそうです。鳥居と拝殿です。
1707-04-星のブランコ-IMG_0927
1707-05-星のブランコ-IMG_0929

境内の右手に「かいがけの道」(峡崖道)の入口があり、石碑と案内版が立てられていました。
1707-06-星のブランコ-IMG_0930
1707-07-星のブランコ-IMG_0932

しばらく狭いかいがけの道を一列で登っていきます。
1707-08-星のブランコ-IMG_0931
1707-09-星のブランコ-IMG_0933

途中から、竜王山への登山道に入ります。このあと、かなり急な階段の道が続きました。
1707-10-星のブランコ-IMG_0934

途中に立っていた石碑です。
1707-11-星のブランコ-IMG_0935

山頂にある、弘法大師が雨乞いをしたと伝わる竜王石です。その上には、雨乞いの神・八大竜王を祀る祠がありました。山頂付近には、このような巨岩が多くありました。
1707-12-星のブランコ-IMG_0938

山頂(h321m)には、三角点などはなく、小さな木の板が括り付けてあるだけでした。
1707-13-星のブランコ-IMG_0939

急な細い道を下っていき、旗振山を目指します。かなりアップダウンのある道でした。
1707-14-星のブランコ-IMG_0940

旗振山山頂(h345m)に着きました。ここには、三角点がありました。
1707-15-星のブランコ-IMG_0941s1707-16-星のブランコ-IMG_0944s

しばらく藪の中の道を下っていきます。
1707-17-星のブランコ-IMG_0945

視界がひらけて、棚田の向こうに市街地が霞んで見えました。
1707-18-星のブランコ-IMG_0946

急な山道は、ここまでで、後はアップダウンの少ない歩きやすい道を、くろんど園地へと向かいます。
1707-19a-星のブランコ-IMG_0947

くろんど園地入り口につきました。
1707-19b-星のブランコ-IMG_0949

キャンプ場管理棟です。
1707-20-星のブランコ-IMG_0950

道標が林立していました。
1707-21-星のブランコ-IMG_0951

くろんど園地の案内板です。右端に、山を登る会の矢貼がしてありました。いたるところに、矢貼してあるので、見落とさない限り道に迷うことはありません。
1707-22-星のブランコ-IMG_0952

園地内の広い道を歩いていきます。
1707-23-星のブランコ-IMG_0953

私市カントリークラブの端がハイキングコースになっていて、ゴルフ場に入ります。
1707-24-星のブランコ-IMG_0954

ほしだ園地入り口に着きました。
1707-25-星のブランコ-IMG_0957

前後に会のメンバーは誰もいなくなりました。
1707-26-星のブランコ-IMG_0958

昼食場所のやまびこ広場につきました(12時30分)。ほしだ園地の案内板です。
1707-27-星のブランコ-IMG_0961

大勢の人が昼食を摂っていましたが、先頭は、11時40分着で、12時20分に既に出発していました。少しゆっくり歩いていたので、先頭から40分遅れです。
1707-28-星のブランコ-IMG_0962

昼食後、星のブランコに向かいます。
1707-29-星のブランコ-IMG_0963

星のブランコに着きました。大きくて、美しい吊橋です。 中央付近では、かなり揺れていました。
1707-30-星のブランコ-IMG_0964
1707-31-星のブランコ-IMG_0967

下を覗くと、かなり深い谷で、木々を真上から見るのも珍しい風景です。
1707-32-星のブランコ-IMG_0970

渡りきったところから見た吊橋です。
1707-33-星のブランコ-IMG_0971

ピトンの小屋とその横にある大きなクライミングウォールです。
1707-34-星のブランコ-IMG_0973
1707-35-星のブランコ-IMG_0974

天野川沿いの木の道を私市駅へと向かいます。
1707-36-星のブランコ-IMG_0975

途中の天野川は、磐船峡と名付けられています。
1707-37-星のブランコ-IMG_0978

天野川の河原で子どもたちが水遊びをしていました。
1707-38-星のブランコ-IMG_0979

私市駅に14時丁度に着き、京阪で帰りました。
1707-39-星のブランコ-IMG_0980

所要時間4時間45分、歩行時間3時間43分、GPSの記録では歩行距離16.3Kmでしたが、ちょっと長過ぎるようです。どういうわけか、時々距離が長過ぎると思われることがあります。
昼頃小雨の予報でしたが、全く降らず、一日中曇り空で、湿度は高かったですが、気温は30℃以下であまり暑くなく、この時期としては、歩きやすい日でした。最初の竜王山と旗振山の上りはかなりきつかったですが、後は楽な道で、3人で楽しく歩きました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。





トレッキング | 06:40:33 | コメント(4)
次のページ

FC2Ad