■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

創立記念ウォーク「平安京を巡る①」

6月10日(日)曇


JR京都駅→ひかり公園→五条児童公園→寺町通り→京都市役所→京都御苑→晴明神社→平安京大蔵省跡→二条公園→二条城→神泉苑→JR二条駅(15Km)

1806-00-京都-軌跡 

京都府ウォーキング協会の創立30周年記念ウォークで、平安京の遺跡を巡り歩く企画です。午後から雨の予報でしたが、記念品のリュック目当てに、友人2人と参加しました。私も一応会員ではあるのですが、団体歩行が苦手で例会には今年2回目の参加です。京都駅から徒歩10数分の鴨川河川敷のひかり公園に10時集合です。大勢の参加者が集まっていました。
1806-01-京都-IMG_5167 
30週年の記念式典などのあと、10時33分にスタートし、しばらく河川敷を北上します。
1806-02-京都-IMG_5170 
高瀬川沿いに北へ歩いていきます。
1806-03-京都-IMG_5171 
光源氏のモデルと言われる源 融の河原院跡です。今日訪れる平安京の遺跡はすべて「跡」で石碑や説明板があるだけで、実際の遺跡は何も残っていません。
1806-04-京都-IMG_5174 1806-05-京都-IMG_5173 
寺町通りを北上し、観光客などで賑わう京極通りを通り抜けていきます。京極通りも一時は寂れかけていましたが、店も新しくなり、外国人観光客などですごく賑わっていました。この中を、300人を超えるリュックを背負った高齢者集団が通るのは、異様な光景でしょうね。
1806-06-京都-IMG_5177 1806-07-京都-IMG_5178 
本能寺の門前を通ります。
1806-08-京都-IMG_5179 
京都市役所です。
1806-09-京都-IMG_5180 
「本因坊発祥の地」という案内板が立っていました。「本因坊」は寂光寺の塔頭の名前だったようです。
1806-10-京都-IMG_5182説明 
下御霊神社です。
1806-11-京都-IMG_5185 1806-12-京都-IMG_5186 
新島襄の旧宅前を通過します。
1806-13-京都-IMG_5188 
御所に入っていきます。傘を必要としないような小雨が降ってきました。中立売休憩所で昼食休憩です。
1806-14-京都-IMG_5189 
晴明神社に立ち寄りました。
1806-15a-京都-IMG_5194 1806-15b-京都-IMG_5196 1806-16-京都-IMG_5191説明 
街角に、秀吉の邸宅・聚楽第跡の石碑がありました。
1806-17-京都-IMG_5201 1806-18-京都-IMG_5200説明
平安京大蔵省跡です。
1806-19-京都-IMG_5202 1806-20-京都-IMG_5203 
地位の高い妃の居所であった平安宮内裏承香殿跡です。この後ろの建物は、山中油店の町家ゲストハウスです。すべて一棟貸し切りで、HPで見ると部屋や設備もなかなか良いようで、一度泊まってみたいと思うようなところです。
1806-21-京都-IMG_5204 1806-22-京都-IMG_5205 
平安宮一本御書所跡です。1159年の平治の乱で後白河上皇が幽閉された場所としても知られています。
1806-23-京都-IMG_5207 
この辺り一帯は、文政年間創業の山中油店の店になっています。
1806-25-京都-IMG_5210 
二条城前を通過します。
1806-26-京都-IMG_5213 
朱雀門跡の碑です。ゴールまであと少しというところで雨が降り出して、傘を指して歩きました。
1806-27-京都-IMG_5214 
二条駅に14時42分到着です。今日の参加者は、322名でした。
1806-28-京都-IMG_5215 
2年以上継続の会員に配られたリュックです。25周年の時のものより良さそうです。
1806-29-京都-IMG_5218記念品 
所要時間4時間8分、歩行時間2時間30分、歩行距離12.9Kmでした。地図に書かれている15Kmは、京都駅からの距離のようです。
雨を覚悟してでかけましたが、幸いゴール間際まで傘を使わずに済ました。苦手な団体歩行ですが、友人と3人で楽しく歩きました。でも、途中の列詰め休憩が多すぎで長すぎて、退屈します。それに、観光客などの多い京都の町中を団体でぞろぞろ歩くのもどうかと思うし、久しぶりに団体歩行に参加してみて、やはり余り参加したくないと思いました。



スポンサーサイト
ウォーキング協会例会 | 09:40:00 | コメント(0)
第18回SUNーIN未来ウォーク 2日目 里見八犬伝・国鉄廃線跡コース

6月3日(日)晴


倉吉パークスクエア→倉吉市役所→打吹公園→小鴨川→上小鴨神社→宝製菓スウィートランド→国鉄廃線跡→泰久寺駅跡→山守トンネル→泰久寺駅跡→倉吉市役所関金庁舎→小鴨橋→倉吉旧市街→元帥酒造→白壁土蔵群→パークスクエア(35Km)

1806-00a-倉吉2日目-軌跡 1806-00b-倉吉2日目-高度 

今日も晴て気持ちの良い天気です。今日のコースは、前半は、遠くに大山を眺め、美しい景色を楽しみながら小鴨川沿いに歩いて、後半は、旧国鉄倉吉線の廃線跡を歩きます。倉吉線は、倉吉駅(旧上井駅)から中国山地を越えて中国勝山駅まで延伸の計画で建設されましたが、1958年に途中の山守まで完成した後、1985年に全区間が廃止されました。廃線跡は、一部にレールが残っていますが、大部分は一般道路や遊歩道として整備されています。
清々しい朝の空気の中、7時過ぎから出発式が始まりました。韓国から参加された方の紹介もありました。
1806-01-倉吉2日目-IMG_5039 
加古川のやまちゃんの見送りを受けて、7時29分にスタートしました。
1806-02-倉吉2日目-IMG_5042 
倉吉市役所前を通過です。
1806-03-倉吉2日目-IMG_5045 
打吹公園に入ります。
1806-04-倉吉2日目-IMG_5046 1806-05-倉吉2日目-IMG_5047 
台湾からの参加者もおられました。このお二人には、最後まで度々出会っています。
1806-06-倉吉2日目-IMG_5050 
小鴨川沿いの道を、美しい景色を眺めながら関金へと歩いていきます。
1806-07-倉吉2日目-IMG_5051 1806-08-倉吉2日目-IMG_5053 1806-09-倉吉2日目-IMG_5054 1806-10-倉吉2日目-IMG_5056 
遠くに大山が見えます。霞んでいて分かりにくいですが、画面中央の一番高い山です。
1806-11-倉吉2日目-IMG_5055 
愛宕山の麓に建つ上小鴨神社です。この愛宕山も、火の神を祀る信仰の山のようです。
1806-12-倉吉2日目-IMG_5061 1806-13-倉吉2日目-IMG_5062 
関金温泉に近づいてきました。
1806-14-倉吉2日目-IMG_5066 
宝製菓スウィートランドに立ち寄ります。一通りお菓子を試食して、和菓子詰め合わせのお土産を頂きました。宝製菓と米子の寿製菓は、自社ブランド菓子の他に、あまり知られていませんが、全国各地の土産菓子の製造もしています。
1806-15-倉吉2日目-IMG_5069 
この後は、国道を離れて峠を越えて廃線跡へと向かいます。
1806-16-倉吉2日目-IMG_5072 
レールと枕木が残っている廃線跡をしばらく歩きますが、とても歩きにくいです。
1806-17-倉吉2日目-IMG_5074 1806-18-倉吉2日目-IMG_5090 
旧倉吉線の終点・山守駅の一つ手前の泰久寺駅跡がチェックポイントで、高校生のボランティアが線路の上でスタンプを押してくれました。
1806-19-倉吉2日目-IMG_5077 1806-20-倉吉2日目-IMG_5079 1806-21-倉吉2日目-IMG_5089 
コースは、ここで引き返すのですが、希望者はヘルメットと懐中電灯を借りてこの先の山守トンネルまで行くことが出来ます。線路の真ん中に竹が生えていました。
1806-22-倉吉2日目-IMG_5080 1806-23-倉吉2日目-IMG_5087 
トンネル入口に着きました。
1806-24-倉吉2日目-IMG_5081 
トンネルの中は真っ暗ですが、涼しく汗が一度に引いていきます。
1806-25-倉吉2日目-IMG_5082 1806-26-倉吉2日目-IMG_5085 
トンネルを出て、来た道を暫く引き返して行き、給水ポイントの倉吉市役所関金庁舎で昼食を摂りました。
1806-27-倉吉2日目-IMG_5091 
道路脇に樹齢400年という巨大なシイの木がそびえていました。
1806-28-倉吉2日目-IMG_5092説明 1806-29-倉吉2日目-IMG_5093 
廃線跡は桜並木の遊歩道になっていました。
1806-30-倉吉2日目-IMG_5096 
チェックポイントで、倉吉特産のメロンを頂きました。
1806-31-倉吉2日目-IMG_5097 
小鴨橋を渡ると倉吉の市街地に入ります。
1806-32-倉吉2日目-IMG_5098 
古い建物や白壁土蔵群などの立ち並ぶ旧市街に入ります。
1806-33-倉吉2日目-IMG_5100 
高田酒造です。
1806-34-倉吉2日目-IMG_5105 
大蓮寺です。由緒あるお寺のようです。
1806-35-倉吉2日目-IMG_5106 
白壁土蔵群の立ち並ぶ一角を通ります。ここで、また台湾のカップルに出会いました。初めての参加だそうですが、皆さん歩くのがとても速くて、付いていけなかったと言っておられました。台湾では、自分たちは速い方なのだが、ということでした。
1806-36-倉吉2日目-IMG_5108 1806-37-倉吉2日目-IMG_5111 
ワイン蔵がありました。覗いてみたいところですが、今回は素通りです。
1806-38-倉吉2日目-IMG_5112 
創業170年という、老舗・元帥酒造です。
1806-39-倉吉2日目-IMG_5113 
街角のクラカフェで白玉団子のおもてなしをいただきました。
1806-40-倉吉2日目-IMG_5115 
倉吉出身の横綱琴櫻の記念館がありました。
1806-41-倉吉2日目-IMG_5119 
ゴールに15時2分に到着です。途中寄り道したりしてゆっくりしすぎたようで、ゴールはほとんど最後の方でした。
1806-42-倉吉2日目-IMG_5121 
2日間の参加者数です。
1806-43-倉吉2日目-IMG_5123 
所要時間7時間33分、歩行時間6時間38分、歩行距離34.4Kmでした。
良い天気に恵まれた2日間、懐かしいところをあちこち見て廻りながら楽しく歩きました。大会の運営に高校生が多数参加しておられて、良かったです。皆さん、どうもありがとうございました。
この後、鳥取に移動して、翌日は10年ぶりの鳥取市内を歩いてきました。




ウォーキング大会 | 21:49:00 | コメント(6)
第18回SUNーIN未来ウォーク 1日目伊能忠敬・湯梨浜コース

6月2日(土)晴


倉吉パークスクエア→倉吉大橋→天神川土手→田後→東郷湖畔→燕趙園→鳥取短期大学→伊能忠敬が歩いた道→倉吉パークスクエア(20Km)


1805-00-倉吉1日目-軌跡 
倉吉市で毎年開催されているSUNーIN未来ウォークに初めて参加しました。10年前まで約35年間、仕事の関係で鳥取市に住んでいたので、倉吉には何度も来ていますが、いつも車で、歩くのは初めてです。今回は、久しぶりに懐かしいところをゆっくり訪ね歩くことにしました。
昨日は少し早い目に着いて、駅前のホテルに荷物を預けて、会場のパークスクエアまで、昔を思い出しながら歩いて、打吹公園を散策し、打吹山に登ってきました。
今日は、燕趙園へ行きたかったので20キロコースを歩きます。朝から雲ひとつない快晴で、静かな倉吉駅前から、シャトルバスで会場へ向かいます。
1805-01-倉吉1日目-IMG_4975 
パークスクエアの「倉吉未来中心」は、巨大な温室のような建物を中心に、コンサートホールなども備えた大変立派な施設です。この建物には、梨の博物館「なしっこ館」もあります。
1805-02-倉吉1日目-IMG_4978 
出発式に先立ち、加古川と神戸ツーデーの宣伝がありました。
1805-03-倉吉1日目-IMG_4979 
9時に一斉にスタートし、北に向かいます。
1805-04-倉吉1日目-IMG_4981 1805-05-倉吉1日目-IMG_4984 
天神川に架かる倉吉大橋を渡ります。
1805-06-倉吉1日目-IMG_4985 
天神川の上流側です。抜けるような青空で、心地よい風が吹いて非常に気持の良い朝です。
1805-07-倉吉1日目-IMG_4988 
しばらく天神川の土手道を北へ歩いていきます。加古川と神戸ツーデーの旗がなびいています。
1805-08-倉吉1日目-IMG_4989 1805-09-倉吉1日目-IMG_4991 
チェックポイントの田後区集会所です。
1805-10-倉吉1日目-IMG_4993 
東郷湖が見えてきました。
1805-11-倉吉1日目-IMG_4994 
このあたりは「秀吉山陰西進の地」だそうです。
1805-12-倉吉1日目-IMG_4997 
対岸に羽合温泉が見えています。数十年前から「はわい温泉」と言うようになって観光客も増えたそうです。海水浴場も、羽合海岸から「ハワイ海岸」に変えています。
1805-13-倉吉1日目-IMG_5000 
西方向の湖岸には、燕趙園が見えます。
1805-14-倉吉1日目-IMG_5001 
チェックポイントになっている燕趙園に着きました。
1805-15-倉吉1日目-IMG_5004 
燕趙園は、友好都市である鳥取県と河北省の友好のシンボルとして、1995年に河北省の技術者によって設計施工された本格的な中国庭園で、歴代皇帝が造り親しんだ皇家園林方式の庭園をそのままに再現されています。設計から資材の調達、加工まですべて中国で行われ、建物は一度中国で仮組したものを解体した上で日本に運び、中国人技術者の下で、再度建設されています。この庭園は、基礎工事の時から知っていて、完成後は四季折々に家族で何度も訪れている、懐かしいところで、少し時間をかけてゆっくり見て回りました。相変わらず良く手入れされていて、昔と全く変わっていませんでした。
ツーデーの参加者は入園無料なのですが、多くの人は中へ入らずに素通りしていましたが、他では見られない美しい庭園を見ずに素通りするのはもったいないですね。
入口の門です。
1805-16-倉吉1日目-IMG_5005 
門を入った正面に。燕趙園の中心となる華夏堂があります。内部には、見事な彫刻のされた家具が並んでいました。
1805-17-倉吉1日目-IMG_5006 1805-18-倉吉1日目-IMG_5022 1805-19-倉吉1日目-IMG_5025 
美しい庭園です。
1805-20-倉吉1日目-IMG_5009 1805-21-倉吉1日目-IMG_5010 1805-25-倉吉1日目-IMG_5028 
蓮の花が咲いていました。
1805-22-倉吉1日目-IMG_5012 
他の庭園とは少し趣の異なった、梧竹幽園です。
1805-23-倉吉1日目-IMG_5021 
東郷湖が一望できる展望台と、そこから見た東郷湖です。
1805-24-倉吉1日目-IMG_5026 1805-26-倉吉1日目-IMG_5015 
塀で囲まれた、別の庭には八仙人が並んでいました。
1805-27-倉吉1日目-IMG_5017 1805-28-倉吉1日目-IMG_5018説明 
孔子と孟子の像もあります。
1805-29-倉吉1日目-IMG_5019 
燕趙園の門前のテント内で昼食を済ませてから、元来た道をすこし戻って、南へ倉吉市内へと戻ります。途中で鳥取短大前を通りました。
1805-30-倉吉1日目-IMG_5030 
病院の中を通り抜ける「伊能忠敬の測量の道」を辿っていきます。
1805-31-倉吉1日目-IMG_5033 1805-32-倉吉1日目-IMG_5034 
天神川を渡ると間もなくゴールです。
1805-33-倉吉1日目-IMG_5035 
パークスクエアに13時43分に到着しました。
1805-34-倉吉1日目-IMG_5036 
今日の参加者数です。
1805-35-倉吉1日目-IMG_5037 
所要時間4時間43分、歩行時間4時間2分、歩行距離20.6Kmでした。
今日のこのコースの最大の見所・懐かしい燕趙園をゆっくり見て回ることが出来て、良かったです。一日中雲一つない快晴で、気温の割には風があって余り暑くもなく快適なウォーキング日和で、十数年ぶりの倉吉周辺を楽しめました。

明日は、倉吉線の廃線跡をたどる35キロのコースを歩きます。




ウォーキング大会 | 22:37:00 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad