FC2ブログ
 
■プロフィール

Old Walker

Author:Old Walker
京都、奈良を中心に、関西地方をあちこち歩いています

■最新記事
■最新コメント
■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ブロとも申請フォーム
■検索フォーム

■リンク
■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ラムサール条約登録湿地」をあるく チャツボミゴケ公園、嫗仙の滝、神秘の白駒池、苔の森

7月8日(日)、9日(月)晴


クラブツーリズムバスツアー
1日目:JR奈良駅→蓼科大滝→八千穂高原・白駒池→嬬恋高原(泊)
2日目:嬬恋高原→チャツボミゴケ公園→嫗仙(おうせん)の滝→JR奈良駅

1日目の軌跡と高度です。
1807-00-嬬恋1日目-00a-軌跡 1807-00-嬬恋1日目-00b-高度

余り知られていない秘境を訪ねるという触れ込みのバスツアーに参加して、蓼科から群馬県西部の[秘境」を歩きに行ってきました。7時30分に奈良駅を出発して、東名高速から中央自動車道を経て、蓼科に向かいます。途中で通過した木曽川は、先日来の大雨のため河川敷までいっぱいに増水していました。
1807-01-嬬恋1日目-01-IMG_5219 
途中何度か休憩しながら走り続けて、13時20分にプール平に到着しました。ここから、蓼科大滝に向かいます。
1807-02-嬬恋1日目-02-IMG_5222 
苔の緑が鮮やかな原生林の中の遊歩道を約1Kmほど歩いていきます。
1807-03-嬬恋1日目-03-IMG_5223 1807-04-嬬恋1日目-04-IMG_5232 1807-05-嬬恋1日目-05-IMG_5230 1807-06-嬬恋1日目-06-IMG_5224 
大滝に着きました。滝の湯川に架かる水量豊かな高さ25m,幅10mの滝です。
1807-07-嬬恋1日目-07-IMG_5226 1807-08-嬬恋1日目-08-IMG_5228 
苔むした原生林を眺めながら、来た道を戻り、バスで標高2100mの草麦峠へと向かいます。30分ほどで、白駒の池入口に到着しました。この池(湖)は、八ヶ岳の山奥にある日本で一番標高の高い湖で、標高2100m以上の湖としては日本最大の天然湖です。
1807-09-嬬恋1日目-09-IMG_5268 
入口から美しい苔に覆われた原生林の中の遊歩道を1Kmほど歩いた所に、湖はあります。
1807-10-嬬恋1日目-10-IMG_5264 1807-11-嬬恋1日目-11-IMG_5237 1807-12-嬬恋1日目-12-IMG_5238 1807-13-嬬恋1日目-13-IMG_5239 1807-14-嬬恋1日目-14-IMG_5262 1807-15-嬬恋1日目-15-IMG_5259 1807-16-嬬恋1日目-16-IMG_5256 1807-17-嬬恋1日目-17-IMG_5255 
静かな、まさに[神秘的な]湖です。湖を一周する遊歩道があり、途中まで行ってみましたが、時間がないので引き返しました。できれば一周したい所です。
1807-18-嬬恋1日目-18-IMG_5240 1807-19-嬬恋1日目-19-IMG_5254 
この後は、北に向かって約3時間走り続けて、18時20分に嬬恋高原・パルコール嬬恋リゾートホテルに着きました。ここは、スキーリゾートで、ホテルを出たところがゲレンデになっていて、冬は賑わうのでしょうが、この時期は近くに何もないせいか、宿泊客は余りないようで、この日も我々のグループだけで、ガランとしていました。大きなホテルで立派な温泉もあり、設備は良いのですが、バイキングの食事は、最低レベルでした。

2日目は、嬬恋高原から北へ、草津温泉近くのチャツボミゴケ公園と、嫗仙の滝へ行きます。いずれも、狭い山道で大型バスが入れないので、マイクロバス2台に分乗して、7時30分に出発しました。
嬬恋村は、キャベツの大産地で、ホテルからの道の両側には広大なキャベツ畑が広がっていました。
1807-01-嬬恋2日目-01-IMG_5270 1807-02-嬬恋2日目-02-IMG_5273 
1時間半ほどで、チャツボミゴケ公園入口に着きました。ここからは、公園のマイクロバスに乗り換えて、奥へと入っていきます。
1807-03-嬬恋2日目-03-IMG_5277 
群馬県中之条町六合のこの地には、かつて鉄鉱石の鉱床があり、昭和41年(1966年)まで露天掘りによる採鉱が行われていました。チャツボミゴケは。その露天掘りの窪み、「穴地獄」に自生し、日本最大級のコロニーを形成しています。平成27年、芳ケ平湿地群 穴地獄としてラムサール条約に登録され、平成29年には「六合チャツボミゴケ生物群集の鉄鉱生成地」として、国の天然記念物に指定されました。
1807-04-嬬恋2日目-04-IMG_5279 1807-05-嬬恋2日目-05-IMG_5282 
穴地獄から流れ出る滝です。
1807-06-嬬恋2日目-06-IMG_5285 
川の中の岩一面をチャツボミゴケが覆い尽くしています。
1807-07-嬬恋2日目-07-IMG_5286 
穴地獄です。他では見られない絶景です。一周する木道が作られています。
1807-08-嬬恋2日目-08-IMG_5295 1807-09-嬬恋2日目-09-IMG_5314 1807-10-嬬恋2日目-10-IMG_5297 1807-11-嬬恋2日目-11-IMG_5299 1807-12-嬬恋2日目-12-IMG_5303 1807-13-嬬恋2日目-13-IMG_5310 1807-14-嬬恋2日目-14-IMG_5313 
川は谷間を流れ下っていきます。
1807-15-嬬恋2日目-15-IMG_5321 
公園バスで駐車場に戻り、マイクロバスに乗り換えて山道を30分ほど行くと、嫗仙の滝入り口に着きました。このあたりは、熊の生息地だそうで、あちこちに熊よけの鐘が吊るしてあり、それを鳴らしながら下りていくのだそうです。
1807-16-嬬恋2日目-16-IMG_5325 1807-17-嬬恋2日目-17-IMG_5326 
ここからは、約1.2Kmの細くて急な山道を下っていきます。
1807-18-嬬恋2日目-18-IMG_5327 1807-19-嬬恋2日目-19-IMG_5339 1807-20-嬬恋2日目-20-IMG_5340 
赤茶色に染まった岩を流れる、変わった形の滝です。
1807-21-嬬恋2日目-21-IMG_5328 1807-22-嬬恋2日目-22-IMG_53311807-23-嬬恋2日目-23-IMG_5335 1807-24-嬬恋2日目-24-IMG_5338 
帰りは、急な山道を登っていきます。山道に慣れていないとちょっと行きにくいかもしれません。途中で引き返した人も何人かあったようです。
この後は、山道を下り、上田で大型バスに乗り換えて一路奈良まで、約8時間走り続けて9時前に帰宅しました。
2日間共に天気も良く、普通ではなかなか行きにくい[秘境」を楽しめて、とても良いツアーでした。



スポンサーサイト
未分類 | 16:19:01 | コメント(2)
冷や冷や夏呑みハイキング 奈良豊澤酒造[豊祝」

7月14日(土)晴


天理駅→祝田神社→和邇下神社→和爾坐赤阪比古神社→サムライ街道→奈良豊澤酒造(7Km)→イオンモール郡山→JR郡山駅(12Km)

1807-00-豊祝-軌跡 

色々の都合で暫くウォーキングを休んでいましたが、一ヶ月ぶりにまずは足慣らしとして、近鉄の夏呑みハイキングに出かけました。今日は猛暑日の予報でしたが、午前中は時折心地よい風が吹き、日陰は涼しく、さほど暑くもなく豊澤酒造までは、気持ちよく歩けました。豊澤酒造へは、冬に何度も行っていますが、夏は初めてです。暑い折のためか、天理駅から北へほぼ真っ直ぐに行く、初めての短いコースでした。豊澤酒造がゴールで、バスで奈良へ戻る事になっていますが、いつもは帯解寺から「ならまち」へと歩くのですが、暑いし、ならまちまでの道はあまり面白くないので、郡山のイオンモールを経て郡山駅へ向かうことにしました。
近鉄郡山駅前を9時30分にスタートしましたが、振り返るとまだ大勢の人が列をなしていました。
1807-01-豊祝-IMG_5343 
少し北へ行ったところにある祝田神社(はふりた)は、延喜式神名帳にも記載されている古社です。鳥居と拝殿奥の本殿です。
1807-02-豊祝-IMG_5344 1807-03-豊祝-IMG_5346 
暫く住宅街を歩きます。
1807-04-豊祝-IMG_5347 
和邇下神社の参道へと進んでいきます。
1807-05-豊祝-IMG_5348 
鳥居の奥には、茅の輪が作られていました。
1807-06-豊祝-IMG_5350 
コースは、神社には寄らずに素通りですが、寄り道をして神社に参拝してきました。本殿への参道です。
1807-07-豊祝-IMG_5353 
東大寺山古墳の上にある拝殿とその奥の重要文化財の本殿です。
1807-08-豊祝-IMG_5354 1807-09-豊祝-IMG_5358 1807-10-豊祝-IMG_5356説明 
山道に入ります。
1807-11-豊祝-IMG_5360 
和爾坐赤阪比古神社(わににますあかさかひこ)です。和爾氏の氏神として建立された古社です。
1807-12-豊祝-IMG_5361 
サムライ街道を歩いていきます。ここが何故「サムライ街道」なのか、調べてみましたが分かりません。
1807-13-豊祝-IMG_5363 1807-14-豊祝-IMG_5364 
ゴールの[豊祝」豊澤酒造に11時18分に着きました。
1807-15-豊祝-IMG_5366 
いつもの試飲会場です。5種の冷酒を試飲させて頂きました。美味しかったです。暑い日にもかかわらず、参加者が693名もあったとのこと、さすが人気のコースです。
1807-16-豊祝-IMG_5368 
丁度お昼時なので、西へ真っ直ぐイオンモール郡山へ行き、昼食を摂りました。
1807-17-豊祝-IMG_5369 
モール内を暫くうろついて、買い物もして14時前に外へ出て郡山駅へ向かいましたが、涼しい所に暫くいたせいもあるのでしょうが、ものすごく暑かったです。電車を降りて自宅へ向かう時は、さらに暑くふうふう言いながら自宅にたどり着きました。
歩行時間2時間18分、歩行距離11.6Km(イオンモール内をうろついた時間と距離は除いています)でした。午前中はまだ良かったのですが、猛暑日の予報通り、昼からは猛烈に暑かったです。



未分類 | 20:43:00 | コメント(4)
創立記念ウォーク「平安京を巡る①」

6月10日(日)曇


JR京都駅→ひかり公園→五条児童公園→寺町通り→京都市役所→京都御苑→晴明神社→平安京大蔵省跡→二条公園→二条城→神泉苑→JR二条駅(15Km)

1806-00-京都-軌跡 

京都府ウォーキング協会の創立30周年記念ウォークで、平安京の遺跡を巡り歩く企画です。午後から雨の予報でしたが、記念品のリュック目当てに、友人2人と参加しました。私も一応会員ではあるのですが、団体歩行が苦手で例会には今年2回目の参加です。京都駅から徒歩10数分の鴨川河川敷のひかり公園に10時集合です。大勢の参加者が集まっていました。
1806-01-京都-IMG_5167 
30週年の記念式典などのあと、10時33分にスタートし、しばらく河川敷を北上します。
1806-02-京都-IMG_5170 
高瀬川沿いに北へ歩いていきます。
1806-03-京都-IMG_5171 
光源氏のモデルと言われる源 融の河原院跡です。今日訪れる平安京の遺跡はすべて「跡」で石碑や説明板があるだけで、実際の遺跡は何も残っていません。
1806-04-京都-IMG_5174 1806-05-京都-IMG_5173 
寺町通りを北上し、観光客などで賑わう京極通りを通り抜けていきます。京極通りも一時は寂れかけていましたが、店も新しくなり、外国人観光客などですごく賑わっていました。この中を、300人を超えるリュックを背負った高齢者集団が通るのは、異様な光景でしょうね。
1806-06-京都-IMG_5177 1806-07-京都-IMG_5178 
本能寺の門前を通ります。
1806-08-京都-IMG_5179 
京都市役所です。
1806-09-京都-IMG_5180 
「本因坊発祥の地」という案内板が立っていました。「本因坊」は寂光寺の塔頭の名前だったようです。
1806-10-京都-IMG_5182説明 
下御霊神社です。
1806-11-京都-IMG_5185 1806-12-京都-IMG_5186 
新島襄の旧宅前を通過します。
1806-13-京都-IMG_5188 
京都御苑に入っていきます。傘を必要としないような小雨が降ってきました。中立売休憩所で昼食休憩です。
1806-14-京都-IMG_5189 
晴明神社に立ち寄りました。
1806-15a-京都-IMG_5194 1806-15b-京都-IMG_5196 1806-16-京都-IMG_5191説明 
街角に、秀吉の邸宅・聚楽第跡の石碑がありました。
1806-17-京都-IMG_5201 1806-18-京都-IMG_5200説明
平安京大蔵省跡です。
1806-19-京都-IMG_5202 1806-20-京都-IMG_5203 
地位の高い妃の居所であった平安宮内裏承香殿跡です。この後ろの建物は、山中油店の町家ゲストハウスです。すべて一棟貸し切りで、HPで見ると部屋や設備もなかなか良いようで、一度泊まってみたいと思うようなところです。
1806-21-京都-IMG_5204 1806-22-京都-IMG_5205 
平安宮一本御書所跡です。1159年の平治の乱で後白河上皇が幽閉された場所としても知られています。
1806-23-京都-IMG_5207 
この辺り一帯は、文政年間創業の山中油店の店になっています。
1806-25-京都-IMG_5210 
二条城前を通過します。
1806-26-京都-IMG_5213 
朱雀門跡の碑です。ゴールまであと少しというところで雨が降り出して、傘を指して歩きました。
1806-27-京都-IMG_5214 
二条駅に14時42分到着です。今日の参加者は、322名でした。
1806-28-京都-IMG_5215 
2年以上継続の会員に配られたリュックです。25周年の時のものより良さそうです。
1806-29-京都-IMG_5218記念品 
所要時間4時間8分、歩行時間2時間30分、歩行距離12.9Kmでした。地図に書かれている15Kmは、京都駅からの距離のようです。
雨を覚悟してでかけましたが、幸いゴール間際まで傘を使わずに済ました。苦手な団体歩行ですが、友人と3人で楽しく歩きました。でも、途中の列詰め休憩が多すぎで長すぎて、退屈します。それに、観光客などの多い京都の町中を団体でぞろぞろ歩くのもどうかと思うし、久しぶりに団体歩行に参加してみて、やはり余り参加したくないと思いました。



ウォーキング協会例会 | 09:40:00 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。